詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "英国王立盲人協会"
1件中 1-1の結果を表示しています
  • 松戸 宏予
    日本図書館情報学会誌
    2016年 62 巻 2 号 101-119
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/11/11
    ジャーナル フリー

    イングランドの大学図書館における特別な支援の背景要素を明らかにするため,大学図書館16 館を対象にブロンフェンブレンナーの「人間発達の生態学」理論を援用して分析した。結果として,連携,支援環境整備,研修,意識の根底の4 点が支援の背景要素として挙げられた。①.連携は大学図書館,障害サービス,IT 関連部署,サポートワーカー,大学外との相互で行われていた。大学外では,地域コミュニティや社会企業との連携が SEN 学生への自立や就労支援へとつながっていた。②.大学図書館における支援環境整備 (リフトの設置など物理的環境整備や特別支援担当ポストなど支援体制)は,政府による法的整備,ソーシャル・インクルージョンの概念に依拠していた。③.SEN 学生へのサービス利便性を図るため,大学内外の研修を通して,専門性の強化がなされていた。併せて,研修を通してネットワークの構築にもつながっていた。④.職員の意識は,パートナーシップの精神を根底としていた。

feedback
Top