詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "針葉樹林"
4,740件中 1-20の結果を表示しています
  • 中村 登流
    山階鳥類研究所研究報告
    1983年 15 巻 1 号 1-18
    発行日: 1983/03/31
    公開日: 2008/11/10
    ジャーナル フリー
    志賀高原の亜高山
    針葉樹林
    の鳥類群集について1973年から1981年の9年の繁殖期に調査された。またその附近のいくつかの
    針葉樹林
    ,落葉広葉樹林の鳥類群集と比べられた。調査結果は
    針葉樹林
    部,落葉広葉樹林及びその両者の推移帯に分けて分析された。亜高山
    針葉樹林
    の鳥類群集の特徴は極端に高い密度(1.0♂/ha以上)と安定した個体群(変異係数0.1以下)を持っていることである。これらはヒガラ,キクイタダキ,メボソムシクイ,ルリビタキの4種である。亜高山
    針葉樹林
    の下縁では高い種の多様性,高い個体群密度,高い群集の多様度を示す特徴がある。これは広葉樹林からの浸入種(シジュウカラ,キビタキ,コルリなど)と推移帯の種の存在であらわれる(クロジ,エゾムシクイなど)。ヒガラを除く代表種は推移帯を経て広葉樹林部でにわかに消失する。鳥類群集の分析の一つとして,適応空間(中村1978)の概念を更適用した。
    針葉樹林
    の鳥類群集の全個体数の70%は3つの主要な適応空間から成り立っている。それはシジュウカラ型,ムシクイ型及びツグミ型適応空間である。代表4種の内ヒガラはシジュウカラ型に,キクイタダキとメボソムシクイはムシクイ型に,ルリビタキはツグミ型に入る。亜高山
    針葉樹林
    では特に,ムシクイ型適応空間の大きい比率を持つという特徴がある。
  • ラヒム イリシャット, 柿本 大典, 今井 剛, 浮田 正夫
    土木学会論文集
    1998年 1998 巻 594 号 73-83
    発行日: 1998/05/22
    公開日: 2010/08/24
    ジャーナル フリー
    森林植生の特性が森林流出水に及ぼす影響を調べるため, 人為的影響の少ない水道水源の水質分析を行った. その結果から森林流出水の水質は概して良好であり, 広
    葉樹林
    面積率・
    針葉樹林
    面積率と流出水のTOC, COD濃度との間には相関が得られ, 森林植生による森林流出水質への影響が認められた. また, 河川上流域の植生・土地利用状況が水源涵養機能および水質に及ぼす影響を明らかにするため, 河川上流域の植生・土地利用形態と渇水年・豊水年の水文・水質データの解析を行った. その結果から広葉樹林の保水機能が発達し, 面積率の高い方が低水流出率が大きい傾向があり,
    針葉樹林
    の方が水の蒸発散量が大きく, 渇水年では気温による年平均流出率への影響が大きいことがわかった.
  • 小出 馨
    写真測量とリモートセンシング
    2008年 47 巻 6 号 4-12
    発行日: 2009/01/07
    公開日: 2010/03/19
    ジャーナル フリー
    This study is aimed at improving the accuracy of forest type classification and estimating of the states of forest floor using multi-temporal satellite data as part of evaluating hydrological characteristics of the ground surface and subsurface for regional groundwater flow simulation. The study area is 5km×5km located in the Tono region, Gifu, central Japan. The forest in the study area is composed of three forest types; evergreen coniferous forest, deciduous broad-leaved forest and mixed forest consist of them. The author has attempted a forest type classification based on seasonal variation of NDVI calculated using multi-temporal SPOT data observed in summer, autumn and winter. The results of analysis realize that the distributions of residual NDVI between summer and autumn of coniferous forest and broad-leaved forest have good selectivity, the degree in separation of residual NDVI distributions between summer and winter is less than that between summer and autumn due to influence of forest floor evergreen plants, and the residual NDVI distribution between summer and winter is useful for classification between forest and grass field. This analysis also shows that information of phonological NDVI variation regime of each forest type could be useful for estimating forest structure.
