高分子論文集
Online ISSN : 1881-5685
Print ISSN : 0386-2186
高分子複合化近赤外蛍光プローブによるin vivoイメージング
上村 真生
著者情報
ジャーナル 認証あり 早期公開

論文ID: 2018-0017

詳細
抄録

波長が1000 nmを超える(OTN:over 1000 nm)近赤外(NIR)光は,生体組織に対して極めて高い透過性を示すために,皮下2 cm程度の領域まで観察ターゲットにできることから,次世代の蛍光バイオイメージングへの応用が検討されている.筆者はこれまでに,OTN-NIR蛍光を示すさまざまな無機材料や低分子蛍光色素などを,機能性高分子と複合化することで体内投与を実現し,小動物のリアルタイムin vivoイメージングを世界に先駆けて報告してきた.本報では,さまざまなOTN-NIR蛍光材料の高分子との複合化,およびそれらの蛍光プローブを用いたin vivoイメージングの実例について論じた.

Fullsize Image
著者関連情報
© 2018 公益社団法人 高分子学会
feedback
Top