詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "脳梁"
2,863件中 1-20の結果を表示しています
  • 馬原 孝彦, 朝長 正徳, 吉村 正博, 山之内 博, 嶋田 裕之, 勝沼 英宇
    日本老年医学会雑誌
    1990年 27 巻 4 号 484-485
    発行日: 1990/07/30
    公開日: 2009/11/24
    ジャーナル フリー
  • 東山 雄一, 斉藤 麻美, 森原 啓介, 木村 活生, 岡本 光生, 岸田 日帯, 土井 宏, 上田 直久, 竹内 英之, 田中 章景
    認知神経科学
    2018年 20 巻 2 号 89_2
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/06/29
    ジャーナル フリー
  • 馬原 孝彦, 朝長 正徳, 吉村 正博, 山之内 博, 勝沼 英宇
    脳卒中
    1990年 12 巻 2 号 97-105
    発行日: 1990/04/25
    公開日: 2009/09/03
    ジャーナル フリー
    虚血性脳血管障害例における脳梁の病理学的検索を行い以下の結果を得た. (1) 脳梁に限局した梗塞を限局性脳梁梗塞と定義し, 60歳以上老人1,000例 (東京都老人医療センター剖検例) 中21例に限局性脳梁梗塞を認めた.梗塞巣の大きさは1cm (前後方向にて) 程度のものが多かった. (2) Binswanger型白質脳症38例の脳梁につき検討し, 脳梁に限局した小梗塞巣を15例に認めた. (3) ACA梗塞19例 (ACA梗塞+MCA梗塞を含む), MCA梗塞7例, PCA梗塞15例検討の結果, ACA梗塞例では, 大脳半球部の梗塞巣から連続した脳梁部の梗塞を, 脳梁前半部の正中 (左右方向にて) から患側に認める例が多かった.MCA梗塞では直接は脳梁部梗塞を来さないが, 脳梁に二次変性を来す例があったが, その程度は, 皮質病変の大きさと時期を考慮すると軽度であった.PCA梗塞例では, 脳梁膨大部に梗塞巣が波及する頻度は低かった. (4) 生前のMRIにて脳梁部の小梗塞が検出された.
  • 酒井 朋子, 三上 章允, 小牧 裕司, 畑 純一, 松井 三枝, 岡原 純子, 岡原 則夫, 井上 貴司, 佐々木 えりか, 濱田 穣, 鈴木 樹理, 宮部 貴子, 松沢 哲郎, 岡野 栄之
    霊長類研究 Supplement
    2015年 31 巻 B24
    発行日: 2015/06/20
    公開日: 2016/02/02
    会議録・要旨集 フリー
    ヒト特異的な脳構造の進化・発達機構を解明することは、ヒト固有の認知機能や運動機能の理解だけでなく、広汎性発達障害、アルツハイマー病などの精神・神経疾患の病態を解明するうえでも欠かせない。今回本研究では脳梁に着目した。脳梁は左右の大脳半球を結ぶ交連線維の太い束であり、体性感覚野、視覚野、聴覚野や運動野などの感覚を司る脳領域での大脳半球間の情報を統合する役割を果たす。これまでのヒトを対象とした研究では、脳梁の正中矢状面サイズは、脳発達、左右脳における機能および神経連結、疾患病態の評価における生物学的指標として用いられてきた。しかしながら、ヒトと近縁な現生種である霊長類の脳梁サイズの発達については不明のままである。よって、本研究では、磁気共鳴画像(MRI)法により収集されたチンパンジーおよびマーモセットの3次元脳解剖画像を基に脳梁正中矢状面サイズの発達様式を分析し、ヒトのそれと比較することで、ヒト固有の脳梁の発達機構を解明することを目指した。画像分析において、チンパンジーでは生後6ヶ月~6歳(乳児期~子ども期)の脳MRIを、マーモセットでは生後1ヶ月~4歳(乳児期~成体期)の脳MRI画像を基に、コンピュータ上で脳梁の正中矢状面を抽出した。その後、抽出した正中矢状面を均等に7つの部位に分割し、それぞれを脳梁吻、脳梁膝、脳梁吻体部、脳梁中前方部、脳梁中後方部、脳梁峡部、脳梁膨大部とした。そのうえで、各部位のサイズの発達変化を調べ*、先行研究のヒトのデータと比較した。この結果、脳梁サイズの発達における霊長類共通の特徴、母親以外の社会成員も子育てを行うマーモセットとヒトの特徴、チンパンジーとヒトの特徴、ヒト固有の特徴を明らかにした。これらの知見は、ヒト特異的な脳構造の進化・発達機構の解明に貢献するだけでなく、精神・神経疾患の前臨床研究に向けての科学的指針として展開することが可能である。
  • 河村 洋子, 横田 康成, 亀谷 謙, 竹田 寛, 松村 要
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)
    2000年 120 巻 12 号 2111-2112
    発行日: 2000/12/01
    公開日: 2008/12/19
    ジャーナル フリー
    We investigated sex differences in the corpus callosum measured by MRI on the midsagittal plane using Fourier descriptors and central moments. In the result, we showed that females tend to have stooping corpus callosum relative to males at significance level 10-17%. The finding suggests that there may exist sex differences in the callosal configurations in cranium rather than in the shape and/or size of the corpus callosum.