  • 佐久間 敏雄, 冨田 充子, 柴田 英昭, 田中 夕美子
    日本土壌肥料学雑誌
    1994年 65 巻 6 号 684-691
    発行日: 1994/12/05
    公開日: 2017/06/28
    ジャーナル フリー
    北海道大学農学部附属苫小牧地方演習林 (苫小牧市字高丘) の広
    葉樹林と針葉樹林
    を対比してSの沈着,排出および生態系内のフラックスを測定し,次の結果を得た.1) 大気からの全沈着速度Dと上層木の集積速度Rの比は,広
    葉樹林
    では約 1.4 倍,
    針葉樹林
    では約 2.4 倍に達し,この地域の森林,とくに
    針葉樹林
    は過剰なSの供給を受けている.両林の違いは主として乾性沈着速度にあり,その広
    葉樹林
    :
    針葉樹林
    比はおおむね 1 : 3 であった.2) 両林とも沈着にほぼ匹敵する深層への排出が認められ,生態系内部への蓄積は少なかった.3) 上層木からの落葉・落枝による還元速度 LF は両林とも約 3 kg S ha^<-1> y^<-1> であったが,経年的変動が大きかった.4) O層は林内のSフラックスを緩衝する中継的なSプールとして十分な大きさをもっており,それに保持されるSは長い平均滞留時間をもつことによって鉱質土層の急激なS濃度変化を緩和する役割を果たしている.5) 両林とも鉱質土層の蓄積S量は集積・吸収速度あるいはO層から鉱質土層へのSフラックスに比べて十分大きく,鉱質土層の年間S増減率は ±1% 以下であった.鉱質土層のSプールが森林生態系のS循環を緩衝する役割を果たしていることは明らかである.6)
    針葉樹林
    (ストローブマツ) では,小枝・葉へのSの蓄積が進行しており,越年葉の枯損,褐斑形成もみられる.これらを酸性沈着による過剰なSの直接的影響と断定することは難しいが,経過を慎重に観察する必要がある.
  • 佐久間 敏雄, 冨田 充子, 柴田 英昭, 田中 夕美子
    日本土壌肥料学雑誌
    1994年 65 巻 6 号 677-683
    発行日: 1994/12/05
    公開日: 2017/06/28
    ジャーナル フリー
    北海道大学農学部附属苫小牧地方演習林 (苫小牧市字高丘) の広
    葉樹林と針葉樹林
    において,生態系各部の乾物重と S の分布を測定し,次のことを明らかにした.1) 広葉樹林はミズナラをおもな上層木とする二次林,
    針葉樹林
    はストローブマツを主とする植林地であったが,両林とも,幹の蓄積が少なく,枝,葉の比重が大きい成熟度の低い森林であった.2) 樹木のS含有率は,葉でもっとも高く,根,枝,幹の順に低くなった.葉のS含有率は明らかに広葉樹 > 針葉樹であり,広葉樹では樹種による違いも大きかった.3) 上層木Sの集積量は広
    葉樹林
    >
    針葉樹林
    であったが,広葉樹林ではその約 54% が根株および根に存在したのに対し,
    針葉樹林
    のそれは約 38% で 50% 以上が枝・葉に分配されていた.4) 下層植生の地上部乾物重,S集積量は両林とも小さく,Sプールとして無視できる程度であった.5) 土壌の有機質層位,とくに
    針葉樹林
    のそれは,生きた葉よりも高いS含有率を示し,S蓄積量も植生のそれの約 60% に達した.鉱質土層のS含有率は低かったが,S蓄積量は両林とも,表層 50cm について約 600 kg S ha^<-1> と推定され生態系全体のS蓄積量の約 90% を占めた.6) 今回調査した森林生態系では,鉱質土層,O層および上層木がSの主要なプールになっていた.
    針葉樹林
    では,S循環の中継的プールとしてO層が重要な位置を占めることが予想された.
  • 小谷 英司, 粟屋 善雄
    写真測量とリモートセンシング
    2013年 52 巻 2 号 44-55
    発行日: 2013/05/17
    公開日: 2014/05/01
    ジャーナル フリー
    Forest stand variables (mean diameter, mean height, stand volume, stand density, and stand carbon stock) were estimated in manmade coniferous forest stands comprising Hinoki (Chamaecyparis obtuse) and Sugi (Cryptomeria japonica), using low-density light detection and ranging (LiDAR). LiDAR data were obtained on a transect in western Shikoku Island using 2 pulses per square meter. We chose young to old plots along the transect and measured forest stand variables. LiDAR indices were derived for the first and last pulse of a digital canopy height model : average ; maximum ; coefficient of variation ; 10, 20, ..., 90 percentiles ; and 10, 20, ..., 90% canopy density. A logarithmic multiple regression analysis, a linear single regression analysis with variable selection, and a vegetation profile method were employed to compare LiDAR indices and forest stand variables with Root Mean Square Error (RMSE). Among those methods, the linear single regression was the most precise in terms of average height (RMSE : 1.5 meter), and the logarithmic multiple regression was most precise for mean diameter (RMSE : 3.1 centimeter), stand density (RMSE : 837 trees per hectare), stand volume (RMSE : 68.2 cubic meter per hectare), and stand carbon stock (RMSE : 18.0 ton per hectare). Although the vegetation profile method was less precise for stand volume (RMSE : 105.7 cubic meter per hectare), the slope of the vegetation profile equation was stable in the results.
