日本森林学会大会発表データベース
第126回日本森林学会大会
セッションID: P2B119
会議情報

生態部門
モンゴル国マンダルゴビ地域における草本種の窒素利用特性の違い
*田中(小田) あゆみ遠藤 いず貴額尓 徳尼大手 信人Undamaa Jamsran山中 典和矢野 翠眞壁 明子木庭 啓介那 沁廣部 宗吉川 賢
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
PDFをダウンロード (14K) 発行機関連絡先
抄録

モンゴル国マンダルゴビ地域において、地盤高別に土壌の無機態窒素と同所に生育する草本の根と葉の窒素濃度と安定同位体比を比較し、植物の窒素源や窒素利用の違いを調べた。土壌中の無機態窒素濃度は植被率が高いプロットで高く、アンモニア態窒素に比べて硝酸態窒素濃度が著しく高かった。植物の根のδ15Nは葉と同じかわずかに軽く、土壌中の硝酸態窒素の安定同位体比と近い値を示した。植被率が高いプロットでは裸地より硝酸態窒素のδ15N値が重く、植物リターの分解とその再吸収による窒素の再利用が行われていることが示唆された。

著者関連情報
© 2015 日本森林学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top