詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "Hemispatial neglect"
157件中 1-20の結果を表示しています
  • 武田 克彦
    失語症研究
    2001年 21 巻 3 号 201-205
    発行日: 2001年
    公開日: 2006/04/25
    ジャーナル フリー
    半側空間無視,注意障害,失語に対して薬物療法が試みられており紹介した。半側空間無視が注意の障害によって生じるのではないかとする説は根強い。この注意を支える脳内機構にはいくつかの transmitter が関与していると考えられる。半側空間無視に対して,TRH を用いた研究と bromocriptine を用いた研究について述べた。注意障害については noradrenalin 系の薬物が重要であることを述べた。次に失語の発話の開始などを標的に bromocriptine を投与した研究,さらに失名辞に対して cholin 作動薬を用いた研究を紹介した。またリハビリテーションと薬を組み合わせることが多いと思われるが,薬物が有効であると判断する実験デザインなどについても述べた。
  • 田中 敏明, 奈良 博之, 井野 秀一, 伊福 部達
    人間工学
    2005年 41 巻 4 号 213-217
    発行日: 2005/08/15
    公開日: 2010/03/15
    ジャーナル フリー
    【目的】
    長期入院を必要とする半側空間無視を有する左片麻痺患者は他の患者より日常生活活動に支障を来たし, かつ, 転倒が多く認められる. 本研究の目的は, バーチャルリアリティ技術の臨床応用としてヘッドマウンテッドディスプレイ (HMD) を使用による半側空間無視症状の改善の可能性を検討した.
    【方法】
    被験者は半側空間無視のある脳卒中患者6名とした. 半側空間無視評価の一つである線分抹消試験を実施した. 末梢試験実施においては, HMD使用しての縮小率 (90%, 80%, 70%) 条件およびHMD使用しない通常条件の4条件において実施した.
    【結果および考察】
    結果として, 80%もしくは90%の映像縮小修正し呈示した場合の得点は, 無視部分が多い100%の映像呈示時の得点より有意に得点が改善した. また, 70%の縮小率では得点がのびず, 縮小率の限界が示唆された. 本研究で構築されたHMDシステムの使用により, 半側空間無視の評価と治療に有益な神経心理学的リハビリテーションとしての臨床応用の可能性が示唆された.
  • Zen Kobayashi, Mayumi Watanabe, Yuri Karibe, Chika Nakazawa, Yoshiyuki Numasawa, Hiroyuki Tomimitsu, Shuzo Shintani
    Internal Medicine
    2014年 53 巻 14 号 1553-1558
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/07/15
    ジャーナル オープンアクセス
    A 74-year-old right-handed woman without cognitive impairment suddenly developed nonfluent aphasia. Brain MRI showed acute infarction in the right frontal lobe and insula without involvement of the corpus callosum. A neurological examination demonstrated not only transcortical motor aphasia, but also ideomotor apraxia and right hand predominant constructional apraxia (CA). To date, right hand predominant CA has only been reported in patients with corpus callosum lesions. The right hand predominant CA observed in our patient may be associated with the failure to transfer information on the spatial structure from the right hemisphere to the motor cortex of the left hemisphere.
  • Satoshi Sugimoto, Yuji Fujino
    Progress in Rehabilitation Medicine
    2017年 2 巻 20170012
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/12/02
    ジャーナル フリー HTML

    Objective: Recently, eye patching has been used as a technique for adjusting visual information. However, there are differing opinions regarding the influence of eye patching on visual attention in hemispatial neglect. Studies on eye patching do not usually consider the effects of differences in task difficulty or reaction space. Moreover, to date, no trial has used neglected-field eye patching. We investigated the effect on hemispatial neglect of hemi-visual field eye-patching glasses in a patient with left spatial neglect. Methods: The patient was an 86-year-old woman who had suffered a stroke. She had severe left hemiparesis and left spatial neglect. Three types of eye-patching glasses were used: right-field patching, left-field patching, and no patching. The line bisection test, the line crossing test, the star cancellation test, and the letter cancellation test were carried out for the three eye-patching conditions. Results: The line bisection test results showed rightward deviations for both left and right patching compared to no patching. For the line crossing test, there were no omission errors for any patching condition. In the star cancellation test, there were small differences between the three patching conditions. However, in the letter cancellation test, the fewest omission errors occurred during left-field patching, with the most notable improvement on the right half of the test paper. Conclusion: The results suggest that neglected-field eye patching for hemispatial neglect might improve visual attention, especially the non-spatial aspects.

