詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "赤湯"
287件中 1-20の結果を表示しています
  • 江本 義數, 廣瀬 弘幸
    植物学雑誌
    1942年 56 巻 661 号 25-42
    発行日: 1942年
    公開日: 2007/05/24
    ジャーナル フリー
    The Narugo thermal springs locate in northwestern Miyagi Prefecture and consist of as many as 30 sources of springs, which are situated along the river Araogawa. We have 9 spas in the Narugo thermal springs as shown in fig. 1, namely Kawatabi (sulphur), Tanakayu (alkaline), Sin-Tanakayu (bitter), Akayu (alkaline, simple thermal), Motokurumayu (bitter), Sin-kurumayu (bitter), Taganoyu (acid and sulphur), Narugo-Yumoto (sulphur, alkaline, acid and bitter) and Kawarayu (mineral).
    We have visited these spas twice, in August and October in 1939, and collected many materials which were developed in natural condition.
    6 species of Bacteria, 15 species, 5 varieties and 2 forms of Cyanophyceae and 2 species and 1 variety of Chlorophyceae are enumerated. Among them, 2 new forms of Cyanophyeae were described: Phormidium tenue (MENEGH.) GOM. forma non-constrictum and Symploca thermalis (KÜTZ.) GOM. forma longiarcticulata. Moreover, 3 species and 3 varieties are added as new thermal flora of Japan: Gloeothece rupestris (LYNGB.) BORN., Stigonema tomentosum (KÜTZ.) HIERON., Scytonema caldarium AG., Ph. valderianum (DELP.) GOM. var. tenuis WORONI., Symploca muscorum (AG.) GOM. var. calderiorum LEMM. and Oocystis solitaria WITTROCK. var. elongala PRINTZ.
  • 赤湯・上ノ山見学記
    穂積 忠彦
    日本釀造協會雜誌
    1955年 50 巻 9 号 478-480
    発行日: 1955/09/15
    公開日: 2011/11/04
    ジャーナル フリー
  • 金原 信泰
    地学雑誌
    1904年 16 巻 12 号 753-764_1
    発行日: 1904/12/15
    公開日: 2010/10/13
    ジャーナル フリー
  • 室井 渡, 安斉 徹
    地学雑誌
    1959年 68 巻 2 号 68-88
    発行日: 1959/06/30
    公開日: 2009/11/12
    ジャーナル フリー
    Because of the continuous pumping, the declining phenomena of the water-level of hot springs had been -occured in several places. So the writers had, for long years tried how to prevent the springs from the exhaustion.
    But it had much difficulty to resolve this problem completely on geological, hydrological point of an underground thermal water.
    In this paper, they describe chiefly the method and theory of pouring water to the underground thermal zone by deep bore-hole. At first, they show the method how to resolve geologically and hydrologically the circle of influence on boreholes drilled at many places of the hot spring region. And at second, they describe mainly the practical test of the method which pour water into the underground thermal zone by two wells at Akayu-machi.
  • 丹治 佑哉, 野本 弘平
    知能と情報
    2021年 33 巻 1 号 555-559
    発行日: 2021/02/15
    公開日: 2021/02/15
    ジャーナル フリー

    本稿では,駅前通りの色彩についての定量的評価と,それが景色の印象にもたらす影響とについて扱う.複数の駅前通りにおける歩行映像を撮影し,その景色の色彩分布をL*a*b*表色系を用いて定量化した.また,実験参加者にそれらの映像を視聴させ,SD法によって実験協力者の主観的な景色の印象を調べる実験を行った.結果として,印象要因には刺激性と空間性とがあり,それぞれ刺激性は景色の色彩分布,空間性は注視の空間分布に影響されていることを明らかにした.

