詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: ”濃厚接触”
377件中 1-20の結果を表示しています
  • QuantiFERON®TB -2Gを用いた検討
    宮下 裕文, 樋口 一恵, 東山 典子, 沖 智子, 原田 登之, 関谷 幸江, 宍戸 眞司, 森 亨
    結核
    2005年 80 巻 8 号 557-564
    発行日: 2005年
    公開日: 2011/05/24
    ジャーナル フリー
    〔目的〕大規模な接触者検診の場において,QuantiFERoN®TB-2G(QFT)の有用性を検討した。〔対象および方法〕医療機関職員が初発患者(G7)である集団感染事例において,最濃厚接触群ll人,濃厚接触群33人および非濃厚接触群3,791人に分け,最濃厚接触群と濃厚接触群にはツ反,胸部X線検査およびQFT検査を実施した。非濃厚接触群のQFT検査については,ツ反陽性者と胸部x線結果から感染の可能性がある者について行った。〔結果〕最濃厚接触群,濃厚接触群および非濃厚接触群においてツ反の発赤長径30mm以上(BCG未接種者は10mm以上)の者は,各群7名,7名,277名であった。一方QFT検査の陽性者は,最濃厚接触群で3名,濃厚接触群で2名,非濃厚接触群においては検査可能だった225名中5名が陽性であった。〔結論〕今回の事例を,ツ反の結果のみで評価した場合,非常に大規模な集団感染と見なすことになったが,QFT検査の結果では,初発患者からの感染者は,最濃厚接触群にとどまることが示唆された。QFT検査を導入し,特異度高く結核感染を診断することは,今後の接触者検診に多大なる恩恵をもたらすと考えられる。
  • 船山 和志, 辻本 愛子, 森 正明, 山本 洋美, 藤原 啓子, 西村 知泰, 長谷川 直樹, 堀口 逸子, 森 亨, 丸井 英二
    結核
    2005年 80 巻 7 号 527-534
    発行日: 2005年
    公開日: 2011/05/24
    ジャーナル フリー
    〔目的〕大学での結核集団感染事例において,接触者検診にQuantiFERON®TB-2G(以下QFT)を用い,有用性を検討した。〔対象と方法〕結核患者の発生に際して,有症状期閥に大学で接触のあった濃厚接触群と,直接の接触がなかった非濃厚接触群にツベルクリン反応検査とQFTを実施し,比較検討した。〔結果〕濃厚接触群と非濃厚接触群の陽性率は,ツベルクリン反応検査よりも,QFTでより違いがはっきりしていた。また,濃厚接触群では発赤長径30mm未満の者においてもQFT陽性者を認めた。〔考察〕BCG既接種者の集団では,ツベルクリン反応検査のみで行う感染範囲の特定や,化学予防対象者の絞り込みに問題があることが考えられた。QFTの利用は保健所における接触者検診強化に有用と考えられた。
  • 小林 志保, 山内 麻利子, 山下 真, 石川 浩二, 芦原 睦
    心身医学
    2010年 50 巻 6 号 516-
    発行日: 2010/06/01
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
  • 磯部 昌憲, 川添 文子, 高宮 静男, 上月 遥, 今井 必生, 松石 邦隆
    心身医学
    2010年 50 巻 6 号 516-
    発行日: 2010/06/01
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
  • 渡瀬 博俊
    結核
    2005年 80 巻 6 号 461-467
    発行日: 2005年
    公開日: 2011/05/24
    ジャーナル フリー
