詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "72時間の壁"
2件中 1-2の結果を表示しています
  • 轟 朝幸, 小早川 悟, 金子 雄一郎, 石坂 哲宏, 関根 太郎, 高橋 聖, 長田 哲平, 西内 裕晶, 富永 茂, 稲垣 具志, 川崎 智也
    日本大学理工学部理工学研究所研究ジャーナル
    2017年 2017 巻 138 号 138_17-138_33
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/03/23
    ジャーナル オープンアクセス
    In recent years, many information and data related to transport systems are available, for example traffic counter, traffic detector and electronic toll collection system as road traffic data, smart card data and train/bus operation data for public transportation data, and map information and so on. However, there are also its limitations to use the data especially when the issue contains the needs of data use from several resources, because administrator of transport data is mostly recording at different organizations or transport companies. Therefore, these projects aim to show the possibility of integrating transport data collection system using cloud computing system to improve transport data collection. And this paper shows its applications of the integrated transportation data system for improvements of several transportation issues.
  • 小谷 稔, 飯塚 敦, 河井 克之
    土木学会論文集F6(安全問題)
    2015年 71 巻 1 号 32-45
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/10/20
    ジャーナル フリー
     近年,自然災害における被害は甚大であり,災害医療におけるDMAT (Disaster Medical Assistance Team)の役割が,人的被害最小化に大きく貢献する.しかし,情報が錯綜する災害時に医療活動を必要とする場所・規模等を掌握し,適切なDMAT派遣を行うことは難しい.そこで本研究では,過去の地震災害の経過時間に伴う累積報告死者数から導いた被災者推定式を用いて,死者数を最小にする最適化問題を考える.
     その結果,早期派遣が有効であり,条件(DMAT数,被災地の状況)によって累積死亡者数を最小にするDMAT派遣が求められた.また,被災地状況の設定により,妥当なDMAT派遣のあり方を考察することができた.よって,チーム数に限りがあるDMATの有効的派遣のあり方を提案できることで意思決定の一助となり得ると考える.
feedback
Top