詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "計画都市"
1,482件中 1-20の結果を表示しています
  • 渡辺 俊
    日本建築学会計画系論文集
    2013年 78 巻 683 号 281-288
    発行日: 2013/01/30
    公開日: 2013/05/30
    ジャーナル フリー
    The purpose of this paper is to present a comprehensive vision of architectural academism through the network analysis of architectural studies based on “KAKEN”, the database of the Grants-in-Aid for scientific research in Japan. 4224 researchers are derived from 8062 research projects since 1972, and 6863 edges are identified from their research cooperation. Then, the research community is configured as a complex network. The network is examined from the view of three properties, i.e., scale-free, cluster cohesion, and small-world. Consequently it is confirmed that the formation of the academic community is subjected by “preferential attachment”. All keywords registered to the research projects are also extracted, and the academic interests of the traditional research fields are reviewed. Finally, to break these traditional categories, the whole network is divided into the 43 clusters by the Newman fast greedy clustering method, and the practical research communities are characterized by assigning their keywords.
  • 石川 徹
    日本建築学会計画系論文集
    2012年 77 巻 679 号 2137-2142
    発行日: 2012/09/30
    公開日: 2013/04/25
    ジャーナル フリー
    This study examined nine major textbooks in urban planning through a text mining approach. 127 important terms were identified from the textbook indexes, and the degrees of similarity between pairs of the terms were computed through the analysis of the pattern of co-occurrence. Based on this similarity measure, the important terms were classified into four groups, each explaining (a) basic concepts and methods of urban planning; (b) the development of urban and residential environments, particularly new towns; (c) the maintenance and assessment of residential environments; and (d) connections to other related domains such as laws and regulations, economic frameworks, national land planning, or planning history. In textbooks published after the year 2000, these terms were explained in a more interrelated manner, especially in the context of detailed micro-level planning and in relation to the concepts of diversities, urban restoration, public participation, and city shrinkage, which reflect recent societal trends.
  • 朴 承根, 瀬田 史彦
    都市計画論文集
    2006年 41.3 巻 743-748
    発行日: 2006/10/25
    公開日: 2018/06/26
    ジャーナル オープンアクセス
    韓国は、歴史的な背景もあってもともと日本に類似した広域土地利用計画体系を持っていたが、近年の改革によってそれらを改正し、より単純で効率的な制度に改めることに成功したと言われている。本論文では、改正された韓国の広域土地利用計画体系について、特に計画間の関係や、各レベルの行政組織との関係に着目して詳しく検証し、日本でこれまでに議論となっている上述のような問題点と対比しながら、示唆される点について論述している。改正された体系は、市街地(都市地域)と農地(非都市地域)で異なっていた従来の土地利用計画・規制の体系が一元化されるとともに、各自治体レベルでの都市計画の権限配分が単純かつ明快になっている。土地利用規制の権限が基礎自治体に一元的に付与されたとともに、広域レベルでは都市圏の状況に応じて柔軟な計画体系が取られており、かつそれが基礎自治体の都市基本計画・都市管理計画の上位計画として法的に位置づけられている。
  • 宋 俊煥, 籔谷 祐介, 泉山 塁威, 保井 美樹
    都市計画論文集
    2020年 55 巻 3 号 821-828
    発行日: 2020/10/25
    公開日: 2020/10/25
    ジャーナル オープンアクセス

    本研究は、「エリアマネジメント団体は、財源不足を前提としながらも、雇用形態の調整、他団体からの出向等により事務局に必要な人材を調達し活動を実施している。」という仮説の下、エリアマネジメント団体で働く人材を事務局の雇用形態毎に分析することで、人材特性及び活動特性(活動エリア・組織・活動内容・空間活用等)の傾向を明らかにすることを目的としている。2年間にわたり2回のアンケート調査を実施することで、36団体の活動特性を把握すると共に、働く人材の専門分野と他団体との連携事業特性を整理した。エリアマネジメント団体の事務局の雇用形態から5パターンに体系化し、それぞれの人材特性を明らかにした。また、パターン別の比較分析により、①自団体の正社員が多いパターンでは、会計・事務の専門人材が多く指定管理者制度等による公共施設の整備管理活動を行っている傾向、②民間会社からの出向が多いパターンでは、不動産人材が多く、公共空間等の活用を行っている傾向、③自治体やNPO等から出向或いは、自団体の業務委託が多いパターンでは、都市計画・都市デザインの専門人材が多く、まちづくりルール策定等を行っている傾向が明らかとなった。

  • Alexander 理論の再評価
    浅見 泰司
    都市計画論文集
    1990年 25 巻 433-438
    発行日: 1990/10/25
    公開日: 2020/07/01
    ジャーナル オープンアクセス

    ALEXANDER'S ASSERTION, “FROM TREE TO SEMI-LATTICE”, IS REEXAMINED IN THE CONTEXT OF THE CONCEPTUAL CHANGES IN HOUSING PLANNING. IT CAN BE REGARDED THAT HIS STATEMENT CORRECTLY STANDS FOR THE MOVEMENT FROM THE NEIGHBORHOOD UNIT PLANNING TO THE OPEN COMMUNITY PLANNING. WITH A NEWLY DEVELOPED METHOD, THE SPATIAL HIERARCHICAL STRUCTURES OF TAMA REGION AND SANGENJAYA REGION ARE COMPARED. THE RESULT IS AFFIRMATIVE FOR ALEXANDER'S ASSERTION.

