詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "飛行禁止空域"
26件中 1-20の結果を表示しています
  • ―つくば市を例に―
    馮 競舸
    日本地理学会発表要旨集
    2017年 2017s 巻 335
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/03
    会議録・要旨集 フリー
    1.はじめに
    近年、遠隔操作により無人で空中を進むことができるドローン(Drone)に注目が集まっている。従来ドローンは軍事用、農薬散布等の産業向けに使われていたが、近年の技術革新に伴い、商用物流ドローンの活躍にも関心が高まっている。 本研究では、現代都市地域の特徴と自然農村の特徴を兼ね備え、日本の先進技術を代表するつくば市を事例に、地理学の視点から、GISを援用した土地利用解析手法を用い、商用物流ドローンの配達航路と飛行リスクを解析する。
    2.方法
    本研究では、商用物流ドローンを配達する際に、飛行の安全及び離着陸に影響する因子を対象として、「飛行禁止空域」及び「離着陸禁止地域」を導出する。ユークリッド距離とラスタ演算解析により、因子の影響力を推定し、つくば市における飛行リスクコストを導く。新たな最小コストパス解析方法を導入して、配達状況と目的に応じて、多様な飛行航路モデルを構築する。
    3.分析
    「飛行禁止空域」と「離着陸禁止地域」に関する分析では、因子の影響範囲の面積が全体面積に占める割合を算出し、因子影響力を評価した。 研究対象地域の面積約293k㎡のうち「飛行禁止空域」が約79.6k㎡、「離着陸禁止地域」が約167.4k㎡を占める。特に、都市地域では、人口が集中しているため、「飛行禁止空域」と「離着陸禁止地域」が複雑に分布する。 飛行空域のリスクを求める際に、従来の一般的リスクコスト研究ではなく、本研究ではユークリッド距離を飛行リスクとして解析することで直感的に飛行リスクを地図化することが可能になる。計算も容易である。 ラスタ演算で影響因子を統合した「飛行空域のリスク分布」から、人口集中地域では飛行リスクが高いことが明らかになった。この分布をコスト評価モデルに適用し、コストパス解析手法を通して、商用物流ドローン配達航路の解析に応用した。そして、実用化に向けて実際の荷物を配達する際に発生する様々な状況を予測し、異なる目的と場面の配達航路をモデル化した。本研究では、特に緊急医療運送を対象に、コリドー解析手法による配達圏の解析を行った。 最後に、構築したモデルの有効性を実証するためにシミュレーション分析を行った。その際、最もリスクが高いと見られる都市中心部の人口集中地域において、複数の安全飛行航路をランダムに設定し、衝突が発生する状況を検証した。その結果、すべて安全航路で衝突が発生せず、本研究の有効性が実証された。
    4.結論
    本研究では、商用物流ドローンの配達において、「離陸」から「飛行」、続いて「着陸」、又は「帰着」のプロセル全体を視野に入れ、リスク分析による独自の航路解析モデルを考案した。 本研究で構築したモデルでは、他の地域においても応用が可能である。また、専用のプログラム構築により、自動的に飛行航路を計算することもできる。 商用物流ドローンの実用化に向けて、地域と配達の安全を守ることにより、商用物流ドローンに対する規制について検討することが重要である。
  • 近藤 惠嗣
    年次大会
    2017年 2017 巻 C211001
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/03/25
    会議録・要旨集 認証あり

    Drones are expected to revolutionize transportation of goods to geographically isolated areas, especially in natural disasters, such as typhoons or earthquakes. In designing safety measures for drones, designers should evaluate risks of accidents, and determine the level of risk that the society would regard as acceptable. However, it is often difficult to predict how the society would react to an accident. A mock trial may provide guidance for designers because mock trail judges, who are experienced lawyers, could reflect general expectation of the society for safety of new technologies.

