詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "Search engine optimization"
39件中 1-20の結果を表示しています
  • 安齋 利典
    日本デザイン学会研究発表大会概要集
    2015年 62 巻 B4-03
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/06/11
    会議録・要旨集 フリー
    本報告では,企業ウェブサイトがいかに管理されてきたかを明らかにするために,三菱電機(以降,研究対象企業)オフィシャルサイト(以降,研究対象サイト)を事例とし,開発・管理・運営するために必要と考えられる「統合サイトマネジメント」を調査分析した.結論として,ウェブ専任組織の機能が,「システム・インフラ」,「コンテンツ・サイトマネジメント」と「ウェブマーケティング」であり,HCD, ISMS, PMO, SEO/LPOと SLAというマネジメントシステムの導入により管理されていたことが分かった.
  • 安齋 利典
    日本デザイン学会研究発表大会概要集
    2017年 64 巻 B2-05
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/06/29
    会議録・要旨集 フリー
    本報告では,これまで9回にわたり報告した内容を総括し,まとめる.企業ウェブサイトは,企業内外の環境の変化に応じて,体制や役割,目的,施策を対応させるように確立された開発/デザインプロセスに基づいて構築される.企業ウェブサイトにおけるデザイン最適化は,ユーザ行動に基づく情報を複数のマネジメントシステムから成る統合的サイトマネジメント方法によって開発,管理,運用することにより,なされると考える.この方法により,安全で安心できる安定した企業ウェブサイトが,継続的に改善され,情報を発信し続けることを希望する.
  • 阪本 直人
    日本健康教育学会誌
    2017年 25 巻 2 号 128-131
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/31
    ジャーナル フリー
  • 市村 匠
    知能と情報
    2012年 24 巻 1 号 19-20
    発行日: 2012/02/15
    公開日: 2018/01/11
    ジャーナル フリー
  • Ryuta Hazama, Yasuhide Ito, Zhenisbek Assylbekov
    JSEE Annual Conference International Session Proceedings
    2008年 2008 巻 W-12
    発行日: 2008年
    公開日: 2017/01/13
    会議録・要旨集 フリー
    With an extension of INTENG ("INT" ernational "ENG" ineering) network system, which has been developed and operated in order to exchange information collaboratively among our campus and sister Universities in many different countries and to be an electric worldwide mediator since the last year, a new online international community forum and alumni database has been constructed by utilizing only free open source software. This new online network is extremely important not only for a follow-up support of our graduates, but also for an attraction of new perspective international students. The cutting edge open source Content Management Systems (CMS) named "Joomla!" is used and it is designed to be flexible, simple, customizable, and powerful, even for non-programmers. Most importantly, non-technical (end) users such as students can freely add new extensions/functions any time in a modular/scalable way. Thus, community members can build its content and functionality by themselves by adding new modules/tools such as Blog, Chat, Forum, Ads, Wiki, Mailing List, Newsletter, Poll, multi-language translation, etc. In this report, we will present its basic features and the current status.
