詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "高針"
83件中 1-20の結果を表示しています
  • 加納 孝志, 秋葉 正一, 加納 陽輔, 湯川 誠二郎, 田湯 文将
    土木学会論文集E1(舗装工学)
    2015年 71 巻 3 号 I_73-I_78
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/02/01
    ジャーナル フリー
     組成の異なる再生用添加剤と針入度の大きな石油アスファルトを用いて,繰り返し再生したアスファルト混合物およびアスファルトの性状の変化を検討した.その結果,再生用添加剤などの組成の違いによって再生アスファルト混合物の工学的性状や再生アスファルトの物理的,化学的性状に変化の程度に差が見られ,飽和分が少なく芳香族分の多いものを用いた場合に再生アスファルト混合物や再生アスファルトの性状の変化が少ないことがわかった.
  • 村松 憲一
    名古屋地学
    2019年 81 巻 1-5
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/03/21
    ジャーナル オープンアクセス
  • 森山 昭雄
    活断層研究
    1985年 1985 巻 1 号 75-79
    発行日: 1985年
    公開日: 2012/11/13
    ジャーナル フリー
  • 森 忍
    地質学雑誌
    1971年 77 巻 10 号 635-644
    発行日: 1971/10/15
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
  • 古澤 明
    地球科学
    1988年 42 巻 5 号 257-266
    発行日: 1988/09/25
    公開日: 2017/06/06
    ジャーナル オープンアクセス
    The Pliocene Yadagawa Formation in the Naruko Hill, east of Nagoya, is composed of fluviatile-lacustrine loose sediments. It is lithologically divided into three members, namely, the Nisshin, Takahari and Idaka Members in asending order. The total thickness attains to 110 m. The Nisshin Member, more than 10 m in thickness, are composed of alternation of sand and mud beds. The Takahari Member, 50 m in thickness, is composed of alternation of gravel, sand, silt, and clay beds. The Idaka Member, more than 50 m in thickness, is characterized by gravelly beds with intercalation of sand, silt and clay beds. The Yadagawa Formation shows a homoclinal structure with N-S strike and gentle dip to the west. Five volcanic ash layers are intercalated in the Yadagawa Formation. They are named the Togo, Nagakute, Kumanomae, Takinomizu I, Takinomizu II volcanic ash layers in ascending order. On the basis of the tephrostratigraphy, the Yadagawa Formation in the Naruko Hill is correlated to the middle and upper parts of the Yadagawa Formation in the Owari Hills. The following plant fossils occur in the lower part of the Idaka Member: Fagus palaeocrenata Okutsu, Quercus serrata -Thunb,, Quercus variabilis Blume, Styrax rugosa Miki, etc.
  • 村松 憲一
    名古屋地学
    2018年 80 巻 1-9
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/03/05
    ジャーナル オープンアクセス
  • 川島 陽子, 新田 弘之, 佐々木 厳, 西崎 到
    土木学会論文集E1(舗装工学)
    2017年 73 巻 3 号 I_163-I_167
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/01/22
    ジャーナル フリー
     建設リサイクルの推進により舗装分野において,再生骨材の利用が拡大し,再生アスファルト混合物の出荷割合が増加している.しかし,再生アスファルト混合物の経年劣化については未だ検証が続いており,特に化学性状に関する知見は十分ではない.本研究では,再生方法の異なる再生アスファルト混合物を敷設した現道からコアを取り出し,深さ方向での劣化進行度合いを化学性状の観点から検証した.また,既往研究にて検証した長期供用のアスファルト混合物の深さ方向での劣化進行と比較し,今後の劣化進行について考察した.
  • 森山 昭雄, 丹羽 正則
    地理学評論 Ser. A
    1985年 58 巻 5 号 275-294
    発行日: 1985/05/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    東濃地方と三河高原の地形発達を考える上で重要な鍵となる土岐面・藤岡面は,ほぼ同時期に形成されたとされながら,確実な対比はなされてこなかった.そこで筆者らは,両地形面を構成する砂礫層の礫種構成・最大粒径・礫のオリエンテーションの平面的な分布を調べることによって,両地形面の対比を試みた.
    その結果,土岐面・藤岡面はほぼ同時期の地形面であるとの結論を得た.そして,砂礫の供給源は木曾川水系ではなく,飛騨川水系であり,古流系はおおむね北から南に向かう方向を示した.土岐面の形成時期は更新世前期と考えられ,猿投山周辺に分布する砂礫層は,矢田川累層を不整合に被う土岐砂礫層であることを示した.また,土岐面は,土岐砂礫層堆積末期のプラネーションによって形成されたものであり,堆積面と侵食面の両方の性格を持つ地形面として再定義した.
