詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "紀元前11世紀"
21件中 1-20の結果を表示しています
  • 下間 頼一
    精密機械
    1981年 47 巻 10 号 1293
    発行日: 1981年
    公開日: 2009/06/30
    ジャーナル フリー
  • 鈴木 みづほ
    スポーツ人類學研究
    2003年 2002 巻 4 号 63-64
    発行日: 2003/03/31
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
  • 吉野 正敏
    日本生気象学会雑誌
    2004年 41 巻 4 号 141-154
    発行日: 2004年
    公開日: 2005/04/22
    ジャーナル フリー
    紀元前21世紀ころから中国では季節観測,特に季節現象の継続的な観測と記述,その体系化や,農事季節を取り込んだ季節暦が作成された.このことは世界の生気候学史ではもちろん,自然科学史のなかでも注目すべき事柄である.紀元前11世紀には天気現象だけでも約200種に分類して記述していた.古代ギリシャのParapegmata(紀元前5世紀,大理石に書いた天気暦)に比較すると数百年早かった.時間スケールの細かさも中国が進んでいた.中国の季節学(中国語では物候学)は農民の農作業・農業生産に貢献するのが主目的であったから,農耕生活に関係する現象ばかりでなく,動植物季節や人間の疾病現象の季節変化についても把握し記述していた.紀元前11世紀には15日を単位とする二十四節気ができ,紀元前1世紀には5日を単位とする七十二候が完成していた.また,気候把握に重要な正常年と異常年の差に着目して占いの形式ではあるが,役所の専門の部署が季節予報を行った.俚諺の形式で農民の間に季節変化,年によるその異常発生の知識が浸透し,今日でもこれらは役立っている.
  • 中国古都の出身校を紹介します
    李 英
    電気学会誌
    1995年 115 巻 9 号 587-589
    発行日: 1995/08/20
    公開日: 2008/04/17
    ジャーナル フリー
  • 金 白蓮
    日本庭園学会誌
    2015年 2015 巻 29 号 29_1-29_21
    発行日: 2015年
    公開日: 2018/10/15
    ジャーナル フリー
    中国初期庭園における先行研究は主に文献史料を引用してその様相を描こうとしたが、現存する明清以降の庭園と文献史料の関連記録から初期庭園の有様を推測し、中国の庭園は初期から自然風の山水園であったと主張する傾向が強い。そこで、本稿では中国初期庭園の発掘遺跡を中心とし、補助的に当時の文献史料や絵画資料とも対照した。その結果、中国の初期庭園では、人工美と秩序を重んじた幾何学的デザインが主流であること、園池に用いられた曲尺形の意匠は王室庭園だけに許された様式であること、中国の古代庭園における直線的護岸の園池は、中国固有の起源を持つものであること、が明らかになった。
  • 干 啓勲, 上原 邦雄
    精密工学会誌
    1988年 54 巻 4 号 787-790
    発行日: 1988/04/05
    公開日: 2009/10/08
    ジャーナル フリー
  • 李 斌, 舟橋 國男, 奥 俊信, 鈴木 毅, 小浦 久子, 木多 道宏
    日本建築学会計画系論文集
    1999年 64 巻 518 号 145-151
    発行日: 1999/04/30
    公開日: 2017/02/03
    ジャーナル フリー
    It is known that, in ancient China, the sitting styles changed from sitting-on-floor to sitting-on-chair. But the time of turning-point of sitting-on-chair has not been ascertained yet. By dividing into 4 stages, namely, "Age of Sitting-on-Floor", "Appearance of Sitting-on-Chair", "Expansion of Sitting-on-Chair" and "Generalization of Sitting-on-Chair", this study tries to clarify the changing process of sitting styles themselves and its reasons. With the change of sitting styles, the floor structure of building also changed. From the point of view of sitting style, this study tries to clarify the relationship between the change of this behavior style and the change of architectural environment.