  • 荒木 有三, 野倉 宏晃, 伊藤 毅, 古市 昌宏, 岩田 辰夫, 岩間 亨
    脳卒中
    2007年 29 巻 3 号 463-468
    発行日: 2007/05/25
    公開日: 2009/02/06
    ジャーナル フリー
    正中脳梁動脈閉塞により脳梁全体に梗塞を来たした1例を報告した. 患者は53歳男性, 車を運転中に右片麻痺, 右半身感覚異常と見当識障害で発症した. MRIの拡散強調画像にて, 脳梁全体と左右頭頂葉内側に高信号を認め, T1, T2強調およびFLAIR画像にて, 脳梁膝部前方の動脈内に高信号域を示す血栓が確認された. 2年前のラクナ梗塞発症時に施行したMRAとの比較の結果, 正中脳梁動脈の起始部閉塞と診断した. 経過中, 右片麻痺に加え, 左下肢麻痺や左上肢感覚障害が認められた. また, 右上肢は構成障害や運動失行, 左上肢は観念運動失行, 両上肢には強制把握や拮抗失行が認められた. 自己の手の認識が乏しく, 左手はcallosal+posterior type, 右手はanterior typeの「他人の手徴候」と診断した. 正中脳梁動脈は脳梁梗塞の重要な責任血管の一つであり, 多様な血流分布を示すため, 高次脳機能評価を行い特徴的な神経症状を明確にすることが大切である.
  • 武田 俊平, 山田 進, 小野 修一, 松沢 大樹
    日本老年医学会雑誌
    1988年 25 巻 3 号 292-295
    発行日: 1988/05/30
    公開日: 2009/11/24
    ジャーナル フリー
    X線CT上, 大脳及び脳梁に病変がなく, かつ, 痴呆を認めない男110人, 女92人 (年齢2歳から78歳) について, 磁気共鳴映像法 (MRI) により, 頭部正中矢状断層像のT1強調画像を得, 脳梁と大脳の断面積及び脳梁膝部, 体部, 膨大部の最大幅の加齢性変化を調べた. 脳梁の断面積は有意の加齢性変化を示し, 男は40歳代にピーク (584±99mm2) に, 女は20歳代にピーク (640±85mm2) に達した. 脳梁の断面積を大脳の断面積で割った百分率である脳梁指数は女が男より常に有意に高値を示した. 脳梁膝部, 体部, 膨大部の最大幅は有意の加齢性変化を示した. 脳梁膝部の最大幅は, 男では30歳代にピーク (11.2±2.2mm) に, 女では20歳代にピーク (10.6±2.5mm) に達した. 脳梁体部の最大幅は, 男では30歳代にピーク (5.8±1.2mm) に, 女では30歳代にピーク (6.2±1.2mm) に達した. 脳梁膨大部の最大幅は, 男では40歳代にピーク (11.9±2.1mm) に, 女では20歳代にピーク (12.9±3.0mm) に達した.
