詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "西部州" カメルーン
18件中 1-18の結果を表示しています
  • カメルーン人の生活戦略と母国の政治社会状況
    和崎 春日
    地域研究
    2009年 9 巻 1 号 260-279
    発行日: 2009年
    公開日: 2020/05/26
    ジャーナル フリー
  • 森 淳
    アフリカ研究
    1980年 1980 巻 19 号 1-10
    発行日: 1980/03/30
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 市川 光雄
    森林科学
    1999年 25 巻 22-28
    発行日: 1999/02/01
    公開日: 2017/07/28
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 栗本 英世
    アフリカ研究
    1987年 1987 巻 31 号 91-97
    発行日: 1987/12/31
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 織田 雪世
    アフリカ研究
    2005年 2005 巻 67 号 133-135
    発行日: 2005/12/20
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 杉木 明子
    アフリカ研究
    2005年 2005 巻 67 号 131-133
    発行日: 2005/12/20
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 米田 信子, 若狭 基道, 塩田 勝彦, 小森 淳子, 亀井 伸孝
    アフリカ研究
    2011年 2011 巻 78 号 43-60
    発行日: 2011/03/31
    公開日: 2013/12/19
    ジャーナル フリー
  • 主としてナイジェリアの事例を中心として
    中村 弘光
    アフリカ研究
    1965年 1965 巻 2 号 1-15
    発行日: 1965/04/30
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 佐々木 重洋
    民族學研究
    1996年 61 巻 1 号 1-27
    発行日: 1996/06/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
    「クロス・リヴァー地方」のエジャガム社会では,死に「善悪」判断がくだされ,それに応じて異なる埋葬がおこなわれる。その際,特定の身体的症状を呈する死およびブッシュや川などの特定の空間における死が「悪い死」と判断され,遺体は舌を切られたうえ,集落の外に設けられた「邪悪な森(悪いブッシュ)」にうつぶせに埋葬される。本稿は,この慣行内容に関する記述をおこない,「悪い死」を決定する判断基準およびその論理を分析するとともに,このような慣行が社会において果たす役割について考察する。また,死の「善悪」判断とそれに応じた埋葬慣行が操作的になされていることを認めた上で,そのような意図を必要とさせる社会的背景にも注目する。とくに,個人の極端な成功や突出をめぐる相矛盾した価値観が併存するエジャガム社会において,「悪い死」概念を支える論理,いわば災因関する知の体系が自己抑制を社会的に達成していることを指摘する。
  • 浅川 澄彦
    森林科学
    1997年 20 巻 76-78
    発行日: 1997/06/01
    公開日: 2017/07/31
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • —歴史的考察—
    戸田 真紀子
    国際政治
    2010年 2010 巻 159 号 159_27-40
    発行日: 2010/02/25
    公開日: 2012/06/15
    ジャーナル フリー
    Recently the scholars studying conflict theories or peace building in Africa have tended to neglect the historical perspective of Africa. Without knowing the history of traditional kingdoms and chiefdoms, including slave trade, colonialism, and neo-colonialism, we cannot accurately understand serious problems with which African people are now confronted.
    Coups d'etat are common in Africa. Nigeria in particular, an oil-rich African giant, has experienced the military rule for about twenty-nine years since its independence. Why did the Nigerian officers decide to seize the power? Why did they desire to keep the power for such a period of time? And, why don't they intend to withdraw from the political arena? To answer these questions, we should consider the impact of British rule in Nigeria.
    The Nigerian army was originally established to conquer the native kingdoms and chiefdoms under the policy of British colonization. British rulers sometimes undermined the “rule of law.” Later the Nigerian army became the tool for traditional rulers, who started to work for the British rule in order to suppress their own people. New rulers of independent Nigeria learned how to use the military to defend their vested interests during 1960 through 1966. Therefore, it is the negative legacy of British rule that civilian and military regimes had not maintained “law and order” to save the lives of Nigerian people. So many civilians, being involved in armed conflict between Nigerian army and rebellions, were killed by the army.
    Samuel Huntington showed two conditions to avoid military intervention. According to him, the civil-military relation may be destroyed if the governments would not be able to promote “economic development” and to maintain “law and order” and if civilian politicians would desire to use the military power for their own political ambitions.
    As to the “economic development,” approximately 80% of Nigerian people suffer from poverty, whereas the retired generals enjoy their political power as well as financial business with a plenty of money. As mentioned above, the aspect of “law and order” has been also neglected by the regimes. After independence, civilian regimes used the military for their political interests and led the army officials into the political arena.
    Therefore, as suggested by Huntington, military intervention may be caused in Nigeria again if the Fourth Republic would neglect the importance of promoting “economic development” and of maintaining “law and order.” The Fourth Republic also needs to keep the army out of politics and the politics out of the army to avoid military intervention. Actually it is difficult to meet these conditions, because the group of retired generals still has strong influence over political and economical arenas.