  • 馬渕 久夫, 野津 憲治, 西松 重義, 不破 敬一郎, 井山 弘幸, 富永 健
    日本化学会誌(化学と工業化学)
    1979年 1979 巻 5 号 586-590
    発行日: 1979/05/10
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    誘導結合プラズマ発光分光分析法と機器放射化分析法とを併用して,中国や日本の古代貨幣中に含まれる主成分,副成分,微量成分13元素(Cu, Pb, Sn, Zn, Fe, As, Sb, Co, Mn, Ni, Au, Ag,Se)の定量を行なった。中国貨幣,日本貨幣とも主成分元素組成は,Cu-P-Sa系からCu-Zn系へと移行しており,移行年代は中国貨幣で15~16世紀,日本貨幣で18世紀であった。Cu-Zn系の貨幣におけるCu/Zn比は,中国貨幣でほぼ1,日本貨幣でほぼ4であった。日本貨幣では概してAs, Sbが多いが,これらの元素が他の主成分金属の不純物に由来するのか,あるいは故意に加えられているのかは,興味ある問題である。中国貨幣の中に微量元素組成が特徴的なものが数種あったが,とくにこのような貨幣は,原料物質の推定,鋳造技術の推定,流通当時の交易関係の推定に役立つと思われる。
  • 新田 春夫
    ドイツ文学
    2018年 156 巻 228-232
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/03/31
    ジャーナル フリー
  • 三宅 和子, 生越 直樹, 井上 史雄, 彭 国躍, 姜 錫祐, Ayse Nur Tekmen
    社会言語科学
    2009年 12 巻 1 号 184-187
    発行日: 2009/08/31
    公開日: 2017/05/01
    ジャーナル フリー
  • 竹ノ内 正紀
    色材協会誌
    2001年 74 巻 4 号 205-210
    発行日: 2001/04/20
    公開日: 2012/11/20
    ジャーナル フリー
  • 季刊地理学
    2005年 57 巻 4 号 232-235
    発行日: 2006/02/15
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 高橋 進
    武道学研究
    1986年 19 巻 1 号 1-9
    発行日: 1986/07/31
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
  • 鈴木 舜一
    日本鉱業会誌
    1975年 91 巻 1048 号 411-414
    発行日: 1975/06/25
    公開日: 2011/07/13
    ジャーナル フリー
  • 鶴田 榮一
    色材協会誌
    2008年 81 巻 3 号 80-86
    発行日: 2008/03/20
    公開日: 2008/11/21
    ジャーナル フリー
  • 羅 二虎
    東南アジア研究
    1997年 35 巻 3 号 314-345
    発行日: 1997/12/31
    公開日: 2018/01/31
    ジャーナル フリー
    This article deals with the major tribes of south-western China during the Chin and Han period (316 B. C.-220 A. D.) and their classification into several groups as well as a description of their distribution and cultural characteristics. The expansion of the Chin and Han dynasties into the south-western part of China had significant effects on the movement of minority groups.
     The invasion of Han immigrants and the southern movement of the northwestern “Di” descent tribe had implications on the movement of the “I” and “Pu” descent tribes. From the cultural standpoint, the settlement of the Han and the ruling system of the Han and Chin dynasties had lasting effects on the local culture and, indeed, a major cause of its decline was due to the mighty Hua Hsia civilization.
  • ダマスカス・オアシスにおける都市化と農業の変化
    内藤 正典
    地学雑誌
    1986年 95 巻 1 号 27-45
    発行日: 1986/02/25
    公開日: 2010/04/23
    ジャーナル フリー
    Ecumene in arid zone finds itself within limited space ; limited as such urban and agricultural activities often share water for drinking and irrigation. Traditionally city and its surrounding oasis have been successful in managing water in coordination.
    After World War II, many Middle Eastern countries became independent ; population of major cities has been rapidly increased, mainly because of rural-urban migration. Expansion of urban fringe directly affected adjoining oasis villages, so that ecological balance between them collapsed.
    Although a number of monographs have been written by geographers and historians, they often study each individual city or oasis as a distinct and independent subject. Under these circumstances it is necessary to regard both city and oasis as an integrated entity region, each of them often affects the other in quite a dynamic way. In a case of Demascus city and its surrounding oasis, a typical example of pseude urbanization can be observed.
    The oasis, located in Badiya al-Sham (The Syrian Desert), is divided into two parts ; the orchards of Ghuta and the steppe of Marj. There are approximately ninety villages in the oasis, which used to be subordinated to absentee landlords lived in the city of Damascus prior to the Land Reform of 1958.