  • 羽生 春夫, 浅野 哲一, 櫻井 博文, 岩本 俊彦, 高崎 優
    脳卒中
    1999年 21 巻 3 号 297-302
    発行日: 1999/09/25
    公開日: 2009/06/05
    ジャーナル フリー
    Magnetization transfer(MT)法を用いてBinswanger病(BD)における脳梁の形態的特徴を明らかにし,大脳白質病変や知的機能障害との関連を検討した.BD群16例と健常老年者(C群)18例の脳梁面積を計測し,MTR{%,(Moff-Mon)×100/Moff;Moff,MonはMTパルス負荷前後の画像}を求め組織障害の程度の指標とした.BD群の脳梁面積は前部と後部で有意に小さく,特に前部はC群の約70%まで減少していた.MTRは前部,後部に加えて萎縮のみられない中部でも有意に低下し,髄鞘や軸索の変性,崩壊を含む組織学的変化が広範囲に生じていると考えられた.脳梁面積は近接する大脳白質病変(PVH)のMTRと有意に相関し,PVH病変による二次的な軸索変性が脳梁の萎縮へ発展すると考えられた.また脳梁前部の面積やMTRと改訂長谷川式スコアとの問には有意な相関がみられ,前頭葉白質病変と関連した脳梁前部の組織傷害が知的機能障害の発現に関連していることが示唆された.
  • 小山 陽子, 中村 貴洋, 中濱 小織, 澤木 みずき, 關 展, 野田 悦生, 田中 裕, 加藤 保司, Martin L. Alber, Dalia Cahana-Amitay
    認知神経科学
    2018年 20 巻 2 号 87_2
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/06/29
    ジャーナル フリー
  • 吉澤 寿
    日本保健科学学会誌
    2005年 8 巻 3 号 173-177
    発行日: 2005/12/25
    公開日: 2017/10/27
    ジャーナル フリー
    拡散テンソルMR画像は, 生体内水分子の拡散の異方性を表現したものである。神経線維に沿った方向の拡散は速く, 神経線維と直交する方向の拡散は遅い。DTI tractographyは, この拡散の異方性を追跡し, 白質路を描くことができる。今回, DTI tractographyを用いて, 脳梁部分欠損症の検討を行った。対象は, MR検査で偶然発見された脳梁部分欠損症(脳梁膝部のみ形成)3例(10歳男性, 15歳女性, 22歳男性)DTI tractographyにより脳梁線維とProbst's bundleの走行を調査した。形成されている脳梁部分を通過する線維は, 両側大脳半球の広範囲に分布した。脳梁部分欠損症では, 形成された脳梁の線維が, 形成されなかった脳梁部分の線維を代償している可能性があった。Probst's bundleにおける外側下面の線維の一部は, 後頭葉に分布する脳梁線維であった。
  • 河村 洋子, 横田 康成, 亀谷 謙, 松村 要
    医用電子と生体工学
    2001年 39 巻 1 号 56-65
    発行日: 2001年
    公開日: 2011/10/14
    ジャーナル フリー
    Gender identity disorder (GID) is a condition in which sex differs from gender identity. The basic methodology used to diagnose such a disorder involves examination by more than one psychiatrist. It is necessary to develop objective, quantitative criteria for diagnostics in order to improve the credibility of diagnosis, and to aid in decisions as to whether a patient is eligible for sex reassignment surgery. It has long been believed that there are sex-related differences in the shape and size of the corpus callosum (which interconnects the two cerebral hemispheres), and that these differences could form the basis of an objective, quantitative diagnostic technique. Unfortunately, there are, as yet, no established methods. In this study, we used MRI to investigate sex-related differences in the corpus callosum. We described the callosal figures at the midsagittal plane, using Fourier descriptors and central moments to represent the shape. We found that females have stooping corpus callosum relative to males, at a significance level of 10-14. This suggests that sex-related differences in the corpus callosum may consist of differences in the callosal configurations in the cranium, rather than the shape and size of the corpus callosum. Furthermore, using statistical tests (a likelihood ratio test, Kruskal-Wallis test and Mann-Whitney test), we found that most of the GID subjects in our study (MTF, 4; FTM, 11) have a principal orientation of the corpus callosum that is closer to female than male in sex. This means that the callosal principal orientation may qualify as an objective, quantitative criterion for MTF diagnosis.