  • 北尾 敏明
    保険学雑誌
    2011年 2011 巻 612 号 612_115-612_126
    発行日: 2011/03/31
    公開日: 2013/04/17
    ジャーナル フリー
    本稿は,1997年の損害保険の自由化以降,急成長を遂げてきた自動車保険を主力商品とする通販系損保(「ダイレクト損保」)の過去10年間のマーケティングを振り返る。2009年度の通販系損保9社のマーケットシェアは,自動車保険全体の5.4%まで拡大している。ダイレクト損保の揺籃期のマーケティング手法は,テレマーケティングが主体であったが,その後,インターネットのeコマース技術を応用したWebマーケティングが成長の原動力となってきた。ダイレクト損保は,ここ10年間で保険料,事故対応コスト,営業コストのそれぞれにおいて,大手対比,大幅な引き下げを実現してきた。しかし,保険引受利益面では,保険料比較サイトによる価格競争の影響もあり,ビジネスモデルとして十分とは言えない。今後の10年間は,Webをさらに活用した新しい顧客サービスの開発競争が激化するものと予想される。
  • 伊敷 政英
    情報管理
    2006年 49 巻 8 号 425-438
    発行日: 2006年
    公開日: 2006/11/01
    ジャーナル フリー
    2004年6月のWebコンテンツJIS制定から2年が経過し,先進的な自治体や企業ではWebアクセシビリティへのさまざまな取り組みが行われてきた。Web標準やSEO(Search Engine Optimization,検索エンジン最適化)などの広まりとともに,Webアクセシビリティは「理解」から「実践」の段階へと進みつつある。本稿では,Webアクセシビリティの基本的な考え方や障害者のWeb利用特性,国内外での取り組みについて解説し,また2005年12月に総務省より発表された「みんなの公共サイト運用モデル」について,その全体像を概説する。
  • 北島 啓嗣
    経営情報学会 全国研究発表大会要旨集
    2014年 2014s 巻 E3-3
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/08/06
    会議録・要旨集 フリー
    本発表は、地方に立地するBtoB企業が、需要地との距離その他の不利を情報通信技術によって克服し、むしろ有利に展開している事例を分析する。地方に立地する
    BtoB
    企業は多く下請け構造の中に位置し、地方のコストの低さによって競争優位を得る戦略を取っていたが、この戦略はグローバル化の流れの中で苦戦を強いられている。対して少数ながらニッチ戦略を取って戦う企業も存在する。しかしながら、その時には、知名度の低さや需要地との距離が問題となる。これをインターネットによって克服する可能性はあるが、では、具体的に、何を行えばいいのか。本発表では、福井県の事例を通じて分析する。
  • 長谷川 学, 下村 彰男, 伊藤 弘, 小野 良平
    ランドスケープ研究
    2009年 72 巻 5 号 821-824
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/06/24
    ジャーナル フリー
    This study aims to examine the status quo of information about Japanese National Parks on the websites, and discuss how we can raise people's recognition of National Parks. In this study, the site-access quantity, search rank, and contents of each website related to National Parks were surveyed mainly, that are provided by many organizations of some groups. To add to them, the difference of National Park information between some groups of park-sites was surveyed. As a result, unbalance of contents between each group of sites, relative lowness of recognition of park-sites, and effectiveness of using sites of “local administrative organization” to raise recognition of National Park by providing information for users were shown. In addition, possibility to raise recognition of sites by various information, and importance of sharing roles of each park-site were suggested in this study.
  • 安齋 利典, 大矢 富保, 磯西 徹明, 粕谷 俊彦
    日本感性工学会論文誌
    2013年 12 巻 4 号 519-530
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/11
    ジャーナル フリー
    Corporate website should disseminate the latest and accurate corporate/business information. Therefore, it is needed to incorporate the updating and improvement mechanisms that can be updated in response to changing conditions inside and outside the company, on the development, management and operation processes. The purpose of this study is to present the methodology for “integrated website management” that is considered essential to develop, manage and operate the sophisticated design of large-scaled corporate website. Through the research and analysis in the case study of management situation of the research object company's website, we decided to compile the effective methodology in an integrated manner. More precisely, we conducted it based on the investigation of internal documents and interviews with relevant parties of the research object company. As a result, we propose the application of the combination of more than one management systems including HCD (Human-Centered Design process), with PDCA cycle.
