土木学会論文集D
Online ISSN : 1880-6058
和文論文
予約システムの経済便益評価
小林 潔司松島 格也菱田 憲輔
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 64 巻 2 号 p. 299-318

詳細
抄録

 予約システムは供給制約のあるサービスを申し込み順に家計に割り当てるメカニズムである.本研究では,予約システムの経済便益として,1)家計が将来時点におけるサービス購入オプションを確保する便益と,2)大きな効用を持つ家計に優先的にサービスを割り当てる顕示メカニズムとしての便益に着目する.その上で,単一もしくは複数のサービスが供給される独占市場を対象とした市場均衡モデルを定式化し,予約システムの導入がもたらす経済便益を評価する.その結果,予約システムの導入により企業利潤,社会的厚生は増加するが,家計の経済厚生が逆に減少することを明らかにする.その上で,家計の経済厚生低下を抑止するためには,キャンセル料金の規制が必要となることを示す.

著者関連情報
© 2008 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top