詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "鼻筋"
322件中 1-20の結果を表示しています
  • 田中 四郎
    耳鼻咽喉科展望
    1964年 7 巻 Supplement2 号 1-26
    発行日: 1964/10/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 高橋 良, 重田 泰男
    耳鼻咽喉科展望
    1967年 10 巻 Supplement3 号 205-224
    発行日: 1967/07/15
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
  • 横地 清
    数学教育学会誌
    1995年 36 巻 3-4 号 11-27
    発行日: 1995年
    公開日: 2020/07/06
    ジャーナル フリー
  • 畑中 裕己
    臨床神経生理学
    2018年 46 巻 2 号 79-84
    発行日: 2018/04/01
    公開日: 2018/04/17
    ジャーナル フリー
  • 千田 恵理奈, 上田 晃一, 光野 乃祐, 廣田 友香
    日本口蓋裂学会雑誌
    2019年 44 巻 3 号 192-197
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/24
    ジャーナル 認証あり
    Bifid noseは,その稀少性や症状の多様性から,手術時期や定型的な術式,重症度分数等,基本的な治療方針が確立されていない。症例ごとに重症度が大きく異なることから,重症度に応じた治療方法の選択が重要である。今回我々はそれぞれ重症度の異なるBifid noseの3症例の長期経過より,重症度の違いによる新しい分類法を考案したため,若干の文献的考察を加えて報告する。
    症例は,13歳男児,6ヶ月男児,1ヶ月女児である。それぞれ程度の異なるBifid noseを主訴に当科を初診し,その他の頭蓋顔面の形態異常を認めなかった。我々はそれぞれを,鼻の軟部組織の異常が主体であり鼻軟骨の異常は正中離開のみと軽度なものを軽症,鼻軟骨の異常が主体であり鼻軟骨欠損など鼻軟骨の高度な異常を呈するものを中等症,顔面骨の異常が主体であり高度な鞍鼻を呈するものを重症と定義した。すべての分類での共通する術式は,鼻背部の余剰皮膚を切除し,必要ならば鼻軟骨を直視下に確認し,位置の修正を行うことである。軽症例では単回の余剰皮膚からの真皮脂肪移植と離開した鼻軟骨の正中化を行い,中等症例では複数回の余剰皮膚からの真皮脂肪移植と,離開した鼻軟骨の正中化に加えて,鼻軟骨欠損部位では
    鼻筋
    筋膜のマットレス縫合による位置の矯正を行い,重症例では真皮脂肪移植と骨性の再建を施行した。
    本報告は3症例のみの経験から考察した方法ではあるが,今後他の症例においても適応できるかどうか検討を重ねていく必要がある。
  • 古川 正重
    人間工学
    1972年 8 巻 5 号 217-222
    発行日: 1972/10/15
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    ヒトの表情を, お互の通信のための記号と見る場合, それが output されるまでの mechanism は, internal model (図2) を作ることによって説明される.
    更に, 顔面筋の筋電図学的研究から, それぞれの筋は互いに拮抗的, あるいは協同的神経支配関係にあることを知った.
    ついで, その顔面筋の動的 model をつくり, これを「表情の八面体」(図6) と名づけた.
    そこで, ヒトの表情とは, 顔面の静的な部分と動的な筋肉の部分との働きによる相対的な時間的物理的変化であり, その変化が記号として Pattern 認識されるものであろうと考察した.
  • 西村 幸司, 西條 博之, 鎌田 喜博, 山崎 一春, 石島 健, 佐藤 宏昭
    口腔・咽頭科
    2005年 18 巻 1 号 110
    発行日: 2005/08/10
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 河村 洋二郎, 岸 欣一, 本田 光徳, 宮崎 正
    日本口腔科学会雑誌
    1953年 2 巻 4 号 219-223
    発行日: 1953年
    公開日: 2011/09/07
    ジャーナル フリー
    Electrical discharges of some of the face muscles (orbicularis oris, levator labii sup., procerus) during pronounciation (a, i, u, e, o; Sa, Si, Su, Se, So) were measured in normal and cleft palate persons.
