詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "若尾文子"
6件中 1-6の結果を表示しています
  • 北村 匡平
    社会学評論
    2017年 68 巻 2 号 230-247
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/09/30
    ジャーナル フリー

    敗戦から1950年代にかけて, 大衆娯楽として最も隆盛していた映画は, 多くの国民的スターを輩出した. この時代のスターダムにおけるスターイメージの変遷とそれを価値づける言説に, 大衆の欲望モードの変化がみられるのが1955年頃である. 本稿は, 原節子と高峰三枝子に代表される占領期的な欲望を体現する‹理想化の時代›から, 1955年以降の若尾文子を代表とする‹日常性の時代›への推移を見取り図として, 映画スターに対する大衆の欲望モードの偏差を浮上させることを目的とする.

    この転換期, 大衆の集合的欲望を最も引き受けていたのは若尾文子であった. 超俗的な美貌をもった占領期のスター女優とは異なり, 若尾文子を価値づける言説は, 「庶民的」「親近感」「平凡」であり, 大衆の‹日常性›を体現するペルソナを呈示していたからこそ彼女はスターダムの頂点にのぼりつめることができた. 本稿は, 娯楽雑誌におけるスターの語られ方を分析することによって, 経済発展だけでは説明できない言説空間の変容を捉える. そこで見出されるのは, 占領期の‹理想化›された社会を象徴するスターへの反動として, 大衆文化を具現する‹日常›の体現者を称揚する言説構成である. スターを媒介にして自己を見つめ返すようなまなざしの構造が生成する1950年代中頃, 若尾文子は「平均的」であることによって大衆の‹日常性›を演じ, 若者の「リアリティ」を体現したのである.

  • 仲井 克己
    日本文学
    2002年 51 巻 11 号 61-65
    発行日: 2002/11/10
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
  • 北村 匡平
    映像学
    2016年 96 巻 68-88
    発行日: 2016/07/25
    公開日: 2016/08/19
    ジャーナル フリー

    【要旨】

     本稿の目的は、占領期のスターダムのなかでなぜ原節子の価値が最も高まり、どのような大衆の欲望によって彼女のペルソナが構築されたのかを、敗戦後の社会・文化的条件に即して実証的に明らかにすることにある。これまでスターを対象とする研究は映画の表象に傾斜した分析が多かったが、スター研究の視座から、スターを取り巻く言説、とりわけファン雑誌におけるイメージやテクストと映画との関係を重視し、複数のメディア・テクストにおける原節子の個性的アイデンティティ構築が、占領期のジェンダー・セクシュアリティ規範のなかでいかなる価値を形成していたのかを探究する。

     原節子は、敗戦後に求められる理想的な女性像としての「理知的」で「意志」の強い主体的なイメージを戦中から準備し、戦前と戦後の連続性を引き受けることで、占領期に最も人気の高いスターとなった。彼女の映画のパフォーマンスと、雑誌のパーソナリティに通底する他者の身体から「離れている」ペルソナは、日本女性の身体をめぐるアメリカと日本の占領の言説において、文化的価値を高めることになった。彼女は戦後に現れた敗戦の歴史的トラウマを喚起するパンパンなどの「敗者の身体」とは決して重なることない〈離接的身体〉としての理想的ペルソナを言説によって構築していたのである。本稿では、占領期という歴史的コンテクストのなかで原節子がいかに価値づけされ、欲望されているのかを分析し、アメリカへの抵抗を可能にする原節子のスターペルソナを通して大衆の戦後意識を解明する。

  • 横濱 雄二
    日本文学
    2007年 56 巻 11 号 2-13
    発行日: 2007/11/10
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
    昭和二七年から二九年にかけての菊田一夫『君の名は』のブームについて、映画のキャンペーンとロケの三事例を検討する。主人公二人の全国行脚は、それを演じた俳優たちの現前に注目すると、同時期に行われた昭和天皇の戦後巡幸と寓喩的関係にあることがわかる。俳優という人格を通じて作品の内外を連絡することで、典型的なメロドラマに見える『君の名は』にも、戦後日本を枠づけるという意味で国民国家を強化する側面が見出される。
  • 川添 登
    廃棄物学会誌
    1993年 4 巻 3 号 220-230
    発行日: 1993/07/30
    公開日: 2010/05/31
    ジャーナル フリー
  • 後藤 文康
    新聞学評論
    1986年 35 巻 120-131,290-28
    発行日: 1986/04/30
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
    In the late 1950s when Japan was runinng at full speed toward becoming an economic power, a new type of people began to emerge. They drastically changed the framework of the "masses" which until then referred to the "general working class, including labours and farmers." The masses situated in the lower part of the traditional pyramid-shaped society have come to occupy the central and major part of the present oval-shape society. The masses in this society were highly educated and shared almost equal health. Along with the emergence and expansion of the new "masses, " the newspaper was forced to change in order to arise their interest. The first noticeable change was the increase of news and information on home and community life, sports and leisure. It was then followed by an increase in international news items and the expansion of readers' columns. In this period, when the goal of average-people was to improve their standard of living in the same way that others were doing, the task for the newspaper was to understand and respond to such needs and to point out frictions and contradictions. Challenged to fulfill this task, newspapers, the national papers in particular, competed with each other in increasing their number of pages. It was then in the middle of the 1970s that the newspapers have again witnessed a change in the masses. In the so-called "mature" society, people were no longer easily satisfied with homogenized information. The word "bunshu(diverse and divided masses)" was even coined. The newspaper could no longer mass-produce standardaized news only. In order to meet diversified demands, newspapers then have chosen the strategy of multiple-option. Pages on specific topics like health and medical care were increased and separate editions which could be termed 'living journal' were issued. Newspapers from this stage, however, have become often puzzled by the "whimsical" masses who seemed to have become more inquisitive and curious. Protection and consideration for human rights and privacy are thus the biggest problems that newspapers face at present. Nevertheless, it is obvious that the masses, whether they undergo another change or not, will continue to be the key factor in the survival of the newspaper. This is so not only from the financial point of view but also in opinion formation. How should the newspaper fulfill its mission by not losing support from the masses? The author proposes the concept of "paternal journalism, " which entails : cool and mature judgement, broad viewpoint, generosity, self-restraint, rich knowledge, protection of the weak from the strong, and strength …all of which are required by the present-day masses to actualize what may be called the ideal journalism.
feedback
Top