  • 都市住宅学
    1999年 1999 巻 28 号 105-
    発行日: 1999年
    公開日: 2012/11/28
    ジャーナル フリー
    Vol. 1999 (1999) No. 27 p. 124-126
    修正内容:
    (誤) 上原由紀夫
    (正) 上原由起夫
  • 人口5万人以上の160市を事例として
    橋本 隆, 湯沢 昭
    都市計画論文集
    2006年 41.3 巻 601-606
    発行日: 2006/10/25
    公開日: 2018/06/26
    ジャーナル オープンアクセス
    この論文の目的は、市町村合併後の都市計画区域の地域格差と自治体意識の関係を明らかにすることである。研究の着眼点は、都市計画区域の併存状況に応じた規制誘導に対する自治体意識を定量化することである。分析を行った都市は、既に市町村合併した人口5万人以上の160市である。自治体意識の分析においては、自治体意識調査の結果を用いて因子分析と階層分析法(AHP)を行った。分析の結果、都市計画区域の併存状況に起因する自治体意識には、大きな格差があることが分かった。この論文は、これらの分析結果を発表し、都市計画区域の再編の一助とするものである。
  • 帝国の前線と「ロシア」体験
    米家 泰作
    日本地理学会発表要旨集
    2018年 2018s 巻 826
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/06/27
    会議録・要旨集 フリー
    文化史や教育史,文学史,そして地理学から,近代日本のコロニアル・ツーリズムに関する研究が進んでいる。報告者は,植民地となった朝鮮半島や,それに準じる中国東北部(満洲)への旅行記の検討を踏まえて,前者が「過去の日本」として,そして後者が「帝国の前線」として体験されたことに,関心を寄せてきた。本報告では後者の点を検討すべく,20世紀前半の哈爾浜(哈爾賓)を取り上げる。
     日露戦争後,鮮満旅行が実業家や教育者の間で次第に盛んになったが,哈爾浜がその主要な訪問地となるのは1920年代半ば以降である。特に,「満洲国」が1932年に成立し,1935年に新京(長春)以北の北満鉄路(東清鉄道)をソ連から買収すると,多くの日本人旅行者にとって,哈爾浜は鮮満周遊の北端となった。1937年には哈爾浜観光協会が設立され,日本人旅行者への観光案内を主導した。
     日本人旅行者は,一方ではロシアの近代的な計画都市・哈爾浜を高く評価しつつも,ロシア(ソ連)への対抗を意識し,伊藤博文暗殺や日露戦争(諜報員銃殺)に関わる場所を積極的に訪問した。ロシアの影響力が失われた後も,ロシアが築いた教会や墓地,百貨店,レストランなどは,ヨーロッパ的な風景や情緒を体験できる場所として,観光コースに組み込まれた。さらに男性旅行者にとっては,歓楽街で接客するロシア人女性が,ヨーロッパへの憧憬をかきたてると同時に,ヨーロッパに対する優越感を与えてくれるアンビバレントな存在となっていった。
     近代日本の旅行者にとって,哈爾浜とは,ロシアとの帝国主義的な争いと、そこでの勝利を象徴する都市であり,「夜のハルピン」は歪んだオクシデンタリズムを掻き立てる場所となった。中国東北部の他の都市や地域の検討については,今後の課題としたい。
  • 石井 秀明, 田中 耕市
    日本地理学会発表要旨集
    2017年 2017s 巻 P072
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/03
    会議録・要旨集 フリー
    I.研究の背景と目的 FDsは,社会・経済環境の急速な変化のなかで生じた「生鮮食料品供給体制の崩壊」と,「社会的弱者の集住」という2つの要素が重なったときに発生する社会的弱者世帯の健康悪化問題である.高齢者の健康状態に大きく影響を及ぼす食の多様性は,買い物環境や買い物行動と関連があると考えられる.本研究は,買い物行動が高齢者の食多様性に与える影響を明らかにする.Ⅱ.対象地域と研究方法 研究対象地域は,都市中心部の空洞化が顕著である人口が約26万のA市の中心市街地とする.高齢者の栄養摂取の状況と買い物行動を把握するために,A市市民センターで行われている高齢者向け講座への参加者を対象として,2015年11月にアンケート調査を行った(114部回収,有効回答60部).栄養摂取の状況については,食品摂取の多様性得点を指標とした.また,一部の者を対象に聞き取り調査も併せて行った.Ⅲ.高齢化と店舗立地の変化 2010年におけるA市中心市街地活性化基本計画都市中枢ゾーンに相当する町丁目の高齢化率は22.6%であり,A市全域の高齢化率(21.8%)をわずかに上回る程度である.これは,多くの高層マンションが立地したことにより,2005年の高齢化率(24.1%)から低下したためである.高層マンションの立地が少ない町丁目では,高い高齢化率を示している(図1).食料品スーパーは中心市街地西端と,東端に立地するのみであり,中心市街地中央部周辺において食料品スーパーへの近接性が低下している.一方でコンビニエンスストア(以下,CVS)は中心市街地に14店舗立地している.人口分布と食料品スーパーの分布から作成した需給サーフェスをみると,特に西部において値が高く,店舗へのアクセスが悪い高齢者が多いと考えられる.Ⅳ.高齢者の買い物行動と栄養摂取 回答者の食品摂取の多様性得点の平均値は6.17であり,栄養摂取の状況は良好であった.しかし,その傾向は買い物行動によって差異がみられた.複数の買い物先利用が「有」の世帯における食品摂取の多様性得点の平均値は,「無」の世帯のそれを1点あまり上回っていた.この傾向は「買い物に不便を抱えている」と回答した世帯においてさらに顕著であり,その差は2点弱に至った.このことから,多数の買い物手段および買い物先組み合わせの選択肢を増やすことが,栄養摂取を高めることに寄与するといえる.