    In this experiment silver surface electrodes, condenser-coupled amplifier and electromagnetic oscillograph were used.
    The results were as follows;
    1. In normal cases, electrical discharges of these face muscles were weak or not found. In most cases these weak discharges were only found immediately before the waves of voice recorded simultaneously.
    2. In cleft palate patients, these electrical discharges were more remarkable than in cases of normal persons and these were recognized not only immediately before the occurrence of waves of the voice, but also showed the afterdischarges.
    3. The electrical discharges of the procerus muscle were not recognized in both normal and cleft palate persons.
    4. There were no relations between the degrees of the electrical discharges of these face muscles during pronounciation and the form of the cleft palate.
  • 戸部 正則, 長島 鎮, 古屋 博, 阪井 哲男, 尾郷 賢, 脇坂 晟
    杏林医学会雑誌
    1998年 29 巻 1 号 139-
    発行日: 1998/03/31
    公開日: 2017/02/13
    ジャーナル フリー
  • 中島 龍夫
    日本口蓋裂学会雑誌
    2013年 38 巻 3 号 259-268
    発行日: 2013/10/30
    公開日: 2014/03/20
    ジャーナル 認証あり
    著者の片側唇裂初回手術にたいするこだわりは1)横方向の縫合線を避け,人中稜に沿った直線にする。2)出生後早期の手術で出来るだけ多くの問題を解決する。3)後日再手術がやりにくくなるような複雑なデザインは避ける。4)
    鼻筋
    ,口輪筋の正確な同定縫合による口唇外鼻の形態改善。5)初回手術時と同時に行う外鼻形成術。などである。この趣旨に沿うべく今回報告した方法は1)鼻翼基部周囲の皮弁の内脚隆起後方への移動。2)Vermillion borderの上部で皮弁を利用せず被裂縁に弓状の組織欠損を作成し互いに縫合する。3)
    鼻筋
    の同定と矯正位への固定。4)外鼻形成。の4点に要約される。今回報告した方法によると術後の縫合線は人中稜の走行に沿った直線となり,長期の経過観察例でも縫合線は目立ちにくく,外鼻と鼻翼部の形態も良好であった。手術法を具体的に解説し本法を行うに至ったいきさつと中期的手術結果を報告し,これまでの手術法にたいする著者の考えを述べる。
  • 上野 美律, 戸部 正則, 湯浅 有礼, 尾郷 賢
    杏林医学会雑誌
    1998年 29 巻 1 号 139-140
    発行日: 1998/03/31
    公開日: 2017/02/13
    ジャーナル フリー
  • 中村 典史
    日本口腔外科学会雑誌
    2010年 56 巻 11 号 618-627
    発行日: 2010/11/20
    公開日: 2013/11/12
    ジャーナル フリー
    Despite recent developments in cleft surgery, management of primary unilateral cleft lip nose deformity has not yet been established. In this article, our treatment of nose deformity in an infant with unilateral cleft lip and palate (UCLP) by presurgical nasoalveolar molding (NAM) followed by primary cleft lip and nose repair is described.
    The authors performed relatively radical treatment of unilateral cleft nose deformity by repositioning the lower lateral nasal cartilage after dissecting it from the skin and/or lining through a nostril rim incision in the 1990s. Although outcomes achieved by the above procedures were acceptable, it was difficult to handle an infant's fragile cartilage even with open dissection. Recently, we adopted NAM for successful presurgical alignment of alveolar bone and correction of nasal deformity by medial and upward advancement of the nasolabial components to reposition the nasalis muscle and orbicularis oris muscle. These procedures result in more consistent postoperative outcomes.
    To assess the results of our treatment for UCLP nose deformity, the nasal forms of fifteen patients with complete UCLP (correction group) who were treated and followed for more than 1 year (1-5 years) were compared to those of 15 patients who did not undergo primary rhinoplasty (no correction group). All subjects of the correction group underwent presurgical orthopedic treatment with NAM, followed by lip repair using Cronin's triangular flap method with medial-upward advancement of nasolabial components with vestibular expansion using the cleft margin flap. Postoperative nasal forms including nostril height and width ratio, ratio of the height of the top of the alar groove, and curvature of the appropriate circle of the nasal alar groove were evaluated using color photos. Comparison of postoperative nasal forms demonstrated that the nostril height and width ratio and the height of the top of the alar groove in the correction group were significantly superior compared to those in the no correction group.
