ケモインフォマティクス討論会予稿集
第40回ケモインフォマティクス討論会 山口
会議情報

ポスター発表
化学構造の局所類似性を表す新規指標とそのネットワーク理論的解析への応用
*松岡 聖二吉田 稔
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. P4-

詳細
PDFをダウンロード (655K) 発行機関連絡先
抄録

従来の多くの類似性指標は化学構造の全体的な類似度を表しているため、特徴的な共通母核を持ち同様の生理活性を示す化合物同士が、残基のサイズによっては低い類似度を示すという問題点がある。そこで、局所的なグラフ同型性を基にした類似性指標を新たに開発した。当指標をChemical space network(CSN)として知られるネットワーク理論的手法を用いた構造活性相関分析へ応用した結果について報告する。

著者関連情報
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top