詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "認知的閉鎖"
2件中 1-2の結果を表示しています
  • 吉澤 寛之, 吉田 俊和
    社会心理学研究
    2004年 20 巻 2 号 106-123
    発行日: 2004/11/22
    公開日: 2017/01/14
    ジャーナル フリー
    The authors tested the hypothesis that the causal relations from knowledge structures on social rules to socially delinquent behavior tendencies (SDBT) are mediated by self-serving cognitive distortion (CD). In addition, evaluation of the configuration invariance of the causal relations between the original (OV: based on Yoshizawa & Yoshida, 2003b) and simplified (SV) versions of the Knowledge Structures Measure was done. Knowledge structures were assessed by participants' means of applying social rules to interpersonal conflict situations based upon three indices: the inter-independence of social rules, the consistency of these rules, and their general appropriateness. SV was developed by excluding the rule generating procedure. Results indicated that both the causal relations from knowledge structures by OV to SDBT, and the mediational process of CD were partially supported. Comparison between the two measures indicated that simplification of Knowledge Structures Measure was functionally validated in predicting CD and SDBT. Discussion of the improvements attained by the simplified version, and of some problems raised by it, focusing on the causal relationship between this measure and SDBT, was conducted.
  • 角野 充奈, 浦 光博
    実験社会心理学研究
    2008年 47 巻 2 号 105-117
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/03/19
    ジャーナル フリー
    人々には,他者の言動に対応した属性を推論する傾向があり(対応推論),その傾向は,他者の言動が社会的に拘束されていると知っていても生じることが明らかにされている(対応バイアス)。対応バイアスは,容易には消失しないことから,非常に強固な現象であると捉えられているが,それゆえに,対応バイアスやその基礎となる対応推論を促進・抑制させる要因について検討した研究も存在する。本研究では,日本語における一人称代名詞「私」が明示,もしくは,省略された文章が,対応推論に及ぼす効果について,2つの研究で検討を行なった。研究1では,Jones & Harris(1967)の態度帰属の実験方法を踏襲し,書き手が立場を選択できない状況で書いた,日本語の一人称代名詞が明示された文章を読んだ場合に,省略された文章を読んだ場合よりも,対応推論が促進されることが示唆された。研究2では,日本語の一人称代名詞の有無に加え,書き手の真の態度を正確に判断するよう実験参加者に教示するか否かを状況操作して検討を行なった。その結果,正確な判断をするよう教示されずに一人称代名詞のある文章を読んだ場合に,最も対応推論が促進されることが示唆された。文化的背景に基づく要因と対応バイアスや対応推論との関連性,および,今後の研究の課題について考察した。
feedback
Top