詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "近親交配"
730件中 1-20の結果を表示しています
  • 高木 昌興
    日本鳥学会誌
    1999年 48 巻 1 号 61-81
    発行日: 1999/05/25
    公開日: 2007/09/28
    ジャーナル フリー
    野生鳥獣の生息地の減少や分断化は個体の移動分散を妨げ,近親交配が起きる確率を高くする.小さな個体群では遺伝的浮動が強く働き,配偶相手が近縁である可能性が必然的に高くなる.個体数が激減し,近親交配によって地域的な個体群の絶滅が加速されると危惧される一方で,近親交配の回避が困難と思われる少数個体から個体数が回復した個体群,また近年になって確立した大洋島の個体群が存在する.実際,近親交配が繁殖能力や生存に関係する代謝能力などの形質値の平均を低下させることは実験動物や家畜の研究から古くから指摘されている.野外鳥類でも個体識別した個体群を用いて,長期的に家系が明らかされ,近親交配が検出されてきた.その結果,野外鳥類の近親交配は孵化率を低下させることがわかった.また,DNAを用いた研究では近親交配の指標として利用することができるヘテロ接合度と繁殖や生存に関係する変数との間に負の相関関係が認められている.しかし,近交弱勢を伴わない場合や近親交配によってできた子供が高い生産性を持つ場合があることもわかった.さらに,個体群のおかれている地理的状況や人口統計学的要因によっては,近親交配を回避するよりも近親交配を選択した方が適応的な場合もあり得ることが示唆された.今後は,人為的に個体群を創設するか,定着の歴史が異なる同種個体群を見つけだし,人口統計学的データ,個体,および個体群の両方のレベルで対立遺伝子数やヘテロ接合度などの遺伝的構造に関する変数,さらに繁殖成績に関する変数をモニターすることが必要である.そして,それらの関係を詳細に解析することで,近親交配が個体群の遺伝的構造や生活史形質に与える影響を明らかにできるであろう.
  • 牧野 佐二郎, 吉田 俊秀
    山階鳥類研究所研究報告
    1954年 1 巻 4 号 141-145
    発行日: 1954/06/25
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    The present paper describes abnormal characters found in some inbred strains of white rats and mice occurring in our laboratory. The abnormal characters found in white rats are; 'tailless' or 'vestigial tail', 'incisor-overgrowth', and 'screw neck'. These found in mice as follows; 'screw neck', 'waltzing', 'crooked tail', 'hairless', 'imperforate vagina' and 'spontaneous tumer'.
    At present we cannot say whether these abnormal characters are heritable or not, since the genetical tests have been now going on.
  • 野沢 謙
    日本畜産学会報
    1961年 32 巻 2 号 65-73
    発行日: 1961年
    公開日: 2008/03/10
    ジャーナル フリー
  • 内田 宏, 山岸 敏宏
    日本畜産学会報
    1993年 64 巻 8 号 819-825
    発行日: 1993/08/25
    公開日: 2008/03/10
    ジャーナル フリー
    黒毛和種の子牛市場成績,繁殖雌牛の体型,肥育成績などの経済形質に対して近親交配がどのような影響をもたらすかを調べた.材料牛は宮城県内の市場に上場された15,142頭の子牛,県内の11の改良組合の改良基礎雌牛(3歳以上)1,042頭および986頭の去勢肥育牛である.子牛では叔姪交配(近交係数6.25%以上)による近親交配が全子牛の16.4%を占めている.また,繁殖雌牛および肥育牛では,近交係数が6.5%以上のものが,それぞれ13.3%と13.4%を占めている.子牛の日齢体重は,近交度が上昇するにつれて小さくなっており,子牛市場上場時の発育形質に,近交退化が認められた.繁殖雌牛における近交係数に対する体測定値の一次回帰係数は,体高を除いた部位がすべて負となり,近交係数の高いものほど体測定値は小さくなる傾向にあったが,かん幅の体高比を除いて有意性は認められなかった.肥育牛の近交係数に対する発育形質の一次回帰係数はすべて負で有意となり,近交度の上昇にともない発育が低下しており,肥育牛の発育形質においても近交退化が認められた.一方,脂肪交雑の近交係数に対する一次回帰係数は正で有意であったが,種雄牛と一次回帰との間に交互作用が見られ,脂肪交雑に及ぼす近交の影響が種雄牛によって異なることが分った.