    〔目的〕今回学習塾講師の結核発病により,接触者健診を行った結果から,感染リスクについて評価を行った。〔方法〕学習塾講師が約半年間の咳が持続した後,ガフキー4号の肺結核と診断され,30歳未満の接触者184名に対してツベルクリン検査を行った。接触者は濃厚接触群と非濃厚接触群に分類し,感染率の推定を行った。また結核感染のリスク評価として混合モデル分析およびロジット分析による反応径の評価とともにWells-Rileyの空気感染モデルを使用した。〔結果〕濃厚接触者112名中26名(23.2%)が発赤径30mm以上となっていた。また患者が受療する直前の接触者の間で感染率が高くなっていることが示された。治療直前の患者から排出していた感染単位は1.1~4.Oquanta/hourと推定された。〔結論〕濃厚接触者中の被感染危険度は患者の治療直前にかけて急激に上昇したことが考えられ,周囲への感染を防ぐために症状が出現した後の早期診断の重要性が示された。
  • 原永 修作, 佐久川 廣美, 比嘉 太, 健山 正男, 藤田 次郎
    環境感染
    2007年 22 巻 4 号 242-246
    発行日: 2007/12/25
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    成人の百日咳症例おいてはまだその認識が薄く, 院内感染対策もあまり実施されていないのが現状と思われる. 今回, 我々は百日咳の院内暴露と考えられる事例を複数回経験した. CDCのガイドラインをもと参考に百日咳対策案を作成し患者, 濃厚接触者, ハイリスク患者, およびそれ以外の医療者にわけ対策を行い, 二次感染を予防した. また成人での百日咳感染の現状を把握するため, 外来および入院での成人の咳嗽患者における百日咳菌に対する凝集素価を測定した. 単回血清を用いた凝集素価の測定により百日咳感染の疑われる症例が23%に見られた. 百日咳の院内感染対策の認識を拡大するとともに, 百日咳における早期診断法の確立や単血清での診断基準の設定が望まれる.
  • 和田 光一, 村松 芳幸, 田崎 和之, 佐藤 健比呂, 荒川 正昭, 尾崎 京子, 高野 操
    感染症学雑誌
    1988年 62 巻 3 号 194-199
    発行日: 1988/03/20
    公開日: 2011/09/07
    ジャーナル フリー
    中国旅行中に咽頭痛, 寒気, 全身倦怠感を自覚した旅行者が帰宅した.その4日後, 混合性結合組織病 (MCTD) のため長期間ステロイド剤を内服中で, 自宅で療養していた妻が高熱, 意識障害, 出血斑, 血圧低下, チアノーゼのため入院した.患者の血液, 髄液よりNeisseria meningitidis B群が検出され, 流行性脳脊髄膜炎と診断されたが, 入院後24時間で典型的なWaterhouse-Friderichsen症候群のため死亡した.
    この感染経路を検討したところ, 夫の鼻腔, 咽頭より大量のN.meningitidisが分離され, 保菌者であることが確認された.さらに3ヵ月後, サルコイドーシスで入院した症例の咽頭より大量のN.meningitidisが分離され, この家人がやはり同一時期, 同一経路で中国旅行をしていることがわかり, これらの感染は輸入感染症の二次感染であると推定された.新潟地区の健常者30名, 2名の保菌者の濃厚接触者21名, 中国旅行を一緒にしたグループ15名, 計66名の鼻腔・咽頭培養では, 保菌者の6歳の男児1名のみからN.meningitidisが検出された.その男児の同級生31名の咽頭培養からは, N.meningitidisは検出されなかった.
    次に, 保菌者3名のうち, 大人2名に対してはOfloxacm (OFLX) 600mg, 小児1名にはCefixime (CFIX) 100mgを使用したところ, 24時間後には除菌された.保菌者の濃厚接触者9人は, OFLX300mgを予防的に内服し, その後感染は認められなかった.
    近年, 本邦の流行性脳脊髄膜炎, Waterhouse-Friderichsen症候群の報告では, 感染経路, 予防的化学療法について検討されたものはなく, また保菌者をOFLX, CFIXで除菌した症例は初めてである.
