J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

自然言語処理
Vol. 17 (2010) No. 1 P 1_55-1_75

記事言語:

http://doi.org/10.5715/jnlp.17.1_55

論文

日本語の形態素解析における未知語問題を解決するために,オンライン未知語獲得という枠組みと,その具体的な実現手法を提案する.オンライン未知語獲得では,形態素解析器と協調して動作する未知語獲得器が,文が解析されるたびに未知語を検出し,その可能な解釈の候補を列挙し,最適な候補を選択する.このうち,列挙は日本語の持つ形態論的制約を利用し,選択は蓄積した複数用例の比較により行う.十分な用例の比較により曖昧性が解消されると,解析器の辞書を直接更新し,獲得された未知語が以降の解析に反映される.実験により,比較的少数の用例から高精度に未知語が獲得され,その結果形態素解析の精度が改善することが示された.

Copyright © 2010 言語処理学会

記事ツール

この記事を共有