規約とポリシー
利用者向け
利用者向け
1. 閲覧規約
  • 1. J-STAGEの閲覧にあたって

    J-STAGEとは、国立研究開発法人科学技術振興機構 (以下「JST」)が運営する電子ジャーナルサイトで、日本国内の学協会が発行する 電子ジャーナルおよびその他のコンテンツをインターネット上で公開しています。 J-STAGEはどなたでも閲覧いただけますが、閲覧の際は、本規約の内容をご理解の上、 遵守下さるようお願いします。また、J-STAGEの閲覧をもって、本規約の内容を 承諾いただいたものとさせていただきますのでご了承願います。 なお、本規約は必要に応じて予告なく変更することがあります。

  • 2. 著作権について

    J-STAGEで公開されている電子ジャーナルおよびその他のコンテンツ (以下総称して「電子ジャーナル等」という。)の著作権は、 原則としてその電子ジャーナル等の発行元である学協会等に帰属します。 また、J-STAGE全体としてのレイアウト、デザインに関する編集著作権はJSTに帰属します。 これら電子ジャーナル等は、私的使用または引用など著作権法上認められた範囲において 使用することは可能ですが、転載、複製、公衆送信、翻訳、商用利用、二次情報の作成 (データベース化など)などを行う際には、著作権者の承諾を得る必要があります。

  • 3. 禁止事項

    電子ジャーナル等のアクセスまたはダウンロードは、 電子ジャーナル等の閲覧に必要とされる範囲に限り行えるものとします。 必要とする範囲を超えた大量ダウンロードは機械的または手動にかかわらず、これを禁止します。 このほか、システム障害を引き起こし、またはそのおそれのある一切の行為についても、これを禁止します。 また、営利を目的とした、システムによるリンク、検索(情報検索サービスによるもの等) およびJ-STAGE Web APIの利用は、事前にJSTの書面による承認を必要とします。 閲覧者が本規約に違反する行為又は著作権その他の権利を侵害する行為を行った、 または行うおそれがあるとJSTが判断した場合、当該行為を差し止めるために、J-STAGEの利用の停止も含め、 適切な措置を講じることができるものとします。

  • 4. 免責事項

    JSTはJ-STAGEの閲覧等、またはJ-STAGEおよび関連機能の一部 もしくは全部の一時停止もしくは終了等に起因 または関連して閲覧者に生じたいかなる損害、損失、費用等についても 一切責任を負わないものとします。

  • 5. 商標について

    J-STAGEはJSTの登録商標です。

  • 6. アクセスログについて

    JSTはJ-STAGEへのアクセス状況についてログ情報を取得しております。 取得したログ情報は、個人情報と関連づけることはなく、サービスの向上、利用状況の統計調査、学術・科学技術施策のための調査・分析及び・研究目的にのみ活用されるものであり、それ以外の目的のために利用されることはありません。

  • 7. お問い合わせ窓口

    Email:

  • 8. 準拠法及び管轄裁判所

    本規約は日本法に準拠し、同法に基づき解釈されます。また、紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


(附則)本規約は、平成27年9月7日から施行する。

2. J-STAGE登載資料の利用

J-STAGEは、日本国内の学会・協会が発行する科学技術(人文・社会科学に関するものを含む)電子ジャーナルの共同発行プラットフォームです。事業およびシステムの企画運営はJSTが、掲載される論文記事等コンテンツの編集・登載・運用は各発行元の学協会が行っています。

したがって、コンテンツの著作権は、原則として各学協会が管理しています。 転載許可の申請や図表の利用、記事登載状況や刊行ポリシー、購読等についてのお問い合わせは、各学協会に直接お願いいたします。

連絡先は、各ジャーナルトップページのグランドメニューから 確認することができます。

3. プライバシーポリシー
  • 1. 収集する情報について

    (1) J-STAGEでは、閲覧される方のインターネットドメイン名、IPアドレス、および閲覧したページなどのアクセス情報を自動的に収集していますが、これらの収集データによって個人を特定することはありません。 また、Cookieを使用しておりますが、この情報も個人を特定するものではありません。

    (2) My J-STAGEサービスを利用される場合には、メールアドレスを登録していただきます。 また、My J-STAGEユーザが登録したお気に入り資料、お気に入り記事、お気に入り検索および資料アラートや被引用アラート等、さらにアクセス頻度や アクセスページに関する情報(以下「ユーザ情報」)を収集いたします。

  • 2. 利用目的について

    (1) 収集したアクセス情報は、アクセス傾向などJ-STAGEの使われ方などを把握し、 より効果的なサービスの提供のために統計分析して利用するとともに、 過剰利用、不正利用の監視、あるいは障害復旧時の対応に利用します。 また、Cookieは閲覧者の認証情報を確認するために一部利用しています。

    (2) My J-STAGEサービスにおいて登録されたメールアドレスは、 My J-STAGEサービスのログインIDとして、また、資料アラートや被引用アラートの送信、および、 学協会または国立研究開発法人科学技術振興機構(以下「JST」)からのお知らせの送信に使用します。M y J-STAGEユーザのユーザ情報は、ユーザの利用傾向などを把握し、 サービスの向上を図るために統計分析して利用いたします。

  • 3. 情報の開示について

    上記の利用目的に限り、JSTはJ-STAGEの運営に関わる機関 (学協会または運用委託会社など)に対して、 収集した情報を必要な範囲で開示することがあります。
    このほか、法令に基づく開示の要請があった場合 及び不正アクセスや妨害等の違法行為があった場合など特別の理由がある場合を除いて、 収集したアクセス情報を別の目的で利用したり、第三者に提供したりすることはありません。ただし、収集した情報は統計的に処理した後、公表されることがあります。

