詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
発行年: 2013年~2013年
論文タイトル: 布引山地東縁断層帯東部海域部
OR 論文タイトル: 分布
OR 論文タイトル: 伊勢湾
AND 著者名: 岡村
2件中 1-2の結果を表示しています
  • 泉宮 尊司,
    岡村
    拓昭, 石橋 邦彦
    土木学会論文集B2(海岸工学)
    2013年 69 巻 2 号 I_81-I_85
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/11/12
    ジャーナル フリー
    Laboratory experiments were conducted to measure the joint distribution of surface elevation and slopes for nonlinear random waves. The slopes of random waves were measured by a small and precise accelerometer as well as the surface elevation. The correlation coefficients between the surface elevation and slopes were very small for nonlinear waves with the JONSWAP spectrum and Bretschneider-Mitsuyasu sprectrum. The skewness and kurtosis took different values from a Gaussian distribution. A method for estimating the joint distribution of surface elevation and slopes were developed by using the principle of maximum entropy. The estimated distributions were compared with the measured distributons, together with the Gram-Charlier series and two variate Gaussian distributions. The present method found to produce a similar distribution of the measured one.
  • 髙清水 康博, 永井 潤,
    岡村
    聡, 西村 裕一
    地質学雑誌
    2013年 119 巻 1 号 1-16
    発行日: 2013/01/15
    公開日: 2013/05/08
    ジャーナル フリー
    北海道太平洋沿岸の胆振海岸東部に分布する古津波の復元を,堆積学的解析によって試みた.この津波堆積物は,現海岸線からの距離に対して,層厚と代表粒径が減少し,淘汰は良くなる強い相関関係を持つことが認められた.この津波堆積物の不攪乱定方位試料の粒度組成と粒子配列の解析からは,少なくとも3回の強い津波の浸入が認められる.特に,今回解析した地点1の津波堆積物の粒子配列のデータは,地点1では東北東への流れを示す遡上流のみからなる可能性を示した.これらの証拠から,砂丘の背後に広がる湿原に浸入した津波堆積物の堆積モデルを呈示した.最初に砂丘を乗り越えた津波は,地表面を侵食し,泥炭偽礫を取り込む.津波によって流入した海水のほとんどは,海側にある標高の高い砂丘のために海へ戻らずに,沿岸低地に静水域を形成する.引き続く津波は,この静水域の水底の堆積物を侵食する強い力は持たない.最終的に,海水は地下浸透と蒸発によって消滅する.
feedback
Top