詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "組織犯罪"
391件中 1-20の結果を表示しています
  • 中川 貴之
    日本薬理学雑誌
    2021年 156 巻 3 号 128-133
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/05/01
    ジャーナル 認証あり

    現在,国内では14種類のオピオイド鎮痛薬成分があり,工夫を凝らした多彩な剤形が揃っている.そのため様々な強度や種類の痛みに対して,また,様々な状態の患者に対して,きめ細やかな対応が可能となっている.2018年,WHOからエビデンスに基づいたがん疼痛治療ガイドラインが発表された.これまで国内のがん疼痛治療ガイドラインや教科書等で掲載されていたWHO方式3段階除痛ラダーが重要視されなくなり,鎮痛薬使用の5原則が4原則になったなど,大幅な改訂もなされている.一方,米国では,慢性疼痛に強オピオイド鎮痛薬が使用可能になったこと,使いやすい剤形が次々と販売されたこと,さらに「痛みの10年」政策の後押しもあり,オピオイド鎮痛薬が米国民の間で溢れかえり容易に入手できる環境に陥った.その結果不正使用や乱用が横行し,いわゆる「オピオイドクライシス」が発生した.日本国内では,麻薬及び向精神薬取締法による厳しい規制や医療保険制度,さらに薬物乱用防止教育の普及などから,そのような状況には陥ってはいないが,最近,オキシコドンTR錠が慢性疼痛にも適応拡大したこともあり,今後,注意が必要である.防止策として必ずしもオピオイド鎮痛薬を使い慣れていない医師や薬剤師に対して,慢性疼痛に対するオピオイド鎮痛薬の適正使用に関する教育を拡げていく必要がある.一方,コデインなどの鎮咳薬などに対する10代若者による乱用が増加しており,以前からベンゾジアゼピン系薬の不適切使用が横行していることから見ても,日本人は不正薬物に対する拒絶感は強いが,法律の範囲内で入手できる処方薬の乱用にはハードルが低いのかもしれない.これらの問題を根本的に解決するには,依存性のないオピオイド鎮痛薬の開発,あるいは薬物依存や乱用を抑制できる手法の開発が必要である.新たなコンセプトに基づいた安全・安心なオピオイド鎮痛薬が開発されることに期待したい.

  • 組織犯罪対策を中心として
    千田 恵介
    日本EU学会年報
    1999年 1999 巻 19 号 189-207,253
    発行日: 1999/09/30
    公開日: 2010/05/21
    ジャーナル フリー
    More than five years have passed since the Treaty on European Union came into force and the activities in the field of Justice and Home Affairs were started. During five years, many documents have been adopted and various activities have been carried out in this field, although there have been positive and negative evaluations there of.
    This article endeavours to make a brief introduction of the activities in the field of EU Justice and Home Affairs with special emphasis on the combat against organized crime, which has also been dealt with in other international fora such as in the United Nations and G8 summit meetings.
    In examining the EU activities in this field, the following two documents are indispensable: “Council resolution laying down the priorities for cooperation in the field of Justice and Home Affairs for the period from 1 July 1996 to 30 June 1998”; and “Action Plan to combat organized crime”. Conventions, joint actions and joint positions to combat organized crime that have been elaborated or are presently being elaborated could be fully understood if one examines these two fundamental documents.
    15 political guidelines and 30 recommendations contained in the Action Plan, as well as priorities laid down by the Council resolution, could roughly be summarized as seeking five basic objectives: (1) obligation to criminalize certain kinds of conduct; (2) controlling the proceeds of crime; (3) enhancement of international cooperation; (4) EU level action, such as strengthening Europol; and (5) promotion of administrative measures.
    One should also take into account the changes made to the EU and EC mechanisms by the Treaty of Amsterdam, which, when coming into force some time in 1999, will revise considerable provisions in the EU and EC treaties.
    Bearing the above factors in mind, the activities in the field of EU Justice and Home Affairs with particular emphasis on the combat against organized crime will be discussed in this article.
  • 石橋 昭良
    ファルマシア
    2010年 46 巻 9 号 871-875
    発行日: 2010/09/01
    公開日: 2018/08/23
    ジャーナル フリー
  • 中村 順
    安全工学
    2016年 55 巻 6 号 391-397
    発行日: 2016/12/15
    公開日: 2016/12/15
    ジャーナル フリー

    アメリカの9.11 同時多発テロ以降も,多数の人間を殺傷するテロが世界各地で発生している.テロを防ぐには,テロについて正しく理解し,その対策を立て検証していかねばならない.CBRNE テロ(C:Chemical, B:Biological,R:Radiological,N:Nuclear,E:Explosive)について未然に防ぐには,多くの分野にまたがった幅広い知識と共同作業が必要になる.技術的な観点から,最近の先進国でのテロを中心に概括し,わが国にはどのような脅威があるかを明らかにし,その対策はどうするかを解説した.