  • 渡辺 学, 網本 和, 大沢 涼子, 新井 智之, 桒原 慶太
    理学療法 - 臨床・研究・教育
    2010年 17 巻 1 号 42-46
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    半側空間無視に対するプリズム順応は効果の持続性と課題以外への汎化が認められているが,効果が症例により特定の課題にしか現れないことや無効なことも報告されている。本研究ではプリズム順応前後での無視症状の変化を比較し,効果の違いと臨床属性の関連性を検討した。対象は,右頭頂葉損傷による半側空間無視4例である。方法は,対象者にプリズム順応を行い,その前後で線分二等分試験,文字抹消試験と車いす操作課題を行った。その結果,線分二等分試験では症例により成績の差がみられ,右中前頭回白質損傷を含む症例で改善がみられなかった。プリズム順応の効果は病巣部位によって差が生じる可能性があり,同じ右頭頂葉損傷例でも深部白質を含めた病巣のわずかな違いが無視の改善に影響を与える可能性が考えられた。
  • 渡辺 学, 網本 和, 大沢 涼子, 新井 智之, 小林 美奈子
    理学療法科学
    2007年 22 巻 1 号 167-170
    発行日: 2007年
    公開日: 2007/04/10
    ジャーナル フリー
    半側空間無視(USN)は右半球損傷患者に多くみられるが,右半球では空間性注意のネットワークを形成しているため,左半球損傷に比べてUSNの出現頻度が高いと言われている。治療については近年プリズム適応法(PA)が注目を浴びているが,空間表象を再構築することでUSNを改善するといわれている。今回我々はUSNに交叉性失語を合併する右半球損傷患者にPAを実施し,良好な成績が得られた。交叉性失語は生来右利きの人が右半球損傷により失語を生じるというもので,言語中枢が左半球に側性化されていないと考えられる。今回の結果は,空間表象機能は右半球優位のままで脳機能の冗長性が個体内でも生じることを示唆しており,治療法の選択に注意が必要であると思われた。
  • Toshikatsu Fujii, Atsushi Yamadori, Reiko Fukatsu, Kyoko Suzuki
    The Tohoku Journal of Experimental Medicine
    1996年 180 巻 1 号 73-81
    発行日: 1996年
    公開日: 2006/05/02
    ジャーナル フリー
    It was originally claimed that left hand use on line bisection tasks reduced the extent of left neglect by Halligan and Marshall. However, in a following study, the same research group failed to reproduce this left hand amelioration effect if the left hand was initially placed on the right side, and they claimed that spatio-motor cueing was more important in reducing unilateral neglect than the hand used. The present study concerns with the validity of these two theoretical views on modification of unilateral neglect, i.e., hemispheric activation and spatio-motor cueing. A patient with left unilateral neglect and a slight left hemiparesis participated in three experiments. Under conventional testing condition, line bisection performed with the right hand showed more severe left neglect than when performed with the left hand. These hand effects were modified by changing a starting position of the patient's hand when bisecting horizontal lines. However, under body-fixed condition, effects of hand-used as well as starting position were again significant. The results suggest that not only spatio-motor cueing but also differential hemispheric activation can exert a profound effect on unilateral neglect.
  • Se-Il Oh, Jin-Kyung Kim, So-Yeon Park
    Journal of Physical Therapy Science
    2015年 27 巻 12 号 3941-3943
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/12/28
    ジャーナル フリー
    [Purpose] This study aimed to examine the effects of visual field with prism glasses, and intensive upper limb functional training on reduction of hemineglect and improvement in upper limb function and activities of daily living in three stroke patients with hemineglect. [Subjects] This study included three stroke patients hospitalized in a sanatorium. [Methods] Intervention treatment involving prism glass use for 12 hours and 30 minutes and paretic side upper limb training was conducted 5 days a week for 15 weeks. Three upper limb training tasks (hitting a balloon, passing through a ring, and reading a newspaper) were performed for 10 minutes each session, for a total of 30 minutes. Line by Section, Motor-Free Visual Perception Test-3 (MVPT-3), Manual Function Test (MFT), Box & Block Test (BBT), and Assessment of Motor and Process Skills (AMPS) were conducted before and after intervention. [Results] Subjects’ hemineglect decreased and upper limb function on the paretic side improved after intervention, which enhanced activities of daily living. [Conclusion] Prism glass use and paretic upper limb functional training effectively ameliorated stroke patients’ hemineglect and improved upper limb function. Future research should focus on prism glasses that provide a wide visual field for use in patients with different conditions.