  • 寺谷 諒
    日本地理学会発表要旨集
    2012年 2012a 巻 P009
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/03/08
    会議録・要旨集 フリー
    近年、都市化や農村の過疎化に伴う多くの土地利用に関する問題が生じている。都市部では、市街地が無計画に拡大するスプロール現象やそれに伴う、中心部の衰退、郊外の緑地の減少、また農村部では、農地や里山の放棄問題がある。特に郊外においては、市街地が開発によって無秩序に拡大するスプロール現象が問題となっており、このスプロール現象によって、郊外の農地が多く消失している。 これらの問題に対応するためには、過去の土地利用の変化を分析し、将来の土地利用を予測したうえで、適切な土地利用計画・都市計画を行うことが必要となってくる。 しかし、既存研究においては、社会的条件を包括的かつ詳細にとらえ、変数を適切に選択した高精度なモデルを構築した研究は少ない。特に、農地の変化を対象とした研究では、精度が低く、60%台や50%以下のものがみられる。 そこで、本研究では、土地利用の変化と社会的要因の関連に関して分析を行い、さらに実世界の土地利用変化を高精度に再現・予測ができるモデルの構築を行う。そして、いくつかのシナリオを設定したうえで、将来の土地利用変化を予測し、今後とるべき土地利用政策や都市計画に関して、考察することが研究目的である。なお、郊外に多く存在し、年を経るごとに減少が進む農地の変化に焦点を絞り、減少のメカニズムの分析と将来の予測を行うものとする。
  • -21世紀の都市と都市計画の展望--社会環境工学研連都市地域計画専門委員会の活動から-
    高野 公男
    学術の動向
    2001年 6 巻 1 号 72-75
    発行日: 2001/01/01
    公開日: 2009/12/21
    ジャーナル フリー
  • 井上 茂
    体力科学
    2016年 65 巻 1 号 22
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/01/24
    ジャーナル フリー
  • 森 俊偉
    工学教育
    2014年 62 巻 2 号 2_78
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/26
    ジャーナル フリー
  • 浅見 泰司
    日本不動産学会誌
    2015年 28 巻 4 号 47-50
    発行日: 2015/03/25
    公開日: 2017/01/25
    ジャーナル フリー
  • 池 俊介
    地学雑誌
    2012年 121 巻 4 号 664-672
    発行日: 2012/08/25
    公開日: 2012/09/03
    ジャーナル フリー
     Until the 1970s the French school of geography exerted a tremendous influence on Portuguese geographers, many of whom made major contributions to studies on the relationship between nature and human beings. Since the Carnation Revolution in 1974, however, various strands of geographical thought have been introduced to the discipline of geography in Portugal, due to increasing academic exchanges with foreign scholars, which have led to a gradual diversification of themes in studies of geography. For instance, research on regional planning and urban planning has progressed since the 1980s, making applied geography one of the mainstreams of geographical studies in Portugal. Recently, research institutions in the major universities of Portugal have also been reorganized, obtaining corporate status to receive more research funds. They are expected to produce excellent research outputs soon after their establishment.
  • 渡部 与四郎, 黒川 洸, 石田 東生
    土木学会論文集
    1985年 1985 巻 353 号 61-62
    発行日: 1985/01/20
    公開日: 2010/08/24
    ジャーナル フリー
  • 石川 幹子
    ランドスケープ研究
    1994年 58 巻 3 号 263
    発行日: 1994/02/28
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • 大塚 直樹
    経済地理学年報
    1999年 45 巻 3 号 247-
    発行日: 1999/09/30
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
  • 兼田 敏之
    日本建築学会技術報告集
    2001年 7 巻 12 号 249-
    発行日: 2001/01/20
    公開日: 2017/04/14
    ジャーナル フリー
  • 青木 義次
    日本建築学会技術報告集
    2001年 7 巻 12 号 249-
    発行日: 2001/01/20
    公開日: 2017/04/14
    ジャーナル フリー
feedback
Top