  • 清水 弘
    日本家禽学会誌
    1978年 15 巻 1 号 34-35
    発行日: 1978/01/30
    公開日: 2008/11/12
    ジャーナル フリー
    肉用鶏の6週齢, 9週齢体重と6週齢から9週齢までの増体重に及ぼす近親交配の影響を調べた。統計的模型に独立変数として, ひなの近交係数の外に母親の測定値を加え, 近交係数に対する父親内偏回帰係数と標準偏回帰係数で, その影響の大きさを表した。
    雄, 雌ひなともに近交係数が高まるにつれて, 6週齢9週齢体重が有意に減少することが示された。しかしながら, 増体重については減少の傾向を示したが, 統計学的に有意ではなかった。
  • 野沢 謙
    育種学雑誌
    1960年 10 巻 1 号 29-32
    発行日: 1960/03/20
    公開日: 2008/05/16
    ジャーナル フリー
    種牡の系統はできるだけ強度の近親交配を行い,一方牝畜群の遺伝子組成にはできるだけヘテロ性を保持して置きたいと言う場合,巡回交配(rotational crossing)の方法が有効である。この論文ではfull-sib crossが行われているn個の相互に血縁関係のない近交系から巡回的に種牡が供給されると仮定し牝畜集団の近交度(F)を近交系の数(n)が函数で表現することを試みた。近交系の近親交配が牝畜集団と同時にスタートしたとすればFp=1(2n+2)(1+2Fp-n+F(p-(n+1))+1/(2(n+1))・Fp-n*・(1+Fp-(n+1))/(1+Fp-(n+1)*)である。ここでF1*,FFi1は第i世代に於ける夫々牝畜集団及び近交系に於ける近交度を表わす。又あらかじめ充分に近親交配の進んだ近交系(F*≡1)を使う後すればFp=1/(2n+1)(1+F(p-n)+F(p-(n+1)))となる。Fpの極限値FはF=1/(2(n+1)-2)である。これによつて判る通り近交系の数が3個以上であれば牝畜群の近親交配係数は極限に於ても10%以下に保たれる。
  • 吉田 沙織, 大江 未奈美, 前田 亜樹, 中井 亜理沙, 津田 吉晃, 石田 清, 木佐貫 博光
    日本森林学会大会発表データベース
    2014年 125 巻 P2-096
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/07/16
    会議録・要旨集 フリー
    花粉飛散による遺伝子流動は,植物集団の遺伝構造に大きく影響する.また,風媒性樹木では,立木密度が受粉効率に影響を及ぼす.奈良県大台ケ原では,かつて東部の高標高域を広く覆っていたトウヒ林において立木密度が顕著に低下し,森林の衰退が深刻である.本研究では,大台ケ原で立木密度が異なる2つのトウヒ林分において,トウヒ成木の遺伝構造ならびに局所的立木密度がトウヒの自殖率などに及ぼす影響を調査した.各林分のトウヒ成木について7遺伝子座でマイクロサテライト解析を行い,遺伝構造を調べた.また,23個体の母樹について,トウヒ成木だけの局所的な立木密度と,林冠層に到達している全樹木の局所的な立木密度を測定した.さらに,各母樹30個の種子について,自殖率,2親性近親交配率を算出し,種子の父親推定によって花粉飛散距離を算出した.いずれの林分においても立木密度と自殖率との間には相関がみられず,2親性近親交配も確認できなかった.一方,花粉飛散距離は疎な林分の方が密な林分よりも長かった.立木密度は花粉飛散に影響を及ぼすものの,繁殖成功のパラメーターには顕著な影響は認められなかった.