  • 岡田 泰士, 村上 哲英, 根木 哲郎, 福西 勇夫, 堀 泰雄
    岡山医学会雑誌
    1990年 102 巻 3-4 号 337-345
    発行日: 1990年
    公開日: 2009/08/24
    ジャーナル フリー
    The congenital absence of corpus callosum has been recently found to occur among some mice of the ddN strain in our laboratory. In this experiment, the differences of the visual evoked potentials among the normal corpus callosum, callosal hypogenesis and agenesis in ddN strain mice were investigated. One-Hz- flash stimulations were given on the left eye through a glass fiber connector from the EEG stimulator. Under Nembutal anesthesia, two hundred times of average evoked field potentials were recorded from the contralateral and ipsilateral visual cortices. Electrophysiologically, the normal mice showed complete decussation on the opic chiasm. On the other hand, the complete acallosal mice could be classified into two types, such as those of complete decussation and those of absence of optic chiasm. In the complete decussation of acallosal mice, the latency, peak latency and duration of these potentials from ipsilateral side significantly prolonged, and the amplitude of the potentials extremely diminished. In the absence of optic chiasm of complete acallosal mice, the potentials were obtained only in ipsilateral cortex. After amputation of the corpus callosum in the normal mice, the visual evoked field potential showed similar to acallosal mice. However, in the hypogenesis of corpus callosum, there was no significant difference in the potentials compared with the normal mice.
  • 大野 喜久郎, 藤本 司, 小松 清秀, 高橋 俊平, 稲葉 穣
    脳卒中の外科研究会講演集
    1975年 4 巻 15
    発行日: 1975/10/22
    公開日: 2012/10/29
    ジャーナル フリー
  • 山内 浩
    脳卒中
    2005年 27 巻 4 号 613-617
    発行日: 2005/12/25
    公開日: 2009/06/05
    ジャーナル フリー
    Ischemic damage of large-scale networks between cortical regions leading to disconnection may cause cognitive impairment associated with widespread functional disturbance. However, it remains unclear to what extent this mechanism contributes to the development of cognitive impairment or dementia, because there is no way to evaluate quantitatively and precisely the amount of the disconnection in each patient. We investigated atrophy of the corpus callosum as a surrogate marker for damage of large-scale networks. In ca-rotid artery disease without cortical infarction, callosal atrophy was associated with cognitive impairment and widespread cerebral cortical hypometabolism. Ischemic loss of the pyramidal cells in layer 3 originating long association and commissural fibers, which may result in calllosal atrophy, may lead to the disconnection be-tween cortical regions. In patients with lacunar infarction and white matter lesions, callosal atrophy was a predictor of global cognitive impairment, whereas the extent of white matter lesions per se was related to impairment of frontal lobe function independent of callosal atrophy. Callosal atrophy may parallel the total loss of fibers in the white matter, the degree of which may determine the severity of disconnection. Damage of largescale networks is important for the development of cognitive impairment in ischemic stroke.
  • 馬場 啓至, 小野 智憲, 戸田 啓介, 馬場 史郎
    脳神経外科ジャーナル
    2007年 16 巻 3 号 177-183
    発行日: 2007/03/20
    公開日: 2017/06/02
    ジャーナル フリー
    脳梁離断術は発作の二次性全般化を防止する目的で1940年Van WagenenとHerrenにより報告された.しかしながらその後,全般発作に対する有効性が確認され,過去30年多くの症例に行われた.特に脱力発作,強直発作,全般性強直間代発作に有効で,複雑部分発作についてはその効果が一定していない.手術適応を含め,手術時期,離断範囲など未解決の点も多い.切除外科とは異なり,脳梁離断術はあくまで緩和手術であるため,発作消失率は低いが,術後発作軽減が得られ,ADL改善につながる.脳梁離断術の歴史,脳梁のてんかんにおける役割,発作抑制機序について考察した.
