詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "膠質浸透圧"
1,140件中 1-20の結果を表示しています
  • 中島 進, 西岡 洋, 池田 康一郎, 笹島 唯博, 竹内 克彦, 池田 浩之, 熱田 友義, 田村 正秀, 久保 良彦, 鮫島 夏樹, 垣内 美弘
    人工臓器
    1980年 9 巻 2 号 381-384
    発行日: 1980/04/15
    公開日: 2011/10/07
    ジャーナル フリー
    In spite of improvement in membrance oxygenerator and assist circulatory device, the survival rate of severe patients such as ARDS, severe post myocardial infarction patients was still low range.
    Recently many anthors reported that there is close relationships between interstitial odema and ARDS.
    To clarify the transient osmotic fluid movement to/from interstitial tissue space and the role of colloid osmotic pressure in ARDS patients, basic animal experiments and clinical investigations were made with use of a new needle type oncometer.
    By these study, the damage of capillary endothelial cell membranes and low colloid osmotic pressure were major reasons for ARDS.
  • 鈴樹 正大, 山田 誠二, 河村 俊明, 谷田 達男, 吉村 一彦, 河田 智男, 瀬川 孝
    日本胸部疾患学会雑誌
    1990年 28 巻 Supplement 号 361-364
    発行日: 1990/03/10
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
  • 片山 俊郎, 佐藤 哲大, 湊 小太郎
    生体医工学
    2005年 43 巻 4 号 717-723
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/01/19
    ジャーナル フリー
    The body water (extracellular fluid volume) of a healthy person with constant electric resistivity (47Ω · cm) can be estimated by a body-fat meter using the bioimpedance method. However, for dialysis patients, for whom the management of extracellular fluid volume is very important, accurate estimation is not possible because of individual variation in resistivity depending on kidney function and accumulation of body water. In this study, we investigated the usefulness of a simple method for determining electric resistivity in dialysis patients. Since Posm does not change in ECUM (Extracorporeal Ultrafiltration Method) therapy, which removes only moisture and low molecular weight solute by ultra-filtration, change in extracellular fluid volume can be computed by change in the colloid osmotic pressure with a body water movement model. Experimentally, we measured the serous colloid osmotic pressure and impedance in various parts of the body (right arm, left arm, soma, right leg, left leg) of patients undergoing ECUM treatment. Then we estimated extracellular fluid volume changes using the body water movement model and the amount of fluid removal and serous colloid osmotic pressure measured from the blood. The electric resistivity for each patient could be calculated from the extracellular fluid volume and the impedance in each body part. Using the electric resistivity calculated for each patient, extracellular fluid volume can be estimated by simply measuring the living body impedance. In other words, since the excess and deficiency of body water can be measured quantitatively, it can be used for setting the tolerable level of fluid intake and standard body weight during dialysis. Moreover, extracellular fluid volume can be roughly estimated using the approximate electric resistivity calculated using only the set fluid removal quantity and the measured impedance of each body part in ECUM therapy. Thus, a body water meter specific to each dialysis patient can be made by carrying out ECUM therapy only once and determining the approximate electric resistivity from living body impedance measurement and the set fluid removal quantity and incorporating the approximate value into the so-called body-fat meter.
  • 広瀬 隆土, 石橋 正義, 山田 誠二, 荒川 迪生, 永井 英明, 福島 雅夫
    日本胸部疾患学会雑誌
    1988年 26 巻 Supplement 号 407-409
    発行日: 1988/03/10
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
  • 杉田 洋一, 久米 弘洋, 松井 道彦, 堀越 茂樹, 丸山 浩一, 小机 敏昭, 新井 達太
    人工臓器
    1981年 10 巻 1 号 224-227
    発行日: 1981/02/15
    公開日: 2011/10/07
    ジャーナル フリー
    This study is aimed to evaluate the effect of intraaortic balloon pumping on peripheral circulatory failure in the state of low cardiac output syndrom after open heart surgery.
    we measured systemic vascular resistance
    (SVR) and pulmonary vascular resistance
    (PVR) and colloid osmotic pressure
    (COP) before and after intraaortic balloon pumpig.