  • 共謀罪立法問題を含む
    松宮 孝明
    刑法雑誌
    2009年 48 巻 2 号 256-266
    発行日: 2009/02/25
    公開日: 2020/11/05
    ジャーナル フリー
  • 「奇跡の国」といわれているが…
    松木 則夫
    ファルマシア
    2021年 57 巻 11 号 1061
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/11/01
    ジャーナル フリー
  • 森脇 義弘, 豊田 洋, 小菅 宇之, 杉山 貢, 鈴木 範行
    日本臨床外科学会雑誌
    2009年 70 巻 7 号 2195-2199
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/01/05
    ジャーナル フリー
    30歳,男性.前胸部(胸骨柄左外側)と右側腹部(上前腸骨棘付近)を銃撃され緊急搬送された.意識清明,血圧56/33mmHg,脈拍数129回/分,呼吸数36回/分でショック状態,心エコーで心嚢内液体貯留はなかったが,右胸腔ドレナージ後,来院18分,受傷32分で緊急手術とした.胸骨正中切開で開胸,縦隔血腫,心嚢内血腫,左胸膜損傷は認めず,胸骨骨折と右内胸動脈断裂,右肺損傷を認め,結紮止血と胸腔ドレナージで対応した.腹腔内では,S状結腸間膜,盲腸損傷を認め,縫合止血,縫合閉鎖した.左内腸骨静脈付近から仙骨前面に出血が持続し止血困難で,ガーゼ圧迫留置とした.術後43時間でガーゼを除去,第35病日に軽快退院となった.銃創は本邦では稀な外傷形態だが,出血や致命的臓器損傷など超緊急処置を要することも多い.術前に決定した治療戦略に固執することなく,手術中も厳重な状態観察を継続し,damage controlへの戦略変更など柔軟な対応が重要と思われた.
  • 第16回国際刑法学会に参加して
    新倉 修
    学術の動向
    1999年 4 巻 11 号 87-89
    発行日: 1999/11/01
    公開日: 2009/12/21
    ジャーナル フリー
  • 周縁からの国際政治
    本名 純
    国際政治
    2007年 2007 巻 149 号 127-140,L14
    発行日: 2007/11/28
    公開日: 2010/09/01
    ジャーナル フリー
    The rapid improvement of information and communication technologies has contributed to the globalization of threat posed by transnational organized crime. Such a development has influenced the paradigm of international relations, as the “war on Mafia” now constitutes a significant agenda for both national security and international cooperation in many countries. The empowerment of transnational crime is widely recognized as a threat to national sovereignty and human security. As their tentacles reach beyond national borders, the cross-border activities of criminal network are increasingly difficult to counter at individual state level. Against this backdrop, many regional groupings have determined to promote regional cooperation against transnational crime. This article attempts to clarify the case of Southeast Asia where ASEAN (Association of Southeast Asian Nations) has endeavored to establish its regional governance against transnational crime.
    We first discuss the post-Cold War reshaping of national security discourse in which the war on Mafia has emerged as a “new” security agenda, replacing the old war on communism. This article suggests that securitizing the war on Mafia requires a perspective to identify the non-state actor as the legitimate subject of national security operations, and the difficulty to do so may create a discursive space to interpret “national threat” in arbitrary and manipulative ways by political elites.
    We then analyze the situation in Southeast Asia where the spread of poverty in many societies and enduring corruption at different levels of government have contributed to the expansion and regionalization of transnational crime, particularly since the Asian economic crisis in 1997. By examining six types of cross-border criminal activities, we elucidate the impact of transnational criminal activities in Southeast Asia. ASEAN leaders have shown their commitment to promote regional cooperation against transnational crime as a “common security threat.” We argue, however, that these commitments have not always been transformed into effective policies, thanks largely to the gap in institutional capacity among member countries in dealing with transnational crime. Consequently, the gap has effectively prevented ASEAN from consolidating the interpretation of “new security threat” and it has significantly provided a political space to manipulate the security discourse.
    To explore this dynamism, we examine two cases of Indonesia and Thailand. In these countries, political elites have reinvented such a space to promote an authoritarian agenda in a democratic polity, and the elite capture of “global security norm” has resulted in an apparent setback of democratic reform. We argue that these examples are embedded in the dilemma of securitizing transnational crime in Southeast Asia, thus it is important to bring the analysis of domestic politics into the study of regional security cooperation which has a tendency of paying less attention to the aspect of power politics.
  • 植田 隆子
    日本EU学会年報
    2017年 2017 巻 37 号 30-48
    発行日: 2017/05/25
    公開日: 2019/05/25
    ジャーナル フリー

    The internal and external security nexus has become increasingly important for the EU in terms of policy and in its implementation. The 2003 “European Security Strategy” the first European Union security strategy, called attention to this aspect. The later revised strategy, the “EU Global Strategy” in June 2016 explains that “Internal and external security are ever more intertwined: our security at home entails a parallel interest in peace in our neighbouring and surrounding regions.” This attaches significant importance to an integral and comprehensive approach in the area of Justice and Home Affairs, development assistance, as well as enhanced cooperation with the European Commission. Many CSDP (Common Security and Defence Policy) field missions, operating outside the EU area, have contributed to the internal security of the EU.

