J-STAGEが提供するその他のサービス
Open URL
Open URL

利用者へのAppropriate Copy(※)の提供を実現する手段として2000年に提唱された、ソース・リゾルバー・ターゲットといった情報サービスのサーバの間でやり取りするメタ データの記述方法(書誌情報によるURL組み立ての標準規格)です。 提唱者 Van de Sompel らによる ver.0.1 が欧米の大学図書館やベンダーを中心に普及し、2005年春に大幅な拡張性を持たせた ver.1.0 が ANSI/NISO規格(Z39.88-2004)として承認されました。

  • リンク方法
  • J-STAGEはOpenURL(ver.1.0)による外部からのリンクを受け取り、論文の抄録画面(和文・英文)を表示します(ターゲットとして対応)。
  • ◎書式 Base URL:
  • http://japanlinkcenter.org/openurl? に対し、以下のメタデータ( タグ=値のセット)をURLエンコードしてGETまたはPOSTで送付してください。
メタデータの種類
項番 引数名 パラメータ 必須 内容 備考
1 ISSN rft.issn ※1 冊子体ISSNを設定する。 XXXX-XXXX形式。
2 電子版ISSN rft.eissn ※1 電子版ISSNを設定する。 XXXX-XXXX形式。
3 CODEN rft.coden ※1 CODENを設定する。  
4 誌名 rft.jtitle ※1 資料名を設定する。  
5 発行日(年) rft.date ※2 発行日(年)を設定する。 YYYY形式。
6 rft.volume ※2 巻を設定する。  
7 rft.issue   号を設定する。 省略可。
8 ページ範囲 rft.pages ※3 ページ範囲を設定する。 開始ページと終了ページをハイフンでつなぐ。
※AAA(開始ページ)-BBB(終了ページ)形式で記述するものとし、"AAA-"(開始ページ部分)は必須とする。
9 開始ページ rft.spage ※3 開始ページを設定する。  
10 終了ページ rft.epage   終了ページを設定する。 省略可
11 問い合わせ元(ベンダー、サービス)名称 res_id   多数の方が利用する情報サービスサイトなどで利用する場合は、サービスを表す文字列を指定してください。使用する文字列は JSTにご連絡ください。 個人利用は省略可。

*1 いずれか必須(ISSNなどの資料コードを誌名より優先して検索)
*2 いずれか必須
*3 いずれか必須


◎サンプル
ISSNでの指定の例(言語指定あり):
http://japanlinkcenter.org/openurl?rft.issn=0021-7298&rft.volume=49&rft.spage=69&res_id=sample
英文の誌名での指定の例:
http://japanlinkcenter.org/openurl?rft.jtitle=Biological%20and%20Pharmaceutical%20Bulletin&rft.volume=29&rft.spage=1319
[URLエンコード前:http://japanlinkcenter.org/openurl?rft.jtitle=Biological and Pharmaceutical Bulletin&rft.volume=29&rft.spage=1319]
和文の誌名での指定の例:
http://japanlinkcenter.org/openurl?rft.jtitle=%E6%83%85%E5%A0%B1%E7%AE%A1%E7%90%86&rft.date=2006&rft.pages=123-131
[URLエンコード前:http://japanlinkcenter.org/openurl?rft.jtitle=情報管理&rft.date=2006&rft.pages=123-131]
  • 注意
  • 日本語の資料名で指定するときは、UTF-8 でエンコードしてください。
  • 一記事に特定できないときは、エラーとなりますが、J-STAGEに登載されている雑誌の場合は、雑誌トップへのリンクが表示されます。
  • リンク率向上のため、お手元のメタデータを全て用いることをおすすめします。
  • 一部の雑誌は対応していません。
feedback
Top