  • Roger ZBINDEN
    観光研究
    2011年 23 巻 1 号 49-58
    発行日: 2011/09/30
    公開日: 2017/04/01
    ジャーナル フリー
    観光デスティネーションの競争力は、国際的にみて観光研究の重要な研究対象のひとつとなっている。観光地の競争力強化には、積極的なデスティネーション・マネジメントが不可欠であることは、理論的研究だけではなく、その実態においても示唆されている。デスティネーション・マネジメントの概念は実証的に確立され、今日では主要デスティネーションにおいては実際に適用されているのである。本稿では、デスティネーション・マネジメントの基本的概念を明らかにし、都市観光デスティネーションである東京、香港、シンガポールの3都市を事例にその適用についてみていきたい。これら3都市はいうまでもなく、国際観光市場において、MICEおよびレジャー分野で激しく競合するデスティネーションである。本稿では、3都市のデスティネーション・マネジメントの導入の仕方の違いを比較していく。
  • 山本 宏, 木村 真一, 永井 康史, 鈴木 健治, 橋本 英一, 高橋 伸宏, 加藤 松明, 高山 慎一郎, 河原 宏昭
    宇宙技術
    2006年 5 巻 19-26
    発行日: 2006年
    公開日: 2006/09/27
    ジャーナル フリー
    研究開発活動を発展させていく上において,その意義,内容,基本的な考え方などをわかりやすく説明し,研究内容に親しんでもらう,いわゆる教育啓蒙活動は欠くことのできない重要な課題である.NICTではマイクロラブサット1号機での実験により撮影された地球画像を直接メールで配信する「マイクロオリーブ実験写真のメール配信」実験を実施してきた.本論文では,我々が実施したメール配信実験の概要を紹介する.また,配信状況と実験開始からの登録数の遷移について検討する中で,本実験の参加者がインターネットにおいてどのように広がっていったかについて考察する.さらに,アンケートなどで得られた一般の方々からの生の声から,一般の人々が本実験に対してどのような関心を持ったのかについて検討する.これらの情報には,インターネットを用いた情報提供について何が効果的か,また一般の人々が宇宙開発についてどのような関心を持っているのかといったことについての,重要なヒントが含まれていると思われる.
  • 柴田 知秀, 姜 ナウン, 黒橋 禎夫
    人工知能学会論文誌
    2010年 25 巻 1 号 224-232
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/01/06
    ジャーナル フリー
    The recent explosive increase of Web pages has made it possible for us to obtain a variety of information with a search engine. However, by some estimates, as many as 40% of the pages on the Web are duplicates of the other pages. Therefore, there is a problem that some search results contain duplicate pages. This paper proposes a method for finding similar pages from a huge amount of Web pages: hundred million Japanese Web pages. Similar pages are defined as two pages that share some sentences, and are classified into mirror pages, citation pages and plagiaristic pages, etc. First, in each page, its content region is extracted since sentences in a non-content region do not tend to be utilized for the similar page detection. From the content region in each page, relatively long sentences are extracted. This is because two pages tend to be relevant when they share relatively long sentences. A pair of pages that has the identical sentences is regarded as similar pages. Next, similar pages are classified based on several information such as an overlap ratio, the number of inlinks/outlinks, and the URL similarity. We conducted the similar page detection and classification on the large scale Japanese Web page collection, and can find some mirror pages, citation pages, and plagiaristic pages.
  • 原岡 和生
    開発工学
    2016年 35 巻 2 号 121-124
    発行日: 2016/03/10
    公開日: 2017/03/01
    ジャーナル フリー
    We use the “ranking” everywhere. For example, top sales best10, good university top10, etc. And the result of technology/business innovations are also reported as ranking, share top 10, super computer speed ranking, and so on.
    Now, What is the ranking itself ?
    Our investigation to know the characteristics of the ranking shows that the ranking consists of five groups, 1.Primitive Ranking, 2.Social Ranking, 3.Anthropogenic Ranking, 4.Compound Ranking and 5.Rhetoric Ranking. And our investigation also shows that our behaviors are controlled by the ranking, like homo economics model. So we show a new human model, named “homo ranking”.
    Then some suggestions for using the ranking for innovation are considered.
