詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "鉄道路線"
1,408件中 1-20の結果を表示しています
  • 髙橋 悠, 津沢 正晴
    地図
    2013年 51 巻 Supplement 号 10-11
    発行日: 2013/08/01
    公開日: 2020/10/07
    ジャーナル フリー
  • 神田 幸治
    日本心理学会大会発表論文集
    2017年 81 巻 2A-098
    発行日: 2017/09/20
    公開日: 2020/03/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 神田 幸治, 小野寺 知美
    日本心理学会大会発表論文集
    2015年 79 巻 2AM-138
    発行日: 2015/09/22
    公開日: 2020/03/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 稲葉 克己, 渡辺 貴介
    日本土木史研究発表会論文集
    1986年 6 巻 98-102
    発行日: 1986/06/25
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    第二次世界大戦前にほぼ完成された関東圏の鉄道網において、その鉄道敷設目的は、産業振興・沿線開発・通勤通学客輸送など多岐に渡っていたが、観光客輸送を目的とした観光関連鉄道路線と言える路線も数多く存在していた。それらの路線は。東京から各観光地に到達する方法の違いにより、「直結型」、「枝分型」、「回遊型」、「延伸型」、「創造直結型」、「創造枝分型」と呼べる6タイプに分類でき、時代と共に変遷していった。また、それらの路線を成立させるのに、各鉄道会社は、出発地・鉄道・目的地のそれぞれの地点で様々な観光客誘致策を実施した。
  • 佐川 大輔, 中谷 友樹
    季刊地理学
    2020年 72 巻 2 号 107-121
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/09/24
    ジャーナル フリー

     道路網の整備による自動車交通へのシフトや人口減少を背景とした利用者数の減少等により,鉄道路線の廃止が地方を中心に継続して生じている。現存する鉄道路線においても,鉄道事業者から廃止を提案されている事例が存在するなど,この先,維持が困難となる鉄道路線の数は増えていくものと考えられる。こうした鉄道廃止の提案に対し,「鉄道が無くなると街が寂れる」という意見が挙げられることもあるが,この考えを否定する意見もまた存在する。

     本研究は,鉄道路線の廃止が鉄道沿線自治体の人口と所得水準に及ぼす影響を,パネルデータ解析のための回帰分析を用いて明らかにした。鉄道沿線自治体の廃線以前の状況を考慮する統計モデルを使用した分析の結果,先行研究で指摘されている鉄道の廃止が起こった地域で観察される高い人口減少率は,廃線以前からの状況を反映しているものであり鉄道の廃止によって引き起こされたものとは判断し難いことが示唆された。また,鉄道の廃止が所得変化率に及ぼす影響についても,廃止路線沿線と現存路線沿線の自治体間で統計学的に有意な違いは認められなかった。

  • 長尾 徹, 柴田 吉隆
    地図
    2002年 40 巻 Supplement 号 26-27
    発行日: 2002年
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • 東京の地下鉄における実験
    小林 岳人, 日比野 治雄, 小山 慎一
    日本デザイン学会研究発表大会概要集
    2013年 60 巻 8B-07
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/06/20
    会議録・要旨集 フリー
    鉄道路線図をデザインする上で、利用者が適切な経路を簡単に選択できるように配慮をすることは大変重要である。これまでに、鉄道路線図の表記方法について(e.g.長尾、鵜飼)、ガイドラインが作成された。そして現在使用されている多くの路線図にこのガイドラインは反映されている。しかし近年では、路線や駅が増加したこと、路線図上に駅ナンバリングが記入されたことにより、路線図は以前に増して複雑になっている。本研究では、複雑化した現在の路線図の検索性を向上させるため、心理学の視点より利用者が間違えやすい3つのエラーを想定、検証した。結果、想定した3つのエラーのうち1つは、駅シンボルを変更することで改善することができた。
  • 叶 霞飛, 青島 縮次郎, 宿 良
    土木情報システム論文集
    1994年 3 巻 79-86
    発行日: 1994年
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    本論文では帯状方形格子状デジタル地形モデルを作成し, それを用いて鉄道平面線設計と縦断線設計を同時に最適にするような最適化アプローチを提案する.このアプローチではランダム探索法を採用することによって, 最適化問題の定式化と制約条件の処理などを簡略にしている.さらに, Bスプライン関数を用いた鉄道縦断線設計の最適化モデルと結び付けることによって, ランダム探索法が持つ冗長牲を除去しようとするものである.事例研究として, 中国での在来線を取り上げ, 提案した最適化アプローチの適用性を検証する.
  • 長尾 徹, 鵜飼 達彦
    地図
    2003年 41 巻 Supplement 号 64
    発行日: 2003年
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • 砂子 宗次朗, 山口 悟, Ekaterina N. Kazakova, Nikolay A. Kazakov
    雪氷研究大会講演要旨集
    2020年 2020 巻 P2-12
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/12/02
    会議録・要旨集 フリー
  • 叶 霞飛, 青島 縮次郎
    土木計画学研究・論文集
    1996年 13 巻 837-846
    発行日: 1996/08/31
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    本論文では鉄道路線設計最適化の三次元DPモデルを提案する. まず, 鉄道路線設計の最適化問題を三次元空間における路線の最適決定問題として取り扱った. そして, 実用的な観点から, 目的関数の定式化と制約条件の処理などを容易なものにするために, DPという手法を導入した. それに基づいて構築した本モデルは偏導関数を基礎とする最適化手法に基づくモデルより実用化されやすく, かつ理論的に大域的最適な鉄道路線設計案を得ることが可能となった. さらに, 中国でのデータを用い, 実際の鉄道路線設計問題に本モデルを適用した検証結果より, 本モデルの有効性と効率性を確認した.
  • 風間 一洋
    人工知能学会全国大会論文集
    2011年 JSAI2011 巻 3C1-OS14-5
    発行日: 2011年
    公開日: 2018/07/30
    会議録・要旨集 フリー

