詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "Anti-americanism"
17件中 1-17の結果を表示しています
  • Ali al-Kahtani
    日本中東学会年報
    2006年 22 巻 1 号 147-158
    発行日: 2006/08/08
    公開日: 2018/03/30
    ジャーナル フリー
    近年、アラブ世界ではアメリカ合衆国に対する敵対感情が広まる傾向が見られる。特に2001年9月11日にニューヨークとワシントンを襲ったテロは、アラブ世界に存在する反米感情を強烈に印象づけた。この事件はアメリカ合衆国の歴史のなかでもっとも大勢の犠牲者をだした「アメリカ本土への攻撃」であったが、この事件の遠因となったアラブ世界における反米感情はどこからきたのか、また、事件後にその動向に変化はあるのか。アラブ世界における反米感情の原因の追究は、現在の国際関係研究の重要なテーマとなっている。反米感情が生まれた理由としては、文化や宗教や文明の違いによるものであるとする説や、政治体制や教育制度に関係しているという考えもある。しかしながら、このテーマの本格的な解明のためには、アラブ地域の国々が有する固有の論理から理解していく必要がある。また、反米感情の推移は、現地の世論の動向により把握されなくてならない。著者は、湾岸諸国会議(GCC)加盟国に含まれる9つの都市でアンケート調査を実施し、人々がアメリカ合衆国をどのように見ているか、反米的な感情が存在するのか否かのデータを収集した。その結果をふまえ、反米感情の背後にある理由を考察することが、本研究ノートの目的である。合衆国の中東政策の分析だけを重視し、アラブ諸国の人々の「感情」に踏み入ることのなかったこれまでの研究の欠落を埋めるのが、本稿の目的である。
  • Hiraku YAMAMOTO
    Interdisciplinary Information Sciences
    2008年 14 巻 2 号 117-131
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/08/30
    ジャーナル フリー
    This article scrutinizes, firstly, the concept of ‘global governance,’ and by its elucidation, we illuminate the concept of ‘governance.’ In regard to this elucidation, we refer to some issues of global warming and its solutions, poor South dependency and its transformation, and analyze theoretical bases of dependency theory, world system theory, peace studies, neo-liberalism and constructivism in international relations theory. Through such a pathway, secondly, we analyze the different connotations of ‘globalization’ and ‘globalism’ in confronting with neo-liberal theorist Robert Keohane, and shed light on the ambiguity of his concept ‘globalism.’ After the unilateral ruling of the United States, its magisterial attitude has been blamed and it has been exposed the criticism of anti-Americanism. Globalization has been considered as Americanization, and it is the reason that anti-Americanism has occurred. However, Koehane and his co-editor Peter Katzenstein, a theorist of constructivism, are reluctant to admit such a present condition. Leaving behind the light of his own countenance of Americanism, we think about, thirdly, globalization has entered into another phase to promote ‘virtualization’ and governance by networks, and globalization has inspired a shift in activities away from the state, i.e. the ‘hollowing out of the sate’ in the globalized society. It is true that the age of anarchical society of state-centric framework was over, and the trilogy of multiple actors, such as nation states, TNCs and NGOs, is forming the governance by networks. However, among tiers of global, regional, national and local level, especially in the framework of national level, we cannot but think the state, i.e. the central government remains to be the administrative core and take an important role of governance. Accordingly, in our conclusion, the present governing framework is composed of ‘governance including government,’ instead of James Rosenau’s coinage of ‘governance without government.’
  • SHIGETAKE SUZUKI
    英文学研究
    1937年 17 巻 4 号 628-631
    発行日: 1937/11/23
    公開日: 2017/04/10
    ジャーナル フリー
  • H. SHIGEMI
    英文学研究
    1937年 17 巻 4 号 631-635
    発行日: 1937/11/23
    公開日: 2017/04/10
    ジャーナル フリー
  • Naoya Takezawa, Katsushige Sawaki, Marc Bremer
    リアルオプション研究
    2010年 3 巻 1 号 25-39
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/03/04
    ジャーナル フリー
    This research extends the real option with preemption and uncertainty framework of Lambrecht and Perraudin [8] to foreign direct investment. This is a mix of strategic game theory where the foreign investor and its local competitor impact each other‘s project values and real option analysis. The optimal investment strategy will depend on the distribution of competitors' costs and the implied fear of expropriation by the local competitor with the assistance of the host government. The model has empirical implications for the strategic behavior of foreign direct investors. These implications are illustrated with a stylized example from a recent high profile, foreign direct natural resource investment in the Russian Far East by a consortium of Japanese and European companies.