  • 原田 登之, 森 亨, 宍戸 眞司, 樋口 一恵, 関谷 幸江
    結核
    2004年 79 巻 11 号 637-643
    発行日: 2004/11/15
    公開日: 2011/05/24
    ジャーナル フリー
    [目的] 結核接触者健診における結核感染診断の目的のために, 結核菌特異抗原 (ESAT-6およびcFP-10) を用いた全血インターフェロンγ応答を定量する方法 (QuantiFERoN®TB-2G) がどのように有効であるかを検討するために本研究を行った。 [対象と方法] ある若年者集団 (専門学校生) における結核患者の発生に際して, ツ反とともに本法を適用し, その知見をツ反と比較分析した。 [結果] 初発患者との接触が濃厚な群とそれ以外の接触者とでは本法の陽性率に大きな差が見られたが, ツ反では違いはわずかで, 本法がBCG接種の影響を受けずに結核感染診断が正確に行えることを示唆していた。 [結論] ツベルクリン反応検査との比較から, この方法は従来のツベルクリン反応検査とその便宜的な診断基準による方法で回避できない不必要に過剰な化学予防の指示を大幅に節減し, また適用方法を工夫することによって必要な対象者を最大限補足することが可能になると考えられる。いっそう信頼性のある方法として広範に利用できるものとなるために克服すべきいくつかの課題が残されているものの, この方法は今後の結核対策のなかで重要な手段のひとつとなるであろう。
  • 田中 秀則
    日本東洋医学雑誌
    2018年 69 巻 3 号 291-294
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/02/27
    ジャーナル フリー

    (目的)
    妊婦は,インフルエンザ患者と濃厚接触した場合には,抗インフルエンザ薬の予防投与が勧められているが,服用を避けたい妊婦も存在する。本研究では,妊婦が,インフルエンザに罹患した家族に,濃厚接触した場合,葛根湯内服で,発症を予防できるか否かについて,調べることを目的とした。
    (方法)
    対象は,家族がインフルエンザに罹患した5症例である。投与時,妊娠週数は,A:妊娠5週,B:7週,C:8週,D:11週,および,E:31週であった。患者の同意を得て,葛根湯エキス7.5g,5日間を投与した。
    (結果)
    B,C,D,E 症例では,発熱症状などは,認められなかった。A 症例は,投与後3週間後に発熱を認めたが,インフルエンザ検査では,陰性であった。すべての症例で,妊娠経過,および,新生児に異常は認められなかった。
    (結論)
    葛根湯の内服によりインフルエンザの発症抑制が示唆された。

  • 北本 朝展
    デジタルアーカイブ学会誌
    2020年 4 巻 2 号 83
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/25
    ジャーナル オープンアクセス
  • 松崎 道幸
    日本禁煙学会雑誌
    2020年 15 巻 2 号 29-31
    発行日: 2020/07/01
    公開日: 2020/07/31
    ジャーナル フリー
  • 司会:喜多村 健, 演者:山中 昇
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    2014年 117 巻 4 号 398-400
    発行日: 2014/04/20
    公開日: 2014/06/06
    ジャーナル フリー
  • 内藤 健
    日本シミュレーション学会論文誌
    2020年 12 巻 2 号 37
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/05/20
    ジャーナル フリー
  • 小児におけるQuantiFERON ® -TB Second Generation (QFT-2G) 検査の有用性の検討
    高松 勇
    日本小児呼吸器疾患学会雑誌
    2007年 18 巻 2 号 148-152
    発行日: 2008/01/31
    公開日: 2011/01/25
    ジャーナル フリー
  • 瀬戸 順次, 阿彦 忠之
    結核
    2014年 89 巻 4 号 503-508
    発行日: 2014年
    公開日: 2016/09/16
    ジャーナル フリー

    〔目的〕接触者健診における高齢者に対するQFT-3G検査の有用性を検討すること。〔方法〕2010年9月~2013年5月,山形県での結核患者の濃厚接触者等2,420人に対して実施したQFT-3G検査成績を分析し,QFT-3G陽性者のLTBI届出の有無および結核発病状況を調査した。〔結果〕QFT-3G陽性率は7.3%(95% CI 6.2-8.3%)であり,年齢階級の上昇とともに陽性率が高くなる傾向が確認された(P<0.001)。〔考察〕QFT-3G陽性率は高齢者(60歳以上)で高い傾向を認めたものの,結核推定既感染率に対して大きく下回っており,過去の古い結核感染歴があっても必ずしもQFT-3G陽性にはならないと考えられた。さらに,QFT-3G陽性者の分析から,60歳代の2分の1,70歳代の3分の1,80歳以上の4分の1程度は最近の結核感染と推定された。結論として,高齢者のQFT-3G検査結果の解釈は結核患者との接触状況等を踏まえ慎重に行う必要があるものの,結核患者との濃厚接触歴のある高齢者に対してQFT-3G検査を実施することは,潜在性結核感染症のスクリーニングとしては意義があると考えられた。

  • 与那覇 朝樹, 幸地 政子, 桑江 紀子, 比嘉 啓, 上江洌 良尚, 国吉 和昌, 潮平 芳樹
    日本内科学会雑誌
    2007年 96 巻 8 号 1715-1716
    発行日: 2007年
    公開日: 2012/08/02
    ジャーナル フリー
    Pasteurella multocida(以下P. multocida)はグラム陰性短桿菌でヒト以外の動物の常在菌として知られている.ネコ,イヌによる咬傷や擦過傷によってヒトの皮膚,軟部組織への感染や気道感染が多いとされている1).症例は41歳男性.発症は典型的な髄膜炎で,患者髄液,血液,患者ペットの咽頭よりP. multocidaが検出された.本邦においては稀な人畜共通感染症と考えられた.