  • 青木 淳一
    日本生態学会誌
    1963年 13 巻 4 号 139-151
    発行日: 1963/08/01
    公開日: 2017/04/08
    ジャーナル フリー
    Auf Grund von den Ergebnissen der Analyse von den Pflanzendeckungen bzw. den Oribatidenzonosen, die in den vorgangigen Berichten I〜III mitgeteilt, wurden hier ihre gegenseitigen Beziehungen voneinander erforscht. Die Reichlichkeit der Oribatidenzonosen wurden, mehrere Charakteristika in Erwagung ziehend, zwischen den Bestandgruppen, die man nach den mehreren Charakteren der Vegetation verschiedenartig gruppieren konnen, verglichen. Im allgemeinen fanden sich reichere Oribatidenzonosen in den Laub- und Nadelwaldern als in den Wiesen, in den Sommergrunwaldern als in den Immergrunwaidern, in den Waldern mit den hohen Kronenpflanzen als in den Waldern mit den niedrigen, in den Waldern mit der komplizierten Feldschichtsflora als in den Waldern mit der einfacheren. Quercus mongolica var. grosseserrata Bestand unter den Laubwaldern und Larix platyphylla var. japonica Bestand unter den Nadelwaldern scheinen den Oribatiden die gunstigste Lebensstatte zu liefern. Die individuendominanteste Oribatidenfamilie war Scheloribatidae in den Wiesenboden, Oppiidae in den Laubwaldboden, und Oppiidae+Suctobelbidae in den Nadelwaldboden.
  • 小松 光
    水利科学
    2010年 54 巻 3 号 1-29
    発行日: 2010/08/01
    公開日: 2017/08/04
    ジャーナル フリー
  • 杉田 久志
    日本生態学会誌
    1987年 37 巻 3 号 175-181
    発行日: 1987/12/31
    公開日: 2017/05/24
    ジャーナル フリー
    It is well-known that several mountains in central and northeastern Honshu, Japan, lack coniferous forests in their subalpine zones. In order to clarify the factors determining this phenomenon, the development of subalpine coniferous forests, the snow accumulation depth and the extent of subalpine area were surveyed in the Jo-etsu Mountains and their vicinity. Generally, the subalpine coniferous forests were poorly developed in mountains with heavy snowfall, but were well extended on mountains or peaks in mountain regions with larger extents of subalpine area. These facts suggest that on each mountain the extent of subalpine coniferous forests has changed in close relation with the extent of the subalpine area and the accumulated snow depth condition. This has continued throughout the climatic changes during the Postglacial Age, especially the Postglacial Warm Period, when the extent of coniferous forests was markedly reduced.
  • ──常緑針葉樹林との比較──
    小松 光
    水利科学
    2013年 57 巻 4 号 114-126
    発行日: 2013/10/01
    公開日: 2017/07/07
    ジャーナル フリー
  • 水野 雄介, 橋本 啓史
    野生生物と社会
    2013年 1 巻 1 号 39-46
    発行日: 2013/12/20
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル フリー
    Rana japonica is a frog that lays eggs in still water, like shallow areas in ponds, or paddy fields where water is left in early spring, and it mainly lives in the forested areas during the non-breeding season. From May through to November 2009, a non-breeding season for the frog, we sampled 255 food items from 93 adult frogs by gastric lavage in the "Toyota Nature Sanctuary" in Aichi Prefecture, Japan. In the examination, although the adult frogs preyed frequently in the lower part of the broad leaf and coniferous forests and grassland, the frogs did not seem to predate selectively. In other words, the frogs preyed on animals appearing frequently in each environment and season. However, the individual densities differed according to microhabitats and seasons. From these results, maintenance of the lower part of forests and grassland in SATOYAMA is particularly important to conserve this species. Moreover it is important that both forest and grassland exist nearby, because the seasonal change in individual densities between microhabitats suggests that frogs move between forests and grassland seasonally.
  • 花谷 守正
    紙パ技協誌
    2015年 69 巻 11 号 1244
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/02/01
    ジャーナル 認証あり
  • 香坂 玲
    林業経済研究
    2009年 55 巻 3 号 23-34
    発行日: 2009/11/01
    公開日: 2017/08/28
    ジャーナル フリー
    米加針葉樹製材貿易紛争は3回の紛争を経て,1996年に二国間合意に至り,2001年まで5年間の休戦が続いた。本稿では,その利害構造について先行研究より再評価した。本稿の課題は,1980年代から2002年までの公共放送CBCの報道のレビューに基づき,雇用の場としてのカナダの林業,雇用と自由貿易との相克がどのように伝えられたのか,その論理展開を明らかにすることである。レビューからは,主に米国の国内の問題などと当初は楽観視していたカナダ国内の報道が,1987年以降はカナダの主権や雇用の問題として取り上げていく流れを明らかにした。既存研究では,二国間合意失効の要因として,カナダの州政府同士の軋轢,木材業界,消費者,環境の各団体の圧力などが指摘されている。本稿の分析からは,雇用を取り上げる頻度が増えるなど,二国間合意失効に対して報道機関も役割を果たしたことが読み取れる。
  • 須山 哲男, 山本 由紀代, 小路 敦
    日本草地学会誌
    1998年 44 巻 Separate 号 210-211
    発行日: 1998/08/25
    公開日: 2017/07/07
    ジャーナル オープンアクセス
  • 安積 大治
    日本土壌肥料学会講演要旨集
    1992年 38 巻
    発行日: 1992/03/25
    公開日: 2017/06/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 冨田 充子, 柴田 英昭, 田中 夕貴子, 佐久間 敏雄
    日本土壌肥料学会講演要旨集
    1992年 38 巻
    発行日: 1992/03/25
    公開日: 2017/06/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 気候温暖期に森林帯は現在より上昇したか?