  • 4. 収集した情報の取扱いについて

    JSTは、これら収集した情報の漏えい、 滅失及び毀損の防止その他収集した情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。

  • 5. お問い合わせ窓口

    ご不明の点については、下記にお問い合わせください。
    Email:

4. リンクポリシー

J-STAGEへのリンクは自由ですが、下記のいずれかのページにお張り下さるようお願いします。リンクを張られる際はこちらまでご一報いただければ幸いです。なお、商用サイトや著作権等の権利侵害のおそれのあるサイトなど、国立研究開発法人科学技術振興機構が不適当と判断するサイトからのリンクはお断りすることがあります。

  • 1. J-STAGEトップページ

    英語トップページ https://www.jstage.jst.go.jp/browse/
    日本語トップページ https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/

  • 2. 資料トップページ

    英語トップページ https://www.jstage.jst.go.jp/browse/{journal code}/
    日本語トップページ https://www.jstage.jst.go.jp/browse/{journal code}/-char/ja/

  • 3. 論文の抄録ページ

    以下のいずれかの方法でリンクをお願いいたします。(記事URLを使ってのダイレクトリンクはご遠慮ください)

    a. 記事ページに表示されているDOIの利用
    b. OpenURLによるリンク(詳細はこちら)

    ※journal codeは各雑誌トップページのアドレスをご確認下さい。
    英語画面:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/{journal code}
    日本語画面:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/{journal code}/-char/ja/
    また、リンクバナーとして、下記の画像をダウンロードしてご自由にお使いいただけます。

    J STAGE

    有償・無償を問わず、営利を目的としたシステム的なリンクや検索(情報検索サービスによるもの等)は事前にJSTの書面による承認を必要とします。

    お問い合わせ窓口
    Email:

5. Pay-Per-View Article (記事全文)- ご利用規約

ご注意:日英両言語のタイトルで出版されている資料の中には、アブストラクトのみが英語で全文が日本語の論文があります。 英語の全文を閲覧したい場合には、論文の購入前に発行機関に確認してください。各資料トップページのメニューをクリックして発行機関の連絡先情報または出版言語を確認してください。

  • 1. ご利用規約

    本規約は 2005年1月より施行されており、Pay-Per-Viewシステムを利用する全ての利用者に適用されます。 利用者がPay-Per-Viewシステムを利用した場合、当該利用者が本規約に同意したものとみなしますので、以下の内容をしっかりとご確認下さい。

    著作権について
    - 特別な記述がない場合、購入された記事(記事全文)、および、Pay-Per-Viewシステムで利用している全てのコンテンツは著作権によって保護されます。
    - 購入された記事(記事全文)の著作権は、原則として電子ジャーナルの発行元(学協会等)に帰属します。
    - 購入された記事(記事全文)は、私的使用または引用など著作権法上認められた範囲において使用することは可能ですが、転載、複製、公衆送信、翻訳、商用利用、二次情報の作成(データベース化など)などを行う際には、著作権者の承諾を得る必要があります。

    Cookieの使用について
    - Pay-Per-Viewシステムでは、Cookie技術を利用して利用者の操作をサポートする機能を提供しています。
    - Pay-Per-Viewシステムでは、セッション管理Cookie(ブラウザを閉じると破棄されるCookie)を使用しています。
    - Pay-Per-Viewシステムを使用するためには、ブラウザにてクッキーを利用できるよう設定する必要があります。
    - Cookieは利用者が他のどこのサイトを訪れたかを調査したり、利用者に関する個人情報を取得するためには使用されません。
    - Cookieは購入が完了した時に削除されます。

    規約の更新
    - 本規約は必要に応じて予告なく変更することがあります。利用者がPay-Per-Viewシステムを利用した場合、当該利用者が改定された本利用規約に同意したものとみなします。

  • 2. プライバシーポリシー

    Pay-Per-Viewシステムでは、個人情報保護についての重要性を認識し、取扱方針を以下のように定め、収集した大切な個人情報の適正な管理・利用と保護に努めます。 利用者がPay-Per-Viewシステムを利用した場合、当該利用者がこのプライバシーポリシーに同意したものとみなしますので、十分に以下の内容をご確認のうえご利用下さい。

    個人情報の取扱いについて
    • 利用者によって提供された名前やE-Mailアドレス、他の個人を識別可能な個人情報は、アクセス傾向といったPay-Per-Viewシステムの使われ方などを把握し、サービス向上のための統計情報として利用するとともに、過剰利用、不正利用の監視、あるいは障害復旧時の対応に利用しています。
    • Pay-Per-Viewシステムでは、利用者のインターネット ドメイン名、IPアドレス、および閲覧したページなどのアクセス情報を自動的に収集していますが、これらの収集データによって個人を特定することはありません。
    • 法令において認められている場合及び不正アクセスや妨害等の違法行為があった場合など特別の理由がある場合を除いて、収集した個人情報を上記と別の目的において利用したり、第三者に提供したりすることはありません。

    Cookieの使用について
    • Pay-Per-Viewシステムでは、Cookie技術を利用して利用者の操作をサポートする機能を提供しています。Pay-Per-Viewシステムではセッション管理Cookie(ブラウザを閉じると破棄されるCookie)のみを使用しています。
    • Cookieは利用者が他のどこのサイトを訪れたかを調査したり、利用者に関する個人情報を取得するためには使用されません。

    プライバシーポリシーの変更について
    • このプライバシーポリシーは必要に応じて予告なく変更することがあります。 利用者がPay-Per-Viewシステムを利用した場合、当該利用者が改定されたプライバシーポリシーに同意したものとみなします。

Top
feedback
Top