詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "T細胞"
554,903件中 1-20の結果を表示しています
  • 鳥居 秀嗣
    日本皮膚科学会雑誌
    1998年 108 巻 14 号 1939-
    発行日: 1998年
    公開日: 2014/08/19
    ジャーナル 認証あり
    ランゲルハンス細胞は表皮に存在する抗原提示細胞で,形態学的には樹状を呈している.この細胞は骨髄幹細胞から分化して表皮に至り,まずは表皮における監視役としての働きをする.そして何らかの抗原刺激を受けた後は,表皮より遊走を始め,最終的に局所のリンパ節に至り,T細胞に対して抗原提示を行う.この非常に動的な細胞の起源,分化,遊走及びその機能制御などについて最近急速に解析が進んでいる.ランゲルハンス細胞の前駆細胞はCD34陽性細胞であり,GM-CSF,TNF-αやTGF-β1他の影響を受けてCD1a陽性でバーベック顆粒を有するランゲルハンス細胞へと分化する.そしてその表皮からの遊走に関しては,TNF-αやIL-1βが重要であることが明かにされてきている.さらに最近,ランゲルハンス細胞が解剖学的に神経末端と近い関係にあり,さらに神経末端から放出される神経ペプチドがランゲルハンス細胞の機能制御に関与していることが報告されたが,この機能制御にはIL-10をはじめとしたサイトカインがその仲介として働いていることが判明した.又同時に,ランゲルハンス細胞からはIL-6他の複数の神経栄養因子が産生されており,これによりランゲルハンス細胞は神経に対して何らかの働きかけをしているものと推定された.最後にランゲルハンス細胞の機能解析の有効な手段として,この細胞の株化の試みが盛んに行われているが,最近新生児マウス表皮より形態的及び機能的にランゲルハンス細胞類似の細胞株が確立され,ランゲルハンス細胞研究に非常に有用なモデルと期待されている.
  • 押味 和夫
    日本皮膚科学会雑誌
    2000年 110 巻 11 号 1685-
    発行日: 2000年
    公開日: 2014/08/19
    ジャーナル 認証あり
  • 日本皮膚科学会雑誌
    1975年 85 巻 12 号 707-
    発行日: 1975年
    公開日: 2014/08/25
    ジャーナル 認証あり
  • 日本皮膚科学会雑誌
    1975年 85 巻 3 号 119-
    発行日: 1975年
    公開日: 2014/08/25
    ジャーナル オープンアクセス
  • 麻生 和雄, 佐藤 紀嗣, 高木 博徳, 穂積 豊, 伊藤 義彦
    日本皮膚科学会雑誌
    1985年 95 巻 10 号 1055-
    発行日: 1985年
    公開日: 2014/08/20
    ジャーナル 認証あり
    頚部リンパ節に転移のみられた79歳女子.0・伯エ発性のMerkel cell carcinomaの症例について報告,これまでの文献例からその臨床病理について考察を加えた.転移病巣から腫瘍細胞を培養,現在継代14代である.培養細胞の形態的所見も記述した.
  • 園田 民雄
    日本皮膚科学会雑誌
    1980年 90 巻 8 号 701-
    発行日: 1980年
    公開日: 2014/08/21
    ジャーナル 認証あり
    母斑細胞母斑の臨床的ならびに組織学的観察,とくにその natural history についての研究の一環として,著者は母斑細胞母斑の組織中にみられる脂肪細胞様変性について,各種染色を施行し,光顕的に母斑細胞から脂肪細胞様変性への移行過程を示す所見が認められること,電子顕微鏡的観察で,脂肪細胞の周囲の母斑細胞の細胞質内に大小の脂肪滴が認められることから,母斑組織中にみられる脂肪細胞様変性は,母斑組織中に存在する類脂質とくに Cerebroside に近いものが母斑細胞巣の変性とともに,中性脂肪へ変化したものと推定した.
