人工知能学会全国大会論文集
第26回全国大会(2012)
セッションID: 1L1-R-7-2
会議情報

パケット監視エージェント間協調による不正アクセスの発信源特定手法の提案と評価
*郷原 啓資西山 裕之
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

近年,不正アクセスによる被害が増加傾向にある.そこで,本研究では,エッジルータ(企業や大学などの組織のネットワークとインターネットの境界に位置するルータ)を通過するパケットに対して攻撃者情報の書き込み及びそのダイジェストの保持を行うパケット監視エージェントをそのエッジルータ内に組み込み,パケット監視エージェント同士で協調し合うことで攻撃の発信源の特定に結びつくことができるシステムを構築した.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top