    After the Land Reform, such an absentee landownership dissapeared. In accordance with the rapid urbanization, however, the villages have started to dissolve in the western fringe of the oasis. With the destruction of irrigation canals and the sprawl of residential area into farmlands more and more peasants, especially in younger generation, have been leaving from farming due to urban-rural income differentials.
    The degree of reliance on agriculture is principally determined by size of farms and water supply, but it is different among four subregions in the oasis : oasis-urban fringe, central Ghuta, boundary zone between Ghuta and Marj, and Marj steppe.
    First, in the oasis-urban fringe, the most western part of Ghuta, it has been impossible to continue cultivation during the last ten years.
    Second, the central part of Ghuta is highly productive in fruits farming and, in fact, the agricultural income level per hectar is the highest among the four subregions of the oasis. But, ironically, because of this productivity, each farmyard has been generally subdivided among all the members of family. Consequently, average farming size is now under one hectar, and the peasants are depend upon non-agricultural incom e. The destruction of irrigation canals in upstream forces peasants in the central Ghuta to change their source of irrigation water from surface to underground.
    Third, the boundary zone between Ghuta and Marj, there used to be many swamps and it was wasted land. When the government redistributed the requisited land in this zone at the Land Reform, only a few peasants applied. Therefore a size of five to six hectar was allotted to them. Incidentally, pumping-up of ground water in Ghuta caused drying up of the swamps, and then, cultivation is realized even in winter wet season. Nowadays, the peasants possess enough size of field and get ground water easily in shallow level by motorpumping. The trend of quitting farming is scarce in this area.
    As a result of this pumping activity, Marj area suffers from serious water shortage in both surface and ground water. And lately, in these ten years, among several villages in the western end of Marj, almost all the peasants abondoned their farming to find jobs in Damascus city. But, as Marj on the whole, there is another economic reason why they can not earn enough income from agriculture. That is the reduction of farm size after the Land Reform. Farmlands allotted are under ten hectar, and it was quite insufficient for traditional extensive farming of wheat under feudal landownership.
  • 渡辺 巌, 長沢 次男
    日本作物学会紀事
    1990年 59 巻 4 号 649-660
    発行日: 1990/12/05
    公開日: 2008/02/14
    ジャーナル フリー
    我が国が所有するダイズ遺伝資源の主要特性を把握するため, 約4,400点につき子実の外観的形質を調査するとともに近赤外分光法により化学成分の分析を行った。これらのデータをもとに粒大, 種皮色, 臍色及び化学成分含有率の頻度分布と取り寄せ地別にみた遺伝資源の特色につき解析し以下の結果を得た。1. 遺伝資源の約35%は国外から取り寄せたものであるが, 栽培の歴史が古いアジア諸国からのものは約18%にすぎず, 今後とも収集に努める必要がある。2. 「だいず品種特性分類審査基準」により分級した粒大の頻度分布は小粒が約16%, 中粒が約63%, 大粒が約21%であった。取り寄せ地がアジアのものは概して低緯度地帯のものほど小粒であり, 特にタイ及びインドのものはほとんどが小粒であった。3. 種皮色の頻度分布は約26%がいわゆる色豆 (緑, 褐, 黒又は斑色) であり, 約74%が黄又は黄白であった。インドネシア, ネパール, インドでは色豆が多く, 特にネパールでは褐又は黒が, インドでは黒が多かった。4. 臍色の頻度分布は約32%が褐で最も多く, 以下は黄>黒>暗褐>淡褐>淡黒>緑の順であった。5. アジアでは取り寄せ地の緯度による化学成分上の特色が認められた。すなわち, 高緯度地帯のものは低タンパク・高脂肪, 低緯度地帯のものは高タンパク・低脂肪であった。6. 粒大と化学成分との関係では小粒ほど高タンパク・低脂肪であり, 特に種皮色黒の極小粒種は野生種に近い化学成分含有率を示した。7. 日本のものは粒が大きく, タンパク質, 脂肪ともにやや低く, 炭水化物が高い点に特色があった。
  • 人文地理
    1982年 34 巻 6 号 566-574
    発行日: 1982/12/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 西澤 修, 笠原 順三, 山川 修治
    地学雑誌
    2007年 116 巻 2 号 297-304
    発行日: 2007/04/25
    公開日: 2009/11/12
    ジャーナル フリー
feedback
Top