  • 菊地 賢, 柴田 銃江, 田中 浩, 永光 輝義
    日本森林学会大会発表データベース
    2014年 125 巻 E02
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/07/16
    会議録・要旨集 フリー
    森林の分断化が森林樹木の交配様式におよぼす影響を検証するため、日本の冷温帯林の主要構成樹種のひとつであるイタヤカエデを材料に、小川学術参考林と隣接する保残帯において成木と種子のSSR解析をおこなった。保残帯では繁殖個体の孤立化と局在化とともにがみられ、それによって結果は異なる傾向をしめした。孤立化した母樹では、近隣からの有効な送粉の不足による自殖率の増加が見られたが、広範な送粉も促進され、花粉プールの遺伝的多様性は保護林と同等であった。いっぽう個体の集中分布は、近隣個体間の送粉を卓越させ、二親性近親交配の増加や花粉プールの減少をもたらしていた。こうした繁殖様式の変化には、据厚分布の花粉散布曲線を示す送粉様式や、成木の遺伝構造、雌雄異熟による自殖機会の制限などが寄与していることが示唆された。森林の分断化は自殖や二親性近親交配の増加による近交弱勢を通じてイタヤカエデの更新に負の影響をあたえる可能性がある。しかしある程度の規模までならば、広範な送粉による遺伝的救援効果によって負の影響は緩和されるものと考えられる。
  • 石原 隆昭, 吉田 俊秀
    遺伝学雑誌
    1958年 33 巻 1 号 23-27
    発行日: 1958年
    公開日: 2007/11/30
    ジャーナル フリー
    純系として確立していない So 系マウスに生じたMYマウス肉腫の移植に関与する遺伝的要因について調査した。F1 及び退交雑の移植実験からこの腫瘍の移植には, 2つの優性遺伝子 (H-遺伝子) が関与していることがわかった。このH-遺伝子はS及びD両系 (北大で純系繁殖された) に高頻度に存住しているが, アメリカから輸入した諸系統には存在していない。
    移植が完全に成立した腫瘍を結紮除去した後, 同一腫瘍の再移植実験を行った, 腫瘍を結紮除去した場合のマウスには, 再移植の成立をさまたげる抗体の生産があった。この結果は近親交配系の腫瘍の場合と明らかに異っており, H-遺伝子の外に再移植をさまたげる遺伝的要因も関与しているのではないかと想像された。
  • 野沢 謙
    日本畜産学会報
    1960年 30 巻 6 号 352-357
    発行日: 1960年
    公開日: 2008/03/10
    ジャーナル フリー
    集団中のヘデロな遺伝子座の機会的固定が阻止され,集団中にヘテロ性が保持される幾つかの場合について考察した.
    (1) 孤立した単一集団ならば,世代の経過とともにその有効な大きさが指数的に増大する場合,あるいは単一集団が周囲から個体の移入を毎代受け入れでいる場合がそれであるが,人間が繁殖を支配できる家畜においては,
    (2) 幾つかの近交系に対する交配を巡回的に行なつて,生産家畜群を維持する場合には,近交系における近親交配がいかに強度であつても,生産家畜群においては,極限状態でも,ヘテロ性は消失しない.たとえば,近交系が3個以上であれば,近交係数は10%以下に保たれることが明らかになつた.
  • 稲永 路子, 中西 敦史, 鳥丸 猛, 西村 尚之, 戸丸 信弘
    日本森林学会大会発表データベース
    2013年 124 巻 H09
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/08/20
    会議録・要旨集 フリー
    成木が高密度に分布する優占種の樹木集団では短距離の受粉が卓越する。もし成木集団内に遺伝構造が存在すると二親性近親交配が増加することから、適応度が低い次世代が生産される。しかしコホートの樹齢が上がるにつれて、構成個体数は減少し、近親交配由来の個体は集団から排除される。以上の仮説が正しければ、コホートの樹齢が上がるにつれて推定される有効な花粉散布距離は長くなり、近交係数は減少すると考えられる。この仮説を検証するために、樹木集団内の複数の生育段階において推定花粉散布距離(dp)、プロット外からの花粉移入率(mr)、近交係数(FIS)を比較した。鳥取県大山ブナ林の4 haプロットにおいてブナの成木、種子、5年生実生および稚樹を材料とし、マイクロサテライトマーカー7座による親子解析と近隣モデルによる花粉散布推定を行なった。dp、mrはともに種子よりも実生で高い値を示し、とくに実生のmrは80%を超えた。またFISは4生育段階間で有意差が検出されなかったことから、種子生産時に近親交配を回避する機構が存在する可能性が示された。発表では、稚樹の花粉散布を含めた解析結果について報告する。
  • 吉田 俊秀, 牧野 佐二郎
    山階鳥類研究所研究報告
    1954年 1 巻 5 号 185-193
    発行日: 1954/12/25
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
  • 柳瀬 敏幸
    日本内科学会雑誌
    1969年 58 巻 13 号 10-12
    発行日: 1969/12/31
    公開日: 2011/02/22
    ジャーナル フリー
  • 庄武 孝義, 野澤 謙
    日本畜産学会報
    1968年 39 巻 4 号 180-187
    発行日: 1968年
    公開日: 2008/03/10
    ジャーナル フリー
    近年,家畜の人工授精技術の発達により,特に乳牛の繁殖構造の変化は著しいものがある.種雄牛の数が減じ,種雄牛の残す子の数の変異性が増大してきた結果,集団の有効な大きさは減少してきている.野沢5,6)(1962,1965)は血統分析から,この繁殖構造の変化により,集団内平均血縁から寄与される近親交配の量が増大してきていることを観察した.