  • 柿沼 寛
    日本皮膚科学会雑誌
    1987年 97 巻 10 号 1075-
    発行日: 1987年
    公開日: 2014/08/08
    ジャーナル 認証あり
    正常表皮細胞と有棘細胞癌(HSC-1)の培養を行い形態観察とともに培養細胞における細胞膜表面タンパクを124IにてラベルしSDS-PAGE法(sodium dodecyl surfate polyacrylamide gel electrophoresis)にて分離し,さらにautoradiographyを行い細胞膜表面タンパクを比較検討した.1.を正常表皮細胞およびHSC-1は各々異なった増殖態度をとるものの細胞各々の形態的な差異は認められない.2.正常表皮細胞およびHSC-1では細胞全体のタンパク構成はほぼ同じであるが細胞膜表面タンパク(125I-Iabeled protein)については各々異なったクラスのタンパクをもつ.3.正常表皮細胞の細胞膜表面タンパクはトリプシンに対しほとんど影響されない.4.有棘細胞癌(HSC-1)のヨード化される細胞膜表面タンパクはトリプシンに対し感受性が高い.5.HSC-1ではトリプシンの影響から1日で細胞膜表面タンパクの構造的な回復が起っている.6.HSC-1はトリプシン感受性の高い細胞膜表面タンパクを合成している可能性がある.
  • 高橋 千恵, 喜納 辰夫, 矢野 勝喜, 桂 義元
    日本皮膚科学会雑誌
    1983年 93 巻 11 号 1141-
    発行日: 1983年
    公開日: 2014/08/20
    ジャーナル 認証あり
    TNP (trinitrophenyl) 化同系マウス脾細胞と完全フロイソドアジュバントを混合して尾根部に免疫したマウスからリソパ節細胞を採取し,放射線照射をした TNP 化牌細胞を添加しつつ2週間培養し,その後7週間にわたって,放射線照射した TNP化牌細胞,TNP 化 HGG(ヒトガソマグロプリン)および TCGF(T・cell growth factor, Interleukin 2) を添加しつつ長期培養を行った.培養細胞は順調に増殖し,TNP 化牌細胞に対し footpad test で DTH(遅延型過敏症)活性を示し,またヘルパー活性も保持していた.この細胞を限界希釈法を用いてクローン化し,約20個のクローンを得た.このうち比較的増殖力の旺盛な4つのクローン(No. 1, 2, 3, 4)につきヘルパー活性をしらべたところ,すべてがヘルパー活性を有していた.No.1とNo. 2のクローソでは,放射線照射した TNP 化牌細胞と TCGF の存在下で核酸合成を測定したところ,ともに著明な 3H・thymidine とりこみを示した.またNo. 1のクローンを TNP イヒ牌細胞とともにマウスの footpad に注射したところ,明らかな DTH 反応を呈した.以上 ,TNP 特異的T細胞クローンでの実験から, TNP 特異的 DTH を媒介する細胞と, TNP 特異的ヘルパー T 細胞とが同一の細胞である可能性が強く示唆された.
  • 櫻根 孝俊
    日本皮膚科学会雑誌
    1978年 88 巻 2 号 83-
    発行日: 1978年
    公開日: 2014/08/22
    ジャーナル 認証あり
    melanin は melanocyte 内で tyrosine を基質として生成される.ここで基質 tyrosine は細胞質内に free の形で存在すると一般に考えられているが,尚この他にmelanocyte 内で peptide が分解されて生ずる tyrosine も亦基質として利用される可能性も考えられる. mouse melanoma を材料として行った実験結果から,melanoma 組織内に peptidase が存在し, tyrosine を N 末端,C 末端に持つ dipeptide, 真中に持つ tripeptide を分解し tyrosine を遊離する事が確められた.この peptidase 活性は細胞質内溶性分画に局在し,一部は小頭粒分画にも認められる.小穎粒分画の活性は,滑面膜分面とfree ribosome richな分画とにあり,本酵素の生成の場はribosome一小胞体系で,反応の場は細胞質と推測される.この peptidase 活性の強さを4種の黒化度の異る mouse melanoma について比較したところ melanin の黒化度の順とよく一致した. 本酵素は生体内に広く存するleucine aminopeptidaseと基質特異性の面でよく似ているが,若干の相違点があり,特に2価陽イオンの作用態度が異っている.従って melanocyte 特有の aminopeptidase である可能性が充分考えられる. 以上の実験結果から melam・cyte level での melanin 生成に基質を供給する系の存在が強く推測される.
