頭頸部外科
原著
頭頸部がん診療の均てん化には何が必要か
一地方病院における中・下咽頭,喉頭がんの治療成績から
西村 俊郎
著者情報
ジャーナル フリー

22 巻 (2012) 2 号 p. 163-167

詳細
PDFをダウンロード (318K) 発行機関連絡先
抄録

地方病院における頭頸部がん診療の均てん化への課題を念頭に,当科で2006年4月から5年間に根治目的で治療した症例を検討した。また2008 年院内がん登録全国集計から,口腔咽頭,喉頭がんの登録数を施設ごとに集計した。全症例139例のうち中・下咽頭,喉頭の進行がん(III,IV期)は36例で,その多くは化学放射線療法で治療され,病因特異的3年生存率は70%で,3年喉頭温存率(中咽頭除く)は58%であった。また口腔咽頭,喉頭がんの登録のあった全国218施設中で,40例未満は121施設であり(当科は33症例)地方には少数例を診療する施設が多くあり,診療の質の均てん化は喫緊の課題であると考えられた。

著者関連情報
© 2012 特定非営利活動法人 日本頭頸部外科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top