詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "防弾少年団"
2件中 1-2の結果を表示しています
  • 亀井 克之, 八木 良太, 大塚 寛樹
    損害保険研究
    2017年 78 巻 4 号 189-219
    発行日: 2017/02/25
    公開日: 2019/04/10
    ジャーナル フリー

     リスク多発の現代においては,リスクマネジメント・危機管理がますます社会的に要請されるに至っている。これは,1916年に発表されたファヨールの論考から100年を経て,練り上げられてきたリスクマネジメントの考え方(フレームワーク)をさまざまな経済主体や事象にあてはめて,リスク・コントロールとリスク・ファイナンスを展開することを意味する。近年,筆者らは日本で急成長している音楽ライブ市場にリスクマネジメントのフレームワークをあてはめて研究を展開している。これは,①2020年の東京五輪開催を見据えたイベントのリスクマネジメントや②さまざまなエンタテインメント・ビジネスのリスクマネジメントを考える上で示唆を与えるものと考える。こうした研究の一環として,本稿では,まず,既存研究で試みてきたように,リスクマネジメントのフレームワークを音楽ライブ・ビジネスに適用して提示することを試みる。次に事例によって「音楽ライブ・ビジネスのリスクマネジメント」を考察する,具体的には,⒜日本の音楽ライブ市場で依然として大きな存在感を示す韓国ポップ(K-Pop)アーティストの事例分析と⒝2015年11月13日にフランス・パリの音楽ライブ劇場バタクランで発生した銃の乱射テロに関連してフランステロ犯罪被害者補償制度の事例分析を行なう。

  • 醍醐 汐音
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    筆者は,大学院での3期に渡る日本語教育実習を通じて,振り返りと改善を繰り返しながら自身の変化を感じた。実習の振り返りを通して学習者とのインターアクションに問題があることが分かった。筆者と学習者のインターアクションを分析する中で,筆者の質問の仕方や学習者の発話をどのように広げるかということに問題があり,実習を追うごとに改善が見られるものとそうでないものが見つかった。それらの問題の原因を探っていくと,筆者の教師という役割についてのビリーフや自身の日常生活の会話の傾向が,教室のインターアクションにも影響を及ぼしていることがわかった。本稿では,実習授業でのインターアクションの分析を通して問題点の理由及び改善方法を探る。
feedback
Top