J-STAGE Home  >  Publications - Top  > Bibliographic Information

The Annual Review of Sociology
Vol. 2004 (2004) No. 17 P 25-35

Language:

http://doi.org/10.5690/kantoh.2004.25

  • 赤星俊・小沢恵美・国島喜久夫・鈴木夏枝・土井明・府川昭世・森山晴之 1981「吃音検査法〈試案1〉について」『音声言語医学』22: 194-208.
  • Bruce, Robert V. 1973 Bell: Alexander Graham Bell and the Conquest of Solitude Cornell University Press 唐津一 (監訳)『孤独の克服-グラハム・ベルの生涯』NTT出版1991.
  • 陳培豊 2001『「同化」の同床異夢-日本統治下台湾の国語教育史再考』三元社.
  • 遠藤隆吉 1906『発音学-視話音字』博文館.
  • 伊藤伸二 1974「吃音問題の歴史-楽石社と言友会をめぐって」『大阪教育大学紀要第IV部門教育科学』23(4): 131-136.
  • 伊藤伸二 (編) 1976『吃音者宣言-言友会運動十年』たいまつ社〈新書〉.
  • 伊藤伸二・植田泰子 1973「民間矯正所終了者の実態調査」『音声言語医学』14(3): 59.
  • 伊沢修二 1889→1958「本邦語学ニ就テノ意見」信濃教育会 (編)『伊沢修二選集』(以下, 『選集』と略す) 信濃教育会, 662-704.
  • 伊沢修二 1897a→1958「乃木総督ニ提出シタ具申書」『選集』627-632.
  • 伊沢修二 1897b→1958「台湾公学校設置に関する意見」『選集』608-626.
  • 伊沢修二 1897c→1958「新版図人民教化の方針」『選集』632-641.
  • 伊沢修二 1901『視話法』大日本図書.
  • 伊沢修二 1903→1958「楽石社規程」『選集』763-766.
  • 伊沢修二 1904→1958「視話法について」『選集』767-795.
  • 伊沢修二 1908→1958「台湾教育に対する今昔の感」『選集』643-659.
  • 伊沢修二 1910→1958「日本吃音矯正法発明の由来」『選集』853-866.
  • 伊沢修二 1911→1958「楽石学院新築落成記念会に於ける演説」『選集』866-873.
  • 伊沢修二 1912→1985「科學的吃音矯正法」伊沢修二 (編)『吃音矯正の原理及実際』日本図書センター, 291-313.
  • 上沼八郎 1962→1988『伊沢修二』吉川弘文館.
  • 駒込武 1996『植民地帝国日本の文化統合』岩波書店.
  • 故伊澤先生記念事業会 (編) 1919『樂石伊澤修二先生』故伊澤先生記念事業会.
  • イ・ヨンスク 1996『「国語」という思想-近代日本の言語認識』岩波書店.
  • ましこ・ひでのり2002『ことばの政治社会学』三元社.
  • 小熊英二 1997「『日本』への道」田中克彦・山脇直司・糟谷啓介 (編)『言語・国家, そして権力』新世社, 145-163.
  • 小熊英二 1998『〈日本人〉の境界-沖縄・アイヌ・台湾・朝鮮植民地支配から復帰運動まで』新曜社.
  • 小熊英二 1999「崩壊する日本語-台湾統治初期における日本語教育論議」西川長夫・渡辺公三 (編)『世紀転換期の国際秩序と国民文化の形成』柏書房, 263-283.
  • 大浜郁子 2003「台湾統治初期における植民地教育政策の形成-伊沢修二の『公学』構想を中心として」『日本植民地研究』15: 18-36.
  • 長志珠絵 1998『近代日本と国語ナショナリズム』吉川弘文館.
  • 小澤恵美 1997「吃音治療の終了時期の実際」『聴能言語学研究』14: 203-205.
  • 酒井真 1993『楽石社の歩み-伊沢修二から八十八年』楽石社.
  • 佐藤健二 1996「話すということをめぐって-日本近代におけるメディアの地層学」水越伸 (編)『エレクトリック・メディアの近代』ジャストシステム, 27-44.
  • 佐藤健二 2001『歴史社会学の作法-戦後社会科学批判』岩波書店.
  • Sheehan, Joseph G. 1980 “Problems in the Evaluation of Progress and Outcome,” Seminar in Speech, Language and Hearing 1(4): 389-401.
  • 信濃教育会 (編) 1958『伊沢修二選集』信濃教育会.
  • 筒井清忠 1995『日本型「教養」の運命』岩波書店.
  • 埋橋徳良 1999『日中言語文化の先駆者-太宰春台, 阪本天山, 伊沢修二の華音研究』白帝社.
  • Van Riper, Charles 1963 Speech Correction: Principles and Methods 4th ed. Englewood Cliffs, N. J.: Prentice-Hall 田口恒夫 (訳)『ことばの治療』新書館1967.
  • 尹健次 1982「明治前期国民形成論の展開-伊沢修二の教育思想にみるその一研究」『教育学研究』49(2): 195-204.
Copyright © The Kantho Sociological Society

Article Tools

Share this Article