ニュース
Workshops & Seminars
ワークショップ & セミナー
J-STAGEや電子ジャーナル出版の新機能に関するワークショップやセミナーについての最新情報をお知らせしています。

(English follows)
2018年10月 STM-JSTジョイントセミナー(第2回J-STAGEセミナー)
“The Transformation of Academic Journals and Books: New Technology and Legal Aspects.” (仮)

 この度、STM国際出版社協会(STM)とJSTは「 The Transformation of Academic Journals and Books: New Technology and Legal Aspects. 」と題してジョイントセミナーを開催いたします。セミナーは午前と午後の2部構成で、前半のSTMセミナーでは新しいテクノロジーの進展がもたらすディスカバリーツールにおける科学情報の有効な活用と関連規制などについてお話しいただきます。
また、後半は第2回J-STAGEセミナーとして「ジャーナルのプレゼンス向上に向けて~情報発信の観点から~」をテーマに、テキストデータマイニングや人工知能(AI)などの新テクノロジーに関連する、著作権法の改正とその影響、およびクリエイティブコモンズライセンス( CCライセンス)などをとりあげます。また、発行機関によるCCライセンスの導入事例についても紹介いたします。


◆日時・会場◆

【日時】
2018年10月31日(水) 10:00~17:30(開場9:30)(予定)

【会場】
JST東京本部別館(K's五番町)1階ホール(東京都千代田区五番町7)
http://www.jst.go.jp/koutsu.html#BEKKAN
市ヶ谷駅からの詳細地図ページ(写真付)
http://www.jst.go.jp/koutsu_map2.html

◆プログラム(予定)◆
STMセミナー

10:00~10:05 開会(挨拶)
10:05~11:00 The challenge of digital objects for the scholarly publishing world
-Dr. Michael A. Mabe (STM, CEO)
11:00~11:45 Detecting trends in academic research from a citation network using a machine learning approach
-坂田 一郎氏(東京大学 教授)
11:45~12:00 コーヒー休憩
12:00~13:00 Unveil the future of human and machine
-森本 典繁氏(日本IBM 執行役員 研究開発担当)
13:00~14:00 昼食

第2回J-STAGEセミナー

14:00~14:10 開会(挨拶)
14:10~14:50 ジャーナルにおけるCCライセンスの必要性とその表示にあたって検討すべき点について(仮)
14:50~15:30 日本の著作権法及び改正内容の概要について(仮)
15:30~15:45 休憩
15:45~16:15 CCライセンスに関する取り組み事例紹介①
16:15~16:45 CCライセンスに関する取り組み事例紹介②
16:45~17:15 CCライセンスに関する取り組み事例紹介③
17:15~17:25 全体質疑応答
17:25~17:30 閉会

※午前の講演には英日の逐次通訳をご用意しております。
※プログラムの内容・時間等は予定です。


◆対象◆
J-STAGE利用機関、ジャーナル出版に関心の高い方(参加無料)


◆お申込◆
下記の申込フォームよりお申し込みください。
申込が完了しましたら、申込受付メールが送信されます。
お手数ですがプリントアウトのうえ、当日会場までお持ちください。

お申し込みはこちら
 https://form.jst.go.jp/enquetes/j-stage38


STM-JST Joint Seminar (2nd J-STAGE Seminar 2018) in Tokyo, October 31, 2018
“The Transformation of Academic Journals and Books: New Technology and Legal Aspects.”

 The Japan chapter of the International Association of STM Publishers and the Japan Science and Technology Agency will be holding a joint seminar on October 31st, 2018. The theme of the sessions is new technological advances in discovery tools and legal aspects for academic journals and books. The audience will consist of journal editors, academics and other interested parties related to journal publishing.

The morning session will be conducted by STM and will concentrate on new technologies and techniques for discovery of scientific information in academic journal articles, as well as the related regulatory aspects.
The afternoon session will be conducted by JST and will concentrate on the legal aspects of amendments to copyright law in Japan and Creative Commons license in advance of new technologies, such as Text Data Mining and AI. Case Studies related to Creative Commons license (CC-BY, CC-BY NC, etc.) will be provided by academic societies.


