生物物理化学
Online ISSN : 1349-9785
Print ISSN : 0031-9082
検索
OR
閲覧
検索
検索フィルタ すべての検索フィルターをリセットする
資料種別
リセット
査読有無
リセット
記事属性
リセット
認証
リセット
分野
ライフ系
基礎科学系
医学・保健衛生系
リセット
著者
リセット
発行年
リセット
以下の条件での結果を表示する:
標題: polyacrylamide gel OR
標題: ポリアクリルアミド
49件中 1-20の結果を表示しています
  • 粟田 ちひろ, 高尾 敏文
    生物物理化学
    58 巻 (2014) 2 号 30-32
    公開日: 2014/10/31
    ジャーナル フリー
  • 前田 浩人, 堀江 和香, 渡辺 俊文, 坂口 和子, 坪井 愛子, 鈴木 潤
    生物物理化学
    54 巻 (2010) 1 号 1-6
    公開日: 2010/03/29
    ジャーナル フリー
    非侵襲的なカテーテル採尿法によって得たネコ尿(0.25 μL)を試料として,ミクロ2次元電気泳動法(micro two-dimensional polyacrylamidegel electrophoresis; M2D-PAGE)による分析を行い,得られたスポットの画像分析よりニワトリ・オバルブミンを標準試料として尿中アルブミン(Alb)値を定量した.なお,スポットはウエスタンブロットおよび質量分析で同定を行い,ネコAlbであることを確認した.M2D-PAGE法による尿中Alb定量は現在獣医臨床検査で行われているヒトAlbを標準試料とした抗ヒトAlb抗体を用いた免疫比濁法に比較して高い定量値を与える測定法であることを確認した.また,慢性腎不全において国際獣医腎臓病研究グループ(The international renal interest society; IRIS)による各病期分類された第I期においてもAlbが高値を示す症例も見られることから,早期診断に有用な検査法であることが示された.加えて,正常ネコでは尿中Alb値が20 mg/dLを超える例が認められないことから,従来のカットオフ値である30 mg/dLを下回る20 mg/dLを正常値の閾値とする基準を提案する. 抄録全体を表示
  • 麻上 義文
    生物物理化学
    11 巻 (1966) 4 号 327-334
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    1.同一髄液0.3,0.4,0.5,0.6mlを用いて同時に電気泳動し,使用髄液量と出現分画の数および濃度を検討した。その結果,髄液0.5mlを用いた場合が最もすぐれていると結論された。
    2.同一泳動ゲルをくりかえし3回デンシトメトリーを行ない,デンシトメトリーの再現性を検討した。デンシトメトリーによる測定,成績の変動は比較的少なく,その再現性は満足すべきものであった。
    3.正常血清と正常髄液の蛋白分画を比較検討し,髄液蛋白の由来は,血清成分の浸出の機転以外の機転も関与しているものと推定された。正常髄液17例の各蛋白分画の相対濃度百分率の平均値は,ρ:4.0%,A:73.7%,αL:2.1%,α1'~α2':3.8%,Tr:5.8%,β1':3.0%,βγ:5.6%,Sα2:2.0%を示した。 抄録全体を表示
  • 茂木 五郎
    生物物理化学
    11 巻 (1966) 3 号 245-248
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    耳管カタル時に生じた中耳腔貯溜液5例を同一人の血清と同時に泳動し,比較検討した。貯溜液ではhaptoglobin,Sα2-macroglobulinおよびSβ-lipoproteinのような高分子の蛋白分画が不明瞭となるか消失していた。またγ-globは濃厚に認められた。 抄録全体を表示
  • 茂木 五郎
    生物物理化学
    11 巻 (1965) 2 号 171-187
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    アクリルアミド・ゲルを支持体とするディスク泳動法によって180例の患者血清を泳動し,各分画の濃度百分率を自記濃度計によって測定し,健康人血清の結果と比較検討した。
    1) 肝疾患のうち肝炎,肝硬変,ヘパトーマ,Banti氏症候群,Wilson氏病,hemochromatosis等の肝実質性障害では大多数でhaptoglobinに相当する分画が消失し,出現分画数が著しく減少していた。γ-globは多くの場合増加し,2峰性を示した。閉塞性黄疽,胆嚢炎では出現分画数の減少はなく,haptoglobinに相当する分画は濃い分画として明瞭に認められた。またprealb,alb,αL12',Fα2,およびβ2'の減少があり,βγ,Sα2およびSβは増加していた。Transferrinは急性肝炎の重症例,Banti氏症候群,Wilson氏病,hemochromatosisでは著しく減少していたが,他の場合は不定であった。
    2) 腎疾患では出現分画数は正常血清と同様きわあて多く,haptoglobinは多くの場合明瞭な濃い分画として認められた。急性腎炎,ネフローゼ症候群では一般にγ-globの減少が認められた。またalbの減少が著明であり,βγ,Sα2およびSβの増加が認められた。ネフローゼ症候群ではαLが増加し,transferrinの著増をみた。
    3) 悪性腫瘍のうち胃癌,癌性腹膜炎では正常血清に類似の泳動像を示したもの,haptoglobinをはじめとする分画が消失し,出現分画数の減少したもの,あるいはhaptoglobinが明瞭な濃い分画として認められたもの等があり,一定の傾向は認められなかった。子宮癌,乳癌,頭頸部癌では多くの場合正常血清の泳動像に類似していた。白血病ではhaptoglobinの減少が明らかであった。また一般にalbの減少,βγ,Sα2およびSβの増加があり,transferrinは胃癌,癌性腹膜炎で著しく減少していた。Postalb(σ分画)が高率に出現し高い値を示した。
    4) 肝疾患,腎疾患,悪性腫瘍以外の疾患では泳動像および濃度百分率の変化は全般に著明でなかった。ただしリウマチおよび炎症性疾患では,しばしばhaptoglobinが濃い分画として認められた。 抄録全体を表示
  • 茂木 五郎
    生物物理化学
    11 巻 (1965) 1 号 99-107
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    ディスク泳動法により健康人血清52例を分析し,その血清蛋白分画の濃度百分率を自記濃度計により求めた。