  • 赤見 理恵, 高野 智, 江藤 彩子, 小比賀 正規
    霊長類研究 Supplement
    2016年 32 巻 P37
    発行日: 2016/06/20
    公開日: 2016/09/21
    会議録・要旨集 フリー

    霊長類を取り巻く現状を人々に伝え研究や保全への理解を得るために、毎年多くの来園者が訪れる動物園は大きな可能性を秘めている。特に学校団体においては学習指導要領で「博物館や科学学習センターなどと連携、協力を図りながら、それらを積極的に活用するよう配慮すること」と明記され、社会教育施設との連携が推奨されている。しかし先進的な博学連携事例はあるものの数は限られ、多くの学校は「ただ見学するだけ」というのが現状である。そこで本研究では、学校教員へのアンケート調査により事前事後学習も含めた学習利用状況を調査するとともに、日本モンキーセンターで積み重ねてきた博学連携事例と学習プログラム提供実績を活かし、学校貸出し用事前学習教材の開発に取り組んだ。学校教員へのアンケートは日本モンキーセンターで学習した学校団体の教員を対象に実施した。多くの学校が事前学習の時間を多少なりともとっているが、その内容は当日のスケジュールや注意点などが多く、霊長類について学ぶための事前学習教材への要望が聞かれた。そこで開発した教材の1つは「比べてみよう!サルとキミ」と題し、観察の視点を提供し、来園への期待を高めることを目的とした。教材は、指導案、数種の動物の手型カード(8セット)、3種の霊長類の実物大手型、3種の霊長類の実物大タペストリー、観察の視点や園内でのルールをまとめた紙芝居から成り、手型を見ることで共通性を、大きさを見ることで多様性を実感できる内容とした。昨年度2校の小学校に利用してもらい、教員からの評価や子どもたちの反応をうけ評価改善をおこなった。本教材利用による効果として、①来園への期待が高まること、②学芸員によるレクチャーにおいて発展的な内容を扱えること、③教員の指導的役割が高まることで教員の主体性が増すこと、などが示唆された。今後は開発した教材を運用していくとともに、教科教育や保全教育に役立つ教材開発にも取り組んでいきたい。

  • 中山 勝博
    地球科学
    1987年 41 巻 2 号 114-130
    発行日: 1987/03/25
    公開日: 2017/06/06
    ジャーナル オープンアクセス
    The Pliocene Seto group distributed around Mt. Sanage consists of loose sediments of gravel, sand, and clay. The stratigraphy of this group has been established by tracing the volcanic ash layers. The auther recognized the volcanic ash layers at five horizons of the Seto group in the surveyged area. They are Hirohata, Tamomi, Marune, Togo, and Nagakute in ascending order. The Seto group in this area is divided into the two formations, the lower part is the Seto Porcelain Clay formation, and the upper part is the Yadagawa formation. The later is subdivided into four members by facies and intercalated volcanic ash layers; it is subdivided into the Fujioka member of gravel, the Nissin member of alternated beds of sand, silt, and clay, the Takabari member of sand, silt, and gravel, and the Idaka member of gravel, in ascending order. The total thickness attains to 180 m. The terrace deposits unconforraably overlie the Seto group. They are divided into the Miyoshi formation, the Koromo formation, the Hekikai formation, and the Koshido formation in ascending order. The Sanage-Sakaigawa faults extend from northeastward to southwestward in this area. These faults are reverse and dip 45-90 NW. On these faults, the west side of the basement of the Yadagawa formation, Togo volcanic ash layer, and the Miyoshi formation were elevated 80-150 m, 50-90 m, and 30 m respectively. The tectonic movements of these faults have been continued from the deposition of the Seto group. The Hirohata fault extends parallel to the Sanage-Sakaigawa faults. The tectonic movenents of this fault had been continued throughout of the Seto group. The region has been subjected to stress of these two faults and gradually erecting from the deposition of the Seto group leading to the fault-block hill. It is called the Sanage-Chita uplift zone.
  • 中山 勝博, 古澤 明
    地質学雑誌
    1989年 95 巻 3 号 189-208_1
    発行日: 1989/03/15
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
  • 上田 至宏, 堀 浩
    日本体育学会大会号
    1990年 41A 巻
    発行日: 1990/09/10
    公開日: 2017/08/25
    会議録・要旨集 フリー
  • 大地 銀三郎
    日本鑛業會誌
    1903年 19 巻 224 号 625-628
    発行日: 1903/10/31
    公開日: 2011/07/13
    ジャーナル フリー
  • 山下 一海
    連歌俳諧研究
    1972年 1972 巻 43 号 44-46
    発行日: 1972/09/20
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
  • モハマッド アクバル・アルゾ
    放送教育研究
    1988年 16 巻 15-30
    発行日: 1988/06/30
    公開日: 2017/07/18
    ジャーナル オープンアクセス
    I have been studying whether the TV educatonal program "Asobi no Sekai Chiri" made by myself is relevant in terms of its structure and successful in making children understood its purpose. I examind the responses of junior high school students in Nagoya City by using analyser. The purpose of this research is to examine the interrelation of emotional and cognitive responses of Japanese children to an original educaional TV program. This program was based on Curriculum Enrichment idea for junior high school students and produced as one of a series of educational TV programs. It's main purpose is to give students the basic geograhical knowledge and general information about the location, population, lifestyle, indutry, culture and customs of several nations in the world. I have tried to clarify the emotional and cognitive responses of children and to analyse the interrelation of these responses. In this research I examined the responses of children to the whole program and to each of its scene. As the average in Fig.3 shows I, as the producer believe that this program was successful in making it understandable to the children. But from the view point of producing a very interesting and and juyful program I should pay more attention to studying the emotional characteristics of Japanese children and give more careful consideration of their emotional responses. This time, I use the written questionnair to get more minute responses than analyser can. he result of this study is; TV educational program is very understandable and effective for the children on concrete objects that they can watch and listen to, eg. dances, clothes, plays, customs etc, in different cultures. It was proved that an educational TV program made by a foreigner who did not know the Japanese students' sensibilities was successful in gettig their higher emotional responses. But when the programs' structure become closer to Direct Teaching about abstract conceptions and ideas, eg. Islam religion and political system, the children's emotional and cognitive responses to the program were lower. So, it is better for the teachers to offer supplemental explanations. At the same time I as a producer should make more efforts to improve the program's structure.