  • Hiroaki Yaguchi, Yasunori Mito, Ikkei Ohashi, Taichi Nomura, Ichiro Yabe, Yasutaka Tajima
    Internal Medicine
    2017年 56 巻 13 号 1729-1732
    発行日: 2017/07/01
    公開日: 2017/07/01
    ジャーナル オープンアクセス

    The patient was a woman without hypertension who had previously experienced intracranial hemorrhage twice at 48 and 56 years of age. At 59 years of age, she was diagnosed with neuromyelitis optica spectrum disorder (NMOSD) based on the presence of a brain stem lesion and the detection of anti-aquaporin 4 (AQP4) antibodies. After 5 months of continuous treatment with prednisolone (15 mg/day), she presented with optic neuritis and intracranial bleeding. A recurrent attack of NMOSD and intracranial hemorrhage were concurrently diagnosed. We herein report a case of NMOSD with recurrent intracranial hemorrhage, which indicates an association between NMOSD and cerebellar vascular dysfunction.

  • Tomoki Hirunagi, Ayami Kiriyama, Masahiko Fujino, Yoji Goto, Kazuo Mano
    Internal Medicine
    2016年 55 巻 12 号 1637-1639
    発行日: 2016/06/15
    公開日: 2016/06/15
    ジャーナル オープンアクセス
    Trousseau's syndrome is characterized by a cerebral or systemic thromboembolism caused by coagulation abnormalities in malignancy. We herein report a case of multiple ischemic strokes as the initial manifestation of anaplastic thyroid carcinoma (ATC). An 86-year-old man was admitted to our hospital due to a sudden-onset weakness of the left limbs. Brain magnetic resonance imaging revealed multiple ischemic lesions in the right middle cerebral artery territory and a mass in the left frontal lobe. Computed tomography revealed a thyroid mass and multiple lung tumors. A diagnosis of ATC was confirmed by a thyroid biopsy. Our case indicates that ATC should be considered as a cause of Trousseau's syndrome.
  • Toru Baba, Shigenori Kanno, Tomomi Shijo, Yoshiyuki Nishio, Osamu Iizuka, Naoto Kamimura, Tomonori Ishii, Etsuro Mori
    Internal Medicine
    2016年 55 巻 9 号 1191-1193
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/05/01
    ジャーナル オープンアクセス
    Relapsing polychondritis (RP) is a rare inflammatory disorder of the cartilagenous structures, and it sometimes involves the central nervous system. Encephalitis associated with RP causes a wide variety of symptoms according to the affected sites. We herein report the first case of 72-year-old right-handed man who developed acute meningoencephalitis associated with RP involving the corpus callous. After immunosuppressive therapy, his symptoms dramatically improved, but difficulty in performing bimanual movements with occasional diagonistic dyspraxia in his right hand remained. Because callosal signs are easily missed, especially in acute settings, it would be useful to know that RP can sometimes cause callosal disconnection syndrome.
  • 清家 尚彦, 松本 圭吾, 廣田 勇士, 小別所 博
    臨床神経学
    2014年 54 巻 11 号 916-919
    発行日: 2014/11/01
    公開日: 2014/11/22
    ジャーナル フリー
    症例は72歳の男性である.某日体調異常を自覚,追突事故後,救急搬送された.左半側空間無視,左同名性半盲,左不全片麻痺があり頭部CTで右中大脳動脈M1の石灰化塞栓をみとめcalcified cerebral embolism(CCE)と診断した.血栓溶解療法の適応がありrecombinant tissue-type plasminogen activator(rt-PA)を経静脈的投与し著効した.治療後の頭部CTでM1の塞栓の消失,右中大脳動脈末梢にあらたに複数の点状石灰化塞栓をみとめ,血栓溶解療法にて塞栓子が破砕されたと考えた.頸動脈エコーで右内頸動脈に潰瘍をともなう石灰化病変をみとめ塞栓源と考えた.本例のように血栓溶解療法が著効した症例はまれであり,血栓溶解療法の適応について検討を要すると考え報告する.