    Our management of cleft lip nose provides a good nasal form with minimum invasion in patients with UCLP. Long-term follow-up will be necessary to clarify effects on the growth of nasal tissues reconstructed in infancy. Furthermore, additional improvements in the technique of presurgical molding of deformed facial bones will be required in order to ensure a stable postoperative result.
  • 西尾 順太郎, 北村 龍二, 小原 浩, 川本 眞奈美, 岡田 元, 宮丸 英一郎, 志方 恵, 宮崎 正
    小児口腔外科
    1995年 5 巻 1 号 41-48
    発行日: 1995/05/31
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    The alar base on the cleft side in the complete unilateral cleft lip is markedly displaced to laterally, caudally and dorsally. To correct the nasal deformity associated with complete cleft lip, it is very important to construct the nasal floor and to align the alar base. The cleft margin flap of the philtral segment is used for lining the lateral nasal vestibular defect created by freeing the alar base from the maxilla. In this paper, authors stress the importance of the nasal floor reconstruction at primary operation and report the techninque in detail and postoperative results.
  • 島田 茂孝, 後藤 昇, 島田 和幸, 保阪 善昭
    昭和医学会雑誌
    2001年 61 巻 3 号 322-332
    発行日: 2001/06/28
    公開日: 2010/09/09
    ジャーナル フリー
    成人の顔面表情筋とそれらの筋に分布する顔面神経についての詳細な報告は多い.しかし新生児や乳児期における報告は少ない.この研究の目的は, 高胎齢児の顔面表情筋の発達分化とそれに伴う顔面神経の発達と分布を観察し, 各胎齢ごとに肉眼解剖的な観察により出生直後の新生児や乳児期の形態的な特徴をとらえることにある.表情筋の分化発達をみると, 27胎週齢頃からは, 閉瞼する際に働く筋や口唇周囲の筋の分化発達はよく, 眉毛や眉間, 鼻部に付く筋の分化発達は弱い.また同時期になると顔面神経本幹から分岐した末梢の枝である側頭枝, 頬骨枝, 頬筋枝, 下顎縁枝, 頸枝の各枝の識別は容易となり, 各枝の末梢分布は頬骨枝, 頬筋枝, 下顎縁枝, 頸枝では, それぞれの各表情筋群に分布することが容易に観察できたが, 側頭枝, 特に後方枝の末梢分布を肉眼で観察するのは困難だった.すなわち前頭部, 鼻部周辺の筋とその神経は分化発達が弱く, 閉瞼する際に働く眼輪筋や口唇周囲につく筋とそれらの筋に分布する神経は各部に細かく分化発達して, 表情筋の分化発達はその支配する顔面神経の発達と関係が深い.
  • 顔面神経と顔面表情筋
    高橋 宏明
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    1992年 95 巻 7 号 1100-1103
    発行日: 1992/07/20
    公開日: 2010/10/22
    ジャーナル フリー
  • 山田 利治, 河原 康, 佐野 大輔, 渡邉 裕之, 小澤 総喜, 神谷 祐司
    日本口腔外科学会雑誌
    2009年 55 巻 6 号 281-285
    発行日: 2009/06/20
    公開日: 2012/08/28
    ジャーナル フリー
    External dental fistula originating from the maxilla mainly occurs at the alar base in the anterior tooth region and at the buccal region in the posterior tooth region. We describe a patient with a fistula at the nasal vestibule. The patient was a 50-year-old woman who had tenderness and swelling from the right nasal vestibule to the alar base. A dome-shaped nodular erythema of 3 mm in diameter was found at the nasal vestibule. The probe was guided toward the apex of the upper lateral incisor. A CT scan showed periapical trabecular bone loss at the upper lateral incisor, uniform radiolucency, and thinning of cortical bone on the labial aspect with partial loss of continuity. The lesion was adjacent to the nasal cavity floor. Surgery was performed for a diagnosis of radicular granuloma at the upper lateral incisor and external fistulation at the nasal vestibule. Below the piriform aperture, a white fibrous restiform structure 3 mm in diameter and 10 mm long extended from the apical lesion to the nasal vestibule. The suppurative inflammation at the apical lesion was blocked by the muscularis depressor septi and the muscularis nasalis but extended upward, resulting in a fistulation at the nasal vestibule.