    健康人血清に出現する30個近くの分画の重なり合いを考慮してprealb,alb,αL1',α2',Fα2,transferrin,β2',βγ,Sα2およびSβの分画に分割して定量した。
    濃度百分率は次の通りであった。平均値でprealb男女共0.5±0.1(%),alb男子62.0±7.5(%),女子61.1±6.1(%),αL男子2.3±0.5(%),女子2.2±0.5(%),α12'男子2.2±0.5(%),女子2.5±0.8(%),Fα2男子1.1±0.3(%),女子1.1±0.4(%),transferrin男子6.9±1.8(%),女子6.8±1.3(%),β2'男女共1.2±0.4(%),βγ男子16.6±3.9(%),女子15.1±3.2(%),Sα2男子4.5±1.3(%),女子5.9±1.7(%),Sβ男子2.3±0.4(%),女子3.1±1.1(%)。 抄録全体を表示
  • 西永 慧次
    生物物理化学
    37 巻 (1993) 1 号 25-30
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    マウス肝臓リボソームは1.8%ポリアクリルアミドー0.5%アガロース混成ゲル (7.5% cross linkage gel) 電気泳動で分析された. リボソーム懸濁液をアガロースと混ぜて, ゲル溝に添加して, ゲルの濃度を変えないで, 二次元電気泳動 (turned gel electrophoresis) を行うと, 40Sサブユニットから最大80Sリボソームの六量体までのリボソームが分離されることが認められた. この分解能を高くした電気泳動は非変性のリボヌクレオ蛋白粒子を分析したり, 抗生物質によるリボソームの変化を研究する有力な手段の一つになると考える. 抄録全体を表示
  • Gary B. Smejkal
    生物物理化学
    45 巻 (2001) 1 号 75-81
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    Several dyes were evaluated for their potential use as indices of ionic boundaries and pH discontinuities during polyacrylamide gel electrophoresis (PAGE). Dye selection was based largely upon color transition over the pH intervals present in the commonly used Tris-HCl-glycine buffer systems. In the absence of sodium dodecylsulfate (SDS) nitrazine yellow, cresol purple, cresol red, and phenol red had relative mobilities (relative to the chloride boundary; RC1) of 1.00 at 20% polyacrylamide concentration (% T) compared to bromophenol blue (BPB) for which RC1=0.77. The homologue of BPB, 3, 4, 5, 6-tetrabromophenolsulfonephthalein (TBPS), exhibited a useful color transition over the pH 6.6-8.2 range but was an equally poor indicator of the chloride boundary at 20% T in the absence of SDS (RC1=0.73). The RC1 of other dyes was increased in the presence of SDS, particularly the cationic dye neutral red which complexes with micellar but not monomeric SDS. In the presence of SDS, all dyes except neutral red exhibited RC1 of 1.00 at 15% T, whereas only neutral red and nitrazine yellow had RC1 values of 1.00 at lower gel concentrations. Partial characterization of SDS, in terms of RC1 and zone broadening, was performed in a system devoid of extraneous SDS in the gel or electrolytes. 抄録全体を表示
  • 島尾 和男
    生物物理化学
    43 巻 (1999) 4 号 245-250
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    The behaviors of all the components of glycine and tricine sodium dodecyl sulfate-polyacrylamide gel electrophoresis system in the course of separation of polypeptide-dodecyl sulfate complexes are investigated by computer simulation. In both of the systems, the leading chloride ion zone is followed by concentrated dodecyl sulfate zone, the length of which gradually increases with the time of electrophoresis. Under the postulated conditions and the values of physico-chemical parameters of the components of the systems, almost all the polypeptides migrate as the dodecyl sulfate-polypeptide complexes. These