  • Yasutaka Tajima, Chika Satoh, Yasunori Mito, Tetsuyuki Kitamoto
    Internal Medicine
    2014年 53 巻 5 号 483-487
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/01
    ジャーナル オープンアクセス
    We herein report a case of Creutzfeldt-Jakob disease (CJD) with a V210I mutation and discuss the pathological findings. The patient's clinical course was quite similar to that of patients with sporadic CJD. Diffusion-weighted magnetic resonance imaging (MRI) disclosed a high signal intensity in the basal ganglia and cerebral cortices. Pathologically, spongiform degeneration of neurons and their processes with reactive astrocytosis was observed. Prion protein immunostaining revealed diffuse positive and plaque-type patterns. Only one Japanese case of CJD with this type of mutation has been reported to date, but without any pathological examination results. Therefore, this report is considered to be highly significant for understanding CJD.
  • 太田 久晶
    臨床神経学
    2013年 53 巻 11 号 1270-1272
    発行日: 2013/11/01
    公開日: 2013/11/29
    ジャーナル フリー
    半側空間無視は,病巣対側空間に注意を向けることが困難となる現象であり,日常生活場面において大きな影響をおよぼす.これまでに報告されてきた本症状に対する治療介入方法の中でも,プリズム順応課題は,もっともすぐれた介入方法であると考えられる.この方法は,介入効果の般化と持続性にすぐれ,また,発症からの経過日数を問わず,慢性期の患者に対しても介入効果がみとめられることが大きな特徴である.ただし,この介入効果がえられない症例も報告されている.プリズム順応効果の期待ができる症状特性を明らかにすることと,より多くの患者に効果が期待できる順応課題の実施方法を明らかにすることが今後の検討課題であると考えられる.
  • 若井 正一
    失語症研究
    1998年 18 巻 4 号 277-281
    発行日: 1998年
    公開日: 2006/04/26
    ジャーナル フリー
    症例は右利き男性。60歳時より相貌失認にて発症。その後,緩徐に進行する物体失認,画像失認,大脳性色盲などの視覚失認および左半側空間失認,精神性注視麻痺,視覚性注意障害などの視空間失認を呈した。図形の模写やマッチングが困難であったことより,視覚失認は統覚型であった。その一方で,末期に至るまで記銘力障害,失語症,痴呆症は顕在化しなかった。画像的には,右半球優位の大脳萎縮,血流低下,代謝低下を認めた。以上の臨床経過および画像所見から,posterior cortical atrophy の1例であると考えた。神経心理学的な注目点は以下の2点である。 (1) 統覚型視覚失認の発現に視空間失認が大きく関与していたこと。 (2) 著しい視覚失認,視空間失認の存在にもかかわらず,人や物にぶつかることなく歩行が可能であったことであった。
  • 飯島 献一, 小林 祥泰, 須山 信夫, 山下 一也, 山口 修平
    脳卒中
    1994年 16 巻 5 号 348-353
    発行日: 1994/10/25
    公開日: 2009/09/16
    ジャーナル フリー
    半側空間無視は劣位半球の頭頂, 後頭, 側頭葉接合部の障害で生ずることが最も多い.しかし, 後大脳動脈領域の障害でも生ずることがある.そこで中大脳動脈領域 (MCA群) 12例と後大脳動脈領域 (PCA群) 4例の半側空間無視の特徴を比較検討した.半側無視を呈する病巣はMCA群が頭頂, 後頭, 側頭葉接合部に集中しており, PCA群は後頭葉内側面あるいは側頭葉内側面であった.MCA群は半盲の自覚がなく, 消去現象を高率に認め, 無視の持続時間が長い傾向を示した.PCA群は半盲を自覚し, 消去現象を認めず, 無視の回復も良好であった.PCA群は全例地誌的失見当を伴っていたことより, 後海馬傍回から舌状回にかけての病巣, あるいは下頭頂小葉との線維連絡の障害により無視を呈した可能性が考えられた.以上よりMCA群とPCA群の半側空間無視の病巣は異なっており, その発症機序も異なる可能性が考えられた.
