詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "静的型付け"
7件中 1-7の結果を表示しています
  • *中山 裕貴, 大月 美佳
    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
    2012年 2012 巻 05-2P-06
    発行日: 2012/09/14
    公開日: 2014/12/17
    会議録・要旨集 フリー
    テスト駆動開発(TDD:Test-Driven Development)はソフトウェア開発手法の一つであり様々なプログラミング言語や開発環境で使われている。
    それらの違いがそのプロセスに影響を与えていることが一般に知られているが、詳細に分析されたことはない。
    本研究ではプログラミング言語に焦点をあて、いくつかの言語の文法や規約の差異がTDDプロセスにどのような影響を与えるのか調査を行っている。
    本発表では分析対象となるデータ、TDDプロセスの調査方法、および初期解析結果についての考察を発表する。
  • 伊奈 林太郎, 五十嵐 淳
    コンピュータ ソフトウェア
    2009年 26 巻 2 号 2_18-2_40
    発行日: 2009/04/24
    公開日: 2009/06/24
    ジャーナル フリー
    静的型システムと動的型システムの両者の利点を活かす枠組みとして,SiekとTahaは漸進的型付けを提唱している.漸進的型付けでは,型宣言された部分のみ静的型検査が行なわれ,残りの部分については実行時検査が行なわれる.これにより,当初型を付けずに書いたプログラムに型宣言を徐々に付加し,
    静的型付け
    されたプログラムを完成させることができる.本研究では,漸進的型付けをクラスに基づくオブジェクト指向言語で実現する理論的基盤として,Igarashi, Pierce, Wadlerらの計算体系Featherweight Java (FJ)に動的型を導入した体系FJ?を定義し,型付け規則を与える.さらにFJ?からFJにリフレクションを加えた体系への変換を定義することで意味論を与え,静的に検査した部分の安全性が保証されることを示す.
  • *佐藤 英人
    情報システム学会 全国大会論文集
    2005年 1 巻 C-03
    発行日: 2005年
    公開日: 2021/01/04
    会議録・要旨集 フリー
    Web アプリケーションの世界では、入門レベルとフレームワーク・コンテナを駆使するレベルに大きなギャップがあり、この間を埋める教材やツールが欠けているように思われる。本論文では、大規模業務用とは異なる要件をもつ教育用あるいは小規模業務用のコンテナ及びフレームワークとして開発したSabaphy を紹介する。これは、言語にPHP5 を使用し、EJB3 を簡略化したオブジェクト永続化とセッション管理の機能等を提供するもので、特別なインストールは不要、簡単なことは簡単に実行できる、段階的に学習できるといった特徴をもっている。
  • 藤田 慎之輔, 寒野 善博
    日本建築学会構造系論文集
    2019年 84 巻 763 号 1223-1230
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/09/30
    ジャーナル フリー

     In recent years, optimization methods are used for many computational design methods in the field of architecture and architectural engineering. Optimization methods are roughly classified into heuristic methods typified by genetic algorithms and mathematical programming methods. Although the latter is inferior in versatility, it has an advantage that the calculation is fast. Along with the development of computers, mathematical programming methods have been developed dramatically and are used in various fields as a solution to optimization problems. Among them, the gradient method, which is the most classical method, is a method devised at the dawn of mathematical programming method, has been used for many years in various fields because of ease of algorithm implementation. Since the convergence is slow, a simple gradient method is rarely used nowadays. However, since the acceleration scheme of gradient methods greatly improve the convergence speed of the above solution, it has attracted attention in recent years as an effective solution method for solving a large scale problem. In fact, in fields other than the architectural engineering, accelerated gradient methods (AGM) are extensively used, for example, in machine learning for big data. In this paper, the computational performance of AGM is verified using a general benchmark problem. Furthermore, AGM is applied to equilibrium analysis of trusses with nonlinear elastic materials. Since solving the stiffness equation is synonymous with minimizing the total potential energy, equilibrium analysis can be formulated as a total potential energy minimization problem. AGM is used for solving such a problem and the effectiveness of the proposed method is discussed.

     First of all, the minimization problem of Rosenbrock function is solved as a benchmark problem to verify the computational performance of AGM. A quasi-Newton method based on the BFGS formula (BFGS), a truncated Newton method (TNC), a conjugate gradient method (CG) are compared with AGM. As a result of the verification of the benchmark problem, it was shown that AGM can solve large-scale problems at the fastest speed.

     Based on the result of the benchmark, using AGM for large-scale structural analysis with material nonlinearity is considered in this paper. Since solving the stiffness equation is equivalent to minimizing the total potential energy, equilibrium analysis can be formulated as a total potential energy minimization problem. The gradient of the total potential energy is equivalent to the unbalanced nodal force vector. Therefore, equilibrium analysis of trusses with nonlinear elastic materials is performed by applying AGM by utilizing unbalanced force as a gradient in this paper.

     Equilibrium displacements of some three-dimensional truss structures which have a total of three restoring force characteristics of linear, bilinear, and high-order nonlinear are calculated by minimizing the total potential energy. As a result, it was observed that the AGM quickly converged to the optimum solution stably regardless of material properties. According to a comparison experiment between BFGS, TNC, and CG, it was confirmed that AGM is the fastest in calculation time, especially for large scale truss structures.

     In this paper, the effectiveness of AGM and its applicability to equilibrium analysis of trusses with nonlinear elastic materials were confirmed.

  • 小田 朋宏, 中小路 久美代, 山本 恭裕
    人工知能学会第二種研究会資料
    2013年 2013 巻 KSN-012 号 01-
    発行日: 2013/02/27
    公開日: 2021/08/28
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
  • 村田 良二
    アート・ドキュメンテーション研究
    2009年 16 巻 11-20
    発行日: 2009/03/31
    公開日: 2021/06/25
    ジャーナル オープンアクセス
    東京国立博物館では、収蔵品のデータを一元的に管理する収蔵品管理システムを開発している。本稿では、すでに実際の業務において活用しつつ、さらなる機能追加や洗練のために開発を継続している当館のシステムについて紹介する。特に、システムの基本的な考え方や、博物館で内製することの利点を活かした開発プロセス、直感的なインターフェース・デザインの工夫などについて詳述する。
  • 桜井 慎弥, 手島 拓也, 石川 雅之, 森田 武史, 和泉 憲明, 山口 高平
    人工知能学会第二種研究会資料
    2008年 2008 巻 SWO-018 号 06-
    発行日: 2008/07/11
    公開日: 2021/09/17
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

    本研究では,日本語Wikipediaから汎用オントロジーを構築する手法を提案し,実際に構築したオントロジーの品質を評価することによって日本語Wikipediaの汎用オントロジー構築における適用可能性を検証する.日本語Wikipediaから汎用オントロジーを構築するための手法として,クラス階層構築についてはカテゴリ階層に対する文字列照合,インスタンスの収集については一覧記事に対するスクレイピング,プロパティ定義およびクラスの同定についてはInfoboxと記事の所属カテゴリの分析法を提案する.

feedback
Top