詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "金公園"
7件中 1-7の結果を表示しています
  • (社)全国大学体育連合研修部
    大学体育
    1997年 23 巻 3 号 51-52
    発行日: 1997/03/15
    公開日: 2017/07/03
    ジャーナル フリー
  • 横沢 喜久子
    大学体育
    1998年 24 巻 3 号 66-68
    発行日: 1998/03/15
    公開日: 2017/07/03
    ジャーナル フリー
  • -総社商店街地区を事例に-
    井上 亮, 中野 茂夫
    日本建築学会計画系論文集
    2017年 82 巻 735 号 1199-1209
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/30
    ジャーナル フリー
     Restoration undertakings with administrative support can lately be found not only in important preservation districts for groups of historic buildings but also in urban districts, and efforts are being made to maintain and preserve excellent townscapes and improve landscapes. One of the ways to undergo restoration is through receiving subsidies by meeting the requirements mandated by the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism. In particular, undertakings for townscape improvement are based on “MACHIDUKURI agreements” concluded by the residents of a district, and are positioned as resident-driven undertakings.
     Undertakings for townscape improvement characteristically involve building pocket parks, beautifying roads, and restoring housing, all of which are necessary to create excellent townscapes. However, only a few undertakings for townscape improvement have been integrally completed in combination with restoration of housing and widening of roads. Using setbacks is one of the approaches to widening roads, and the shopping district of Soja city is one of the districts that adopted this approach. There are no parks in the shopping district, and roads wider than six meters account for less than 10% of the total roads in the district. Therefore, setbacks of housing walls were planned and carried out. Instead of using the space created by the setbacks for roads, as stipulated in the Building Standards Act, the space created in the district was used as building lots. Creating a boundary area between a road, a public area, and housing, a private area, makes it possible to widen a road even in shallow premises. In this way, clarifying how a townscape created by a setback was restored and analyzing how it is being utilized can give clues for new planning methods for undertaking townscape improvement.
     Consequently, it was made clear that most restored buildings failed to achieve the initial objective of “preserving townscape with traditional flavor” because the spaces created by the setbacks were used as parking lots, though they secured the two meters stipulated by the MACHIDUKURI agreement. Because the city's east side has many traditional buildings that are highly valuable from a historical viewpoint, the city is required to give consideration to preserving the townscape and building a continuous townscape. The same issue arises not only for buildings but also for open spaces and parking lots. It is also a problem that some buildings do not meet the color and roofing standards set by the MACHIDUKURI agreement. It was originally planned to build pocket parks and community facilities as spaces for relaxing, but only three pocket parks were eventually built. As a result, the total area of pocket parks accounts for only 0.7% of the whole area of the district. That is, the greatest problem of this undertaking is that the spaces for relaxing inside the district were scarcely improved, although restored buildings offered better living environments.
     In the future, therefore, it will be crucial to increase residents' awareness of landscapes and townscapes in order to achieve a better living environment in districts with many traditional buildings. At the same time, it will be necessary to discuss measures not only for the restoration of each building but also for the improvement of the landscape of the whole townscape.
  • 石 鼎, 石川 幹子, 片桐 由希子
    都市計画論文集
    2011年 46 巻 3 号 619-624
    発行日: 2011/10/25
    公開日: 2011/11/01
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では、近代観光事業が1910年代に導入されてから今までおよそ100年間に西湖風景名勝区における文化的景観に与えた影響について検討を行った。杭州西湖は中国の代表的な文化的景観地である一方、古来の文人の行楽地として広く知られている。近代観光事業が導入後に行われた風景の整備、観光施設の建設、新しい観光スポットの開発などによって、もとの景観が大きく変貌させた。本研究によって以下の点が明らかになった。第一に、近代観光事業が西湖風景再生の主な原因である。第二に、その影響は100年間を経て次第に西湖から里山における茶畑や農村集落に広がっている。第三に、「西湖十景」を始め、風景の代表である観光景点は整備工事で復旧、補強されることによって、西湖の文化的景観の特質や核心価値は継承されている。
  • 沖縄県浦添市の「花と緑のまちづくりフェスタ事業」を事例として
    安里 直美
    都市計画論文集
    2006年 41.3 巻 613-618
    発行日: 2006/10/25
    公開日: 2018/06/26
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では、沖縄県浦添市の「花と緑のまちづくりフェスタ事業」制度を取り上げ、地域発意の緑のまちづくりにおける空間管理とその支援の実態を把握することを通して、支援効果と問題点を明らかにし、住民主体の緑のまちづくりにおける今後の支援(協働)の方向を探った。行政へのアンケート並びに聞き取り調査、行政資料の分析整理、住民活動の観察・聞き取り調査を行い、以下の結論を得た。新たな公園確保が困難な密集市街地で、住民が提案した計画の実現を協働で進めることで、地域コミュニティの環境資産を活用した「緑空間」の再生と活動支援が可能になった。地域空間の質の向上、緑化活動と空間管理の深まりにつながった点で効果が認められる。一方で、事業プロセスでの合意形成支援の不備により、事業後の住民活動が継続せず空間が荒れたケースがあった。今後の支援の方向性として、地域環境資産の発掘・活用、施工段階での計画の変更調整に柔軟に対応する合意形成支援プロセスの充実、緑のリーダーの養成が不可欠である。。
  • 合崎 英男
    農業土木学会誌
    2003年 71 巻 12 号 1069-1072,a1
    発行日: 2003/12/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    都市農村交流施設は, 都市住民が施設を訪問し, 財・サービスを購入・消費することで, その役割を果たす。したがって, 施設整備にあたっては, 当該施設を訪問する可能性のある都市住民による事前評価が重要となる。これまで施設評価に適用されてきたトラベルコスト法では, 整備以前にデータを入手することが困難である。CVMや仮想的トラベルコスト法では調査コストがかさむ危険性がある。本報では, 農業・農村環境体験公園を題材に, 選択実験による都市農村交流施設の事前経済評価の手順とその有用性を示した。ただし, 現在のところ選択実験の適用例は限られており, 実務レベルでの利用には, 事例研究の積み重ねが必要であることを指摘した。
  • 本多 靜六
    林學會雑誌
    1923年 1923 巻 20 号 59-76
    発行日: 1923/07/31
    公開日: 2009/02/13
    ジャーナル フリー
feedback
Top