日本救急医学会雑誌
Online ISSN : 1883-3772
Print ISSN : 0915-924X
症例報告
ニセクロハツ中毒の1例
太田 好紀松田 直之西山 慶大鶴 繁小林 勝哉瀬川 一小池 薫
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 20 巻 10 号 p. 836-842

詳細
抄録

症例は63歳の男性。ニセクロハツを摂取し,1時間後に嘔吐,4時間後に下痢,18時間後に全身筋肉痛,21時間後に呼吸困難感が出現し,救急外来を独歩で受診した。血行動態に変化は認めなかったが,身体所見と血液検査所見などからニセクロハツ中毒による近位筋の横紋筋融解症と診断した。急性腎不全などの臓器不全を予防するため下大静脈(IVC)径が20mm以上もしくは中心静脈圧(CVP)が8mmHgになるように初期輸液を開始した。第3病日まで晶質液を7~7.5L必要とし,その間CVPは8mmHg以上が維持され,尿量は1~2ml/kg/時以上を得た。第3病日に血清CKは46,876IU/lを最高値としたが,輸液療法により腎機能が保たれていたため血液浄化療法の適応としなかった。ニセクロハツ中毒に対してIVC 20mm以上もしくはCVP 8mmHg以上を目安として初期輸液をすることで横紋筋融解症の増悪や急性腎不全の合併を回避できた可能性がある。

著者関連情報
© 2009 日本救急医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top