  • Takeshi Suzuki, Aya Niitsuma
    時事英語学研究
    2005年 2005 巻 44 号 29-42
    発行日: 2005/09/01
    公開日: 2012/11/13
    ジャーナル フリー
    本稿は、ブッシュ米大統領の9.11以降の「テロリズムとの戦争」のレトリックを分析した。まず、第一に議論と権力の関係を考察した。第二に、ブッシュ大統領の「正しい戦争ドクトリン」から「ブッシュ・ドクトリン」への政策変更を分析した。第三に、ブッシュの「テロリズムとの戦争」のレトリックの特徴を分析した。最後に、公的領域の議論との関連において、ブッシュのレトリック戦略の問題と解決の方向性を論じた。
  • Vicente L. Rafael
    東南アジア研究
    2011年 49 巻 3 号 347-355
    発行日: 2011/12/31
    公開日: 2017/10/31
    ジャーナル フリー
  • 浜中 新吾
    日本中東学会年報
    2011年 27 巻 2 号 29-56
    発行日: 2012/01/05
    公開日: 2018/03/30
    ジャーナル フリー
    中東地域の国際政治を論じる際、地域レベルの国際システム構造に言及することは少なくない。国益、勢力均衡、パワーの分布状況やプロセスといった分析概念は対立と紛争を説明する上で有用である一方、国際システムの構造を可視化する試みは低調と言わざるを得ない。そこで著者の調査研究グループは中東地域の国際関係を描き出す手法を考案した。我々が「政治的認知地図」と呼ぶこの手法は、中東諸国の政府および域外諸国が中東の政治的安定に対する貢献の程度を問う世論調査データを必要とする。現地調査機関との協力により、われわれのグループは2009年5月に西岸地区、ガザ地区および占領下エルサレム地区での世論調査を実施した。本稿はパレスチナ人の「政治的認知地図」を作成することによって、各国の配置状況の認知構造を比較可能な形で提示することを目的とする。この研究において彼らが認識するパレスチナとアラブ諸国、およびイスラエル・トルコ・イラン、そして域外大国の相対的位置関係を可視化することで、アラブ・イスラーム諸国が近接した地域システムを形成していること、および域外諸国が大国グループを形成し、イスラエルはそこに位置づけられることが明らかになった。その上でアイデンティティとしてのウルーバ(アラブ性)と米国外交政策との距離感覚が「政治的認知地図」の構成要素になることが明らかにされた。また、これら二つの構成要素がパレスチナ人の有する(1)政治的イデオロギー、 (2)政策オプションに対する意見、および(3)政治情報の流通経路によって形成されるという仮説を立て、回帰分析によって仮説を検証した。分析結果からイスラーム主義ならびにアラブ民族主義とウルーバとは正の相関が強く、米国外交政策との距離感覚とは負の相関が強いことが明らかになった。このことはアイデンティティと外交認識およびイデオロギーに認知構造上で頑健な相関関係があることを表している。本稿は国際政治研究の方法論においても貢献している。すなわち、世論調査で得られた中東地域政治に関する一般大衆の認知情報を用いるという構成主義の方法によって、国際システム構造という現実主義の概念を導出可能なものとした。
  • Byoung Kwon SOHN
    選挙研究
    2009年 24 巻 2 号 33-50
    発行日: 2009年
    公開日: 2017/02/06
    ジャーナル オープンアクセス
    This article aims at comparing the 16th and 17th presidential elections in terms of the number of major competitive candidates, candidates' strengths, major campaign issues and the effect of region-centered voting. Among other things, both elections are commonly characterized by the major party's presidential candidates being selected via U.S. style primary, which had been first adopted in the 2002 presidential election. Rampantly strong region-centered voting pattern counts among continuities as well, while in 2002 the effect of region-centered voting appeared in a somewhat mitigated form. Contrasts, however, loom rather large between the two elections. First, while the 2002 election was a two-way election between NMDP and GNP, the 2007 election was a three-way election among DNP, GNP, and one competitive independent candidate. Second, strong anti-Americanism, relocation of Korean capital, and younger generation's activism counted among major issues and features in 2002, while in 2007 voters' anger at the incumbent president and their ardent hope for economic recovery were atop campaign issues. Third, strong as region-centered voting may be across the two elections, its effect was somewhat mitigated in the 2002 presidential election, because NMDP candidate Roh's hometown was in Pusan, where GNP had traditionally ruled as a regional hegemonic party. Lastly, in 2002 Roh was able to get elected partly due to his image as a reform-oriented, non-mainstream, anti-American stance politician. Besides, Roh's personality and policy posture particularly appealed to younger voters. On the other hand, Lee became a winner in 2007 by proposing himself to the public as a ready-made CEO-style candidate most competent to deliver Korea from economic hardships.