complexes are stacked between the dodecyl sulfate zone and the terminating glycine or tricine zone when they reach the separation gel. The high mobility complexes are not overtaken by the terminating glycine in the separation gel but stacked between the dodecyl sulfate and the glycine zone, while, all the complexes are overtaken in the separation gel by the terminating tricine and separated in the separation gel. Thus, the reason for the usefulness of tricine for the separation of the low molecular complexes is clarified by the computer simulation. 抄録全体を表示
  • 岡崎 登志夫, 荒川 秀司, 村岡 松生, 尾田 高志, 長井 辰男, 菅野 剛史
    生物物理化学
    38 巻 (1994) 1 号 47-49
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
  • 生物物理化学
    12 巻 (1966) 1 号 64
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
  • 七條 喜一郎, 竹内 崇, 鈴木 實, 斎藤 俊之
    生物物理化学
    37 巻 (1993) 6 号 389-392
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
  • 岡崎 登志夫, 柳澤 裕子, 長井 辰男
    生物物理化学
    39 巻 (1995) 1 号 37-39
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
  • 真鍋 敬, 奥山 典生
    生物物理化学
    26 巻 (1982) 3 号 199-204
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
  • 渡木 邦彦
    生物物理化学
    23 巻 (1980) 4 号 305-310
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    There are only a few reports concerning analyses of the protein components in the uterine cervical fluid. This is probably related to the difficulties of collecting the cervical fluid continuously and in significant amounts. In order to solve these problems, we developed a simple filter-disc-absorption method. Cervical fluid (CF) was adsorbed by a Whatman GF/B glass fiberdisc. It was then applied directly to the electrophoresis. Using this method, protein fractions and phosphorylase or lactate dehydrogenase isoenzymes in the CF of various gynecological states were investigated.
    1. The CF from pregnant women in the first trimester as well as normal cycle shows weak protein fractions. As the pregnancy progress, especially after 30 gestational weeks, albumin and prealbumin levels are increased.
    2. The CF obtained from patients with myoma of the uterine body and cancer of the uterine cervix contains a large amount of protein in comparison with that obtained from pregnant or normal cycle women. The electrophoretic pattern in the former cases resembles that of serum protein, especially in the cases with high protein content. However, no characteristic electrophoretic patterns which could be used to determine diseases or their severity were demonstrated.
    3. Two phosphorylase bands were evident in CF from patients with the myoma and cancer. We called them the fast and the slow migrating phosphorylare bands (F-band and S-band). In the cases of cancer, the S-band was predominant, while in the cases of myoma, the F-band predominated. From these results, it was suggested that the distribution of the two phosphorylases could be used to differentiate between myoma and cervical cancer.