  • 吉木 千城
    日本鑛業會誌
    1903年 19 巻 217 号 170-174_1
    発行日: 1903/03/31
    公開日: 2011/07/13
    ジャーナル フリー
  • 杉江 正敏
    武道学研究
    1985年 18 巻 1 号 15-23
    発行日: 1985/07/31
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
    Preface
    It is an important subject to discuss the tendency of competition and the development of the method of mental culture, when we consider the modernization in Budo. Especially the method of mental culture made progress late in the Meiji era, when the inclusion movement to school curriculum was in full swing. Encouraging elementary school education and prothoting the youth activities are shown here as one of the subjects of the improvement movement in local districts after the Russo-Japanese War of 1904-1905.
    In this research Hide Makino, who belonged to Ono-Itto School of Kendo, is studied. He was the principal of an elementary school in Aichi Gun (county) of Aichi Prefecture, and keen on spreading mental culture as the idea of kendo to the youth in his region during this period. We will study a from of the method of mental culture in districts along with the local improvement movement mentioned above.
    Contents
    I. THE POPULARIZATION ACTIVITIES IN NISSHIN MURA (VILLAGE) OF AICHI GUN (COUNTY) BY HIDE MAKING, WHO BELONGED TO ONO-ITTO SCHOOL OF KENDO
    1. Hide Makino
    2. Characters of Disciples Observed in the “Menkyo-daicho” (The Records of the Registered Students and of Their Grades)
    3. The Teaching Method and the Actual State of Training Stated in “Yuki-no-hikari” (The Records of Winter Exercises)
    II. HIDE MAKINO'S ACTIVITIES AND THE IMPROVEMENT MOVEMENT IN LOCAL DISTRICTS
    1. Hide's Idea of Teaching Kendo
    2. The Local Improvement Movement and the Youth Activities
    Conclusion
    1. Hide Makino planned to establish modern educational Kendo based on the theory of school Kenjutu.
    2. Hide Makino tought the mental culture and leader-ship to the youth of country in the circumstances of the improvement movement in the districts, which prevailed throughout the country after the Russo -Japanese war.
  • 藤本 三郎
    連歌俳諧研究
    1965年 1965 巻 29 号 23-25
    発行日: 1965/08/31
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
  • 加納 孝志, 新田 弘之, 佐々木 厳, 川上 篤史
    土木学会論文集E1(舗装工学)
    2015年 71 巻 3 号 I_65-I_71
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/02/01
    ジャーナル フリー
     アスファルト舗装発生材の再生利用が開始されてから30年以上が経過している.現在供用中のアスファルト舗装の半数以上は過去に一度以上再生されたものであると考えられ,今後は,複数回繰り返し再生されたアスファルト舗装発生材が増加していくものと考えられる.
     そこで,一般的に使用されている再生用添加剤の中から飽和成分の多いものを選定し,試験室内で促進劣化と再生を繰り返し,アスファルト混合物およびアスファルトの性状がどのように変化していくのかを確認した.その結果,再生回数が増加すると再生混合物や再生アスファルトの物理的性状が低下する傾向が見られた.また,再生アスファルトの組成や酸化度,分子量分布において,酸化物などの蓄積と考えられる影響が見られた.これらの傾向は,再生骨材の配合率が多いほど顕著であった.
  • 高山 芳之助
    日本林学会誌
    1967年 49 巻 5 号 192-197
    発行日: 1967年
    公開日: 2008/12/18
    ジャーナル フリー
    9~10年生の肥培木と無肥培木で,おなじアカマツ精英樹候補木のツギキクローンを対応させてしらべた結果,つぎのことが判明した。
    1. 肥培によって,種子生産力,枝数,クローネ直径,胸高直径,樹高,針葉長の順に影響がみとめられた(表-3と4)。
    2. 肥培木の種子生産量は年ごとに増加してきたが,無肥培木では増加せず,ほぼ一定の状態で推移した(表-6と図-2)。
    3. 肥培木の種子生産量は無肥培木よりはるかに多くなった (1963年は約75倍であった)(表-6と図-2)。
feedback
Top