    The following results were obtained
    1) The change of systemic vascular resistance and colloid osmotic pressure reflected the effect of intraaortic balloon pumping on peripheral circulatory failure in the state of low cardiac output syndrome, and it is useful to evaluate the effect of intraaortic balloon pumping
    2) The change of pulmonary vascular resistance did not always reflect the effect of intraaor tic balloon pumping on peripheral circulatory failure in the state of low cardiac output syndrome This is caused by pre-operative organic change of patients' pulmonary vascular bed.
  • 肺保存液中のHESの至適濃度と肺水腫の発生
    村岡 昌司, 川原 克信, 高橋 孝郎, 山本 聡, 中村 昭博, 田川 努, 衛藤 明香, 綾部 公懿, 富田 正雄
    日本呼吸器外科学会雑誌
    1998年 12 巻 5 号 577-583
    発行日: 1998/07/15
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    肺保存液中のHydroxyethyl starch (HES) の濃度が保存中・再潅流初期の肺水腫の程度に及ぼす影響を検討した.雑種成犬より心肺を摘出し, room airで換気しつつ4℃, 500mlのI群) modifiedCollins (CM) 液 (n=6), II群) CM液+3%HES (n=6), III群) CM液+6%HES (n=8), IV群) CM液+9%HES (n=5) でflushした.24時間冷却浸漬保存後, 左肺を分離して潅流モデル (換気量20ml/kg/回, 10回/分, room air, 送血量10ml/kg/分) に接続し, 2時間観察した.潅流前後に肺血管外水分量・組織蛋白量を測定, 潅流前後の組織所見を検討した.実験結果では, 2時間潅流後の肺血管外水分量がI群 : 88.9±2.1%, II群 : 86.6±2.3%, III群 : 84.6±1.7%, IV群 : 85.6±2.4%で, I-III, I-IV群間には有意差が認められた.組織蛋白量も2時間後でIII・IV群がI・II群より有意に低値であった.潅流前後の組織像はIV群で肺水腫が最も軽微で, やや高膠質圧の液の方が保存中・再潅流後の肺水腫を抑制することが示唆された.
  • 渡辺 憲太朗, 西田 富昭, 浦野 哲哉, 山田 誠二, 佐久間 勉, 羽柴 幸弘
    日本胸部疾患学会雑誌
    1992年 30 巻 Supplement 号 244-245
    発行日: 1992/04/10
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
  • 盛 虹明, 増田 卓, 北原 孝雄, 相馬 一亥, 大和田 隆
    日本救急医学会雑誌
    1993年 4 巻 1 号 17-22
    発行日: 1993/02/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    肺水腫を伴うクモ膜下出血患者の肺水腫液と血清の膠質浸透圧を測定し,神経原性肺水腫の成因としての肺血管透過性亢進の関与を検討した。発症24時間以内のクモ膜下出血のうち,呼吸管理を必要とした肺水腫8例を対象とし,肺水腫を有しない33症例を非肺水腫群として比較した。肺水腫群はWFNS分類でgrade Vが75%, Fisher分類では全例group 3と4であった。来院時に血圧,脈拍,意識状態,胸部レントゲン写真,動脈血液ガス分析,血漿カテコールアミン濃度を測定した。さらに肺水腫例では,肺水腫液と血清の膠質浸透圧を測定した。来院時肺水腫群では非肺水腫群に比べ収縮期血圧の低下と心拍数の増加を認めた。肺水腫群の心胸郭比は平均48±4%と心拡大は認められなかった。動脈血液ガス所見では,PaO2が非肺水腫群78±16mmHgであるのに対し肺水腫群47±12mmHgと,肺水腫群で著しい低酸素血症を呈していた。血漿ノルアドレナリン,アドレナリン濃度は,肺水腫群でそれぞれ1,800±1,300pg/ml, 1,400±630pg/ml,非肺水腫群740±690pg/ml, 340±400pg/mlであり,非肺水腫群に比べ肺水腫群で有意に高値を示した。肺水腫液の膠質浸透圧は12.4から25.0,平均16.7±4.1mmHgと肺水腫群の全例で高値を示し,血清に対する肺水腫液の膠質浸透圧比は平均0.94と血管透過性亢進を示唆する結果であった。以上により,クモ膜下出血に伴う肺水腫の発生機序のひとつとして肺血管の透過性亢進が示された。