  • 月舘 光三
    農業土木学会論文集
    1982年 1982 巻 98 号 31-35,a1
    発行日: 1982/04/25
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    東北地方に分布する低位泥炭を対象として圧密試験を行い, 主として分解度との関係について検討した. まず本地方泥炭の圧密特性を調べた結果, t法による整理が可能であること, e-log p 曲線における圧縮指数Ccや膨潤指数Csが, 分解度と関係が深いことなどを明らかにした. 次に全沈下量および一次圧密量と荷重の関係は山型となり, これらのピークを示す荷重な分解度と強い相関があることなどの特徴を明らかにした.
  • 布原 啓史, 岡野 宏樹, 山田 亮一, 平野 伸夫, 土屋 範芳
    日本地熱学会誌
    2021年 43 巻 2 号 65-78
    発行日: 2021/04/25
    公開日: 2021/10/25
    ジャーナル フリー

    The Sanzugawa Caldera had formed through Neogene to Quaternary in south-east part of Akita Prefecture, Northeast Japan. The southern part of the caldera has been investigated for understanding geothermal energy potentiality. We carried out geological survey as a geothermal exploration, and behaviors of thermoluminescence (TL) of quartz were also applied to evaluate thermal effects. According to natural geothermal activities, TL intensity was decreased as a function of time and temperature.

    Three types of hydrothermal alteration were identified in this area, which were neutral pH alteration consisted of montmorillonite, sericite and their mixed layered clay minerals, acid sulfate alteration composed of kaolinite and alunite, and alkaline alteration characterized by laumontite and wairakite. The latter two types of hydrothermal alterations were observed sporadically and correlated to low TL intensity.

    Additionally, TL intensities of samples at high elevation showed relatively high and those of low elevation samples were decreased. Some samples including specific alteration minerals such as laumontite and wairakite showed relatively low TL intensity against general relation between TL intensity and elevation. On the other hand, neutral pH hydrothermal alteration distributed through whole area and showed no clear relation to TL behaviors.

    Those facts strongly suggested that two stages of geothermal activity occurred in this area. First, a neutral pH alteration happened contemporaneous with the Torage-yama formation within the southern part of the Sanzugawa Caldera, and then both of alkaline and acid sulfate hydrothermal alterations were formed by later geothermal activities, showing low TL intensities.

    General trends of TL behaviors which were related to elevation of surface suggest that potential heat source maybe widely distributed in subsurface, and sporadic hydrothermal alteration during later stage hydrothermal alteration associating with relatively low TL intensities was enhanced by upwelling flow through fractures. The latest geothermal activities were related to a discrete magma emplacement, which also indicates potential formation of deep-seated geothermal reservoirs.

