詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "長距離走"
1,495件中 1-20の結果を表示しています
  • 山中 亮, 大沼 勇人, 大家 利之, 萩原 正大, 鈴木 康弘
    日本体育学会大会予稿集
    2016年 67 巻
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/02/24
    会議録・要旨集 フリー

     【背景】エリート長距離走者のパフォーマンスは、最大酸素摂取量などの有酸素性能力だけでは説明できないことが示唆されている。本研究では、エリート長距離走者が発揮する長距離走のパフォーマンスに対して、スプリント能力及び筋パワーが重要な因子となるのかを検討することを目的とした。【方法】本研究では、7名の国内トップレベルの男子シニア長距離走者(最大酸素摂取量:68.7 ± 2.4 ml/kg/min)を対象に測定を実施した。本研究では、競技会における5,000m走の自己最高記録を長距離走者のパフォーマンスとした(13:33.68 ± 0:10.79)。スプリント能力の測定として、60m走及び100m走を実施した。また、筋パワーの測定として、立ち五段跳びを実施した。【結果】5,000m走の自己最高記録は、最大酸素摂取量との間に有意な相関関係が認められなかったが、60m走及び100m走時の最高走速度と、そして、立ち五段跳びとの間にそれぞれ有意な相関関係が認められた。【結論】本研究の結果から、エリート長距離走者が高いパフォーマンスを発揮する背景には、高い有酸素性能力を有することに加えて、高いスプリント能力及び筋パワーも重要となる可能性が示唆された。

  • 中学校女子生徒の態度に注目して
    佐藤 善人, 谷口 善一
    日本体育学会大会予稿集
    2017年 68 巻
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/15
    会議録・要旨集 フリー

     社会ではブームとなっているランニングではあるが、保健体育授業で行われる長距離走の学習は、生徒に不人気な運動である。この傾向は、男子生徒よりも女子生徒のほうが強い。近年、女子生徒の運動離れは顕著であり、その対策は急を要する。長距離走の学習も例外ではなく、そのあり方を検討する必要がある。

     小学校の持久走では、自分に合ったペースで無理なく走ることがねらいであるが、中学校の長距離走では、記録の達成や他者との競争がねらいとなる。この唐突なねらいの変更での実施が、生徒を長距離走嫌いにしているのではないか。そこで、中学2年生女子に持久走、長距離走の順番でランニングの学習を実施することで、生徒は徐々に慣れ、好意的態度を形成しながら長距離走のねらいに迫れるのではないかと考えた。具体的には、学習の過程で4回、質問紙調査により態度を測定し、その変容を分析した。その結果、持久走で向上した好意的態度は長距離走に変わる時点で大きく低下した。この傾向は下位群でより顕著であった。本研究は仮説を立証できなかったが、持久走、長距離走を連続して実施することの課題が改めて示唆された。