  • 岩崎 敬治, 山路 香里, 岩下 雄二
    人工臓器
    1987年 16 巻 3 号 1531-1534
    発行日: 1987/06/15
    公開日: 2011/10/07
    ジャーナル フリー
    期限切れ輸血用血液の赤血球から膜成分を除去したストローマフリーヘモグロビンを代用血液として利用するために、ストローマヘモグロビンにピリドキサール5ーリン酸とポリオキシエチレン(分子量3,400)を結合させた。このようにして調製した安定化ヘモグロビンは血液と同等の酸素親和性を示し、ラットに投与した時の半減期は未修飾のヘモグロビンの6~7倍に延長した。この安定化ヘモグロビンはヘモグロビン1分子に5個程度のポリオキシエチレンが結合し、レーザー光散乱法によつて求めた数平均分子量は約10万であつた。粘度は血液と同様のずり速度依存性を示すが、各ずり速度における粘度は血液よりも低かつた。またヘモグロビン濃度が6g/dlの時の粘度は血液よりも低く、安定化ヘモグロビン溶液を血液と混合しても粘度の上昇は見られなかつた。膠質浸透圧はヘモグロビン濃度に依存し、6g/dlを越えると血液の正常値よりも大きくなつた。
  • 杉田 洋一, 久米 弘洋, 丸山 浩一, 中村 譲, 江本 秀斗, 森田 紀代造, 鈴木 和彦, 新井 達太
    人工臓器
    1983年 12 巻 2 号 404-407
    発行日: 1983/04/15
    公開日: 2011/10/07
    ジャーナル フリー
    開心術後のLOSの際にみられるhypoxe iaの原因については, まだ解明されない点もあるが, その主因は肺間質浮腫であると言われている。この肺間質浮腫が高度となり肺水腫が出現するとその予後は不良である。IABPの肺循環に対する効果はLOSによって減少した血漿膠質浸透圧―肺動脈楔入圧較差, (COP-PAWP較差)を正常値に回復し, Starlingの法則を介して, 肺末梢組織での体液水分バランスを正常化し, その結果肺間質浮腫が改善すると考えられる。又, A-aDO2, COP-PAWA較差及び肺間質水分量(EVLW)は肺間質浮腫の程度を知る良い指標となり, 特に縦軸にA-aDO2, 横軸にCOP-PAWP較差をとった新しい肺機能図はIABPによる肺循環の改善を良く反映し, IABP患者の呼吸管理の良い指標となる。
  • 上山 博史
    日本臨床麻酔学会誌
    2001年 21 巻 7 号 356-360
    発行日: 2001/09/15
    公開日: 2008/12/11
    ジャーナル フリー
  • 中島 正治, 井街 宏, 藤正 巌, 渥美 和彦
    医科器械学
    1984年 54 巻 suppl 号 171-173
    発行日: 1984/12/15
    公開日: 2021/02/21
    ジャーナル フリー
  • 中島 正治, 井街 宏, 藤正 巌, 渥美 和彦
    医科器械学
    1984年 54 巻 4 号 192-
    発行日: 1984/04/01
    公開日: 2021/02/21
    ジャーナル フリー
  • 福岡 正和, 嶋津 秀昭, 伊藤 寛志, 青木 宏之, 土屋 喜一, 山越 憲一, 豊島 健, 戸川 達男
    医科器械学
    1984年 54 巻 4 号 192-
    発行日: 1984/04/01
    公開日: 2021/02/21
    ジャーナル フリー
  • 大村 正樹, 牧本 一男, 深澤 達也
    Ear Research Japan
    1984年 15 巻 1 号 296-298
    発行日: 1984年
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    It became evident in our previous studies that glycerol and isosorbide, both hyperosmotic agents, potentiate the EP-decrease caused by furosemide because of their osmotic opening actions at the blood-cochlea barrier. Dextran which has a high colloidal osmotic pressure is considered to exert an effect on water migration across the blood vessel walls. The present study using dextran failed to reveal any potentiation of EP-decrease caused by furosemide. Thus it could be assumed that dextran does not possess any effect on the permeability of the blood-cochlea barrier as far as furosemide is concerned.