  • 松田 真平
    やどりが
    2016年 2016 巻 250 号 23-34
    発行日: 2016/10/15
    公開日: 2018/01/01
    ジャーナル フリー
  • 市川 健夫
    地理学評論
    1976年 49 巻 6 号 388-399
    発行日: 1976/06/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    1) Fruit growing regions in the Tohoku District are the largest area in Japan, which grow apples and other decidous tree fruits. Fruit regions concentrate in 7 inland basins: Tsugaru Plain, Yamagata and Fukushima Basin etc. These places are suitable for fruit growing.
    In view of this, they are in striking contrast to citrus fruits regions, which concentrate in the coast districts. Since 1960, increased yield of orange and trade liberalization of banana had great impact on the farming of fruit tree. The remedial measure for depressoon are different in each region.
    2) Tsugaru Plain which has been an apple producing region since the Meiji era, and now the largest one in scale, has increased its production in spite of falling demand for apples. By the clearance of forests and the reconversion from rice fields, the villagers in the Tsugaru Plain have increased apple orchards. By the improvement of varieties, they have made their apple cultivation intensive. As the result of the increased production of new varieties, the fruit dealers have strengthen their influence on the process of circulation. Recently, the cultivation of grapes has increased here, but has not developed into the diversified fruit farming.
    3) In Yamagata Basin and Fukushima Basin, the diverse management, that grows apple or Japanese pear as the staple plant, and grape, peach, or cherry as the subsidiary plant, has developed. When the fruit growers met with an apple depression, they increased the yield of the grape and peach, which have taken the place of the apple as a staple product in some regions.
    Such multimanagement of fruit growers has been realized by the factors of physical condition that helps the growth of every decidous tree fruit, of existence of processed fruitindustry, of management's consciousness of farmer to seek the profitable fruits.
    The fruits cultivation, in the north-Eastern part of Yonezawa Basin, are going to change into monoculture of grape, from the diverse management, making full use of steep slope of newly cultivated orchards.
    4) Fruit management in Yokote Basin and Kitakami Basin are not so much favored with physical and managerial conditions as the other fruit regions, fruit yield in those regions does not make remarkable increase.
  • 須藤 春一
    民族衛生
    1974年 40 巻 6 号 318-324
    発行日: 1974年
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 阿部 忠三郎, 板垣 賢一
    北日本病害虫研究会年報
    1959年 1959 巻 10 号 186-188
    発行日: 1959年
    公開日: 2011/11/08
    ジャーナル フリー
    本試験に用いた水田のような秋落田の稲胡麻葉枯病発生の1因は夏季に土壤の還元進行が根の生理機能に障害を与えることによつて起るものであると考えられる。このような水田においては, 直播栽培によつて水稲根群を土壤の酸化層付近に分布させることにより胡麻葉枯病の発生を著しく減少し, 秋落現象を軽減し得ると考えられる。
  • 地学雑誌
    1913年 25 巻 11 号 809a-811
    発行日: 1913/11/15
    公開日: 2010/12/22
    ジャーナル フリー
  • 吉田 義信
    東北地理
    1953年 6 巻 1 号 27-31
    発行日: 1953年
    公開日: 2010/10/29
    ジャーナル フリー
  • 伊藤 慎一, 金田 紀子
    北日本病害虫研究会報
    2013年 2013 巻 64 号 222-226
    発行日: 2013/12/26
    公開日: 2018/01/20
    ジャーナル フリー

    2010 年と2012 年に県内4 ヵ所のブドウ園で,クビアカスカシバを対象にしてフェロモントラップによる成虫の発生消長と幼虫の加害時期を調査した.成虫は6 月上旬頃から8 月中旬頃にかけて発生し,誘殺盛期は年次により30 日程度のずれを生じた.幼虫の加害による虫糞排出は7 月中旬頃から見られ始め,10 月中旬頃まで樹上で幼虫の寄生が確認できたが,11 月中旬頃には幼虫は土中へ移動して土繭を形成していた.また,ブドウ園で採取した雌成虫13 頭(飼育中の土繭から羽化した個体2 頭を含む)に,蜜源として市販のスポーツドリンクを給餌しながら25℃恒温自然日長条件で飼育したところ,採取後の生存日数は未交尾雌で7~13 日,既交尾雌は7~11 日であった.産卵総数は未交尾雌が176~792 個,既交尾雌は73~481 個でふ化率は28.0~88.9%とバラツキが大きかった.これらのバラツキは成虫日齢や飛来後の経過日数によるものと考えられた.