    The major security threats that have been identified by the EU have been terrorism, organized crime and cyber crime. Massive migration flows into the EU area are perceived as a threat. Given this, the role of the European Commission in security has been significantly developed, and President Juncker’s Commission launched concrete policies towards a “Security Union” in order to protect citizens.

    The European Commission launched the “European Agenda for Security” in April 2015, which set out actions in order to ensure an effective response to terrorism and other security threats. Since then, the Commission proposed to revise the Firearms Directive, and a new Directive on Combatting Terrorism.

    On the issue of external border control, Frontex was strengthened and the European Border and Coast Guard was launched in October 2016. It is expected to agree on an Entry/Exit System and a European Travel Information and Authorization System for visa-exempt travelers in 2017.

    Brexit should enhance CSDP cooperation since previously the UK had obstructed its progress. The new US administration under President Trump will likely push European countries to increase their defence budgets. These elements, as well as its internal and external security threats, will enhance security cooperation in the EU.

  • 藤本 和也
    保険学雑誌
    2016年 2016 巻 633 号 633_85-633_104
    発行日: 2016/06/30
    公開日: 2017/05/13
    ジャーナル フリー
    反社属性のみに基づく重大事由解除権行使の可否を検討するに際しては,重大事由解除の包括条項における「信頼関係破壊」要件の実質を明らかにする必要がある。そして近時,「信頼関係破壊」要件の実質に関する幾つかの見解が新たに示された。本稿では,「反社排除の社会的要請」,「社会規範の変化」,「対立抗争」,「公序良俗違反」,「個別の反社属性」,「保険契約者等の行為」,「反社属性に関する虚偽告知や表明確約違反」等と「信頼関係破壊」要件の関係を検討することにより,「信頼関係破壊」要件は,保険制度の健全性維持を可能とし同時に重大事由解除の濫用を防ぐべく,重大事由解除の機能をモラル・リスク排除に限定する役割を有している点を明確化しようと試みている。
    保険契約における保険者の信頼は,「保険契約者等が将来において保険金の不正請求等の保険制度の健全性を害する行為(モラル・リスクを招来する行為)を行わないこと」に向けられている。故に,モラル・リスクと直接の関連性を有する事情は「信頼関係破壊」に影響を与えることになる。しかし,モラル・リスクと直接の関連性を有しない事情は「信頼関係破壊」に影響を与えない。
  • 林 美月子
    学術の動向
    2001年 6 巻 4 号 73-75
    発行日: 2001/04/01
    公開日: 2009/12/21
    ジャーナル フリー
  • 柳川 恒子
    国際女性
    2002年 16 巻 16 号 7-10
    発行日: 2002/12/20
    公開日: 2010/09/09
    ジャーナル フリー
  • 佐伯 仁志
    刑法雑誌
    2006年 45 巻 2 号 355-358
    発行日: 2006/01/30
    公開日: 2020/11/05
    ジャーナル フリー
  • 丸山 久美子, 森本 栄一
    日本行動計量学会大会抄録集
    2014年 42 巻 SB2-3
    発行日: 2014/09/02
    公開日: 2020/03/18
    会議録・要旨集 フリー
  • 小山田 英治
    アジア研究
    2017年 63 巻 1 号 116-119
    発行日: 2017/01/31
    公開日: 2017/03/24
    ジャーナル フリー
  • 堀江 慎司
    刑法雑誌
    2009年 49 巻 1 号 106-108
    発行日: 2009/09/10
    公開日: 2020/11/05
    ジャーナル フリー
  • 長沢 伸也
    デザイン学研究特集号
    2008年 15 巻 3 号 41-
    発行日: 2008/03/31
    公開日: 2017/11/27
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 林 和宏
    ラテンアメリカ・レポート
    2020年 36 巻 2 号 71-84
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/01/31
    解説誌・一般情報誌 フリー HTML

    2018年12月1日にロペス・オブラドールがメキシコ大統領について約1年が経過した。同大統領の公約の一つである治安対策として国家警備隊が創設され、

    組織犯罪や既存の警察組織
    における汚職や不効率の解決が目指された。中央高原バヒオ地区に集中する日系自動車関連企業もこうした治安問題を注視してきた。公的統計において、2019年は、これら企業の生産拠点、駐在地域となっているバヒオ地区グアナフアト州で国内最多の殺人件数が記録されるに至った。北米自由貿易協定再交渉において日系自動車産業のサプライチェーン再編が検討されているが、バヒオで展開するカルテル間の抗争など治安問題も新規投資に影響を与える重要案件であるため、今後の政権の治安政策の行方に注目が集まる。

  • 馬場 香織
    ラテンアメリカ・レポート
    2018年 34 巻 2 号 13-25
    発行日: 2018年
    公開日: 2020/09/30
    解説誌・一般情報誌 オープンアクセス
feedback
Top