    近親交配が増大すれば,近交退化の発現が懸念される.そこで日本における乳牛集団の近交退化についての知見を得るために,農林省福島種畜牧場および新冠種畜牧場の繁殖記録より,MORTON, CROW and MULLER3)(1956)の-logeS=A+BFの回帰式を求めることによつて,遺伝的負荷の量を推定した.ここでSは生存率,Aは環境による死亡および近親交配によらない(F=0)遺伝的死亡,Bは近親交配によつておこる遺伝的死亡を表わし,2Bが1接合体当りの致死相当量の下限を,2(A+B)が上限を表わす.
    福島集団で接合体当りの致死相当量値は約1と推定されたけれども,両集団における遺伝的負荷の量は低く,統計的に有意なものではなかつた.故に,これらの集団に関する限り,有害遺伝子はすでに除かれていて,繁殖能力に関する近交退化は,強い近親交配を行なつても,それ程著しいものではないと思われる.
    しかしながら,この両集団は特殊なものであり,近交退化がおこつた場合,直接経済的損害を受けるのは一般農家であるから,進伝的負荷の量は一般農家をも含めた集団で調査される必要がある.
  • 阿部 猛夫, 大福 静雄, 神部 昌行
    日本畜産学会報
    1965年 36 巻 2 号 52-59
    発行日: 1965/02/25
    公開日: 2008/03/10
    ジャーナル フリー
    昭和8,13,18,23,28および33年のホルスタイン血統登録牝牛から抽出された標本牛の血統により,主として平均近交係数および平均血縁係数の変化とその原因について考察した.
    昭和13年以降,平均近交係数のうちcurrent inbreedingによる部分は急速な低下を示すが,long-term inbreedingによる部分は,通常予想されるように,平均血縁係数とともに,年次の進行に伴つて上昇を示す.ただ,平均近交係数(long-term inbreedingによる部分だけをとる.),平均血縁係数とも,世代(平均世代間隔は約5年と推定される.)当り上昇量は,これまで外国で報告された値に比して最も低い部類に属する.とくに前者についてそうである.これは,23年頃までの上昇が鈍いためで,以後,観察期間の終り(33年)に近ずくほど,両係数の上昇は大きくなる.もし,戦後輸入牛がなかつたならば,最後5年間の上昇は,注目すべき大きさを示していたであろう.
    観察期間を通じて,平均血縁係数の方が,平均近交係数より相対的に急速な上昇をみせる.このことは,集団内の分化が失なわれ,全体としての均質化が進んだことを意味する.戦後間もなくの頃まで,地方による遺伝的差異を減少する主因となつたのは,種牛,とくに種牡牛の移動であつたが,その後は,むしろ種牡牛の選抜が主な原因になつたと思われる.すなわち,人工授精の普及に伴なう種牡牛数の減少は,当然に種牡牛の選抜を強めたが,それが,特定の種牡牛たち(その多くが輸入)を血統にもつものの比率を全国的に増加させる傾向を生み,種牡牛同士間の,従つてまた子どもたちの平均血縁係数を上昇させたことによる.
    人工授精の普及は,各都道府県において,繁殖単位の拡大をもたらしたが,その拡大は,殆んどの場合,県境の内側に止まり,従つて,交配に関する限り,全国乳牛集団は,なお閉鎖性の強い数多くの副次集団を抱える状態にありながら,一方で,上記の,全国的に共通な方向への種牡牛の選抜が,地方的分化の解消を進める働きをした点に,戦後10余年のわが国ホルスタイン牛集団の特徴がみられる.
  • 橋本 千絵, 古市 剛史
    霊長類研究
    2001年 17 巻 3 号 259-269
    発行日: 2001年
    公開日: 2009/09/07
    ジャーナル フリー
    We examined the 20-years records of female transfer of wild bonobos at Wamba, D. R. Congo. Most females left their natal group between 6 and 9 years old, and immigrated into new groups between 10 and 12 years. Females seemed to travel several groups before settling in a new group. After settling down, they start reproduction and will not transfer to other groups for the rest of their life. We examined average of coefficient of consanguinity of males with whom females may copulate in new groups. The probability of inbreeding drastically decreases when a female transfers groups, and it decreases according to the amount of intergroup travel. Differences in female transfer pattern between bonobos and chimpanzees seem to be due to the differences in the risks of traveling alone, such as predators, social relationships between females, and high social status of females. The balance between cost and benefit of intergroup transfer may determine philopatric social structure in chimpanzees and bonobos.