  • 池田 寿昭, 池田 一美, 鬼塚 俊朗, 鈴木 秀道, 鈴木 克昌, 丸谷 宏
    日本救急医学会雑誌
    2000年 11 巻 12 号 683-688
    発行日: 2000/12/15
    公開日: 2009/03/27
    ジャーナル フリー
    今回,救命救急センターに入室した患者に対して,膠質浸透圧計を用いて血清膠質浸透圧(COP)を測定し,重症度評価としてのCOPの有用性について検討した。対象は当救命救急センターに入室した患者のうち,無作為に抽出した118例で,発症1か月後の予後は生存例98例,死亡例20例であった。橈骨動脈カテーテルより採血を行い,膠質浸透圧計(WESCORE社製4420型)を用いてCOPの測定を連日行った。入室時にAPACHE-II scoreを測定してCOPとの相関について検討し,生存群と死亡群とで各々比較検討した。さらに総蛋白量,アルブミンと測定したCOP値との相関についても検討した。救命センター入室時のAPACHE-II scoreとCOP値には負の相関が認められた。入室のAPACHE-II scoreは生存群では有意に低く,COP値は有意に高値を示した。COPの経時的変化では,生存例では第10病日頃より増加している症例が多く,死亡例ではアルブミン投与にもかかわらず漸減している症例が多かった。また総蛋白量,アルブミン値と実測したCOP値との間に相関は認めなかった。以上の結果より,COPは重症度の評価に有用であり,またCOPの測定は膠質浸透圧計による直接測定がのぞましく,簡便で結果も早くわかり有用であると思われた。
  • 三浦 純一, 竹本 慎吾, 藤本 宗平, 金 義孝, 八塚 正四, 岡松 孝男, 石井 淳一
    日本小児外科学会雑誌
    1981年 17 巻 3 号 475-
    発行日: 1981/05/20
    公開日: 2017/01/01
    ジャーナル フリー
  • 大島 宏之, 前田 富興, 西岡 洋, 平田 哲, 池田 康一郎, 中島 進, 久保 良彦, 鮫島 夏樹
    日本小児外科学会雑誌
    1981年 17 巻 3 号 475-
    発行日: 1981/05/20
    公開日: 2017/01/01
    ジャーナル フリー
  • 黒田 広原, 原田 諭伸, 青木 秀俊, 久保田 宏, 村上 忠司
    体外循環技術
    1986年 12 巻 1 号 73-77
    発行日: 1986/01/20
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 山田 さとみ, 関 瀬利, 山谷 吉樹, 手島 健次, 亘 敏広
    動物臨床医学
    2019年 28 巻 4 号 144-149
    発行日: 2019/12/25
    公開日: 2020/12/25
    ジャーナル フリー

    上部消化管内視鏡を実施した犬を血漿アルブミン(Alb)濃度から3つの群に分類し全身麻酔管理について比較検討を実施した。膠質浸透圧では3群間に有意差が認められたものの, 麻酔中の心拍数, 平均動脈血圧, 呼気終末二酸化炭素分圧, 直腸体温, 呼気終末イソフルラン濃度, 麻酔導入に必要なプロポフォール投与量, 覚醒時間, ドパミンおよび輸液投与速度については3群の間に有意差は認められなかった。本麻酔法における心拍数, 平均動脈血圧の管理について血漿Alb濃度が1.0〜3.2 g/dlの範囲では低Alb血症による明らかな影響は確認されなかったが, 低Alb血症の症例群にはドパミン投与が有効である可能性が示唆された。

feedback
Top