  • 遠藤 陽一, 大畠 襄, 白旗 敏克, 河野 照茂, 久富 のぼる, 小野寺 昇, 佐藤 美弥子
    体力研究
    1991年 77 巻 1-11
    発行日: 1991年
    公開日: 2019/01/21
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
  • 高嶋 香苗, 渡辺 輝也, 周東 和好
    体育学研究
    2017年 62 巻 1 号 49-70
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/06/22
    [早期公開] 公開日: 2017/03/10
    ジャーナル フリー
     Most junior and senior high school students dislike long-distance race in physical education classes, even though many adults enjoy running marathons or spectating at middle- or long-distance races at track and field meetings. The purpose of this study was to develop a new approach to teaching long-distance races in physical education classes, enabling students to enjoy learning tactics for long-distance races in track and field athletics. Tactics for long-distance races were first characterized by analyzing the pace of the women's world record 1,500 m race (3′50″07) and the winning race in the 2015 world championship (4′08″09), won by Genzebe Dibaba, the women's 1,500 m world record holder. This analysis showed that the tactics of a long distance race can be classified into two types: 1) to maintain a pace for improving upon one's record (“tactics for record”) and 2) to compete making use of a slow start, pace changing, and a final sprint to win without any thought of records (“tactics for winning”). Secondly, previous reports on physical education practices for long-distance races were collected and analyzed. This analysis suggested that most practices focused on learning “tactics for record,” which would inevitably exhaust learners, and that the positive learning outcomes of these classes might not make up for the negative experience of “exhaustion,” and thus most learners took an instinctive dislike to long-distance races in physical education classes. Thirdly, a new loop course was created, which included a number of “non-passing zones.” This race condition was designed in order for learners to enjoy learning the “tactics for winning.” A learning experiment, for which 20 university students volunteered, was then conducted to test the efficiency of the race condition created. Video analysis of racing by the subjects and a questionnaire investigation showed that most subjects enjoyed learning the “tactics for winning” and competing with other subjects under the race conditions created. From these results, it is concluded that physical education classes for long-distance races enable students to enjoy long-distance races by focusing on “tactics for winning” using the race conditions created.
  • 小磯 透, 小山 浩
    発育発達研究
    2012年 2012 巻 55 号 11-22
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/10/09
    ジャーナル フリー
    Attempts were made through classes of physical education to verify the effectiveness of our learning program of long distance running, which mainly focuses on“even pace”running, for the lower record group from the perspective of changes in their records of and attitudes toward long distance running. Our subjects were 1435 of 7th graders(boys 714, girls 721)in Tokyo. We instructed them in every Oct.―Dec. period during 1999-2005 utilizing the program(15 instructions of physical education), that we developed. Each subject records(boys 1500 m run, girls 1000 m run)was applied to 10 grades in MEXT standard scale. When the subjectʼs score was grades 1-3 for boys and 1-4 for girls, it allocated to the low group. We conducted surveys on the changes of attitudes on long distance running and practice of this program through formative evaluation of instructions. We compared records and formative evaluation of instructions before and after the program. The results are as follows: Lower records group increased to 5.9% from 22.8%(boys)and to 1.5% from 9.2%(girls). 83.4% of the boys and 87.1% of the girls in lower records group improved in scale. The average of 1500 m run in boys lower records group significantlly improved to 7ʼ13”from 8ʼ9”. The average of 1000 m run in girls lower records group significantlly improved to 4ʼ57”from 5ʼ38”. Attitudes of the subjects became significantlly favorable in 27 out of 29 question items. Improvement of abhorring feeling, decrease of pain, increase of satisfaction appeared remarkably. All of 4 factors of enjoy, activity results, social behavior, friendship were improved significantly. A program in physical education“learning of even pace on long distance running”utilized in this research was verified effective for lower records group.
  • 小磯 透, 小山 浩, 七澤 朱音, 内田 匡輔, 大谷 雅也
    発育発達研究
    2007年 2007 巻 Supplement 号 73
    発行日: 2007/03/10
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
  • 細谷 龍男, 市田 公美, 〓村 さゆみ, 田部 晃, 岡部 英明, 佐治 正勝, 酒井 紀
    プリン・ピリミジン代謝
    1994年 18 巻 1 号 11-17
    発行日: 1994年
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    Subjects in this study included long distance runner ( 6 men and 10 women) selected from members of a track and field club. Urine was collected two hours after the lasting voiding (immediatery after an early morning trainig session of 5 to 10km or before noon on days without training)to compare the dynamics of uric acid, hypoxanthine, and xanthine. The results are listed below:
    1) The serum uric acid level among young adult long distance runners was significancy higher in men than in women. A relatively low uric acid and creatinine clearance ratio in men compared to that of women is thought to explain this difference.
    2) It was suggested that exertion imposed by long distance running caused an increase in uric acid production; but no increased in the serum uric acid level was recognized in women with high uric acid clearance rates. A significant rise in the serum uric acid level was noted among men after long distance running but none developed hyperuricemic symptoms when the serum uric acid level exceeded 7.0mg/100ml.
    3) Fluctuations in the levels hypoxanthine and xanthine, two precursors of uric acid, induced by long distance running were generally similar to the changing patterns of the uric acid level. It was suggested that long distance running dose not induced continued hyperuricemia.
  • 大久保 初男
    日本体育学会大会号
    1992年 43B 巻
    発行日: 1992/10/31
    公開日: 2017/08/25
    会議録・要旨集 フリー
  • 相良 澄友, 登井 啓文, 橋本 郁夫
    日本体育学会大会号
    1988年 39B 巻 111T08
    発行日: 1988/08/20
    公開日: 2017/08/25
    会議録・要旨集 フリー
  • 木村 健作, 藤井 範久
    日本体育学会大会予稿集
    2019年 70 巻
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/20
    会議録・要旨集 フリー

