発行機関の方へ
電子ジャーナル公開までの流れ
▼

電子ジャーナル公開までの流れ

J-STAGEで電子ジャーナル公開するために必要な作業を、順を追って説明致します。

XML登載の場合

  1. 公開データの作成

    各論文に対してXMLデータ(書誌情報、引用文献情報)、全文閲覧用PDF本文検索用テキストの各データを作成していただきます。XMLデータは、タイトル、著者、所属、抄録、キーワードを表示する書誌情報と引用文献を表示する引用文献情報を対象としています。
    ※ご希望の発行機関の方には、PDFからの書誌XMLデータ作成を支援するツールを無償提供いたします。

  2. 目次の設定

    電子ジャーナル用の目次を作成していただきます。この作業はブラウザから行います。作成した目次に、STEP1の公開データをアップロードします。

  3. 公開日設定

    公開日を設定していただきます。公開日がくるまでは、データの修正が可能です。

  4. 公開

Web登載の場合

  1. 公開データの作成

    全文閲覧用PDFを用意していただきます。 本文検索用テキストはPDFファイルの透明テキストから作成されます。

  2. 記事情報の設定

    電子ジャーナル用の目次を作成していただきます。この作業はブラウザから行います。目次は記事情報から自動作成されます。

  3. 公開日設定

    公開日を設定していただきます。公開日がくるまでは、データの修正が可能です。

  4. 公開
Top
feedback
Top