  • 川野 良信
    地球科学
    2017年 71 巻 2 号 75-86
    発行日: 2017/04/25
    公開日: 2018/01/14
    ジャーナル オープンアクセス
    北部フォッサマグナには新第三紀に活動した深成岩類が広く分布している.これら深成岩類には,南西部の美ヶ原-霧ヶ峰地域から,須坂-上田地域を経て,巻機-谷川地域にかけて帯状に配列し,南西部から北東部へ向かうに連れ活動時期が若くなる傾向が認められる.深成岩類は主としてトーナル岩や花崗閃緑岩からなり,部分的に花崗岩を伴う.美ヶ原-霧ヶ峰地域の深成岩類は,巻機-谷川地域のそれらよりも高いSr,Nb,ΣLREE/ ΣHREE,La N /Yb N を示し,須坂-上田地域の岩石は両方の性質をもっている.このことから部分溶融程度は美ヶ原-霧ヶ峰地域で小さく,巻機-谷川地域で相対的に大きかったと推定される.また,Sr 同位体比初生値はSn 含有量と正の相関を示し,起源マグマが地殻物質と反応したことを示唆している.εSrI –εNdI 図では,美ヶ原-霧ヶ峰・須坂-上田両地域の深成岩類は伊豆弧火山岩類とハンレイ岩質捕獲岩との間の領域を占め,巻機-谷川地域の岩石は大陸地殻物質と反応した,あるいは下部地殻物質を起源とする東北日本の新第三紀火山岩類と同じ変化傾向を示した.これらの結果から,伊豆弧火山岩類を形成した起源マグマが主としてハンレイ岩質岩, あるいはハンレイ岩質岩由来のマグマの影響を被って美ヶ原-霧ヶ峰・須坂-上田両地域の深成岩類を,それが大陸地殻あるいは下部地殻物質の影響を被って巻機-谷川地域の深成岩類をそれぞれ形成したと考えられる.
  • 地学雑誌
    1913年 25 巻 11 号 809
    発行日: 1913/11/15
    公開日: 2010/12/22
    ジャーナル フリー
  • 高野 満
    日本数学教育学会誌
    1982年 64 巻 11 号 2-
    発行日: 1982年
    公開日: 2021/04/01
    ジャーナル フリー
  • *阿子島 功
    日本地理学会発表要旨集
    2014年 2014a 巻 315
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/10/01
    会議録・要旨集 フリー
    1. 目 的 洪水ハザードマップをはじめ各種の防災図が全国的に整備されつつある。1地区あたり数十年に1回といった洪水被害例について既存の防災図の検証が行われる機会は多くないが、その作成にかかわる者は、防災図の分類基準や限界を検証し、補足すべき点を認識することが責務になる。
    2. 2014年7月梅雨前線による山形県南陽市の被害   2014年7月梅雨前線性大雨は山形県南部(上山市中山)では7.09-10の24時間雨量185mm、最大1時間雨量54.5mmであり、最上川支川の吉野川沿いの南陽市では浸水約1200戸と推定された。周辺丘陵地ではいくつかの斜面崩壊と土石流が、上流では渓岸浸食が多く発生した。2013.7梅雨前線による大雨被害より大きく、今回の雨量はその約1.5倍であった。浸水範囲と深さを概査し、既存の3種の防災図の検証を試みた。
    3.洪水被害地域の地形の特徴と土地履歴   吉野川(延長約30km)と織幡川(同約10km)の下流部であり、米沢盆地北縁に半径6km程度の複合扇状地のような平面形で、勾配8/1000程度の氾濫原面が広がっている。数条の旧河道がみえるが今回の溢流箇所ではない(ひとつは天正年間)。大正前期の1:50,000地形図では、市街地は宮内と
    赤湯
    のみであり、吉野川下流(約6km)の上半は無堤で水田が広い。下半(
    赤湯
    旧市街沿い)は天井川の性格を帯び、最下流外側には広い後背湿地(大谷地。中心に白竜湖)がある。昭和後期に宅地・業務地が宮内と
    赤湯
    の間の水田地帯に、さらには大谷地低地の縁まで進出した。今回の氾濫範囲はこれらの部分である。氾濫箇所は3つの低い橋付近からの堤防越流で、最大水深は1m未満であるが市街地の広範にわたり床上・床下浸水、泥が堆積した。
    4.洪水ハザードマップの洪水被害予想評価 ・2008年公表の洪水ハザードマップ(縮尺1:14,000)の氾濫想定条件は50年に1回程度の時間雨量32.5mm、連続総雨量89mmであり、今回より小さ目であった。洪水ハザードマップは箇所を問わずすべての堤防が破堤した場合の最大の浸水範囲と深さを述べている。実際の浸水範囲と深さ想定はおおよそ妥当であった。ただし、吉野川の氾濫のみを想定していたため、大谷地低地(無住、農業被害あり。集水域は低い丘陵)の内水湛水は想定外だった。強雨と急な出水が深夜であり、早目の避難勧告とはならず、“にげどきマップ”とならなかった。 ・1次避難所も浸水範囲にあり、冠水した道路を横切っての移動も困難だった例が報道された。実感ある浸水深想定は複雑な地盤高の市街地では難しく、町内会レベルの対応が必要。