    守田 益宗
    植生史研究
    2000年 9 巻 1 号 3-20
    発行日: 2000年
    公開日: 2021/06/16
    ジャーナル オープンアクセス
    現在の亜高山帯域は,最終氷期最盛期には植被の乏しい環境であった。晩氷期末期になると高山帯下限は,現在の亜高山帯の下限付近に位置していた。本州系の
    針葉樹林
    は中部山岳の一部をのぞき衰退し,東北地方南部まで分布していた北方系
    針葉樹林
    も姿を消した。後氷期になると,山岳上部に植物が進入・定着し草原的な景観の植生が形成された。北海道ではグイマツをのぞき
    針葉樹林
    が継続して存在した。本州では
    針葉樹林
    の増加開始時期は地域により異なる。白馬岳-苗場山-至仏山-鬼怒沼山をむすぶ北緯37 度付近では約2500~6500 年前までの様々な年代以降に,これ以北では約2500~3000年前から,以南では約6500年前あるいは氷期から
    針葉樹林
    は増加を開始した。気候温暖期にブナ帯上限が現在よりも上昇していたことは疑わしい。日本海側山地や東北日本において
    針葉樹林
    帯を持つ山岳と持たない山岳の植生の違いは,約2500年前以降の針葉樹の増加と森林形成の有無を通して形成された。冬季の積雪や強風を避けることができる適地に生育していた針葉樹が,森林が未発達であった現在の亜高山帯域に侵入・定着した。気候変化の速度に植物の分布・移動が追いつかないことや,地理的な積雪量の多寡あるいは季節風の強弱,山岳部の平坦面の大きさ,土壌の未発達などの個々の山岳の条件や分布していた
    針葉樹林
    の規模によりこれらの侵入・定着時期が左右されたとみられる。
  • 倉島 栄一, 関 基, 加藤 徹, 向井田 善朗
    農業土木学会論文集
    1999年 1999 巻 203 号 559-566,a1
    発行日: 1999/10/25
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    落葉樹林内と, 併設した気象観測露場で融雪熱収支解析に必要な気象要素を1995年と1996年の融雪期および消雪後の未着葉期, 着葉進行期において観測し両者を比較したさらに, 融雪量はもとより, 融雪過程を再現できる融雪推定方法を適用し, この方法の有用性を確認した,
    晴天日の日射量によって無次元化された日射量と落
    葉樹林内と針葉樹林
    内における下向き放射量に占める日射量成分の比との間に相関関係があることから, これらの森林内での放射要素の推定方法を提案した. この推定に介在する放射量パラメータは, 融雪推定方法によって推定された融雪量の誤差を目的関数とした最適化手法によって求められることを示した.
  • 倉島 栄一, 加藤 徹, 向井田 善朗
    農業農村工学会論文集
    2008年 2008 巻 255 号 339-340,a3
    発行日: 2008/06/25
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 齊藤 修
    GIS-理論と応用
    2004年 12 巻 2 号 145-154
    発行日: 2004/12/31
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
    The objective of this paper is to examine quantitative and spatial changes in woodland vegetation for the last 40 years in the Kanto region, where has been exposed to the strongest pressure of urban development in Japan. According to the national census of agriculture and forestry from 1960 to 1980, the woodland cover decreased by 4.3 percent (618km2). This decline was significantly correlated with the increase in the human population density mostly on the peri-urban areas. During the same period, many broadleaved woodlands were converted into conifer plantations in the rural areas. The results of the third (1983-86) and fifth (1994-98) national vegetation surveys showed further decrease in the woodland cover, especially in oak and pine woodlands located on topographically flatter lands. In contrast with the 1960s and 1970s, the shift (succession) from coniferous woodlands to broadleaved woodlands seems to have been underway in many areas since the 1980s. This shift is considered to be partly because many conifer plantations have been abandoned, and partly because Pinus densiflora has widely died back.
feedback
Top