  • 蔦森 武夫
    特殊教育学研究
    1992年 29 巻 4 号 67-75
    発行日: 1992/03/30
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー
    本研究では教育的係わり合いの立場から「学習障害児」を指導し、(1)事例の持つ問題把握、(2)指導プログラムの立案、(3)プログラム導入後の行動変化過程の整理、分析を行った。そして「学習障害児」の持つコミュニケーション障害の問題を係わり手の働きかけ方も含めて検討した。指導経過からは以下のことが考察された。(A)係わり手が本児からの発信を的確に受けとめながら本児の行動の流れに沿って係わることは、自発的に人と係わり合いを求める行動を促すのに効果があると思われた。(B)係わり手が本児からの発信を微細な体の動きや表情等の非音声系の発信にまで広げて受信し、適切な声がけや援助を行うことが、コミュニケーション行動の安定した成立に役立つと考えられた。
  • 河内 利賢, 藤田 敦, 平山 伸, 輿石 義彦, 花岡 建夫, 呉屋 朝幸, 布川 雅雄, 須藤 憲一
    杏林医学会雑誌
    1998年 29 巻 1 号 138-139
    発行日: 1998/03/31
    公開日: 2017/02/13
    ジャーナル フリー
  • 犬歯根尖病変に起因する歯性感染の波及について
    五十木 裕子, 田中 礼, 林 孝文
    日本口腔科学会雑誌
    2008年 57 巻 4 号 371-378
    発行日: 2008/09/10
    公開日: 2011/06/07
    ジャーナル フリー
    Purpose: To estimate the clinical significance of the infraorbital space demonstrated on CT for the diagnosis of odontogenic infection caused by periapical lesions of the maxillary canine tooth.
    Materials and methods: We evaluated the radiological appearance of the labial cortical bone and the surrounding soft tissue adjacent to the root apex of the maxillary canine in 12 patients with infraorbital space infection demonstrated on CT. The patients consisted of 6 males and 6 females, and age ranged from 33 to 84 years with a mean age of 58.7 years.
    Results: On CT, disruption of the labial cortical bone around the root apex of the maxillary canine accompanied with pathological soft tissue density adjacent to the disrupted cortical bone was observed in all of the cases. Swelling of the facial muscles (levator labii superioris muscle, levator anguli oris muscle) was shown in 6 (50%) of 12 cases. Deviation of the levator labii superioris muscle was demonstrated in 9 cases (75%), whereas that of the levator anguli oris muscle was observed only in 2 cases (17%).
    Conclusions: The anatomical appearance of the infraorbital space which is clearly demonstrated on CT might be useful in diagnosing the spread of odontogenic infection caused by periapical lesions of the maxillary canine.
  • 坂 昌範
    西日本皮膚科
    1995年 57 巻 1 号 36-38
    発行日: 1995/02/01
    公開日: 2011/07/20
    ジャーナル 認証あり
    63歳の女性に生じたArteriovenous hemangiomaを報告した。5年前より右鼻唇溝の内側に大豆大の紅斑があることに気づいていた。初診時, 直径5mmの紅斑を同部に認め, その中にわずかに隆起した7個の小丘疹が集簇してみられた。拍動は触れず。病理組織学的には内腔に1層の内皮細胞を持ち壁の薄い拡張した静脈様血管と, 内弾性板を持ち壁が厚く内腔が非常に細くなった動脈様血管が真皮内に混在していた。また大きな血管以外にところどころに拡張した小血管がみられた。通常のarteriovenous hemangiomaは臨床的に紅色結節あるいは丘疹であるが, 自験例では紅色小丘疹が集簇し, 一見炎症性の疾患を考えさせるひとつの境界鮮明な紅斑様皮疹であった。
feedback
Top