  • 八角 浩史
    コンクリート工学
    2019年 57 巻 9 号 656-662
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/09/01
    ジャーナル 認証あり
  • ―出身国, 近隣諸国, EU域内での保護―
    中坂 恵美子
    世界法年報
    2012年 31 巻 90-128
    発行日: 2012/03/28
    公開日: 2017/11/22
    ジャーナル フリー
  • —徳島の先駆的企業を訪ねて—
    元木 悠太, 佐藤 優起, 篠原 侑樹, 金井 純子
    電気学会誌
    2018年 138 巻 8 号 516-517
    発行日: 2018/08/01
    公開日: 2018/08/01
    ジャーナル 認証あり

    1.はじめに

    小型無人航空機(ドローン)はホビー用から産業用へと幅広い分野で活躍を見せている。例えば,世間一般多くの人がイメージするであろう4枚羽のドローン「クアッドコプター」を

  • 湯浅 一康
    農業食料工学会誌
    2018年 80 巻 2 号 88-93
    発行日: 2018/03/01
    公開日: 2021/02/20
    ジャーナル フリー
  • 野波 健蔵
    画像電子学会誌
    2016年 45 巻 2 号 224-233
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/09/15
    ジャーナル フリー
  • ―民族共存の観点から
    月村 太郎
    日本比較政治学会年報
    2001年 3 巻 159-182
    発行日: 2001/06/20
    公開日: 2010/09/09
    ジャーナル フリー
  • 土肥 裕史, 奥村 与志弘, 上大迫 弘隆, 清野 純史
    土木学会論文集A1(構造・地震工学)
    2018年 74 巻 4 号 I_906-I_916
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/11/01
    ジャーナル フリー
     東日本大震災では避難開始の難しさが浮き彫りとなった.避難開始に至るプロセスを理解するための調査手法を提案することが本研究の目的である.本研究では南あわじ市阿万中西地区における津波避難訓練で無人航空機を用いて空撮を行い,映像に映る人々の行動を時空間的に分析することを通じて,津波避難開始行動調査手法を提案する.本手法は訓練当日までに飛行許可を得たうえで,事前に対象地域で飛行させ,撮影位置やバッテリー交換のタイミングを決定する必要がある.従来の調査手法と比較して,映像に映るすべての時空間データを入手でき,個人の記憶に依存しない客観的なデータを得られる点に有用性がある.さらに,住民の行動を時空間的に把握できるとともに,避難開始について個人と集団,周囲の状況と関連付けた分析が可能であることがわかった.
  • 澤田 眞治
    国際政治
    2018年 2018 巻 194 号 194_62-194_78
    発行日: 2018/12/25
    公開日: 2019/05/16
    ジャーナル フリー

    In 2011, in the aftermath of the collapse of Gaddafi regime in Libya promoted by the aerial bombardment of NATO, President Rousseff of Brazil proposed “Responsibility while Protecting” (RWP) in UN General Assembly. Brazil submitted the detailed concept note of RWP constituted of numerous proposals that are to complement “Responsibility to Protect” (R2P): among them, to place the three pillars of R2P under the strict political subordination and chronological sequencing, to impose strict conditions on the use of force, and to establish a proactive mechanism of monitoring and evaluation of military activities by Security Council so as to assure accountability.

    The principles of “non-interference” and “non-use of force” had been long-held diplomatic traditions of Brazil as they were in other Latin American countries. However, in the 21th century, under Lula da Silva’s administration, Brazil expressed a new attitude of “non-indifference” in addition to the traditional non-interference and participated in United Nations Stabilization Mission in Haiti (MINUSTAH), with the view to promote its presence as a candidate of new permanent member of Security Council. Nonetheless, Brazil was skeptical about R2P, assuming it as a new form of right of interference and maintaining traditional idea of “sovereignty as shield”. RWP was the way to reconcile the traditional idea and Brazil’s new role in UN as an emerging power.

    Brazilian proposal of RWP had major repercussions in international community because the overthrow of Libyan government had caused considerable concerns about R2P among emerging powers and developing countries. They concern for possible “misuse” of R2P as a tool to achieve regime change with armed force reflecting particular interest of the West. The implementation of R2P became the focus of controversy between the supportive West and skeptical South. While the West criticized RWP preferring to keep operational flexibility of military activities in implementing R2P, the emerging powers, especially South Africa and India, and some developing countries supported RWP to prevent selective invocation of R2P and misuse of the mandate. Failing to reach consensus, Brazil virtually withdrew RWP proposal.

    Almost as if to inherit this proposal, in 2012 China proposed “Responsible Protection” (RP) similar to RWP. However, in contrast to Brazilian RWP invented to bridge the gap between the supporters and the skeptics of R2P, Chinese RP is like a “long wall” or seawall to guard the cohesion of skeptical countries against R2P from the erosion by global tides of the idea of ‘sovereignty as responsibility’.

    RWP was an important attempt where non-Western country had played a significant role as a norm-shaper in international norm-making process in which the West had been dominant. Brazilian efforts to bridge the global gap would continue to give instructions in global norm-making on humanitarian issues and intervention.

