J-STAGEが提供するその他のサービス

J-STAGE WebAPI について

J-STAGE WebAPIとは?

J-STAGE WebAPIは、J-STAGEで公開済みの巻・号、論文の情報を取得できるサービスです。J-STAGEの情報を一度に検索し、検索結果をメタデータ(XML形式)で配信するAPI(Application Program Interface)をご提供します。

用途について

J-STAGE WebAPIをご利用いただくと、次のことが実現できます。

公開済みデータの保管

J-STAGEで公開済みの巻号一覧、目次一覧を保管することができます。取得したXMLをMicrosoftExcelなどにインポートすることが可能です。(閲覧規約上、登載データの大量ダウンロードはできません)

学会様独自システムとの連携

学協会様において、J-STAGEで公開済みの資料一覧、巻号一覧、目次一覧、および登載先のURLを取得し、学会ホームページに表示することでJ-STAGEと連携することができます。

他システムとの連携・統合検索

JSTが提供する科学技術総合リンク"J-GLOBAL"、国立情報学研究所(NII)が提供する論文情報ナビゲータ"CiNii"や、国立国会図書館(NDL)が提供する"国立国会図書館サーチ"等のAPI機能と併用することによって、複数のデータベースを統合検索することが可能です。
#他データベースのAPI機能については、各データベースのサイトをご覧下さい。

更新情報の取得

XMLはAtom、およびOpenSearchに準拠しています。RSSリーダにJ-STAGE WebAPIのURLを登録すると論文の更新情報をブラウザなどで確認することができます。

機能について

J-STAGE WebAPIの主な機能は以下のとおりです。パラメータで検索条件を指定し、リクエスト用URLにアクセスすることで、各機能から検索結果のメタデータ(XML形式)を取得できます。

機能 概要 検索条件(パラメータで指定) 取得可能なメタデータ(XML形式)
巻号一覧 指定した資料の巻号一覧を取得できます。 資料名、ISSN、発行年、資料コードなど。 検索条件にマッチした資料の巻・号一覧。
(発行機関、ISSN、最新公開日、目次一覧URLなど、詳細な情報も同時に取得できます。)
論文検索結果 指定した資料の目次一覧を取得できます。また、指定した検索条件で論文を検索できます。 資料名、ISSN、発行年、資料コード、論文タイトル、著者名、キーワードなど。 J-STAGEに公開されている論文の一覧。
(DOI、論文の公開日や書誌情報など、詳細な情報も同時に取得できます。)
機能:
巻号一覧
概要:
指定した資料の巻号一覧を取得できます。
検索条件(パラメータで指定):
資料名、ISSN、発行年、資料コードなど。
取得可能なメタデータ(XML形式):
検索条件にマッチした資料の巻・号一覧。
(発行機関、ISSN、最新公開日、目次一覧URLなど、詳細な情報も同時に取得できます。)
機能:
論文検索結果
概要:
指定した資料の目次一覧を取得できます。また、指定した検索条件で論文を検索できます。
検索条件(パラメータで指定):
資料名、ISSN、発行年、資料コード、論文タイトル、著者名、キーワードなど。
取得可能なメタデータ(XML形式):
J-STAGEに公開されている論文の一覧。
(DOI、論文の公開日や書誌情報など、詳細な情報も同時に取得できます。)
  • メタデータの取得対象はJ-STAGE掲載ジャーナル、会議論文・要旨集、研究報告・技術報告、解説誌・一般情報誌、その他です。

  • 詳細な利用方法は利用規約からマニュアルをご参照ください。

ご利用方法

リクエスト用URLに、検索用パラメータを付加してアクセスすることで、J-STAGE WebAPIをご利用いただけます。
リクエスト用URL:http://xxx.xxx.xx/do?(パラメータ)&(パラメータ)&......

  • 検索パラメータは資料名、ISSN、発行年などが指定可能です。詳細は機能についてをご参照ください。

  • 詳細な利用方法は利用方法・マニュアルをご参照ください。

資料名に「日本」と「科学」を含む論文検索結果をJ-STAGEから取得する場合
http://xxx.xxx.xx/do?service=3&material=%e6%97%a5%e6%9c%ac%20%e7%a7%91%e5%ad%a6
※URLにおいて使用禁止である値をパラメータで指定する場合は、文字コードUTF8でURLエンコードします。
(例)日本 : “%e6%97%a5%e6%9c%ac”、科学 : “%e7%a7%91%e5%ad%a6”

利用規約

J-STAGE WebAPIのご利用には利用規約への同意が必要です(APIをご利用された場合、規約に同意されたものとみなされます)。
利用規約を必ず熟読ください。
J-STAGE WebAPI 利用規約
※サービスの詳しいマニュアルもこちらからダウンロードできます。
利用規約上、有償・無償を問わず、J-STAGE WebAPIの商用利用には申請が必要です。
利用申請書(こちらからダウンロードしてお使いください。)(Word形式、約40KB)

クレジット表示について

本API利用者においては、利用規約にもとづいて、本APIのアプリケーション上またはアプリケーション内に表示される本ウェブサイト内の情報が、JSTより提供されたものである旨を表示し、J-STAGEへのリンクを生成してください。

(表示例)
  • 表示情報提供元:J-STAGE
  • 表示情報提供元:<a href="https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja">J-STAGE</a>
  • Powered by J-STAGE
  • Powered by <a href="https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja">J-STAGE</a>

※下のバナーもお使いいただけます。ダウンロード(保存)してご利用ください。
(180px*25px)

申請先

科学技術振興機構(JST)知識基盤情報部
申請専用e-mail:appl-jst(at)jstage.jst.go.jp
  • (at)は@に読み替えてご利用ください

  • JSTでは、本APIご利用についてのご質問対応・サポートは行っておりません。バグ情報等のご照会を除き、お問い合わせ等にはお答えできませんのであらかじめご了承くださいませ。また、JSTは本APIご利用に係る一切の責任を負いかねますので、ご利用者様の責任においてご活用ください。

利用マニュアル

J-STAGE WebAPIマニュアルは、上記利用規約ページからダウンロードできます。利用規約を熟読の上ご利用ください。

  • JSTでは、APIご利用についてのご質問対応・サポートは行っておりません。ご利用者様の責任においてご活用ください。

  • 掲載のサービス名称等は一般に各提供元の商標または登録商標です。

Top
feedback
Top