     ランニングなどの走動作では、支持期中に足部に繰り返し加わる荷重により、トラス構造をもつ内側縦アーチが変形し接地衝撃を緩衝している。過度に低いアーチや高いアーチは障害との関連性が指摘されている。長距離走中のアーチ変形にともなう走行フォーム毎の障害リスク因子を早期発見することは、障害予防に繋がり得る。そこでランニング習慣のある男性18名にトレッドミルシステム上にて10kmの長距離走を行わせた。その際、靴を加工し、足部にマーカーを直接貼付することで足部内側縦アーチの形状変化を計測した。結果として長距離走中のアーチ高率が最小になる(MAHR)タイミングで、足関節が最大背屈位を呈していた。0km地点、5km地点、10km地点を比較して、従来は減少すると思われていたMAHRの変化が極めて小さかった被験者が8名いた。MAHRの変化が小さい被験者は、長距離走中に走行フォームを変えることでMAHRの維持に繋がった可能性が考えられる。MAHRの変化が小さかったランニングフォームの下肢の動作と障害との関連性を検討した。

  • 渡邉 雄介, 春日 晃章, 小栗 和雄
    日本体育学会大会予稿集
    2018年 69 巻
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/01/18
    会議録・要旨集 フリー

     本研究は中学校女子の体育授業における身体活動の個人差および単元間差を明らかにすることを目的とした。中学校女子2年生42名、3年生43名を対象とし、長距離走、剣道、バスケットボール、バレーボール、マット運動およびダンスの授業における歩数および運動強度を調査した。歩数の測定にはWristableGPSを、運動強度の測定にはLifecorder GSを用いた。単元ごとの歩数と運動強度の関連を検証するためピアソンの積率相関係数を算出した結果、長距離走、マット運動、バスケットボールおよびダンスに有意な関連が認められた。しかし散布図をみると、長距離走においては歩数、運動強度ともに高い水準にあったが、マット運動では低い水準に、バスケットボールおよびダンスでは広範囲に分布していることが確認された。また、歩数および運動強度の単元間差を明らかにするため一要因分散分析および多重比較検定を適用した結果、歩数については長距離走が、運動強度については長距離走およびバスケットボールが他の単元と比べて有意に高かった。体育授業では身体活動に単元間差がみられ個人差の大小は単元によって異なることが示唆された。

  • 渡邉 雄介, 春日 晃章
    日本体育学会大会予稿集
    2017年 68 巻
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/02/15
    会議録・要旨集 フリー

     本研究は中学校女子の体育授業時における身体活動特性の個人差を明らかにすることを目的とした。中学校2年生女子42名を対象とし、長距離走(2000m)、剣道およびバスケットボールの授業において、各2回ずつ測定を行った。測定項目は、歩数、心拍数(max-min)、移動距離、最大スピード、平均スピードおよび運動強度であり、EPSON社製WristableGPSおよびスズケン社製LifecoderGSを用いて測定した。個人差の程度を検証するため変動係数を算出し、単元による身体活動特性の違いを明らかにするため、測定授業において対応のある一要因分散分析を適用した。分析の結果、長距離走は剣道と比べすべての測定項目の平均値が有意に高い値を示した。一方、剣道における変動係数はすべての測定項目において長距離走よりも有意に高い値を示した。特に剣道と長距離走の移動距離および平均スピードの変動係数は(0.81、0.07)、(0.83、0.07)であり著しい差が認められた。長距離走は走る距離が決められていたため個人差は小さくなったが、剣道は距離による制約がないため様々な要因によって個人差が大きくなったと考えられる。