    4. The distribution of LDH isoenzyme in the CF and in the serum of the same woman was different. The activities of LDH1, LDH2, LDH3 isoenzymes were greater in the CF than in the serum. However, characteristic LDH-isoenzyme patterns of CF for typical gynecological diseases can not be determined. 抄録全体を表示
  • 真鍋 敬, 城 久美子, 小島 清嗣, 奥山 典生
    生物物理化学
    22 巻 (1978) 2 号 171-177
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    A technique of two-dimensional polyacrylamide gel electrophoresis for the separation of plasma proteins was described in detail. Human plasma proteins were separated by isoelectric focusing followed by electrophoresis in a 4 to 21% or a 4 to 30% linear gradient slab gel. Urea or SDS was not used throughout the procedure, so that the analyses of proteins in their biologically active state were possible. By this technique, human plasma protein was resolved into more than 250 spots. 抄録全体を表示
  • 鄭 一世, 牧野 義彰, 金丸 育恵, 紺野 邦夫
    生物物理化学
    24 巻 (1981) 4 号 295-300
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    Human transferrin was purified from serum using polyacrylamide gel disc electrophoresis. The purified transferrin appeared to be free from other protein, as judged by electrophoresis on polyacrylamide gel and by immunoelectrophoresis. The purified human transferrin was resolved into a faster moving band (TF) and a slower moving band (TS) by 5.25% polyacrylamide gel electrophoresis. Analysis of the purified human transferrin by isoelectric focusing column separated this iron-transport protein into three components with isoelectric points of 5.61, 5.18 and 4.53. Electrophoresis on 5.25% polyacrylamide gel was carried out on each fraction from the column. Fractions pI 5.61 and pI 5.18 both moved with the same mobility as the slower electrophoretic component (TS). Fraction pI 4.53 moved with the same mobility as the faster electrophoretic component (TF). After recovery from the isoelectric column pI 5.18 transferrin was found to contain 0.90, 1.57 atoms of iron/mol of protein. The pI 4.53 transferrin had less than 0.05 atoms of iron/mol of protein. The pI 5.61 transferrin contained 0.51, 0.65 atoms of iron/mol of protein. 抄録全体を表示
  • 鈴木 光行, 浅原 勝, 岡崎 登志夫, 中川 孝幸, 近藤 明, 菅野 剛史
    生物物理化学
    44 巻 (2000) 4 号 303-307
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    We examinied the differentiation of lipoprotein in human serum using polyacrylamide gradient gel (PAGG) electrophoresis to analyze the lipid components and to quantify the small, dense LDL. Electrophoretic patterns were classified into three types, which included two types reported by Krauss et al. and one new type containing equal same amounts of regular and small size LDL. We devised a direct staining method to stain triglyceride (TG) and cholesterol (Cho) in lipoprotein separated by the polyacrylamide gel electrophoresis and components of lipoprotein was quantitaivety analyzed with the densitogram. At the same time, the presence of apoproteins LP (a) and B in the lipoprotein was confirmed. As a result of the staining, we observed more amounts of Cho containing in the fraction of regular size LDL than small dense LDL, and more amounts of TG containing in the fraction of small dense LDL than regular size LDL. Apo B was detected in both fractions of regular size LDL and small dense LDL, but no LP (a) was detected. 抄録全体を表示
  • 久保見 朋子, 藤田 剛, 松尾 雄志
    生物物理化学
    43 巻 (1999) 3 号 129-138
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    FACE (fluorophore-assisted carbohydrate electrophoresis) is a method for the separation of fluorophore-labeled saccharides by the use of polyacrylamide gel electrophoresis. The method is characterized by high resolution, high sensitivity, and ease of use without expensive giant-sized machine such as mass spectrometry. It has been found to be useful for the analysis of oligosaccharides profiling of N-linked or O-linked glycans after releasing saccharides from glycoproteins and for sequencing oligosaccharides component. Judging from the importance of oligosaccharides in glycoproteins and the changes in oligosaccharides of cancer cell surface, the method described here is hopeful as a unique analysis tool in the field of basic medical science. 抄録全体を表示
  • 実方 和宏, 渡辺 正一, 堀内 賢治, 久保野 勝男, 高橋 正宜, 櫻林 郁之介
    生物物理化学
    39 巻 (1995) 3 号 175-181
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    PAGリポタンパク分画で出現するミッドバンド (異常バンド) について, 血清処理とイムノブロット法を用いて解析を行った.
    ディスクゲルからのイムノブロットにより, ミッドバンドとして出現しうるリポタンパクとしてLp (a), レムナントリポタンパクが考えられた.
    血清処理でLDLを糖化させると, LDL位の陰極側にバンドが出現し, さらに経時的にこのバンドはLDL位の陽極側へ移行した. この移行はEDTAとSOD添加により阻害されたことから, 活性酸素によるLDLの酸化反応と考えられた.
    このため変性LDLとして糖化LDL, 酸化LDLもミッドバンドとして出現しうるものと思われ, 泡沫細胞の形成への関与という観点から, Lp-DISCのミッドバンドは動脈硬化の危険因子としてより注目されるべきと思われた. 抄録全体を表示
feedback
Top