  • 渡辺 学
    理学療法科学
    2007年 22 巻 3 号 325-330
    発行日: 2007年
    公開日: 2007/08/18
    ジャーナル フリー
    半側空間無視に対して理学療法的視点から概説する。特性ではタイプや重症度により反応が異なることや,半盲などの合併症が症状を複雑化させることを説明する。評価では机上検査は数種類実施し比較すること,基本動作における無視の影響を観察すること,ADLは家族の精神状態を把握することが重要であることを指摘する。治療アプローチでは,治療対象と特性を考慮して方法を選択する必要があり,従来の治療法に加えプリズム順応や側方ミラーアプローチといった感覚運動可塑性刺激を中心とした方法など最近のトピックスを交えて紹介する。
  • 濱崎 景子, 中崎 隆行, 清水 香里, 進藤 久和, 佐野 功, 谷口 英樹, 高原 耕
    日本臨床外科学会雑誌
    2009年 70 巻 2 号 613-617
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/08/05
    ジャーナル フリー
    悪性腫瘍に伴う血液凝固能亢進状態により脳卒中をきたす病態はTrousseau症候群として知られている.今回,われわれは大腸癌術後に多発脳梗塞をきたし,本症候群を疑った1例を経験したので報告する.
    症例は86歳,女性.2007年4月,イレウスを発症し大腸内視鏡検査にて下行結腸に腫瘍による全周性の狭窄を認めた.腹部CTにて多発肝転移を指摘され,手術目的に当科転院となった.下行結腸切除術後3日目より左半身の完全麻痺,半側空間無視などを認め,頭部CT,MRIを施行.両側小脳半球,大脳半球皮質,皮質下白質に多発性脳梗塞を認めた.経過よりTrousseau症候群を疑い,ヘパリン1万単位の持続静注とエダラボン静注開始するも,症状の改善は見られなかった.その後,多発肝転移による肝不全の進行に伴い,術後39日目に死亡した.
    Trousseau症候群の報告は散見される程度であり,若干の文献的考察を加え報告する.
  • Dae-Hyouk Bang, Soon-Young Bong
    Journal of Physical Therapy Science
    2015年 27 巻 9 号 2759-2761
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/09/30
    ジャーナル フリー
    [Purpose] To investigate the effects of a combination of transcranial direct current stimulation (tDCS) and feedback training (FT) on subacute stroke patients with unilateral visuospatial neglect. [Subjects] The subjects were randomly assigned to a tDCS + FT group (n=6) and a FT group (n=6). [Methods] Patients in the tDCS + FT group received tDCS for 20 minutes and then received FT for 30 minutes a day, 5 days a week for 3 weeks. The control group received FT for 30 minutes a day, 5 days a week for 3 weeks. [Results] After the intervention, both groups showed significant improvements in the Motor-Free Visual Perception Test (MVPT), line bisection test (LBT), and modified Barthel index (MBI) over the baseline results. The comparison of the two groups after the intervention revealed that the rDCS + FT group showed more significant improvements in MVPT, LBT, and MBI. [Conclusion] The results of this study suggest that tDCS combined with FT has a positive effect on unilateral visuospatial neglect in patients with subacute stroke.
  • Eitaro Okumura, Junya Tsurukiri, Hiroshi Yamanaka, Yu Nakagawa, Kunitoshi Ootsuka, Yosuke Tanaka
    Internal Medicine
    論文ID: 2111-18
    発行日: 2019年
    [早期公開] 公開日: 2019/01/10
    ジャーナル オープンアクセス 早期公開

    Acute infectious endocarditis (IE) is a complex disease that presents as a serious clinical condition associated with a high mortality rate, especially due to intracranial hemorrhaging (ICH). The most common causative organism is Staphylococcus aureus. We herein report a patient with ICH following subacute IE with a positive blood culture for Cardiobacterium hominis. A review of the existing literature revealed that acute IE associated with Cardiobacterium has been reported to cause ICH in only seven previous cases. Prolonged culture-specific antibiotic therapy along with extended surveillance of blood culture is therefore essential for timely intervention.

feedback
Top