  • 阪田 史郎
    電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン
    2007年 2007 巻 1 号 1_50-1_66
    発行日: 2007/06/01
    公開日: 2011/06/03
    ジャーナル フリー
    2005年よりWeb 2.0なる用語が急速かつ盛んに使われるようになっている.Web 2.0は,2005年に米国のTimO'Reillyが名づけ定義付けした新しい概念あるいはパラダイムであるが,インターネットのサービスやビジネスに大きなインパクトを与えつつある.本論文では,まずWeb 2.0の特徴や従来のWeb 1.0との相違などWeb 2.0の最新動向について,Web 2.0を支える技術を含めて,Web 2.0をベースとする新しいサービスやビジネスの詳細を述べる.次に,Web 2.0を基点とする将来のネットワークの研究課題の抽出やWeb 2.0の展望を行うことを目的として,Web 2.0と密接に関係する複雑ネットワークとユビキタスネットワークの動向について述べる.Webの成長モデルやコミュニティネットワークと一致する性質をもつ複雑ネットワークの構造を解析することは,Web 2.0の新しいビジネスモデル創出にも示唆を与え得る.ユビキタスネットワークは,プラットフォーム非依存やP2Pネットワーキング,コンテクスト・アウェアネスなどの面でWeb 2.0と共通性をもち,Web 2.0の将来の適用の場としても重要となる.
  • 津田 宏
    映像情報メディア学会誌
    2003年 57 巻 12 号 1638-1641
    発行日: 2003/12/01
    公開日: 2011/08/17
    ジャーナル フリー
  • 酒井 裕司
    情報管理
    2009年 52 巻 7 号 396-404
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/10/01
    ジャーナル フリー
    非定型的ドキュメント群から特定のキーワードを含むドキュメントを見つけ出す全文検索技術は,膨大な情報を対象とするインターネットの出現により,膨大な検索結果から重要度を判別する必要に迫られた。自然言語処理などデータそのものの意味的解析は難航する中,外部情報を元にコンテンツの重要度を判定する手法は成功を収め,CGM,SNSを融合した統合サービスへと発展した。一方,企業向け検索技術は,インターネットでの技術的要素を取り入れつつ,既存企業システムで多用されるRDBとの融合や,オープンソースなど多様な特性を持つベンチャーを輩出している。並列化しやすいシンプルな計算モデルとの競合に苦戦する自然言語処理などの高度検索技術だが,長期的な計算量の増大はやがて,実用的技術の出現を促すだろう。
  • 福島 俊一
    情報管理
    2003年 46 巻 7 号 436-445
    発行日: 2003年
    公開日: 2003/10/01
    ジャーナル フリー
    本稿は「Webサーチエンジンの基本技術と最新動向」と題した2部構成論文の後編である。前編ではWebサーチエンジンの背後にある基本的な情報検索技術を解説した。この後編ではWebサーチエンジン技術にかかわる5つの新しい話題を解説する。Googleで一躍有名になったリンク解析の改良・高度化が第1の話題,規模を追求してきた汎用Webサーチエンジンに対する目的特化やユーザ適応/状況適応という発展方向が第2・第3の話題,情報提供側の意図を反映した情報提示手法が第4の話題,サーチエンジン最適化(SEO)というコンサルテーション手法に着目したサーチエンジンスパムの問題が第5の話題である。
  • 神山 卓也
    日本情報経営学会誌
    2008年 29 巻 1 号 22-29
    発行日: 2008/09/20
    公開日: 2017/08/07
    ジャーナル フリー
    Marketing places is an idea that marketing can be applied not only to companies, but also to places, and this idea was made by Philip Kotler. In this paper, I chose Kagoshima prefecture as a target place to observe, and tried to promote Kagoshima prefecture using internet marketing approach. Homepage's existence is not enough for promotion because no one can go to homepages which one does not know. That is why I use SEM (Search Engine Marketing), especially SEO (Search Engine Optimization). But, According to "Sales Style and Space Model", SEM is not enough for marketing places either because no one can use keywords that one does not know. In order to solve this problem, I invented and tested "Door-to-Door Sales Type Promotion Model Using SEM".
  • 大谷 卓史
    情報管理
    2017年 60 巻 2 号 132-136
    発行日: 2017/05/01
    公開日: 2017/05/01
    ジャーナル フリー HTML
feedback
Top