  • —ザンビア・ンセンガ人の事例—
    小倉 充夫
    国際政治
    2010年 2010 巻 159 号 159_12-26
    発行日: 2010/02/25
    公開日: 2012/06/15
    ジャーナル フリー
    The languages of colonial rulers remain dominant in public life even after a colony achieves independence. English, French and Portuguese have been retained as the official languages in most of the Sub-Saharan African countries. The former colonial European language is proclaimed to be the only official language in 28 African countries. Even if African languages do become official languages, they remain the languages of the primary schools and local government offices. In contrast, English, French or Portuguese are languages of the courts, central government offices and institutions of higher education.
    Colonial governments did not make any real attempt to develop African languages into official written languages with the exception of Kiswahili in Tanzania. People in colonies were linguistically divided. After independence, the language situation did not change very much. Individuals are still not able to communicate with one another. The language question lies behind various difficulties that Africa faces today.
    In Zambia, the only official language is English. Seven African languages are used for instruction in elementary schools and for radio broadcasts. The number of people who speak two of these language, Bemba and Nyanja, is increasing. However, the government has not shown any intention to develop them into official languages at the national level.
    English as a second language is rapidly spreading in Zambia mainly because of educational development. Although English is the lingua franca of the middle class, it does not have this status for the entire population. Zambian might be said to be divided into two groups: the thin layer of the educated who gains proficiency in English, and the thick layer of the working classes who continue to speak in their many different languages. Zambia is a typical multilingual/multiethnic state without a particular language understood by the majority of the people. Zambian national unity has not been brought about by language or ethnicity, but by the people taking pride in freedom of speech, democracy and, particularly, in maintaining peace by combating ethnic divisions since independence.
    The author will discuss this subject in detail by focusing on the Nsenga people living in Petauke and Lusaka.
  • 戸田 真紀子
    アフリカ研究
    1993年 1993 巻 43 号 49-62
    発行日: 1993/09/30
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    One of the problems that most African countries face today is that they have to deal with deep ethnic divisions. Since independence, a large number of ethnic conflicts have taken place in these countries.
    There is a long argument that democracy is exceptional in severely divided societies. For this reason, the early modernization theorists suggested that ethnic identities needed to be erased. They anticipated that if a national identity were created, ethnic conflict would be reduced. Marxist theorists also argue that ethnicity will be weakended by class conflict. However, it is difficult to believe that such an assimilation of ethnic identities into a national identity will take place. We had better not make efforts to assimilate people, but arrange the political institutions which can reduce ethnic conflicts in order to establish peace and democracy.
    A. Lijphart has shown one way, the consociational democracy model. He argues that consociational democracy enhances the democratic stability of a plural society not by making it less plural, but by making it more plural. Although his arguments are based on European small countries, we can apply the essence of consociationalism to the plural societies in Africa in order to reduce ethnic conflicts.
    In this article, I will show the cases of The Gambia and Nigeria. The former has succeeded in keeping stable democracy with consociationalism, and the latter has changed its political institutions from the majority-rule model to the one closer to the consociational model. These case studies may help to develop the classical consociational model into a more general theory.
  • 島田 周平
    アフリカレポート
    2020年 58 巻 102-115
    発行日: 2020/12/15
    公開日: 2020/12/15
    ジャーナル フリー HTML

