人工知能学会全国大会論文集
第26回全国大会(2012)
セッションID: 1P2-OS-9a-2
会議情報

ピタリ効果による食生活の改善
*岡 駿一郎山根 承子松村 真宏
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究は仕掛けによる食生活の改善を目指す。まず、生協食堂年間利用定期券(ミールカード)のデータを用いて大学生の食生活の実態を把握した。その結果、カードの利用限度額ちょうどで商品を購入する傾向があることがわかった。この傾向を利用し、「目につきやすい場所に南瓜の小鉢を置く」という簡易な仕掛けを設置した。実験の結果、この仕掛けはより健康的な食選択に誘導する効果をもつことが明らかになった。

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 人工知能学会
前の記事 次の記事
feedback
Top