詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "RIP SLYME"
3件中 1-3の結果を表示しています
  • 道本 ゆう子, 中村 真規子
    太成学院大学紀要
    2011年 13 巻 127-130
    発行日: 2011年
    公開日: 2017/05/10
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    近年の英語(Englishes)の拡張や国際言語としての役割を議論するときに、英語のintelligibilityが問題となっている。英語教育の分野でも、かつては伝統的な英語の母語話者(native speaker)の英語をモデルとし、それを評価の基準としていたが、昨今の英語の多様性に伴って英語教育も多様化しており、英語のintelligibilityをどのように確保するのかが課題となっている。本論では、現代英語の動向を踏まえ、英語教育とintelligibilityの関係、その必要性について考察する。
  • Ryo Yoneda, Masashi Yamada
    Acoustical Science and Technology
    2013年 34 巻 3 号 166-175
    発行日: 2013/03/01
    公開日: 2013/05/01
    ジャーナル フリー
    Musical psychologists illustrated musical emotion with various numbers of dimensions ranging from two to eight. Most of them concentrated on classical music. Only a few researchers studied emotion in popular music, but the number of pieces they used was very small. In the present study, perceptual experiments were conducted using large sets of popular pieces. In Experiment 1, ten listeners rated musical emotion for 50 J-POP pieces using 17 SD scales. The results of factor analysis showed that the emotional space was constructed by three factors, ``evaluation,'' ``potency'' and ``activity.'' In Experiment 2, three musicians and eight non-musicians rated musical emotion for 169 popular pieces. The set of pieces included not only J-POP tunes but also Enka and western popular tunes. The listeners also rated the suitability for several listening situations. The results of factor analysis showed that the emotional space for the 169 pieces was spanned by the three factors, ``evaluation,'' ``potency'' and ``activity,'' again. The results of multiple-regression analyses suggested that the listeners like to listen to a ``beautiful'' tune with their lovers and a ``powerful'' and ``active'' tune in a situation where people were around them.
  • 道本 ゆう子, 中村 真規子
    太成学院大学紀要
    2010年 12 巻 91-96
    発行日: 2010年
    公開日: 2017/05/10
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    Kachruの世界の英語(Englishes)のthe Three Circlesモデル(Kachru 1985;1986;1992;1996)は変化する英語の分布や機能を3種類の円で説明する。このモデルは現代の多様な英語を捉えるために、大きな貢献を果たしている。しかし近年、モデルがグローバリエーションの進行と共に変化していく英語の動性や多様性を捉られていないことが問題点として指摘されている。Park and Wee(2009)ではBourdieu(1991)の「言語市場(linguistic Market)」の概念を取り込み、モデルを再構築する。本稿では、世界の英語について、 Three Circlesモデル、言語市場とPark and Wee(2009)の提案するモデルについて考察する。
feedback
Top