  • 吉田 智彦
    日本作物学会紀事
    2003年 72 巻 3 号 309-313
    発行日: 2003年
    公開日: 2004/05/28
    ジャーナル フリー
    栄養繁殖作物のカンショ, バレイショ, イチゴなどの品種育成では, 限られた育種材料間での交配を繰り返すため近親交配が問題となる. そこで, これら作物で近年育成された品種の近交係数を計算した. 推論型言語であるPrologとパーソナルコンピュータを利用した手軽な処理系で計算プログラムを作成した. カンショ品種のベニアズマ, シロユタカ, サツマヒカリ, ジョイホワイトの近交係数は0.017, 0.073, 0.140, 0.009であった. バレイショ品種のトヨシロ, ニシユタカ, コナフブキ, ベニアカリでは0.043, 0.072, 0.028, 0.018, イチゴ品種の女峰, とちおとめ, 章姫では0.172, 0.262, 0.223であった. バレイショでの値はカンショやイチゴより小さい値であった. カンショでは近交係数が0.1程度までは近交弱勢がみられず, 0.2を超えると近交弱勢が顕著になると思われるが, 本研究で得られた近交係数は, カンショでは近交弱勢の限界値以内, イチゴでは限界値を超えるものであった. 古い祖先品種の記録が正しくない可能性はあるが, 最近の育成品種では祖先品種の由来の違いによる計算値間に大差なく, ここで得られた近交係数の値は概ね正確だと思われる.
  • 吉田 元一
    日本畜産学会報
    1961年 32 巻 2 号 125-133
    発行日: 1961年
    公開日: 2008/03/10
    ジャーナル フリー
    泌乳能力発現機構との関連において,未成熟期マウスの乳腺発育反応が,どの程度,遺伝的要因の支配を受けているかを調べ,さらに,乳腺発育反応が異なる2系統マウスを,選抜および近親交配によって育成することができるかを調べた.同時に,近交系マウスの変異という観点から,乳腺発育反応および他の量的形質についても,選抜および近親交配の効果を調べた.その結果は次のとおりである.
    1. 乳腺発育反応の広義のheritabilityは0.59であり,本形質は,かなり遺伝的要因の支配を受けるものと思われた.
    2. 選抜および近親交配の効果は,兄妹交配3代以降に現われ,乳腺発育反応が異なる2群のマウスを,選抜および近親交配によって分離することができた.
    3. 本形質の変異は,選抜および近親交配によって減少した.また選抜近交群.非選抜近交群および無作為交配群において,本形質の種々の変異を比較したところ,非選抜近交群の変異が一番大きく,選抜近交群では一番小さかった.これらの結果から,developmental stabilityは,近交系動物でも,変異の小さいものについて選抜を加えれば,保たれるのではないかと思われた.
    4. 乳腺発育反応にみられたのと同様の効果が,それと遺伝相関がある35日令体重においてもみられた.
  • 駒井 卓
    実験動物彙報
    1952年 1 巻 2 号 10
    発行日: 1952/03/31
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
  • 稲葉 幸雄, 吉田 智彦
    園芸学研究
    2006年 5 巻 3 号 219-225
    発行日: 2006年
    公開日: 2006/09/25
    ジャーナル フリー
    栄養繁殖作物のイチゴでは,限られた育種材料間での交配を繰り返すため近親交配が問題となる.そこで,近年育成されたイチゴ品種の近交係数を計算した.また,近交係数と収量との関係を調べた.近交係数の計算は推論型言語Prologとパーソナルコンピューターを利用した手軽な処理系で計算プログラムを作成した.交雑実生の近交係数と実生の選抜率との間に相関関係は認められなかった.栃木県農業試験場栃木分場の育成系統(3次選抜系統)の近交係数と収量の関係を調べたところ,−0.37(危険率1%)の有意な負の相関が認められた.また,イチゴでは近交係数が0.3程度までであれば,近交弱勢による収量の低下は見られないことが明らかになった.近年育成されたイチゴ品種の近交係数は,一季成り性品種では0.2を超えるものが多く,‘とちおとめ’,‘章姫’,‘さがほのか’,‘あまおう’,‘さつまおとめ’,‘ひのしずく’,‘やよいひめ’はそれぞれ0.261,0.222,0.257,0.213,0.257,0.247,0.346であった.一方,四季成り性品種では‘サマープリンセス’と‘きみのひとみ’ の2品種がが0.183と0.195でやや高い値であったが,それ以外はいずれも0.1以下であった.代表的な一季成り性品種15品種の総当たり交配による雑種の近交係数を計算した結果,自殖を除いた近交係数の値は0.067~0.440で平均は0.210となり,近親交配の程度が高くなることが明らかになった.
feedback
Top