  • 国際政治理論の再構築
    青井 千由紀
    国際政治
    2000年 2000 巻 124 号 108-122,L12
    発行日: 2000/05/12
    公開日: 2010/09/01
    ジャーナル フリー
    The purpose of this thesis is to offer a theoretical explanation of humanitarian intervention, and to examine the legitimacy of such actions. This thesis will argue that humanitarian intervention can be explained by the co-existence of two systems of legitimacy for state actions: Ethical Legitimacy, and Power Legitimacy. Ethical Legitimacy is the legitimacy of state actions based upon human rights and humanitarian concerns. Power Legitimacy is the legitimacy of state actions based upon the geo-strategic concerns of sovereign states. It will be argued that through the practices of the UN Security Council in the post-Cold War era, which allowed for reinterpretations of the UN Charter provisions, it has become permissible for states and the UN to intervene in internal humanitarian crises, overriding sovereignty. Yet, the imperatives of ethical legitimacy are both reinforced and challenged by those of power legitimacy, which determine the political processes of intervention.
    This thesis also puts forward a procedure-oriented assessment of the international legitimacy of humanitarian intervention. As a result of ethical legitimacy being strengthened, humanitarian intervention has become permissible at the level of principles, while the legitimacy of intervention tends to be more frequently determined by procedural issues—the political process of decision-making, the procedure of intervention and its effectiveness.
  • 五十嵐 広希, 野明 智也, Saikhanbayar Uuganbayar, 木村 哲也, 芳司 俊郎
    横幹連合コンファレンス予稿集
    2019年 2019 巻 A-5
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/16
    会議録・要旨集 オープンアクセス
    New products and services are emerging by combining existing technologies such as small un-manned aerial vehicles (drones).However, these new products may help you understand the potential risks.Using drone as an example, consider risk management necessary for new technologies.
  • 羽渕 達志, 駒形 仁美
    情報の科学と技術
    2019年 69 巻 6 号 244-249
    発行日: 2019/06/01
    公開日: 2019/06/01
    ジャーナル フリー

    統計データの利用促進や社会の高度かつ多様な分析ニーズに対応するためには,利便性の高い提供基盤が必要とされている。統計データをオープンデータとして提供するだけではなく,課題を見つけたり,課題解決のために可視化し特徴や傾向等をとらえることが必要とされている。地図上に統計データをグラフ化する,統計データを集計すること等,地域分析ツールとして利用されている「地図で見る統計(jSTAT MAP)」について紹介する。

  • 鈴木 真二
    計測と制御
    2017年 56 巻 1 号 24-27
    発行日: 2017/01/10
    公開日: 2017/01/21
    ジャーナル フリー
  • 航空地理学研究の一課題として
    大原 久和
    地理学評論
    1977年 50 巻 5 号 290-298
    発行日: 1977/05/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    The purpose of this thesis is to describe an introduction on the study of Aeronautic Geography. To begin with, basic problems must be considered in the study of air transport. We should particularly try to consider airspace as the most important problem in various aeronauticgeographical ones of air transport.
    At first, it is taken up that the study of meteorological airspace is the most basic problem. Because the problem is directly concerned with the safe take-off, flight and landing of aeroplane.
    Next, we have the international problems of territorial air and Flight Information Region (FIR). The former is a political and difficult problem in the international diplomatic relations. The latter is a social and co-operative problem in the international air transport.
    And, we could not get the same significance and character in airway area as other transport routes. It has been said that the first factor of the three air transport elements is aircraft and the rest of them are airway and airport. We have a colored airway with N. D. B. and a victor airway with V. O. R.. In general civil aviation, we should take up both international airway and domestic one.
    At last, we pick up three problems in the airspace of airport. First of them is the problem of meteorological area as a basic one of airport. Second is the problem of the control zone for Air Traffic Control (ATC) as a functional one of airport. The last is the problem of the positive control area as a special one of airport. We should particularly investigate the importance on ATC in airport.
    In this way, through an aeronautic-geographical consideration on air transport, we could not keenly help feeling that Aeronautic Geography will meet further important problems in the future.
  • ――労働党政権 (2007-13) にみる大統領制の可能性――
    杉田 弘也
    日本比較政治学会年報
    2016年 18 巻 75-100
    発行日: 2016年
    公開日: 2020/03/16
    ジャーナル フリー
  • 野波 健蔵
    日本ロボット学会誌
    2016年 34 巻 2 号 74-80
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/04/15
    ジャーナル フリー
  • サイエンスウィンドウ編集部
    サイエンスウィンドウ
    2016年 9 巻 4 号 1-40
    発行日: 2016/01/01
    公開日: 2018/07/20
    解説誌・一般情報誌 フリー