    地域情報検索で用いられる地名は,存在する検索対象の地域選択可能性の違いから,利用パターンに固有の特徴がある.そこで,サーチエンジンのクエリログから得られる各地名を使用したユーザ集合間のJaccard係数から各地名の関連地名集合を求め,鉄道路線ネットワークにおける地理的分散パターンを分析する.さらに,地理的分散パターンと細密配置パターンとの距離差を用いて地名関連特性を定量化し,その性質を分析する.

  • 下川 眞男
    電気設備学会誌
    2006年 26 巻 10 号 792-795
    発行日: 2006/10/10
    公開日: 2015/04/25
    ジャーナル フリー
  • 鵜飼 達彦, 長尾 徹, 永田 喬, 釜池 光夫
    デザイン学研究
    2002年 49 巻 3 号 111-120
    発行日: 2002/09/30
    公開日: 2017/07/19
    ジャーナル フリー
    鉄道路線図は、公共性の高さにも関わらず、公的な基準がなく、路線図デザインの先行研究も少ない。本論は鉄道路線図デザインの基本となる路線網の普遍的な位相図化における路線結節部の駅シンボル表記方法の確立を目的とした。本論におけるシンボル単体の図形記憶実験と路線図上での記憶実験から路線図の記憶に関して駅表記方法の影響はないことが判明した。また結節駅に求められる要素を含んだ6種の表記方法の検索実験の結果にも差がみられなかったことから、路線図の記憶・検索性は位相図としての形状が適切であれば良いことが確認された。つまり、駅に必要な情報が含まれていればデザイナーの裁量で形状を決定しても差し支えないと言うことである。次に「親しみやすい」「美しい」を評価項目として結節駅に求められる情報を含んだサンプルに対し一対比較を行い、真円表記で路線の位置関係が示されている形式が最適な表記法であることが判明した。
  • 川上 礼次, マッキン ケネスジェームス, 永井 保夫, 藤吉 誠
    人工知能学会全国大会論文集
    2013年 JSAI2013 巻 1D5-2
    発行日: 2013年
    公開日: 2018/07/30
    会議録・要旨集 フリー

    日本の鉄道路線はとても複雑である。その為、高度なコントロール技術とスケジューリングで管理がされている。しかし突発的に発生する路線や機器のメンテナンスを行う点検車両は管理されておらず事故の危険性がある。本論文では電車にジャイロセンサーを搭載し路線を判断することで電車が同じ路線を走らないようにすることを目的としている。複数の知的手法をジャイロセンサーの実データに適応した結果を比較する。