  • 佐藤 慶子, 中山 仁
    日本体育学会大会号
    1986年 37A 巻 111121
    発行日: 1986/10/01
    公開日: 2017/08/25
    会議録・要旨集 フリー
  • 渕本 隆文, 金子 公宥
    日本体育学会大会号
    1980年 31 巻
    発行日: 1980/10/11
    公開日: 2017/08/25
    会議録・要旨集 フリー
  • 若月 徹, 木村 康雄, 岩垣 丞恒, 新居 利広, 風見 昌利, 張 光哲
    日本体育学会大会号
    1989年 40A 巻
    発行日: 1989/09/10
    公開日: 2017/08/25
    会議録・要旨集 フリー
  • 大森 由香子, 榎本 靖士, 関 慶太郎
    日本体育学会大会予稿集
    2016年 67 巻
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/02/24
    会議録・要旨集 フリー

     これまでにピッチの減少に伴って身体重心の上下動の増加などがランニングエコノミーの低下の原因となっている可能性が報告されている。そこで本研究は、大学女子中長距離走者のピッチと上下動がランニングエコノミーに及ぼす影響を検討することを目的とした。被験者は大学陸上競技部で中長距離走を専門とする女子選手7名とした。傾斜1%のトレッドミルで最大化テストの結果をもとに算出したLT速度の95%の速度で、ピッチを規定した3分間のランニングを5本行わせた。1本目の試技では自然なピッチを計測し、2本目以降の試技では90%、95%、105%、110%のピッチでのランニングを行わせた。ピッチはメトロノームを用いて規定し、実施する順序は無作為とした。各試技中に酸素摂取量(VO2)、上下動、左右動、沈み込み、ブレーキ、接地時間、空中時間を測定し、試技終了後に運動中の心拍数(HR)、主観的運動強度(RPE)および運動後の血中乳酸(bLa)を記録した。その結果、1分間のVO2は、100%ピッチと比較して90%ピッチで優位に高い値が認められ、二次の多項式で近似した結果104%ピッチで最も低い値を示した。

  • 辻 俊樹, 鍋倉 賢治
    日本体育学会大会予稿集
    2016年 67 巻
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/02/24
    会議録・要旨集 フリー

     中長距離走のパフォーマンスを向上させるためには、有酸素性能力を高めることが重要である。しかし、中盤の競り合い、終盤のスパート局面を考慮すると、種目特異的な体力だけでなく、総合的な体力を高めることも重要である。したがって本研究では中長距離選手を対象に有酸素性能力の測定に加えて、その他の体力を網羅的に評価するコントロールテストを実施して、パフォーマンス向上に必要な体力を明らかにすることを目的とした。被験者は大学陸上競技部に所属する中長距離走者21名とした。有酸素性能力の測定のために漸増負荷テストを実施した。コントロールテストの種目は、60 m走、立幅跳、立五段跳、垂直跳、メディシンボール投げ(前後方) 、1RMテスト(ベンチプレス)及び40秒ウィンゲートテスト、を実施した。それぞれのテストで得られた測定項目と、各被験者の専門種目のシーズンベスト(SB)の関係を検討した。有酸素性能力だけでなく、コントロールテストの半数程度の測定項目と、1500 mのSBとの間で有意な相関関係が認められた。本研究の結果から、有酸素性能力だけでなく総合的な体力要素を高めることが重要であると示唆された。

