詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "Phenomenal consciousness"
9件中 1-9の結果を表示しています
  • 種市 孝
    国際生命情報科学会誌
    2015年 33 巻 2 号 157-162
    発行日: 2015/09/01
    公開日: 2018/10/03
    ジャーナル フリー
    現代物理学の進展は、我々の住むこの宇宙が我々の感知する4次元だけでなく、より多くの次元をもって構成されていることを強く疑わせる段階に来ている。一方で現代物理学の根底を成す場の量子論と相対性理論は双方ともが4次元時空に寄って立つ理論であり、この齟齬は今後の理論物理学の発展が、我々の従来の常識をいかなる形にせよ大きく覆す可能性がある事を示唆する。そこには、死後存続に代表されるような、心と脳の関係に絡む困難な事案が含まれるかもしれない。理論物理学の一つの到達であるパラサイトフェルミオンモデルを軸に、人工知能の可否との絡みで、本モデルに内在する可能性について考察する。
  • 片上 大輔
    知能と情報
    2016年 28 巻 2 号 50
    発行日: 2016/04/15
    公開日: 2018/04/15
    ジャーナル フリー

    人が集まりコミュニケーションする場では,人は「雰囲気」を感じる.複数の人が発する言葉,表情,視線,うなずき等から人は雰囲気を感じ取り,次に起こり得る雰囲気を意識的あるいは無意識的に予測しながら対話コミュニケーションを進めている.人は雰囲気に基づき多様なコミュニケーションを進めている一方,雰囲気は言葉にして説明することが困難である.

    雰囲気を工学的に扱う領域は雰囲気工学(Mood Engineering)と呼ばれ,2013年から分野の異なる関連の研究を集中して議論する場所を提供することを目指して,筆者らを中心に活動が行われている.雰囲気工学では,複数人が構成する人工的な雰囲気の工学的なモデルを作成することを試みる.雰囲気を工学的に議論することは,人間の新しいコミュニケーション基盤の構築につながる.

    言葉で説明がしにくい雰囲気を解明するためのアプローチは,従来の工学的なやり方だけにこだわることなく,ロボットなどを用いた構成的手法,エスノグラフィーのような人の観察手法,発汗や脈拍計測のような生理指標や脳計測実験の利用など,様々な手段で取り組んでいく必要がある.具体的な研究対象としては,多人数の会話の場,複数の会話ロボットなどの人工的な言語・非言語情報による会話の場,Web メディアにおける複数人の言語活動(twitterやSNS)から推測されるネット上の雰囲気などが挙げられる.これらから,複数人が創り出す「雰囲気」を構成する工学的モデルを探り,モデルに基づいた新たな対話システムや新しいネットワークコミュニケーションシステムの確立を目指している.これらの議論は始まったばかりであり,今後の研究の発展が期待される.

  • マッキン ケネスジェームス
    知能と情報
    2016年 28 巻 2 号 50
    発行日: 2016/04/15
    公開日: 2018/04/15
    ジャーナル フリー

    人の意識の仕組みについては古くからいくつも仮説が提案されているが,ニューロイメージング技術(ポジトロン断層法:PET,機能的磁気共鳴画像法:fMRI,脳磁図法:MEG,等)の発展により,近年再び研究が活発に行われている.

    意識は脳の機能により発現すると考える立場から,意識は志向性をもつ高次な脳の情報処理の一様式(苧坂 1997)と定義できる.特定の脳の活動のみが意識と相関を持つと仮定し,脳内の神経細胞の活動から意識を解明しようとする神経科学的アプローチがNeural Correlates of Consciousness(NCC:意識と相関する神経活動)である.つまり,NCCは,特定の意識的知覚を共同して引き起こすのに十分な,最小の神経メカニズム(Crick&Koch 1990)と定義できる.