  • 銚子電鉄を事例として
    土’谷 敏治
    日本地理学会発表要旨集
    2003年 2003f 巻
    発行日: 2003年
    公開日: 2004/04/01
    会議録・要旨集 フリー
    1.はじめに 現在,日本の公共交通は大きな転換期に立っているといえる.自動車交通への依存度がさらに高まる中で,規制緩和と国による助成の削減が実施され,とりわけ大都市圏以外の地域では,各事業者の経営判断と地方自治体による政策的決断の必要性が増している. このような事態は,自らのインフラストラクチャーを維持・管理しなければならない地方鉄道事業者にとって,より深刻である.地方鉄道事業者の経営環境が,極めて深刻な状況におかれていることは周知の事実であるが,旧国鉄の地方交通線問題が一応の終結をみて以来,鉄道の存廃問題はしばらく沈静化していた.しかし,上記のような動きの中で再びその存廃問題が論議され,実際に廃止される鉄道路線がみられるようになった.このことは,従来の独立採算制の枠組みの中では,既に経営の限界に達している事業者が現れていることを示している.他方,いずれの鉄道路線にも,日常生活を営む上でその路線を必要とする利用者が存在する.今後は経営補助の視点ではなく,都市計画や地域の交通政策の中で,鉄道をはじめとする公共交通機関を位置づけていかなくてはならない段階にきているといえよう. ところで,鉄道路線の存廃を論議するにしても,また助成制度や交通政策を検討するにしても,まずその鉄道路線のおかれている現状や利用状況の把握が不可欠である.そのうち経営側の視点に立った分析は,当該事業者の経営上の資料から可能であるが,利用者側の分析は利用者や沿線居住者に対する新たな調査が必要であり,一部の鉄道路線を除いて十分な資料が入手困難な状況にある.今回,千葉県銚子市の銚子電鉄について,利用者に対する調査の機会を得た.本研究では経営側の資料とあわせて,この調査結果をもとに銚子電鉄利用者の特徴やその利用状況についての分析を行い,銚子電鉄が抱える課題や展望について検討を加える.2.銚子電鉄の旅客輸送パターン 銚子電鉄は,営業キロ6.4km,地方鉄道の中でもとりわけ小規模な鉄道である.その路線は,銚子市の中心部に位置しJR線との接続駅でもある銚子を起点に,市域の南東端に位置する外川を結んでいる. したがって,旅客輸送パターンは,銚子とその他の各駅間の輸送が中心であり,定期外の輸送ではとくに銚子・犬吠間の観光客の輸送が顕著である.このような輸送パターン以外では,沿線に立地する高等学校や小学校への通学輸送や,旧市街への買い物・用務客の輸送が注目される.時間帯別にみると,もちろん通勤・通学時間帯に輸送量が集中するが,とりわけ午前の通学時間帯における,上記の学校最寄り駅付近での集中が顕著である. しかし,このような旅客輸送の営業収入は営業経費を下回って欠損を生じている.他方,旅客輸送以外のいわゆる副業による収入は旅客収入を大きく上回り,それによって旅客収入の欠損を埋め合わせている情況にある.3.利用者特性 銚子電鉄利用者の特性を明らかにするため,乗客の性別・年齢などの属性や,利用目的・利用頻度・乗降駅・他の交通機関との乗り継ぎなどの利用状況についてのアンケート調査を実施した.その結果,調査時1日の銚子電鉄利用者総数の1/4強と考えられる回答を得た. 回答者の約3/4は銚子市在住者であったが,その半数以上が通勤・通学を利用目的として挙げている.その数は,利用頻度が週4日以上の回答者数とほぼ一致し,両者の対応関係は明らかである.しかし,定期乗車券利用者数はこれよりも少なく,通勤・通学利用者の定期乗車券購入率低下を裏付けている.通勤,通学に次いで,買い物や遊びに出かける際の利用が多いが,これら利用目的でも週単位の利用者が多く,全体として銚子電鉄利用者の利用頻度は高いといえる.このことは利用者の銚子電鉄に対する評価にも表れ,好意的な評価や存続を望む意見が多い.また,パークアンドライドに代表される自家用車や自転車との連携は不十分であるが,銚子駅におけるJR線との乗り継ぎ需要はかなり存在すると考えられ,両者の連携強化が求められる. 銚子市以外の在住者では,そのほとんどが観光目的の利用で,11月の調査時期から考えても,銚子電鉄に対する観光需要は大きいと判断される.また,観光客の多くに,銚子電鉄自体を観光対象の1つとして評価する傾向が見らる.これらの観光客は,主としてJR線を経由して訪れており,観光面でもJR線との連携が望まれる.
  • 長尾 徹, 柴田 吉隆, 芥田 幸一
    日本デザイン学会研究発表大会概要集
    2001年 48 巻
    発行日: 2001/10/15
    公開日: 2017/10/27
    会議録・要旨集 フリー
    The purpose of railway map is to post the topological relationship of stations and railways free of distance, direction and scale restrictions. They are one of the topological maps that are also known as "Network maps", shows a series of lines and points. In this paper, 2 studies were the progress history and cognitive map of JRline. The following 5 characteristic were found out. 1) Important element of recognition map. 2) Angle of line, representation of edges and nodes. 3) Influence of a geographic element. 4) Line that becomes a form. 5) Experience and knowledge quantity.
  • 小林 基夫, 橋本 良一, 長瀬 睦子, 橋爪 三雄, 河津 和幸, 吉見 昭子
    地図
    1972年 10 巻 Supplement 号 16a-16
    発行日: 1972年
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • 跡部 治
    地図
    1972年 10 巻 Supplement 号 16
    発行日: 1972年
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • -鉄道路線図位相図化・デザイン方法の研究(1)
    長尾 徹, 芥田 幸一, 柴田 吉隆, 馬 敏元
    デザイン学研究
    2002年 48 巻 5 号 5_55-5_64
    発行日: 2002/01/31
    公開日: 2017/11/08
    ジャーナル フリー

     鉄道路線図は、駅と路線のつながりという位相関係の表示が目的であり、距離や方位、縮尺から解放された地図である。位相図とは、点と線の系列を表示するネットワーク図のことをいい、鉄道路線図もこれにあたる。本論では、まず鉄道路線図の成立過程を調査した。次に鉄道路線網がどのように認知されているかの観察調査を行った。その後、鉄道路線図に求められる検索性に注目し、位相図構成要因が検索性に及ぼす効果の検証実験を行った。被験者の知識による差異を排除するために、認知されている路線網と既存の路線図に対する観察を基に、位相図構成要因を抽出、水準を設定し、パターンの異なる3路線網について実験用の位相図を作成した。実験の結果、主に以下のことが判明した。1)路線により構成される形状は単純な図形に置き換えられ記憶される。2)検索性を大きく左右する要因は角の丸みの有無であり、角の丸みの大きさによる影響は小さい。

feedback
Top