  • 加藤 平太
    日本皮膚科学会雑誌
    1960年 70 巻 8 号 852-
    発行日: 1960年
    公開日: 2014/08/29
    ジャーナル 認証あり
    色素細胞の増殖に就て多くの議論がある.組織学的に色素細胞の分裂像を認めて記載したのはBizzozero(1906)のそれが最初である.彼の示したものは分裂末期のもので,分裂細胞は基底層に位し,樹枝状突起が認められる.近年メラニン色素,或は色素細胞に就ての研究が盛んになるにつれて色素細胞分裂像を認めたとの報告に次第に接しうるようになつた.Billinghamはモルモつト皮膚に於いて色素細胞の分裂像を観察し,分裂時樹枝状突起は消失,細胞体は球状となるとした.Massonは頬粘膜の標本で色素細胞の分裂像を認めた.それは分裂終期に相当する像を示した.彼は色素細胞の分裂は一般には無糸分裂であるが有糸分裂もまた行われるものと考えた.Pinkusは黒人の手の尋常性疣贅に於いて明瞭なる有糸分裂像を知見し,分裂中突起の消失はなく,細胞体は分裂間期の細胞に比し大であり,且つ球状をなすとしている.BeckerはThorium X照射後,14日目の分離表皮に於いて分裂像を見出した.Montagnaは毛嚢に於いて色素細胞は上皮細胞と同様有糸分裂を行うが,色素顆粒のため,分裂像を認知し難いのであろうと述べている.
  • アレルギー
    2008年 57 巻 8 号 1070-
    発行日: 2008/08/30
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • アレルギー
    1999年 48 巻 4 号 486-
    発行日: 1999/04/30
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • アレルギー
    1996年 45 巻 11 号 1211-
    発行日: 1996/11/30
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • アレルギー
    1995年 44 巻 10 号 1246-
    発行日: 1995/10/30
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
  • ファルマシア
    1982年 18 巻 5 号 425-
    発行日: 1982/05/01
    公開日: 2018/08/26
    ジャーナル フリー
  • 今泉 勤, 三橋 善比古, 吉川 賢一, 近藤 慈夫, 加藤 哲子
    日本皮膚科学会雑誌
    1998年 108 巻 2 号 117-
    発行日: 1998年
    公開日: 2014/08/19
    ジャーナル 認証あり
    81歳,女性.初診の1年前より左頬部に小腫瘤出現.切除標本の病理組織学的検索で,小型類円形細胞からなる真皮内腫瘍と,それを被覆する表皮の腫瘍性変化を認めた.真皮内腫瘍は電顕的に特徴的な有芯顆粒を認め,Merkel細胞癌と診断された.また,被覆する表皮内の腫瘍はBowen病と考えられた.表皮の腫瘍性変化を伴うMerkel細胞癌の報告例47例を,両腫瘍細胞が混在するadmixed type,被覆する表皮内に腫瘍性変化を認めるoverlying type,両腫瘍が近接した部位にみられるadjacent typeの3つに分類した.その結果admixed type13例,overlying type15例,adjacent type14例であった.発症部位別に各typeの頻度を比較し,両腫瘍の発症機序について考察した.