    2019年に西部ナイジェリアのヨルバランドの5州で、ヨルバ語でヒョウを意味するアモテクンという自警団が名乗りを上げた。かつて東部ナイジェリアのエフィクやイビビオ社会で活躍した秘密結社エクペ(ヒョウを意味する)に倣ったかのようであった。

    西部5州の知事たちは、アモテクン設立にあたり北部から来たフラニ牧畜民による農民襲撃を最大の理由とした。ヨルバランドからフラニ牧畜民を排斥するという地域主義的運動に展開しかねない危険性を感じ取った連邦政府は、連邦警察以外に警察権を行使できる組織はあり得ないとする法律的理由からその設立に待ったをかけた。

    州知事が指揮権を持つアモテクンは、かつて東部の森のなかで活躍した秘密結社のヒョウではなく、連邦政府の警察権を脅かす存在として認識されることになったのである。

  • ─キャッサバのイモの収穫方法に着目して─
    原 将也
    アフリカ研究
    2018年 2018 巻 94 号 1-8
    発行日: 2018/12/31
    公開日: 2019/12/31
    ジャーナル フリー

    本稿では,ザンビア北西部に暮らすルンダの人びとが実践する「部分どり」と「全どり」というふたつの収穫方法に着目し,農家が地域の生態環境による制約を克服するべく確立してきたキャッサバ栽培の方法を報告する。おもなキャッサバ栽培地域の熱帯雨林帯とは異なり,本稿で取り上げるザンビアでは明瞭な乾季が存在し,キャッサバの生長に時間がかかる。ルンダの女性たちは,キャッサバの種茎を植えつけてから2年が経過した3年目に,肥大したイモのみを選んで掘りとる部分どりを実践する。4年目にはほとんどのイモが肥大し,株ごとすべてのイモを掘りとる全どりがおこなわれる。部分どりと全どりを組みあわせることで,2年にわたってキャッサバのイモを収穫して世帯の食料消費を安定させるとともに,用途に適した大きさや状態のイモを必要量だけ収穫することができている。ふたつの収穫方法はキャッサバの生育段階に応じて実践され,キャッサバの生長に時間のかかる環境だからこそ生まれた収穫技術である。キャッサバはその特性から労力をかけずとも育つとされるが,本稿ではルンダの人びとが環境による制約を克服するように部分どりと全どりという収穫技術を確立していることを明らかにした。

  • 石井 美保
    民族學研究
    2003年 67 巻 4 号 388-411
    発行日: 2003/03/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
    本論は、ガーナ東部州アチェム(Akyem)地方のココア開拓社会における、19世紀末から21世紀にかけての社会経済変化と宗教実践の変容について検討する。ガーナ南部のアカン社会では、20世紀初頭から北部地域に起源をもつ精霊祭祀が勃興し、妖術対抗を主眼とした新たな宗教実践として急速に発展した。先行研究はこれらの精霊祭祀を「妖術対抗社(anti-witchcraft shrines)」と呼び、ココア生産の拡大と貨幣経済化に伴う社会不安への対処手段として説明してきた。しかし、妖術への対抗手段として20世紀初頭のアチェム地方を席捲した精霊祭祀のターゲットは現在、妖術から特定の呪術へと移行している。精霊祭祀の主要な「敵」の変更は、この地域における霊的な勢力図の変容を示すとともに、地域社会の政治経済的な地勢図の変化と連動している。すなわち、20世紀を通じての精霊祭祀の変容は、母系制アカン社会を基盤としたアチェム地方におけるココア生産の発展と移民の定住、これに伴う民族間関係の複雑化と土地をめぐる利害抗争の発生と深く結びついている。本論第2章では、ココア開拓の拡大期における妖術告発の増加と精霊祭祀の流行について、アチェム地方の母系制社会における親族政治に着眼して分析する。第3章では、同地域における精霊祭祀の現状を提示し、妖術告発の減少と特定民族と結びついた呪術問題の台頭を指摘する。また、ココア開拓社会を構成している民族間の関係を開拓以前の交渉史と現在の労働生産関係から分析し、多民族的な移民社会における民族間の境界の設定あるいは再創造と、呪術問題の勃興との関連を考察する。
  • 一般講演
    Japanese Journal of Tropical Medicine and Hygiene
    1977年 5 巻 1 号 15-32
    発行日: 1977/06/15
    公開日: 2011/05/20
    ジャーナル フリー
  • 水田開発の事例
    矢野 信一
    農業土木学会誌
    1986年 54 巻 1 号 41-46,a1
    発行日: 1986/01/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    アフリカにおける水田農業の食糧生産の中での位置付けとそのすう勢および農業開発に対する試験研究機関について概況を述べた上で, 筆者らが従事した小規模農場の建設・運営と稲作実証調査を基として大規模農業開発へと展開した水田農業開発の事例を紹介する。
    アフリカにおける農業開発は単に潅漑施設等の建設にとどまらず, 営農指導等をも含めた総合的な事業運営の推進が必要であることをコンサルタントの立場から提言する。
feedback
Top