  • 前野 里恵, 石田 由佳, 金子 俊之, 森川 由季, 井出 篤嗣, 高橋 素彦
    理学療法学Supplement
    2015年 2014 巻 P3-A-1144
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/04/30
    会議録・要旨集 フリー
    【目的】疥癬に罹患している患者が入院治療と理学療法介入に伴い,医療従事者へ感染伝播した事例を通して,感染管理室とリハビリテーション部の感染対策について報告する。【方法】高齢女性 平成26年1月上旬 自宅で転倒受傷して入院 診断;恥骨骨折 既往歴;疥癬の診断なし 入院時,全身に掻痒性皮疹 他院で処方されたリンデロンを外用したが,皮疹が拡大した。ADL;食事以外全介助 入院前生活:自宅内杖歩行自立 屋外車いす利用 要介護2 入院5日目 リハビリテーション科併診 理学療法開始 入院4週1日目 皮膚科併診 腋窩の小膿疱より疥癬虫ヒゼンダニ1匹を検出し,通常疥癬と診断 オイラックス外用薬とストロメクトール内服治療開始 主治医,看護師長と感染管理室へ連絡 接触した医療従事者の感染対策開始 入院2.5ヶ月目 患者転院 病棟の最終発症者治癒 担当理学療法士の両上肢と腹部に発疹と掻痒感出現 入院3ヶ月目 近医皮膚科受診し,外用薬処方で経過観察 入院4ヶ月目 理学療法士の皮膚症状増強し,当院皮膚科受診 疥癬虫未検出 入院5ヶ月目 疥癬虫検出診断 治療開始 入院6ヶ月目 治癒 治療終了【結果】1.感染管理室の指導・対応 ①患者基本情報の収集:入院前後の皮膚の状況,生活状況 ②接触者調査:関係部署に情報提供し,患者の同室者,接触した職員に自己申告依頼 接触者は,同室の患者5名と担当理学療法士1名を含めた医療従事者56名で,同室者の発症はなかった。患者の診断日から17日間に手部~腋窩に発疹や掻痒などの皮膚症状があった発症者は看護師9名。③初期対応の指導:患者個室隔離,標準予防策の徹底,手袋と1患者1手洗い,肘以遠の手洗いとエプロンかガウン着用を強化,同室者患者と接触職員の症状の観察強化,症状発生時の速やかな感染管理室報告と皮膚科受診 ④職業感染;受診費用病院負担 労働災害申請 ⑤有症状者の発生対応;発症者の把握 就業制限の対象者と期間決定 予防投与検討 勤務は,確定診断までと内服翌日から勤務許可とし,確定診断後の投与後24時間までは休職。予防投与は担当理学療法士1名を含めた47名。2.担当理学療法士とリハビリテーション部の対応 ①発症原因の確定;疥癬を伝播するリスクと症状発生時期の一致 ②接触者の調査;理学療法士と接触した入院と退院患者を対象に,時系列に接触頻度や期間,皮膚症状について調査選定 ③接触者へ説明:入院患者は直接,本人や家族に説明,退院患者は説明書を郵送 担当した患者は117名で,発症の疑いのある患者は観察やカルテ所見調査から43名に絞られた。その内,問い合わせと受診対応があったのは,入院患者2/13名中,退院後患者1/30名中であり,最終的に疥癬は否定。④症状発生者の受診や投薬の費用に関する調整:連絡対応は感染管理室,受診対応は皮膚科 受診費用病院負担 ⑤リハビリ部の対応:疥癬の知識習得と場所を病棟に替え,標準予防策 手袋と長袖の勤務服着用,治療の過程での直接接触を避けた治療方法の立案,順番は最後。移乗介助などに必要な濃厚接触をする場合は標準予防策とガウン着用。職場の混乱を避け,過剰な感染対策の防止 心理的支援など。他の患者のリハビリ治療は,直接皮膚接触禁止,濃厚接触を必要とする患者,易感染者や小児の担当を中止。