  • Jun FURUYA, Soichi SHINOHARA, Hiroshi MATSUOKA, Toru SUZUKI, Momoko WATANABE, Anri MORIMOTO, Go KOBAYASHI, Takahiro YAMAMOTO, Kazuhiro MAESHIMA, Masahiko NARITA, Koji TOKO, Mutsuko HOSHINO
    アメリカ研究
    2002年 2002 巻 36 号 251-268
    発行日: 2002/03/25
    公開日: 2010/10/28
    ジャーナル フリー
  • Nagayo Homma
    アメリカ研究
    1974年 1974 巻 8 号 123-135
    発行日: 1974/03/25
    公開日: 2010/06/11
    ジャーナル フリー
  • Claudio Lisandro E.
    Southeast Asian Studies
    2015年 4 巻 1 号 125-156
    発行日: 2015/04/29
    公開日: 2017/03/30
    ジャーナル フリー
    This article revisits the Bandung Conference and Third Worldism through an intellectual history of the Filipino diplomat and intellectual Carlos P. Romulo. By examining Romulo's work during, before, and after Bandung, it argues that Third World-ism must be understood in its original sense.as a negation not only of Western imperialism but also of Soviet Communism. In examining the anti-Communist undercurrent of Bandung, the article hopes to recover a vision of the Third World that opposed various forms of totalitarianism. Although anti-Communism is usually associated with the fascism of McCarthyism, I contend that Romulo's liberal, Asianist anti-Communism forms a normative vision for a more equitable world order.
  • Ayako NAKAMURA, Hiraku YAMAMOTO
    Interdisciplinary Information Sciences
    2009年 15 巻 2 号 147-162
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/09/04
    ジャーナル フリー
    In analyzing the process of norm diffusion, this contribution addresses the question of why the global problem of human trafficking remains one for the most serious human rights violations despite the existence of an anti-trafficking norm embedded in a global human rights regime. In arguing that the violation of human rights indicates the structural limits of the current global governance system, this study explores ways of how to explain the paradox of norm violations in parallel existence of globally adhered norms, and wishes to synthesize the current theoretical body of norm scholarship with new insights stressing the importance of local value and belief structures in the process of norm internalization. Thus, arguing for a culture-sensitive ‘bottom-up’ constructivism we will apply this model in reconsidering the case of human-trafficking. Here we emphasize the importance of cognitive factors beside the well studied economic incentives as underpinning causes of the trafficking problem. Considering the implications of a stronger emphasis on local values we will extend our argument in reconsidering the formation of transnational advocacy networks as carriers of global norms through introducing the notion of co-governance, before bringing the discussion back to its starting point in discussing the prospects of global governance in addressing the subject of norm protection.
  • Tadao Okamura
    アメリカ研究
    1970年 1970 巻 4 号 43-70
    発行日: 1970/03/31
    公開日: 2010/06/11
    ジャーナル フリー
  • Reynold C. Ileto
    東南アジア研究
    1993年 31 巻 1 号 62-82
    発行日: 1993/06/30
    公開日: 2018/02/28
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 紀子
    日本中東学会年報
    2005年 21 巻 1 号 39-58
    発行日: 2005/09/30
    公開日: 2018/03/30
    ジャーナル フリー
  • 夏目 美詠子
    日本中東学会年報
    1996年 11 巻 71-130
    発行日: 1996/03/31
    公開日: 2018/03/30
    ジャーナル フリー
    本稿はトルコの現代政治史を,共和国成立以来の国民統合と社会発展の過程で"後進地域"として取り残されてきた東部トルコの視点から再構築しようという試みである。1991年の総選挙で,"クルド問題"の議論と解決を叫ぶ人民労働党(PLP)のクルド系議員22名が南東部トルコの圧倒的支持を得て当選したことと,やはり東部トルコで支持を集めた福祉党を中心とするイスラム・極右連合が躍進したことは,トルコ内外に大きな衝撃を与えた。それはオスマン帝国時代から,その多様な宗教・民族・言語構成と国家の統治体制に組み込まれることなく生き残った部族社会の故に,"異端な辺境"として中央政治から疎外されてきた東部トルコが初めて"合法的政治手段によって"中央に突きつけた強烈な政治要求であった。1950年の多党制導入以後の総選挙で,東部トルコでは中道右・左派の二大政党が弱く,少数政党や無所属候補者に票が分散し,かつ地元有力者による部族票のコントロールで唐突で組織的な支持政党の転換が行われるなど,その特異な投票行動が注目を集めた。しかし中央エリートや過去の研究者は,これを東部の後進性の発露に過ぎず,国全体の経済・社会発展とともにこうした後進性は克服され,均質な国民文化の中にその特異性は吸収されるという"進化論"的な国家史観で論断した。本稿は過去の東部選挙民の投票行動を分析することによりその政治的意味を改めて問い直し,トルコの民主国家としての発展を阻害してきたこの国家史観の致命的な欠陥を明らかにしようとするものである。
feedback
Top