  • 大田 正流, 竹下 岩男
    脳神経外科ジャーナル
    2000年 9 巻 12 号 812-816
    発行日: 2000/12/20
    公開日: 2017/06/02
    ジャーナル フリー
    われわれは遠位前大脳動脈瘤破裂により脳梁幹の大部分, 前4/5の線維断裂を生じた稀な症例を経験し, MRI, SPECT, 脳高次機能検査にて経時的に観察したので報告する.症例は65歳, 女性で, 意識障害, 右片麻痺を主訴に搬送され, WFNS grade IVでクリッピング術を行った.発症6ヵ月後で多くの神経症状、脳高次機能障害の改善を認めたが, 作話傾向, 記銘力, 注意力, 見当識障害, 右から左への感覚情報伝達障害, そして左手での運動開始困難が種々の程度で残存した.直接的な障害を受けた脳梁ならびに脳梁周囲の深部白質線維の器質的変化はMRI画像が捉え, 脳血流検査では臨床経過に相関した明らかな脳血流改善を認めた.
  • 草務 博昭, 志村 俊郎, 寺本 明
    健康医学
    1998年 13 巻 3 号 325-327
    発行日: 1998/11/30
    公開日: 2012/08/27
    ジャーナル フリー
    症例1:28歳女性。頭痛を主訴にMRIを施行,両側側脳室前角付近を中心にほぼ左右対称的に広がる脂肪腫,さらに同時に合併する脳梁形成不全症と診断された。神経学的異常所見は認められなかった。症例2:29歳女性。頭重感を主訴として頭部MRIを施行,左側脳室拡大と脳梁形成不全症と診断された。これらの症例はいずれも手術の適応はなく経過観察としている。これら2症例について若干の考察を加え報告する。
  • 森本 尭之, 永田 清, 二階堂 雄次, 徳永 英守, 出口 潤, 小谷 有希子, 中瀬 健太, 小瀧 弘正
    脳卒中の外科
    2018年 46 巻 1 号 71-75
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/02/14
    ジャーナル フリー
    We present a rare case of callosal disconnection syndrome caused by rupture of an anterior communicating artery aneurysm (Acom AN). A 51-year-old man with a consciousness disturbance was transported to our hospital. Head computed tomography showed subarachnoid hemorrhage (SAH) associated with thick hematoma in the pericallosal cistern. Three-dimensional computed tomography angiography (3D-CTA) suggested that a forward-projected Acom AN was a potential source of the bleeding. We used a left pterional approach based on these findings. Neck clipping was performed according to the intraoperative finding that the source of the bleeding was a backward-projected Acom AN which could not be seen on 3D-CTA images. On awakening after surgery, the patient had a callosal disconnection syndrome. An Acom AN can rupture in the case of SAH associated with thick hematoma localized to the pericallosal cistern. Surgery should be based on consideration of this possibility in addition to that of a mechanism in which the Acom AN jets backward.
  • 緑川 晶, 河村 満
    高次脳機能研究 (旧 失語症研究)
    2003年 23 巻 1 号 19-25
    発行日: 2003年
    公開日: 2006/04/21
    ジャーナル フリー
    脳梁無形成例において,従来報告のない離断症候と考えられる障害を報告した。対象は,合併奇形がなく,知能が保たれた脳梁無形成例 (脳梁は全欠損,前交連は保たれている) と対照群5名。方法として鏡映描写課題を左右の手で実施した。その結果,脳梁無形成例では対照群と比較して劣位側 (本例では右手) で「明らかな拙劣さ」と「完了時間の遅延」が認められた。後天的な脳梁離断例と異なり,先天的な脳梁無形成例で認められる離断症候は少なく,わずかに視空間課題における障害が報告されてきた。本検討では脳梁無形成例において,前頭葉課題とされている鏡映描写課題で離断症候が生じ得ることを明らかにした。
  • 杉下 守弘, 吉岡 真澄
    失語症研究
    1986年 6 巻 3 号 1185-1188
    発行日: 1986年
    公開日: 2006/11/22
    ジャーナル フリー
         Dichotic listening test was administered to a right-handed patient with section of the splenium and probably the posterior end of the truncus of the corpus callosum owing to a germinoma. The patient showed the supression of left ear stimuli both on the divided attention and on the focused attention. The results indicated that the splenium plus the posterior end of the truncus or the splenium is crucial in the interhemispheric transfer of speech inputs from the right hemisphere to the left.
feedback
Top