    サイエンスウィンドウ2016冬号の冊子体一式(PDF版)およびHTML版は下記のURLで閲覧できます。

    https://sciencewindow.jst.go.jp/backnumbers/detail/82

    目次

    【特集】 ロボットとのこれから

    p.06 さまざまな場で活躍するロボットたち

    p.08 世界が注目する医療福祉ロボット「パロ」(柴田崇徳 産業技術総合研究所)

    p.10 人に代わって役立つ ドローンが危険区域を調査

    p.12 ロボットの知能はいつか人を超える?(松尾豊 東京大学大学院)

    p.14  「人間との境界」に敏感な欧米社会(清水健 科学ジャーナリスト)

    p.16 外れても未来を皆で考え尽くす授業(長神風二 東北大学)

    p.18 未来を生きる若者たちへ 父・手塚治虫からの伝言 手塚るみ子さんインタビュー

    【ノーベル賞】

    p.24 「何回失敗してもくじけない」 感染症の予防薬を開発した大村智さん

    p.26 神岡流物理の先頭に立つ 「自然派」支えるリーダー・梶田隆章さん

    【連載】

    p.02 共に生きる:ゴエモンコシオリエビと硫黄酸化細菌、メタン酸化細菌

    p.22 空からジオ:桜島・錦江湾ジオパーク/鹿児島県

    p.28 タイムワープ夢飛翔:未来予測/先を行く科学、遅れる社会

    p.29 違いのわかるカタカナ語:サイエンスとテクノロジー

    p.30 動物たちのないしょの話:テンジクネズミ(狭山市立智光山公園こども動物園)

    p.32 自然観察法のイロハのイ:雪の重さを量ろう

    p.34 文学と味わう科学写真:有機の青いひかり

    p.36 発見!くらしの中の科学:着ているだけで熱を生み出す服ってどんな仕組みなの?

    p.38 読者の広場:サイエンスウィンドウカフェ

    p.40 空からジオ:解説

  • 間所 洋和, 井上 誠, 永吉 武志, 千葉 崇, 芳賀 ゆうみ, 木口 倫, 佐藤 和人
    計測自動制御学会論文集
    2020年 56 巻 2 号 37-44
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/02/15
    ジャーナル フリー

    This paper presents a novel drone system used for in-situ measurement of carbon dioxide (CO2), which is one of greenhouse gases. To obtain a vertical profile of atmospheric CO2 concentration, a Non-Dispersive Infrared (NDIR) analyzer was equipped on an off-the-shelf industrial drone. We designed and assembled an original mount which consists of carbon plates, hollow aluminum pipes, and resinous adapters created using a 3D printer. We obtained vertical CO2 profiles up to the 500m level through a flight test of five different dates after getting the flight permissions at an altitude of more than 150m above the ground and Beyond Visual Line of Sight (BVLOS) from the Ministry of Land, Infrastructure and Transport. It is shown that CO2 concentration generally increases with altitude, though the feature of CO2 profiles varies with observation dates. Based on the five profiles from September 2017 to January 2018, we revealed a seasonality of CO2 concentration over Akita. We suggest that this system is useful for in-situ CO2 measurement and enables to conduct frequent and easy observations.

  • 森光 由樹
    霊長類研究
    2018年 34 巻 1 号 41-51
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/08/22
    ジャーナル フリー

    The use of bio-logging, which involves collecting ecosystem data by attaching a small sensor and/or wearable camera to a part of the body of wild animals, is increasing in mammal ecology. Image information taken from an animal's own point of view can provide valuable insights into their behaviors, including their preferred habitats, diet, breeding, and competition. Moreover, wild animal studies using unmanned aircraft systems (UAS) also referred to as drones, are increasing especially in recent years. UAS is useful in places inaccessible or inhospitable to researchers, such as deep mountains or above the sea. The presence of species and the number of individuals can be confirmed using the UAS data. However, there are few reports using these methods in primate studies. This review explains what kind of useful information can be obtained in the future for primate researchers studying in the field with reference to previous research and explains the problems and future possibilities of these methods. In the future, technical development and progress is likely to increase the application of animal-borne camera systems and UAS in primate research.

feedback
Top