  • 山中 亮, 松林 武生, 佐伯 徹郎, 榎本 靖士, 山崎 一彦, 杉田 正明
    体力科学
    2016年 65 巻 3 号 307-313
    発行日: 2016/06/01
    公開日: 2016/05/14
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to examine the relationships between running performance and the cross–sectional area of the psoas major, peak oxygen uptake, and running economy in male junior long–distance runners. The subjects were 37 male junior athletes who achieved good records in interscholastic athletic competition during 5 years (2011–2015). Their seasonal best times in a 5,000 m race (5,000m–SB) were 14:04.11 ± 0:07.25 (13:53.64–14:16.15). In a multiple regression analysis, 5,000m–SB was statistical significantly correlated with the cross–sectional area of psoas major (16.0 ± 1.7 cm2) measured on magnetic resonance imaging and peak oxygen uptake (4.25 ± 0.36 l min-1 [76.9 ± 5.8 ml min-1 kg-1]) during a lactate curve test comprising five stages. However, 5,000m–SB was not related to oxygen uptake at the work–load which was less than the load at the lactate threshold estimated by using the lactate curve test results. These results suggest that a high volume of the psoas major, the largest hip–flexor muscle, and peak oxygen uptake are among the important factors for junior long–distance runner performance.
  • 木村 健作, 藤井 範久
    バイオメカニズム
    2018年 24 巻 169-179
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/09/01
    ジャーナル フリー

    本研究は, 長距離走による足部内側縦アーチの形状の変化と, アーチ部の変形に寄与する走行フォームの要因および足圧中心点との関連性を明らかにすることを目的とした. 被験者は10km完走経験のある男性7名とした. 試技は, 加工した靴を用いて反射マーカーを足部へ直接貼付した状態でトレッドミル上にて10km走行し, その前後の走動作を地面反力計と3次元動作分析装置で計測した. 結果として0km地点と10km地点の比較では, アーチ高率の最小値 (以下, 最小アーチ高率) が増大した被験者, 減少した被験者, 変化が極めて小さい被験者がみられた. 典型例3名の最小アーチ高率の増減に寄与する要因について, 接地時と最小アーチ高率になる時点の走行フォームに着目し, 身体重心位置と各セグメント重心間の距離, 体幹と下肢の身体セグメント角度の項目に対し主成分分析を行った. 結果として, 最小アーチ高率になる時点の左前足部の左傾角度, 下腿の左傾角度, 支持期中の身体重心位置に対する足部重心位置の3項目が, 身体セグメントを側方に倒すまたは移動させる要素であり, 最小アーチ高率の増減に寄与していると考えられた.

  • 木村 健作, 藤井 範久
    日本体育学会大会予稿集
    2018年 69 巻
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/01/18
    会議録・要旨集 フリー

     長距離走では足部に繰り返し加わる支持期中の荷重に対し、内側縦アーチが変形し緩衝している。長距離走中のアーチの変形にともなう障害リスク因子を早期に発見できれば、障害予防に繋がり得る。そこでランニング習慣のある男性にトレッドミルシステム上にて10kmの長距離走を行わせた。その際、靴を加工し、足部にマーカーを直接貼付することで足部内側縦アーチの形状変化を計測した。足部に直接貼付したマーカーを基に、仮想的な足底面を定義した。舟状骨から足底面に下ろした垂線の長さを算出し、舟状骨高を算出した。第一中足骨頭から踵骨内側までの長さで舟状骨高を除しアーチ高率を算出した。結果として0km、5km、10kmの各地点でのアーチ高率の最小値(最小アーチ高率)の変化と関連するのは、最小アーチ高率になる時点の身体重心に対する足部の左右方向距離、下腿左右傾角度、前足部左右傾角度であった。最小アーチ高率が次第に増大した被験者では、左足部が身体重心より右方にあり、下腿が左傾していた。足部より近位部のセグメントの姿容が最小アーチ高率時点の身体重心に対する足部の左右方向距離に関与すると考え、走行フォームによる要因を検討した。

feedback
Top