◆DATE◆
October 31st, 2018 10:00-17:30 (9:30 am open)


◆VENUE◆
Japan Science and Technology Agency
Tokyo Headquarters
K's Gobancho, 1F Conference Hall
(K‘s Gobancho, 7, Gobancho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0076 Japan)
https://www.jst.go.jp/EN/location/index.html#Tokyo

◆Program(provisional)◆
Morning session – conducted by STM (English language with Japanese translation)

10:00~10:05 Opening Remarks
10:05~11:00 The challenge of digital objects for the scholarly publishing world
-Dr. Michael A. Mabe (Chief Executive Officer, STM)
11:00~11:45 Detecting trends in academic research from a citation network using a machine learning approach
-Prof. Ichiro Sakata (Professor, University of Tokyo)
11:45~12:00 Coffee Break
12:00~13:00 Unveil the future of human and machine
-Mr. Norishige Morimoto (Vice President, IBM Research and Development, Japan)

Afternoon session - conducted by JST (Japanese language only)

14:00~14:10 Opening Remarks
14:10~14:50 The Necessity of CC license and points to consider in its introduction to journals
14:50~15:30 The outline of copy right law in Japan including the revisions
15:30~15:45 Break
15:45~16:15 The introduction of case study at academic society A
16:15~16:45 The introduction of case study at academic society B
16:45~17:15 The introduction of case study at academic society C
17:15~17:25 Q & A session
17:25~17:30 Closing Remarks

Please be aware that seminar content, start and finish time are subject to change. Afternoon session details will be updated in mid-September.


For registration, please click here - Attendance is free of charge.
 https://form.jst.go.jp/enquetes/j-stage38

2018年9月 J-STAGEセミナー
「ジャーナルのプレゼンス向上に向けて~評価指標の観点から~」

 2018年度のJ-STAGEセミナーは年間テーマを「ジャーナルのプレゼンス向上に向けて」と定め、研究者から信頼されるジャーナルとして求められる要件や、発行機関からの情報発信のあり方などに関する情報を提供する予定です。
 第1回となる本セミナーでは「ジャーナルのプレゼンス向上に向けて~評価指標の観点から~」をサブテーマと定め、ジャーナルを評価する指標として用いられている各種指標について俯瞰した上で、研究者が投稿先を選定する際の観点、評価指標を運営する機関がジャーナルに対して求める要件、及び評価指標が向上した学協会における取り組み等について紹介いたします。


◆日時・会場◆

【日時】
開催日:2018年9月14日(金) 時間(予定):10:00~16:30(開場9:30)

【会場】
JST東京本部別館(K's五番町)1階ホール(東京都千代田区五番町7)
http://www.jst.go.jp/koutsu.html#BEKKAN
市ヶ谷駅からの詳細地図ページ(写真付)
http://www.jst.go.jp/koutsu_map2.html

◆プログラム内容(予定)◆

10:00 開会(挨拶)
10:05~10:20 J-STAGE登載誌と評価指標について
-木下 健太郎(JST)
10:20~11:00 研究評価・ジャーナル評価のためのビブリオメトリックス指標 (仮)
-孫 媛氏(国立情報学研究所)
11:00~11:30 投稿先ジャーナルを選ぶ指標について
-水島 昇氏(東京大学・大学院医学系研究科)
11:30~12:00 グローバルなジャーナル評価の最新事情 ~ジャーナル・インパクト・ファクターを超えて~
-仁村 幹彦氏(クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社)
12:00~12:30 Scopusジャーナル収録方針とジャーナル評価指標CiteScore
-高橋 昭治氏(エルゼビア・ジャパン株式会社)
12:30~14:00 昼食
14:00~14:40 日本気象学会気象集誌:ジャーナルのプレゼンス向上の取り組み
-佐藤 正樹氏(日本気象学会)
14:40~15:20 誌名変更にともなうジャーナルの認知度向上に関する取り組み
-安場 健一郎氏(園芸学会)
15:20~16:00 映像情報メディア学会英語論文誌MTAの創刊からの歩み
-八木 伸行氏(映像情報メディア学会)
16:00~16:25 全体質疑応答(25分)
16:25~16:30 閉会

◆対象◆
J-STAGE利用発行機関等(参加無料)


◆お申込◆
下記の申込フォームよりお申し込みください。
申込が完了しましたら、申込受付メールが送信されます。
お手数ですがプリントアウトのうえ、当日会場までお持ちください。

お申し込みはこちら
 https://form.jst.go.jp/enquetes/j-stage35

※プログラムの内容・時間等は予定です。
※定員に達し次第締め切ります。
※J-STAGE利用学協会のお申込を優先させていただく場合がございます。

Top
feedback
Top