    しかし,意識そのものについても定義が難しい問題を抱えている.意識と無意識の関係に加え,意識の内容や,意識の状態に対応する複数の階層があると定義することができる.覚醒(arousal/vigilance)は,刺激の受け入れに対して準備ができた状態,アウェアネス(awareness)は,刺激を受け入れている状態,つまり知覚している状態であり注意に基づく刺激や反応への選択性がある状態,そして自己意識(self consciousness)は,注意の対象が自分の意識そのものである状態がある.自己意識は,自己に向かう再帰的(リカーシブな)意識と考えることができる.(苧坂 1997)

    NCC の研究では,再現実験における刺激の操作性の良さから,特に視覚的意識(visual consciousness)が研究対象に選ばれることが多い.視覚的意識には,盲視(blind sight),両眼視野競争(binocular rivalry),視覚的注意(selective visual attention),半側空間無視(parietal neglect)等,いくつもの特徴がすでに見出されており,これら視覚意識のNCC を研究することにより,現象的意識(phenomenal consciousness)解明に繋がることが期待されている.

  • Reiho Masunaga
    印度學佛教學研究
    1961年 9 巻 1 号 394-387
    発行日: 1961/01/25
    公開日: 2010/03/09
    ジャーナル フリー
  • Takuo AOYAMA, Shogo SHIMIZU, Yuki YAMADA
    Annals of the Japan Association for Philosophy of Science
    2015年 23 巻 1-18
    発行日: 2015/03/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー

    This paper presents what the authors call the 'divergence problem' regarding choosing between different future possibilities. As is discussed in the first half, the central issue of the problem is the difficulty of temporally locating the 'active cause' on the modal divergent diagram. In the second half of this paper, we discuss the 'second-person freedom' which is, strictly, neither compatibilist negative freedom nor incompatibilist positive freedom. The divergence problem leads us to two hypothetical views (i.e. the view of single-line determination and that of one-off chance), and these views bring humans closer to the afree side - i.e. outside of the contrast between being free and being unfree. The afree side is greatly different from the ordinary human side. This paper tries to secure the second-person freedom as a substitute for the ordinary human freedom while preventing the divergence problem from arising.

  • 濱中 淑彦
    失語症研究
    1995年 15 巻 1 号 11-16
    発行日: 1995年
    公開日: 2006/11/10
    ジャーナル フリー
  • John O'DEA
    Annals of the Japan Association for Philosophy of Science
    2007年 15 巻 2 号 81-93
    発行日: 2007/03/25
    公開日: 2009/03/26
    ジャーナル フリー
    Higher-order theories of consciousness, such as those of Armstrong, Rosenthal and Lycan, typically distinguish sharply between consciousness and phenomenal character, or qualia. The higher-order states posited by these theories are intended only as explanations of consciousness, and not of qualia. In this paper I argue that the positing of higher-order perceptions may help to explain qualia. If we are realists about qualia, conceived as those intrinsic properties of our experience of which we are introspectibly aware, then higher-order perception might have an explanatory role as the means by which we are aware of these properties. This would also allow us to treat qualia as the inner appearances resulting from inner perceptions, and therefore to treat them as intentional objects.
    It is fair to say that “inner sense” theories of consciousness are not widely accepted. Though Lycan (1987, 1996) and Armstrong (1984, 1993) are heavy hitters in their favour, the arguments against are formidable.1 Some are arguments against the very notion of an inner sense, and others are arguments against the inner sense as a theory of consciousness in particular. In this paper I will argue that whether or not inner sense theories of consciousness are viable, it is worth considering an inner sense theory of the introspectible quality of sensory states-that is to say of qualia. An inner sense theory of qualia faces few of the objections to the former, and solves many of the problems associated with the latter; including, I believe, the explanatory gap. Here I introduce a dispositional inner sense theory of qualia.
  • 松尾 豊
    日本ロボット学会誌
    2017年 35 巻 3 号 174-179
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/15
    ジャーナル フリー
  • 福田 敦史
    科学基礎論研究
    2003年 30 巻 2 号 49-54
    発行日: 2003/03/25
    公開日: 2009/07/23
    ジャーナル フリー
feedback
Top