理学療法士自身も常に身体の位置や症状を意識しながら行ない,疑わしい場合は速やかに感染管理室へ報告する体制にした。【考察】感染管理マニュアルでは,入院時から感染疾患の疑わしい患者は,感染症と診断がつく前から拡大する可能性があるので,入院時から感染予防対策が必要である。その対策は臨床症状で,疑いの時点から「伝播を防止する」ことを目的として,1例の発生で感染管理室への報告を義務付けている。しかし,その疑いの目は正しい知識の下で成り立つものであり,疥癬の特徴,感染伝播のリスクについての職員教育は重要である。今回,入院時から皮膚症状が確認されていたにも関わらず,感染管理室へ報告及び皮膚科の受診に1ヶ月も時間がかかり集団発生へ発展した。また,一般的に直接接触以外は,標準予防策で対応可能とあるが,担当理学療法士は標準予防策を講じ,さらに予防投与後も発症したことから,予防着も必要である。原因として手袋と勤務服との境目の皮膚露出,介助時の密着や衣服へのダニの付着などが推察された。しかし,最善は治療開始時から皮膚の状態の観察,報告,対策をして自分自身も注意を払うことが確実である。【理学療法学研究としての意義】理学療法分野における感染症関連の報告は乏しく,この報告が感染対策の一助に成り得る。
  • 臨床神経学
    2020年 60 巻 12 号 893
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/12/26
    ジャーナル 認証あり

    2020年度(令和2年度)日本神経学会臨時理事会,臨時学術大会運営委員会合同会議議事要旨

    2020年6月30日(火)

  • 杢保 貴幸, 濵田 真由子, 石井 康友, 宮本 彩, 向井 浩一朗, 徳竹 裕貴, 植田 宏治, 松岡 裕士
    日本農村医学会雑誌
    2021年 69 巻 5 号 489-493
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/03/13
    ジャーナル フリー
     インフルエンザを発症した患者の同室者や濃厚接触者に対して曝露後予防投与を行なう場合がある。オセルタミビルの添付文書では7~10日の投与とされているが,院内規定は5日の投与と設定している。今回,入院患者,医療従事者の曝露後予防におけるオセルタミビル5日間投与の有効性評価と病院経営への影響について検討した。診療録を基にインフルエンザ2次感染の有無を後方視的に調査した。調査期間は2013年度〜2017年度の5年間とした。有効性評価は2次感染率(発症患者のインフルエンザ診断から診断日を含めて10日以内に2次感染が認められた患者数/予防投与を行なった人数×100)とした。また,オセルタミビルの5日間投与と添付文書に従ったと仮定した場合の薬剤費の比較を行なった。オセルタミビルによる曝露後予防投与を行なった入院患者は133名,医療従事者は434名,2次感染率は3.0%(4/133件),0.5%(2/434件)であった。薬剤費は10日間投与と仮定した場合と比較して50%(約85万円)減少した。オセルタミビルの5日間投与の有効性は他の報告と同等以上であり,有効であったと考えられる。また,2次感染予防は入院期間延長の回避が期待され,副次的に病院経営に貢献した可能性があると示唆される。
  • 結核
    2005年 80 巻 12 号 773-784
    発行日: 2005年
    公開日: 2011/05/24
    ジャーナル フリー
feedback
Top