  • 長江 浩朗, 荒瀬 誠治, 中西 秀樹, 武田 克之
    日本皮膚科学会雑誌
    1991年 101 巻 12 号 1377-
    発行日: 1991年
    公開日: 2014/08/11
    ジャーナル 認証あり
    手術により得た爪母より,explant culture,dispersed cell culture,およびゲル内での三次元的なexplant cultureの3方法でヒト爪母細胞を培養した.Explant cultureではⅣ型コラーゲンをコートしたシャーレ上でも無処理シャレー上でも初期には細胞は同様に増殖したが,無処理シャーレでは細胞が早期より角化(細胞の大型化と脱核)した.Dispersed cell cultureではⅣ型コラーゲンをコートしたシャーレとⅣ型コラーゲンをコートしたⅠ型コラーゲン膜上でともに細胞は増殖したが,plating efficiencyは前者では約0.2%,後者では約0.5%であった.また前者では角化が早く始った.無処理シャーレ上でも細胞は接着したが増殖しなかった.培養経過中にコロニー内で細胞が積み重なり,程度の差はあれ,ドーム状に盛り上る現象が,explant culture,dispersed cell cultureでみられた.コラーゲンゲル内での三次元的なexplant cultureでは全方向に向かって細胞が出現し,樹枝状に増殖した.電顕所見ではケラトヒアリン顆粒はみられず,コラーゲン膜と細胞間に基底模様構造もみられなかった.培養細胞の抗毛ケラチンモノクローナル抗体を含む各種抗ケラチン抗体に対する反応は,組織爪母細胞と同様で,表皮基底細胞,表皮有棘細胞,培養表皮細胞のいずれとも異っていた.爪母細胞は表皮細胞や外毛根鞘細胞とほぼ同じ条件でよく増殖し,表皮細胞とは異った性質を有することがわかった.
  • 相模 成一郎
    日本皮膚科学会雑誌
    1973年 83 巻 5 号 205-
    発行日: 1973年
    公開日: 2014/08/26
    ジャーナル 認証あり
    In vitroでの基底細胞癌の増殖形態として,1)細胞相互の接着は密であり,2)重層をなし,3)細胞集団を形成して組織構築を行ないうる能力をもっているが,4)各細胞の極性は一定方向を示さず,5)線維芽細胞集団とは一線を画して混じ合わない.これに反し,有棘細胞癌の母組織から游出してくる細胞は,1)個々の細胞が孤立性に,自律性に増殖し,2)細胞集団を形成する傾向が少く,すなわち,組織構築能を欠除しており,3)線維芽細胞集団内へも侵入し細胞分裂を行ないうる.以上のように,in vitroでの両種の癌細胞の増殖形態には大きな相異を見出すが,これらの所見はそれぞれin vivoにおける両種の癌組織像と一致するものであり,また,これらの相異は両種の癌細胞のもつself-control mechanismによるものであると推論した.このself-control mechanismとしてのキャロン,レチン,cAMPを簡単に紹介し,本実験で得た成績を文献から考察し,今後の研究のアプローチについて論じた.
  • 大橋 勝, 田中 久雄, 水谷 貞夫
    日本皮膚科学会雑誌
    1973年 83 巻 3 号 133-
    発行日: 1973年
    公開日: 2014/08/26
    ジャーナル 認証あり
    色素性蕁麻疹のマスト細胞を電顕的,および電顕細胞化学的に観察した.種々の形態をしめす顆粒の内で,大きさ0.5~1μで,限界膜にとりかこまれ,均質な基質を有し,限界膜と基質との間に低電子密度部分を有する顆粒は,酸フォースファターゼ強陽性で,デキストリン鉄のとりこみは早く,他の分泌顆粒とは明らかに区別され,分泌顆粒ではなく,ライソゾームと考えられた.マスト細胞はとりこみを行うのみでなく,ライソゾームの存在により,消化過程も行うことが示され,マスト細胞の機能との関連について,2~3の考察を加えた.
  • アレルギー
    2008年 57 巻 11 号 1231-
    発行日: 2008/11/30
    公開日: 2017/02/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top