自然言語処理
Online ISSN : 2185-8314
Print ISSN : 1340-7619
論文
カテゴリ間の兄弟関係を活用した集合拡張
高瀬 翔岡崎 直観乾 健太郎
著者情報
ジャーナル フリー

20 巻 (2013) 2 号 p. 273-296

詳細
PDFをダウンロード (769K) 発行機関連絡先
抄録

集合拡張手法の多くはシードインスタンスだけを手掛かりに新たなインスタンスを取得するものであり,対象が複数のカテゴリであっても,各カテゴリのインスタンスの収集を独立に行う.しかし,複数カテゴリを対象にした集合拡張ではカテゴリ間の関係など,シードインスタンスとは別の事前知識も利用できる.本研究ではこのようなカテゴリ間の関係,特に兄弟関係を事前知識として活用した集合拡張手法を提案する.さらに,Wikipedia から半自動で抽出したインスタンスと兄弟関係を事前知識として実験を行い,兄弟関係が集合拡張に有用であることを示す.

著者関連情報
© 2013 言語処理学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top