    5.治水地形分類図1:25,000(未改訂版)の洪水被害予想評価  微地形分類に加えて2.5m間隔等高線が相対的に浸水深さと氾濫流下方向を示唆していたが、一般向けには翻訳が必要である。河川構築物の整備の記録になる。
    国土調査1:50,000地形分類図(1983)の洪水被害予想評価 微地形の定性的区分は、洪水ハザードマップの予想浸水深(地盤高)によって検定された。橋による溢流地点が自然堤防の切れ目である可能性、最下流部では自然堤防上の低い堤防によって溢流が小規模で済んだことを説明する。
    7.大雨による斜面災害の予想評価 ・国土調査地形分類1:50,000「
    赤湯
    ・上山」は山形県方式として凹型斜面を付加記号で示していた。地すべり斜面の多い県内では例外的なごく浅い谷型斜面を図示していたが、いくつかで線状の斜面崩壊が生じた。
    ・市西部の土砂災害ハザードマップ2葉(2012)は具体的な避難経路も図示した優れた防災図であるが未評価。
    8. 洪水ハザードマップの説明に際して  ・大縮尺であるが、市街地では表現内容に限界がある。住民自らつくる具体的な地図でなければ役立たない。そのときこの図の限界を正しく説明する必要がある。
    ・洪水ハザードップの説明付図に過去の災害の写真は採用されるが、旧版地形図や地形分類図が採用された例を知らない。地形分類図の低地の表現は過去(数)千~数百年間の形成史が複合された結果を述べているため、ここ百~数十年間の予想を(人工構築物の効果を含めて)直裁に述べる洪水ハザードマップの説明には採用されない。 ・本来の土地条件を説明するのに旧版地形図は造成前の土地の状態(無堤、無住、水部・・)を表現しているため、住民にもわかりやすい材料である。国土調査土地分類“土地履歴調査”は、中縮尺という制約はあるが、町内会レベルの避難地図づくりの際に利用されることが望まれる。 ・防災図類は、一般に印刷基図の等高線が薄く、土地の起伏を表現していないものが多い(気象庁2012.4防災啓発ビデオ“津波からにげる”も同様)。土地の起伏を意識して表現されることが望ましい。
  • 赤湯田中温泉群について
    有井 癸己雄, 永澤 信
    日本化學雜誌
    1949年 70 巻 4 号 99-101
    発行日: 1949/04/10
    公開日: 2009/02/05
    ジャーナル フリー
  • 服部 泰士, 二瓶 泰雄, 大槻 順朗, M.A.C Niroshinie
    土木学会論文集B1(水工学)
    2016年 72 巻 4 号 I_1165-I_1170
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/01/31
    ジャーナル フリー
     Riverbank failures by overflow erosion are frequently occurred by extreme floods. However, studies of the relationship between hydraulic conditions, material conditions and levee failures by overflow erosion is insufficient, specially, the relationship between overflow duration and levee failures by overflow erosion. In the present study, we estimated overflow duration that is difficult to measure in the field surveys, by the one-dimensional simulation of unsteady flow. From that, a simplified estimation method of overflow duration is proposed. The results indicated that the simulation of this study can reproduce overflow duration in extreme flood. Furthermore the simplified estimation method of overflow duration is valid.
feedback
Top