詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "pseudocyesis"
3件中 1-3の結果を表示しています
  • 樋口 安彦
    The Tohoku Journal of Experimental Medicine
    1965年 85 巻 2 号 143-154
    発行日: 1965/03/25
    公開日: 2008/11/28
    ジャーナル フリー
    The oxygen consumption rate (Qo2) of the limbic system, especially the hippocampus, of adult rats was measured under various conditions which have been applied to treatment of psychosomatic disease. The Qo2 of the brain was lower in female than in male rats. The Qo2 was found to be the highest in the diencephalon, next in the neocortex and the lowest in the limbic system. The hippocampus Qo2 was affected by various conditions, whereas that of the olfactory gyrus was not. The hippocampus Qo2 was raised during estrus, recovery from fasting, after glucose injection in the insulin-treated group and by administration of estrogen; while it was lowered during diestrus and by treatment with progesterone, testosterone and chlorpromazine. With noradrenaline and zinc gluconate the hippocampus Qo2 tended to decrease slightly. However, meprobamate, reserpin, γ-oxybutylic acid, monoamine oxidase inhibitor, change in the blood sugar level and electrical stimulation of the olfactory nerve have no effect. In experimental neurosis the 90 minutes value of the hippocampus Qo2 tended to be lowered.
  • 清水 栄司, 佐々木 司, 鈴木 伸一, 端詰 勝敬, 山中 学, 貝谷 久宣, 久保木 富房
    不安障害研究
    2014年 5 巻 2 号 116-121
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2014/05/02
    ジャーナル フリー
    日本不安障害学会では,日本精神神経学会精神科用語検討委員会(日本精神神経学会,日本うつ病学会,日本精神科診断学会と連携した,精神科病名検討連絡会)からの依頼を受け,不安障害病名検討ワーキング・グループを組織し,DSM-5のドラフトから,不安障害に関連したカテゴリーの翻訳病名(案)を作成いたしました。
    ご存知のように,厚生労働省は,地域医療の基本方針となる医療計画に盛り込むべき疾病として指定してきた,がん,脳卒中,急性心筋梗塞,糖尿病の四大疾病に,新たに精神疾患を加えて「五大疾病」とする方針を決め,多くの都道府県で2013年度以降の医療計画に反映される予定です。
    精神疾患に関しては,「統合失調症」や「認知症」のように,common diseasesとして,人口に膾炙するような,馴染みやすい新病名への変更が行われてきております。うつ病も,「大うつ病性障害」という病名ではなく,「うつ病」という言葉で,社会に広く認知されております。
    そこで,DSM-5への変更を機に,従来の「不安障害」という旧病名を,「不安症」という新名称に変更したいと考えております。従来診断名である,「不安神経症」から,「神経」をとって,「不安症」となって短縮されているので,一般に馴染みやすいと考えます。ただし,日本精神神経学会での移行期間を考え,カッコ書きで,旧病名を併記する病名変更「不安症(不安障害)」とすることを検討しております。
    そのほかにもDSM-5になって変更追加された病名もあるため,翻訳病名(案)(PDFファイル)を作成しました。翻訳病名(案)については,今後も,日本精神神経学会精神科用語検討委員会の中での話し合いが進められていく予定です。どうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 保坂 隆, 大須賀 等, 狩野 力八郎, 藤井 明和
    心身医学
    1987年 27 巻 6 号 523-533
    発行日: 1987/10/01
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
    子宮摘出術の精神的影響を検討するために43人の患者を対象として調査した。対象は手術前日に精神科的面接を受け心理テスト(CMI, YGテスト)が施行された。精神科的面接は中立性, 客観性を保つために著者らのうち2名の精神科医が同席して行われた。さらに, 婦人科的診察・術式・術後合併症などについて医師からどう説明されたか, また, 過去の喪失体験に対する反応や女性性, 月経, 月経停止に対する態度など, あらかじめ決められた質問が用意された semi-structured interview の形式をとった。さらに術後7日目にも特に喪失体験に対する急性反応に焦点をあてた精神科的面接が施行された。また, 約2年後に術後の影響を調べるために心理テストと, 特別に作成された調査用紙が郵送された。回答が得られすべての項目に関するデータが揃ったのは35人(81.4%)で, 以後はこの35人について検討された。1人の離婚女性と2人の未婚女性を除けばすべて既婚者で出産経験者であった。過去に神経症的傾向のある2人は術後一時的に症状増悪がみられたが, 両者とも既婚者で2人以上の子供がいた。さらに両者とも婦人科的診断は良性の子宮筋腫であった。また, 附属器切除を施行した52歳の主婦ではエストロゲン欠乏によると思われる灼熱感がみれらた。さらに一時的に腰痛を自覚した患者も4名いた。一般に, 子宮摘出術後に病的な精神科的反応を惹起する危険因子は, (1)若年女性であること, (2)精神科既往歴があること, (3)家族歴に精神科疾患があること, (4)子供がいないか少なくて, 妊娠を希望していること, (5)夫婦関係が障害または破綻していること, (6)器質的疾患がないこと, (7)術前に不自然なまでに安定していること, などである。しかし, 本研究の結果は, 子宮摘出後には種々の精神症状がみられるという従来からの仮説を支持することはできなかった。その理由のひとつとして考えられるが, 本研究より驚くほど多くの患者が自分の受ける手術の術式や術後合併症について知らなかったり, また知ろうとしていないことが明らかになった。この「否認」という防衛機制が, わが国における子宮摘出術患者において術前の緊張や不安を軽減したり, 術後の精神科的合併症を回避するのに有効であるように思えた。
feedback
Top