詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "Conocephalus gladiatus" オナガササキリ
3件中 1-3の結果を表示しています
  • 永野 和之, 沈 悦, 斉藤 庸平, 中瀬 勲
    ランドスケープ研究
    2013年 76 巻 5 号 611-614
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/05/08
    ジャーナル フリー
    This research aims to verify that the way of the residential area where we can hear the song of the insects in residential area should be carried on, by clarifying the condition of green space to be able to have insects. As the results, it is clear that the forms of green space the insect appears a lot in residential area are in farmlands, the weed lands of the river location, and the other weed lands. However, it is hard to maintain a new farmland in residential area. Thus, it is important to preserve if it still exists. In contrast, the weed land is able to maintenance in residential area. It is effective in appearance with various singing insects in residential area with highly maintained weeds for a certain level of a scale. In addition, there are many chirping insects in the fringe of existing green space than the center of the residential area. There is difference in the audio range of the chirps, so consideration is necessary for the placement of the corridor to the downtown and the placement of the green space. So to sum it up, it is useful for community design where we can hear the songs of the insect, to maintain weeds in residential area with the planning.
  • (財)宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団
    伊豆沼・内沼研究報告
    2011年 5 巻 37-71
    発行日: 2011年
    公開日: 2017/11/10
    ジャーナル フリー

    伊豆沼・内沼とその周辺地域における昆虫相を明らかにするために,2006年に伊豆沼鳥獣保護区特別保護地区において昆虫類の生息調査を行なった.調査の結果,14目180科770種の昆虫類が確認された.確認された種の多くは,平地の池沼が存在する地域に一般的な種であったが,全国的にも分布が限られているオオセスジイトトンボやコバンムシが多く生息していたことが特徴的であった.

  • 浜口 哲一, 青木 雄司, 石崎 晶子, 小口 岳史, 梶井 公美子, 小池 文人, 鈴木 仁, 樋口 公平, 丸山 一子, 三輪 徳子, 森上 義孝
    保全生態学研究
    2010年 15 巻 2 号 297-307
    発行日: 2010/11/30
    公開日: 2018/02/01
    ジャーナル オープンアクセス
    神奈川県茅ヶ崎市において、指標種を用いた環境評価調査を行った。この調査は、望ましい自然環境を想定しそれを指標する動植物種の分布調査に基づいて評価を行ったこと、調査区域の区分や指標種の選定などの計画立案から現地調査にいたるまで市民の参画があったことに特徴がある。まず市民による議論をもとに里山(森林、草地、水辺)や海岸など、住民の心情や生物多様性保全の観点から望ましい自然環境を決め、それらに対応する合計163種の指標種(高等植物、昆虫、脊椎動物)を決めた。集水域に対応し、また人間が徒歩で歩き回る範囲程度の空間スケールである76の小区域(平均0.47km^2)において、一定の努力量の上限のもとで最も発見できそうな地点を優先して探索する方法で指標種のマッピングを行った。小区域ごとの出現種数をもとに小区域単位の評価マップを作成したほか、詳細な地点情報を用いて保全上最も重要なコア地域を明らかにすることを試みた。
feedback
Top