土木学会論文集F
Online ISSN : 1880-6074
和文論文
陳腐化を考慮した大規模情報システムの最適更新戦略
山本 浩司貝戸 清之青木 一也小林 潔司菱田 憲輔
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 65 巻 2 号 p. 264-283

詳細
抄録

 大規模情報システムの更新戦略を検討する場合,ニーズの変化や技術革新の結果として生じるシステムの陳腐化を考慮することが必要となる.本研究では,基幹システムと複数のサブシステムで構成される大規模情報システムを考える.さらに,システムの陳腐化過程には不確実性が介在する.このようなシステム環境では,1) 更新時点を遅らせることにより発生する情報オプションと,2) 将来の拡張可能性を担保することによる拡張オプションが存在する.本研究では,期待純便益を最大にするように,システムの更新時点とサブシステムの集約化戦略を決定するような最適システム更新モデルを提案し,システム更新のリアルオプション価値を計測する.さらに,交通管制情報システムの更新問題を対象として,本モデルの有効性を実証的に検証する.

著者関連情報
© 2009 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top