詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "頭頂下溝"
6件中 1-6の結果を表示しています
  • 有国 富夫
    Equilibrium Research
    2003年 62 巻 4 号 284-301
    発行日: 2003年
    公開日: 2009/06/05
    ジャーナル フリー
    Recently, many functional areas have been identified in the parietal cortex of the brain in monkeys, and owing to this, cytoarchitectonic subdivision has been elaborated in the monkey parietal cortex. This review deals with sulcal patterns of the parietal lobe in human and monkey brains, and corticocortical connections of both neurophysiologi-cally defined regions and cytoarchitectonic areas of the parietal cortex in monkeys. The author proposes that the transverse occipital sulcus is a boundary between the parietal and occipital cortices in the human brain. A brain map of the monkey is presented. The parietal cortical areas are subdivided into somatosensory, eye movement related, hand or upper limb movement related, vestibular, and auditory areas, according to neu-rophysiologically defined functions of individual cortical areas. The somatosensory system contains areas 3a, 3b, 1, 2, 5, 7b, and SII: S1 projects to motor and premotor areas and somatosensory association areas project to premotor areas, the prefrontal, temporal, and limbic cortices, and the hippocampus. The eye movement system is composed of areas 7a, LIP, and PIP: It receives input from visual and temporal cortices and sends output to premotor areas, the prefrontal cortex, and the hippocampus. Hand movements are mediated in areas AIP, VIP, CIP, MIP, PEc, and V6A: These areas receive afferents from somatosensory areas, visual and temporal cortices and send efferents to the ventral premotor area. The vestibular functions are executed by coordination of areas 3aNV, 3aHV, 2NV, Ri, and VPS: These areas reciprocate with the cingulate cortex and insula and project to the ventral premotor area, SWA, and frontal eye field. The auditory system involves areas VIP and LIP: It receives afferents from the superior temporal sulcal cortex and sends efferents to the premotor area, frontal eye field, and prefrontal cortex.
  • 前島 伸一郎, 大沢 愛子
    神経心理学
    2017年 33 巻 4 号 222-228
    発行日: 2017/12/25
    公開日: 2018/01/11
    ジャーナル フリー

    大脳内側面や底部(眼窩部)の障害を理解するために,その構造・機能とネットワークについて,臨床医の立場から概説した.その中でも,特に臨床的に重要と思われる,上前頭回や帯状回,楔前部,眼窩面などに関して解説を加えた.これらの部位は,その領域内で局在的に重要な役割を担っていること多いが,線維連絡による他の部位とのネットワークの形成によって,より多くの行動や情動,認知機能とも関連している.これらの解剖的関連を知っておくことは,臨床においても研究においても極めて重要なことである.

  • 高山 吉弘
    認知神経科学
    1999年 1 巻 1 号 5-10
    発行日: 1999/04/28
    公開日: 2011/07/05
    ジャーナル フリー
  • 竹岡 明日香, 杉下 守弘
    認知神経科学
    2001年 3 巻 1 号 54-56
    発行日: 2001年
    公開日: 2011/07/05
    ジャーナル フリー
  • 高橋 伸佳
    高次脳機能研究 (旧 失語症研究)
    2015年 35 巻 2 号 221-224
    発行日: 2015/06/30
    公開日: 2016/07/01
    ジャーナル フリー
      地理的障害 (道順障害) を呈した臨床例における症候学的検討に加えて, 近年のサルを用いた生理学的研究および神経機能画像研究の結果から右頭頂葉内側部の機能を推定した。右頭頂葉内側部は旧知・新規の両方の場所で, 自己中心的座標系 (egocentric representation) とともに他者中心的座標系 (allocentric representation) における空間認知に関与する。特に旧知の場所での egocentric な空間認知における役割が大きいと考えられる。移動に際して, 新規の場所では, 地図 (allocentric representation) と周囲に見えるランドマークの空間的位置を参考に自己の進むべき方角 (egocentric representation) を決める。同様に旧知の場所では, 脳内にある地図と周囲にあるランドマークの位置から目的地への方角を決める。右頭頂葉内側部は allocentric な座標系と egocentric な座標系の統合, 特に allocentric から egocentric への変換に重要な役割をもつものと思われる。
  • 吉川 徹雄
    日本畜産学会報
    1949年 19 巻 1-4 号 16-20
    発行日: 1949/03/01
    公開日: 2008/03/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top